ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  特定口座(源泉徴収ありとなし)と一般口座の違い(みなし廃止)
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    特定口座(源泉徴収ありとなし)と一般口座の違い(みなし廃止)

     
    証券会社に口座を開設する際に3つの口座のタイプのうちどれを開設するかによっていろいろ違ってきます。

    ■一般口座
    ■特定口座(源泉徴収あり)
    ■特定口座(源泉徴収なし)


    一般口座とか特定口座とか言われても全然わからないという人は、「特定口座(源泉徴収あり)」を選択しておくのが便利で無難だと思います。

    なぜ特定口座が便利なのかと言うと、ほとんど取引をしないという方は別にして、一般口座は年間の取引を自分で記録する必要があるのに対し、特定口座は証券会社が代理で年間の取引を集計した年間取引書報告書を作成してくれるので、確定申告時に自分で集計をする必要がないからです。
    なぜ特定口座(源泉徴収あり)が無難なのかといえば、特定口座(源泉徴収なし)の場合は売却益が20万円を超えると確定申告が必要なのに対し、特定口座(源泉徴収あり)の場合は確定申告をしないで済ますことも可能だからです。
    これは、確定申告をすることによって扶養家族から外れたり思わぬ事態になることを避けるという意味でも無難です。

    税制はかなり複雑で、税制上の扶養控除や健康保険上の扶養から外れるといったケースもあるなど、ホントのところ何がいいのかは難しい話である中で、源泉徴収ありの場合は源泉徴収で済ますことができるという点で無難だと表現しました。

    所得税の場合は、雑所得が20万円以上あったり医療費控除を受けたりする場合には確定申告が必要になるとか雑所得があれば住民税は申告が必要だとか本当に税制は複雑です。

    我が家の場合は、一般口座もあれば、特定口座(源泉徴収なし)もあります。
    外国株の口座は一般口座になっていますので、自分で取引集計をしなければならずそれが面倒なので売買することはめったにありません。
    デイトレーダーで一般口座はあり得ないといえます。

    できれば全部、特定口座(源泉徴収あり)にしたいところですが、一定期間に取引がないとみなし廃止として特定口座は廃止されます。
    IPOゲッターの方は、2年くらい当選がなければみなし廃止になっている可能性があります。
    みなさん苦労されているところだと思います。




    <特定口座のみなし廃止>


    特定口座は、一定期間取引がないと廃止されます。

    【SBI証券 特定口座のみなし廃止規定に基づく廃止手続きについてより】
    特定口座制度では、租税特別措置法施行令第25条の10の7第3項において、残高を有しないこととなった日以後2年を経過する日の属する年の12月31日までの間に残高が生じなかったときは、その年の翌年の1月1日に特定口座を廃止(以下、「みなし廃止」。)することとなっております。当社では当制度に従い、該当の特定口座につきましては、平成25年1月1日にみなし廃止の手続きをとらせていただきますのでご案内申し上げます。

    【楽天証券ヘルプより】
    特定口座開設後、上場株式等のお預りがなくなった日から、また、すべての信用取引を決済した日から2年が経過した日の属する12月31日までの間に、特定口座でのお取引が行われなかった場合には、特定口座廃止届出書の提出があったものとして、特定口座は廃止されます。(みなし廃止)
    特定口座のみなし廃止が行われた後に特定口座の再開をご希望になる場合には、「特定口座開設届出書」の提出が必要です。



    大雑把にいうと特定口座で2年ほど取引をしなかったら特定口座廃止届出書の提出があったものとして自動的に特定口座が廃止(みなし廃止)されるということです。

    我が家では、IPOの当選がなかった口座は、みなし廃止でいくつかが一般口座に戻ってしまいました。
    みなし廃止後は、再び「特定口座開設届出書」を提出して特定口座の復活の手続きを行いますが、これを忘れてしまうとIPOが当選して大きな利益が出た時に困ったことが起こる可能性があります。
    ですので常に特定口座になっているかどうかをチェックしています。
    ちょっと脅かしましたが、普段それなりに取引をしている口座は、みなし廃止されることはないので、安心してください。




    <特定口座と一般口座の違い>


    特定口座制度は、上場株式等の譲渡益課税における個人投資家の申告・納税手続きを簡素化するために、2003年1月から導入されています。
    特定口座を利用して上場株式等の売買をすると、証券会社が1年分の損益を取りまとめた特定口座年間取引報告書を作成して交付してくれます。

