ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  くりっく365とFXへの投資を反省する(ロスカットの恐怖)
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    くりっく365とFXへの投資を反省する(ロスカットの恐怖)

     
    FXやクリック365といったレバレッジをかけられる投資(投機)は、資産配分の他にレバレッジという魔物と戦うことになります。
    レバレッジを何倍までに抑えると決めたはずのルールが守られないことが多いです。

    はじめに少し儲けて自分の実力だと過信し投資を拡大し続けて(=いずれ暴落があることを知ってても自分だけは逃げられると過信)、大暴落で大損受けて大きな傷を負うという経験を私もしました。
    FXやクリック365も同じようなメカニズムで脇が甘くなるわけですけど、1万通貨単位の取引になると投資額も大きいし、ロスカットの恐怖という余計な不安と戦う必要が生じます。

    そんな私の恥ずかしい経験の記録が残っていました。

    【2007年12月21日 「くりっく365+FX」への投資を振り返るより】

        クリック365

    過去の「くりっく365+FX」の投資成績のグラフを作成してみました。

    <2007年投資〜グラフから見えること>
    ●H19年6月〜7月に累積スワップの傾きが加速しています。
    ●H19年5月に大きく差益がプラス、8月に大きくマイナスです。
    ●H19年7月以降は、未現実損益がマイナス圏です。
    ●H19年10月に大きく差益がプラス、未現実損益が0付近であることから、一部利益確定をしていることが分かります。
    ●年後半では、差益が、累積スワップを大きく下回って推移しています。

    <2007年投資を振り返って>
    (市場環境)
    ●年前半は円安祭り、年後半はサブプライム問題により円高傾向での変動幅の拡大がありました。
    ●8月の世界同時株安による急激な円高により、多くの退場者がでました。

    (私の投資)
    ●5月の円安祭りで気が大きくなり、周囲が儲けているとの焦りから、ポジションの拡大スピードを上げてしまいました。
    ●8月の世界同時株安では、最悪時で▼5%で追証発生という状況になり、心が大きく動揺しました。
    ●為替の変動は、株に比べて少ないという思い込みをしていました。

    ■レバレッジ6倍は心に余裕がなくなることが分かりました。

    (ルール)レバレッジは平時で5倍未満にする。
    (ルール)アセットアロケーションの配分に実ポジションベースで従うこと

    ■苦しい状況を招いたのは、「焦りと欲望」に負けたから。

    (ルール)平時や円安時に新規ポジを立てないこと。過度な円高と判断した時のみ新規ポジを立てること。

    ■インカムゲイン中心の運用方針は概ね守ることは概ねできた。

    (目標)累積スワップを差益が上回る運用を目指す。
    (作業)運用成果の分析に活用にするため、週単位での成果の記録をとる。

    ■10月の円安時での利益確定が少ししかできていない。利益確定の目安がなかった。

    (ルール)1年分のスワップを、差益で得られる場合に、利益確定を行う。

    この1年の運用経験より、「累積スワップを差益が上回る運用を目指す」という目標を設定し、それに必要の無いリスクを排除する形を目指したい。




    苦笑いするしかないような自己分析ですが、これでも当時真剣に考えたことです。
    ここから先、リーマンショックによる円高で、この自己分析もルールも認識の甘さが露呈しました。

    2008年8月の世界同時株安レベルの円高でも多くの退場者がでたんですけど、FXの場合はロスカットという強制退場した人が多くいたということです。
    レバレッジをかけている人が多かったですし、ポジションも大きな方々が多かったので、失ったお金も相当なものだったと思われます。
    その後のリーマンショックでは、更に多くの退場者をだしました。
    反面、売りから入って大儲けした人もいたんだろうなと思います。

    「レバレッジは平時で5倍未満にする」というルールも甘すぎました。
    レバレッジ3倍なら安心なんて言われていましたけど、大暴落の最中では気が気ではありません。
    正直に言えば、1000万円の損失よりも、たとえ数十万円程度のポジションであっても、一瞬でも大大大暴落したらロスカットするかもしれないという恐怖の方が遥かに大きかったです。
    損失は投資をする上では覚悟されたものだけど、ロスカットはそうではないとの差だと思います。

    どの水準でレバレッジ3倍かによりますが、レバレッジ3倍だから安心とかという法則はありません。
    ある時点でレバレッジ3倍にしても次の瞬間はレバレッジ5に加速度的に変化するんですよ。

    いつかわすれましたが、昔ランド円が何らかの原因でほんの一瞬信じられないようなランド安になり強制ロスカットした人がたくさん出たことがありますけど、ほんの一瞬ならば何が起こってもおかしくないと考えれば恐ろしいでしょ。
    「だから信用取引やFXなどのレバレッジをかける投資なんてやるべきではないんだよ」という指摘は、そういう意味では正しいと思います。
    レバレッジ管理という余計な仕事はない方がいいですしね。
    投資効率を良くするためにレバレッジをかけるという発想はしない方が身のためだとしみじみ思います。
    なんせ安心して寝なくなりますから。


