ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  彼女はなぜ「それ」を選ぶのか? 世界で売れる秘密
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    彼女はなぜ「それ」を選ぶのか? 世界で売れる秘密


    「彼女はなぜ「それ」を選ぶのか? 世界で売れる秘密(著者:パコ アンダーヒル、翻訳:福井 昌子)」を読みました。
    「彼女はなぜこの店で買ってしまうのか ショッピングの科学」が爆発的に売れた、カリスマ パコ アンダーヒル氏が女性客の心をつかむ極意を伝授ということで、アメリカの話が中心なのですが、日本の読者向けに特別収録されたものなんだそうです。

    私が問いかける大事な質問の1つはこれだ。「パッケージや製品、空間、デザイン、あるいはサービスを「女性向け」にするものは、いったい何でしょうか?」
    世界のあちこちで、社会においても職場においても、女性の存在感が大きくなっていることを認めているだけだ。
    (中略)
    会社を経営する男性が女性の力と影響力を察知できなければ、とどのつまりは、お客の意向を読み取れなかったということだ。ショップやレストラン、銀行、ホテルのロビー、ショッピングモール、その他の公共スポーツや施設が、女性という要素を織り込まず、入りやすくて、くつろげて、ホッとできて、安心できて、清潔だと思わせて、配慮を感じさせて、好きなようにコントロールできるんだわ、と女性を納得させることができなければ、そして、女性が何を望み、何を期待しているのかを考慮しなかったら、ビジネスとしては失敗なのだ。加えて、非常に影響力の大きい消費者の大半を、永久に失うリスクを負うことにもなる。



    この本を読んでいて、基本的なことはこの文章に集約されていると思います。
    「彼女はなぜ「それ」を選ぶのか?」の答えは、いくつかのキーワードがあるようです。




    <清潔であること>

    女性という種が好み、重視するのは 要求するといってもいいかもしれない 清潔さだ。これは生まれながらの好みと言える。ほほすべての女性が瞬間的に、「清潔」なのか「不潔なのか」を記憶する。「私が今いる場合は清潔?」とは、世界中の女性の大半が直感的に頭に浮かべる問いであり、暗示であり、第六巻だ。



    いろんなところでこの「清潔さ」がキーワードででてきます。
    清潔さは女性にとって重要な問題なのですね。




    <調整できる事>

    繰り返すようだが、女性は必ずしもこうしたことを変えたいと思っているのではない。彼女たちが求めているのは、選べることなのだ。当然ではないか?



    これはあんまり気がついてなかったけど、女性はエアコンが調整できるかどうかとか、決められた設定に不満を感じる女性が多いそうです。



    <安全であること>

    頭は使わない男性でも知っていることなのに、本当には理解されていないことがある。男性の多くは、普通の女性より力が強く、言うまでもないが、身体もでかい。つまり女性は、男にはどうもピンとこないのだが、自分の身が安全であるかどうかということに敏感だ。
    (中略)
    私達の誰もが、レジで支払いを終えた女性の後ろに並んだ経験があるはずだ。レジ係りが女性にレシートを渡す。なぜ、この女性はそこからどかないのだろうか?私はこれを何度も目撃しているのだが、さっさとそこを離れるのではなく、まるで禅の作法のように、女性は念入りに自分の持ち物を確認し始める。小銭を小銭入れにしまう。勘定書やクレジットカードを財布にしまう。それからレシートをながめ、勘定書を一緒に押し込む。あるいはレシート用のケースにしまうこともある。次に、財布と小銭入れをハンドバックにしまい、バックを閉じる。最後にもう一度目でチェック。大丈夫、何も落としてないわ。



    確かにツレを見ていると自分が安全であるかを常に気にしていると思います。
    訳の分からないことを言われることがありますが、よくよく考えるとそれはツレの安全のためであるということに気がつくんです。

    レジのエピソードもツレを見ているかのようです。
    私もレシートのチェックをしっかりするように指導されました。




    <思いやり>

    この女性は、その製品を自家用車まで運べるかどうか不安に思っている。買ったものを乗せるために、あらかじめ座席を取り外しておいたとしても不安はぬぐえない。ほとんどの男性は、この力仕事に対応できないとは認めない。しかし女性の多くは、モノが重すぎて、自分でなんとかするのはめんどうだということを、十分に承知している。お手伝いはサービスです。すぐに対応しますという、女性客の悩みを軽くする店内案内はどこに置いてある?



    こうしたことに店が気がつくかどうかがポイントなんだそうですよ。
    女性向けは男性にも好まれる傾向があるそうです。
    世の中の商品が女性向けに偏ってきているという実感もきっとこうした流れなんでしょうね。
    この本を読んでいるとそのあたりが良くわかります。


    「清潔」「調節」「安全」「思いやり」という4つのキーワードを意識しておくとこの本は読みやすいです。

    男性はテクノロジーが凝縮されたものを買うが、女性は人間関係を円滑にするモノを買います。
    男性はこのテクノロジーは何のためなのかに興味を持ち、女性はこれはどのように私達の役に立つのかしら、どんな効果があるのかしら?に興味を持ちます。

    なるほどなと思いませんか。
    他にもいろんなことに気がつかされます。
    そういえばそうだよなと思うことがいっぱいありましたよ。


       

      
    関連記事
  • はてなブックマーク - 彼女はなぜ「それ」を選ぶのか? 世界で売れる秘密
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。