ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  投信マイレージサービス(SBポイント付与)対象外でない「ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド」をSBI証券で購入
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    投信マイレージサービス(SBポイント付与)対象外でない「ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド」をSBI証券で購入

     
    SBI証券で取引している方ならだれでも知っている投信マイレージサービスによるSBIポイントゲットは、私も活用させていただいています。
    SBI証券でのSBIポイント獲得方法はこのようになっています。

    SBIポイント獲得方法
    ポイント付与対象付与ポイント数
    新規口座開設一律100ポイント
    投資信託取引対象投資信託の月間平均保有額が、
    1,000万円未満の方に年率0.1%相当のポイント
    1,000万円以上の方に年率0.2%相当のポイント
    国内株式移管入庫1回の移管入庫につき100ポイント

    ※同一日における複数銘柄及び複数証券会社からの国内株式移管入庫は1回として計算

    投資信託取引となっていますが、取引毎の付与ではなく「対象投資信託の月間平均保有額」による付与なので、毎月SBIポイントが獲得できる優れもので、実質的にゲットするSBIポイントの価値が管理コストの軽減につながります。
    早く1000万円以上のホールダーになりたいものですがまだまだ遠いです。

    日経平均株価に連動する「ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド」は、税込信託報酬が年0.27%と国内インデックスファンドの中でも相当安く、私が取引していた「東証ETF上場インデックスファンド225(1330)」よりも少し高いものの付与されるSBIポイントを加味すると実質コスト負担が逆転するんですね。

    しかし投信マイレージサービスには対象外となる投資信託もあるので、これだけ低信託報酬である「ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド」が対象なのかどうかは確認しておく必要があります。

    投信マイレージサービス対象外の投資信託【2014年4月現在】

    以下の投資信託は委託会社の都合等により、現時点で投信マイレージサービスの対象外とさせていただきます。

    対象外の投資信託
    ・ EXE-i 先進国株式ファンド
    ・ EXE-i 新興国株式ファンド
    ・ EXE-i グローバル中小型株式ファンド
    ・ EXE-i 先進国債券ファンド
    ・ EXE-i グローバルREITファンド
    ・ MMF、中国F、MRF
    ・ 外貨建MMF
    ・ ETF、REIT



    「ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド」は、投信マイレージサービスの対象に入っていました。


    (関連するエントリー)地域限定だがSBIポイントを1.5倍で活用する方法(お得な交換、投信マイレージサービス)





    <1330からニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンドへ>


    「東証ETF上場インデックスファンド225(1330)」は、投資を始めた頃に購入し始めたこともあり日経平均株価が高い時に購入しているので未だに含み損を抱えています。
    今年から株式譲渡所得に対して20%課税になり軽減税率時に比べると利益に対する税負担が増えています。
    まあ、元に戻っただけですけど。

    IPO初値売りで得た利益分にこの含み損をぶつけつつ、1330から「ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド」へのシフトを考えています。
    ただ同時にシフトでも良いのですが、性格的にそのあたりにこだわりはないので、日経平均株価が下がった時に「ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド」を段階的に購入して、平均取得単価より上がった段階で相当分の1330を売却するという作戦で行きます。

    この場合、どんどん日経平均株価が下がっていくとシフトできずに終わりますが、それはそれで構いません。
    その時はいつか上がった時に思い出したら1330を売ります。

    「ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド」を買うといっても今の水準では、週に1~2万円程度買い付けるくらいですので、のんびりとシフトしていきます。
      
      
    関連記事
  • はてなブックマーク - 投信マイレージサービス(SBポイント付与)対象外でない「ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド」をSBI証券で購入
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    SBI証券、ポイントに関する仕様が一番お得でいいのですよね。
    0.2%は、破壊力(1000万円↑のみですが)あります。
    私の場合は、楽天証券のため、毎月4000円ちょっとしか入手(年間5万円くらいでしょうか・・・)、できていませんが、もしSBI証券ならと思い移管を考えたことがあります。
    まぁ、残念ながら、移管したくとも保有ファンドがSBI証券で扱っていなかったので断念しましたが。

    それにしても、0.2%なんて高額をバックしてよくやれるな~ってのが感想です。

    煙々さんへ

     
    SBI証券はいいですよね。
    少しづつですけど移していきたいです。

     

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。