    当時はルールを定めれば守れると信じていたようです。
    こんないいかげんな人間なのにですよ。
    細い1本の糸のようなシビアなルールは、壊れるもの一瞬です。

    最悪の事態を知らない人間に最悪を踏まえた想定は極めて困難なんだなと思います。
    逆に言えば、ルールを何十年も守り続けることがいかに難しいかというです。
    当時書いていたことは、どれも恥ずかしくらいダメダメです。


    現在もFXやくりっく365のポジションがありますが、いくらか外貨MMFや外国債券、外国株にシフトしたので、レバレッジが1倍強くらいになっています。
    スワップ損益や為替損益を意識しながらプラスマイナスゼロか税金がかからない程度の損益を意識して、FXから少しづつ別の投資先に移しています。
    まだ、数年はかかると思います。


    FXやくりっく365は、為替コストが激安なのでいい商品だと思っています。
    でも私にはコントロールが難しかったようで、いろいろ考えなければいけないことが増えて煩雑になってしまいました。
    あのリーマンショック時でも、FXではなく、外貨MMFならば、恐怖を感じることもなかったと思います。
    FXは余計な気苦労をするほどの価値があるのかと自分に問えば、そこまでの価値はないと感じています。

    悪い商品だとは思っていませので、ある程度は続けると思います。
    ある程度ポジションを整理し、トラリピを楽しむくらいに持っていきたいです。
    現在はリーマンショッククラス時でレバレッジ2倍未満くらいのコントロールなので、通常時はほとんどレバレッジをかけていません。
    レバレッジの恐怖はある程度理解できたので、もう当時のレバレッジ3倍とかではもうやることもないですし。


    いつか娘がやりたいと行った時にどうするかが考えどころです。
    大きな傷にならなければやればいいと思いますが、やはり私の経験は伝えたいです。
    だからこそFXを完全にはやめません。
    私の失敗やたくさんの退場者を見てきたこともこうして記録に残すことが大切だと思います。
    恥ずかし記録ではありますが。





    このエントリーは、2007年12月21日にUPしたものを修正しています。
    関連記事
  • はてなブックマーク - くりっく365とFXへの投資を反省する(ロスカットの恐怖)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    こんにちは!

    利益が出たという記事は気持ちよく書けますが、自分の失敗の詳細を書くということは勇気がいりますよね。
    分析して、それをきちんと受け止められてて偉いと思います。

    私はどんくさいので(笑)信用取引とFXはやりません。

    リーマンで夫が損失を出してからほんと胃に穴があくんじゃないかくらいになりました^^; 

    この株高で長年の塩漬けがようやく解消された・・というようなブログ最近見かけるようになりましたね。

    私も損が解消されたら、うさみみさんのように冷静に分析ができるのでしょうか??苦笑

    りりぃ♪さんへ

     
    冷静な分析なんてとんでもないですよ。ただの恥さらしです(*^^)v

    >利益が出たという記事は気持ちよく書けますが、自分の失敗の詳細を書くということは勇気がいりますよね。

    今は正直、投資成績が上がっても、この頃の嬉しさの10分の1も感じません。
    過去から学んだことは、こういう時期にウカレネタを書いて、自己過信し調子にのって、後でしんどい思いをしたということなので、こういう投資家にとってもっとも危険な時期に入り始めた時期だからこそ、過去の失敗を書くのがあっていると思うんです。
    単にそれだけです。
    ウカレないと思われたインデックスブロガーでさえ浮足立ってる方が多い状況になってきていますよね。「リーマンショック時に馬鹿にした奴、ほれみろ」みたいなエントリーばかり。なのでそろそろ第2段階の時期に入ってきているのかなと。

    という私もやっぱり上昇は心地いいものです。
    自分の心を抑える必要があるからこそ、ブログをこういう感じで活用しています。


    >私はどんくさいので(笑)信用取引とFXはやりません。

    賢明な判断だと思います。
    どんくさいとかそういうのではなくて、結局欲望との戦いなんだと思うんですよ。
    レバレッジはそれを極端に加速させる可能性があります。
    生活防衛資金もへったくれもありません。

    私は当時FXレバレッジをかけてはいましたが、あくまでその口座の中だけで、ちゃんと総ポジション分のキャッシュは用意していました。
    IPO抽選に使っていました。
    証拠金ベースで投資額としている人が多いですが、リスク管理上は誤りだと思います。

    今は、当時とは資金力が全然違うので、レバレッジをどこまで高めるのがいいのかなんて考えようとも思いません。


    >リーマンで夫が損失を出してからほんと胃に穴があくんじゃないかくらいになりました^^; 

    私は穴があきました(笑)
    損失額より、家族の冷たい視線、特に娘の批判が痛かったです。
     

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。