ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  高校生からの株入門(新井明)
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    高校生からの株入門(新井明)

     
    「高校生からの株入門(著者:新井明)」を読みました。
    著者の新井明さんは、都立西高校の公民科政治経済の先生で、10年以上前から「株式学習ゲーム」という株投資シミュレーション教材を授業で取り入れているそうです。
    この「株式学習ゲーム」は、東京証券取引所と日本証券業協会が学校に無償で提供している学習教材で、株式の模擬売買(1000万円)を通じて経済の動きや社会の仕組みを学ぶことを目的とし、生徒3~4人でチームをつくってディスカッションしながら株式の売買を行うそうです。
    過去の参加校の平均実施期間は13週で、株価の動きをより深く体験するには4週間程度は必要とされます。

    日本でもそういう授業があるのかと感心しました。
    私も株式投資を始めた時は、いろいろ情報を集めたり必死でしたが、経済のことに大きな関心を持てました。
    高校生からそうなるのであれば、すごいことだなと思う反面、娘は今のところ関心はなさそうです。
    もっともあれだけの含み損を抱えた親を見て反面教師にされそうな気がしていますが…。

    この本で書かれていることは、株式投資に関する基本的な事柄で、一般論としてはそうだけど実際はもっと複雑というか、少々分析が甘いと感じました。
    ただ結局は習うより慣れよだと思いますので、シミュレーションでいろんな失敗をして頭の体操をすることにすごい意義があるのかなと思います。




    <5段階の意思決定の法則>


    実践!「株式学習ゲーム」応用編では、いよいよ投資をスタートさせるために「意思決定の法則」が紹介されていました。
    もし本当に大きなお金を動かして何かを決定する時には、大変重い意思決定が必要になりますので、そういう意思決定をする時の一般的な法則が「5段階の意思決定の法則」で、アメリカなどでは小さなときからあらゆる意思決定の場でこの法則を使って問題を整理されているようです。

    【5段階の意思決定の法則】
    ■問題は何かを明らかにする
       ↓
    ■目標は何かを明らかにしておく
       ↓
    ■それぞれの選択肢をたくさんあげる
       ↓
    ■それぞれの選択を1つ1つ吟味する
       ↓
    ■目標に最もふさわしい選択肢を選ぶ



    この本ではマトリクスを使ってこの5段階に「意思決定を行動に移す」と「自分の意思決定を評価する」を加えて7段階での意思決定を勧めています。
    これってPDCAサイクルですよね。



    チャートの見方から経済指数の見方などだけでなく、財務諸表についても解説があります。
    「貸借対照表(バランスシート)」や「損益計算書」の見方も簡単に紹介されています。
    我が家のツレの青色申告で私も「貸借対照表(バランスシート)」や「損益計算書」づくりを手伝いましたが、総勘定元帳や売掛帳などの帳簿を作成したら自動で作成できるので、これらへの知識は増えていません。

    「儲かる話の正体」では、必ず儲かる話に対しては、断固として断るべきで、その時の切り札は「儲かる話だったらあなたがやればいいんですよ」ということです。
    「でもなかなか断固とした行動を取れないのが人間の困ったところです」と続きますが、ここで困ったところですで終わったらあかんでしょう。
    「断固として断る」を強く書いてほしいです。
    何をおいてもこれが一番大事だと思いますので。

    最後の課外事業では、高校生が実際に体験した「株式学習ゲーム」の9つの事例が紹介されていて、実にいろんなドラマがありました。
    そこそこ投資の知識がある人なら、ここだけ読んでもいいかもしれません。


    株式学習ゲームを体験した卒業生の追跡調査が紹介されています。

    ■株式学習ゲームを覚えていますか?
    「よく覚えている」+「覚えている」が、82.8%

    ■現在、なんらかの投資をしているのか?
    何らかの投資をしている人は、11.1%



    11.1%は少ないなと思いましたが、まだ社会人になっている人が少ないということかもしれません。
    でもよく考えていると私の周りで1割の人が投資しているかといえばそういう気配は感じないので、これでも多い方かもしれませんね。

    自分で投資を始めなくても、社会人になれば確定拠出年金(個人型401kプラン)などで選択に迫られる可能性が十分にあります。
    これは自分のお金みたいなものですから、若い世代ほどもはや投資に無関心でいられる時代ではないんですよ。


     
     
     

    関連記事
  • はてなブックマーク - 高校生からの株入門(新井明)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。