    一般口座を利用して上場株式等の売買をすると、自分で年間の損益を計算して利益がある場合は原則として確定申告をする必要があります。
    給与所得者だと、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が年間20万円以下の人は、所得税の確定申告をしなくても良いルールがあるため、給与所得・退職所得・株による所得以外の収入がない時に、株式譲渡所得が20万円以下の場合は、所得税の確定申告は不要でその分の所得税を払わなくてよいということから、株式譲渡益が 20万円を超えないという判断ができるのであれば、特定口座(源泉徴収なし)を選択したほうがいいなどというアドバイスも耳にします。
    この場合、住民税は申告が必要ですよという突っ込みがあります。

    特定口座と一般口座のどちらにメリットがあるかについては、自分で集計しなくてよいことから基本的に特定口座が有利だと思います。
    特定口座でも源泉徴収ありとなしのどちらにメリットがあるは、ケースバイケースになります。




    <特定口座源泉徴収ありとなしのどっちが得なのか>


    我が家的には、特定口座源泉徴収ありとなしではどっちが得かどうかという視点以前に、源泉徴収ありの方がはるかにましだと判断しています。

    株式譲渡所得が年間20万円以下で確定申告をしなくてよいケースだと源泉徴収されない方が、確定申告をせずに源泉徴収もされてないという点でメリットがあるというのはよく言われる話です。
    また、特定口座の源泉徴収ありでは、売却で利益が出た時点で源泉徴収されてしまうので、その分を投資に生かすことができないという話もあります。
    これらは特定口座源泉徴収なしが有利とされているケースです。

    しかしバイ&ホールドで売却は絶対にしない人や投資を始めたばかりで投資額が少ないという方は除いて、株式譲渡所得を年間20万円以下に抑えるという視点が、投資戦略にも影響するというのはいささか本末転倒のような気がします。
    特定口座源泉徴収ありとなしのどっちが得なのかについては、もっと比較して細かいケースまで掘り下げていくとネタとしてはいいのかもしれませんが、そんな細かく投資をコントロールできないことを考えるとあほらしくなります。

    我が家の場合は、医療費控除を受けたり、白色申告や青色申告にも挑戦していて、そもそも確定申告が必須なので、「特定口座(源泉徴収あり)」を選択しています。
    確定申告をするならば、源泉徴収がありでもなしでもいいんじゃないかと思われるかもしれませんが、源泉徴収ありの方が圧倒的に選択肢が広がると考えています。

    証券会社ごとに源泉徴収されるので、損益がプラスの証券口座とマイナスの口座をぶつけて源泉徴収分を取り返す選択もあるし、あえてそれをしないことも可能です。
    またA証券会社分は確定申告するけど、B証券会社分はしないという選択もできます。
    マイナスの口座は損益繰り越しがあるので確定申告しますが、プラスの口座は源泉徴収で済ますこともできます。
    損益繰り越しをしておいて、株式譲渡税が上がってからぶつけるという発想も可能です。

    我が家の場合、源泉徴収なしにしてしまうと、すべて確定申告しなければいけなくなります。
    「しなければならない」と「してもしなくてもいい」との間には、天と地との差があると思っています。



    「お前の事なんかどうでもええねん。ぶっちゃけ特定口座源泉徴収ありとなしのどっちが得なのかはっきりせいや!」とお怒りの方もおられると思います。
    もっともらしい釣りタイトルをつけているだけに、ごもっともだと思います。

    源泉徴収ありとなしのどちらが得なのかは、特に税制に大きくかかわってきます。

    確定申告をする場合については、「姉妹ブログ:長が~く続けて、ゆとりある暮らし カテゴリ確定申告」にて毎年晩秋から3月までエントリーを作成・修正・更新しています。

    源泉徴収ありとなしのどちらが得なのかは、実に様々なケースを想定しなければいけない話です。
    正直に言えば、様々なケース毎に明確な回答ができるのかどうかもわかりません。
    ケースによっては、所得税の総合課税と分離課税の違いや、所得がどれだけあれば所得税率がどうなるか、所得税と住民税の基準の違いなどから説明しなければいけません。

    正直に言って、不毛な話です。

    そうしたことを知らないのであれば、特定口座(源泉徴収あり)が「便利で無難だ」と思います。
    最初に戻りましたね。

    一般口座とか特定口座とか言われても全然わからないという人は、「特定口座(源泉徴収あり)」を選択しておくのが便利で無難だと思います。


     
      
    関連記事
  • はてなブックマーク - 特定口座(源泉徴収ありとなし)と一般口座の違い(みなし廃止)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。