ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  未来の自分へのメッセージとインフレの芽
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    未来の自分へのメッセージとインフレの芽

    朝の日記は、迷いで終わっているが、それは裏の自分が感じていること。
    表の自分は、まだサブプライムが表面で警戒されているうちは、上昇は続くと思っている。

    怖いのは、「上昇は永遠に続くと思い込む」ことと思う。

    警戒をしすぎると、上昇の過程で、どこかで「あれれ?やっぱ関係ないの?」と思い込むかもしれない。
    どこかでというのは、周りも警戒を怠る瞬間。
    こうなれば、相場に心理的に飲み込まれた瞬間となるかもしれない。

    今の、表の自分の方が正しい判断をしているかもしれないのである。

    皆が警戒している状態では、上昇はコワゴワ。。
    ホントに怖い上昇とは、警戒感のない上昇。。。

    自分が気をつけていればいい?? いや、多くの場合は飲み込まれる。
    今は、まだ周りも警戒しているから、表と裏の自分のバランスが取れている。



    ここまでは、近い将来への自分へのメッセージとして記録しておきたいです。

    今後、警戒するのは「インフレ」
    一般論では、「インフレ=株有利」だけど、どの場面でもそうなのかというと疑問符がつく。
    長期投資で買ったら見ないのなら、そういう教科書どおりでもいいかもしれない。

    先日、南アフリカが政策金利を0.5%利上げし、10.5%にした。
    中国も、CPIが6%を越えて、利上げをしていて、慌てふためいている感じがする。
    日本も、電化製品や携帯電話通話料引き下げによるCPIの低下を覗けば、食料品、ガソリンなど物価は上昇している。

    うさみみ自身、教科書的な答はしらないので、間違っていることを前提に書きますと、

    インフレを押さえ込むために、利上げをすると「株価は上がるのか、下がるのか」
    感覚的には、しばらくは、株価は押さえ込まれると思っている。
    長期的には、貨幣価値が下がるので、株価は上がるような気もする。

    あれれ、インフレ対策に株って考えてやってるけど、ホントはどうなの??


    中国がどんどん金融引締めをする。
    CPI上昇時にはちょっと調整するけど、利上げしても織り込み済みで上げてしまう。
    利上げは株価に影響しないのか??

    いや、たぶん、どこかでダメージが噴出する。。。
    もしくは、もっと強烈な引締めがきて、ダメージが噴出す。
    一度咳が決壊したら、膿がでてくる。。。


    想像のままを書き出したんですけど、どうなるのか全然わかんない。
    現実はどう進むのだろう。

    アメリカが利下げをしなければどうなるのか?
    投資って永遠に連想ゲームが続くんだな、って思うこの頃です。
    まあ、それなりに楽しんでいきたいですね。





    関連記事
  • はてなブックマーク - 未来の自分へのメッセージとインフレの芽
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re:未来の自分へのメッセージとインフレの芽(10/13)

    こんばんは。



    投資は連想ゲーム。。。そうかもしれないですね。

    私もいろいろ考えるようにはしたいと思っているのですが、時々わからなくなる時があります。

    自分が考えているだけなのか、みんなもそう考えているのか。。。?って。



    まあ投資をはじめたばかりのひよっこには、わかるはずもなく。。。(;´▽`A``

    数十年経ってようやくわかる事もあるのかなぁ?

    それまでに連想できる引き出しをたくさん作っておきたいですね。

    Re:未来の自分へのメッセージとインフレの芽(10/13)

    >一般論では、「インフレ=株有利」だけど、どの場面でもそうなのかというと疑問符がつく。



    自分も教科書に書かれている内容は知りません(笑)

    インフレのときは、株が有利っていいますけど、それは、「インフレ」による原材料の価格上昇を販売価格に上乗せしても、売上量が減らないようなものだったら有利と考えていいかと思います。



    が、価格の上乗せができない、もしくは価格の上乗せをしたら売上量が減った(ちょうど、今の日本の状態ですね)というのなら、その銘柄はインフレに強くないと言えます。



    →普通に買い物をしていると、この辺は分かるかと思います。

      1.全ての種類のマヨネーズが100円値上

        げされました。

       買いますか? 買いませんか?



      2.全ての髭剃りが100円値上げされました。

       買いますか? 値下げするまで待ちますか?



    というわけで、「『全て』の株≠インフレに強い」と言えるかと。

    Re[1]:未来の自分へのメッセージとインフレの芽(10/13)

    プーさん号さん

    >こんばんは。



    >投資は連想ゲーム。。。そうかもしれないですね。

    >私もいろいろ考えるようにはしたいと思っているのですが、時々わからなくなる時があります。

    >自分が考えているだけなのか、みんなもそう考えているのか。。。?って。



    >まあ投資をはじめたばかりのひよっこには、わかるはずもなく。。。(;´▽`A``

    >数十年経ってようやくわかる事もあるのかなぁ?

    >それまでに連想できる引き出しをたくさん作っておきたいですね。

    - - - - -



    投資は連想ゲームと考えてるんだけど、連想は1つに絞るわけではないんだよね。



    今の状況だと、あげるシナリオなら2つと、予想の反対の下げを1つ必ず作って、それぞれの行動を決めておく。。。そんな感じです(^^♪



    よく予想している人を見かけるけども、外れた時のことは考えないと、所詮あたりハズレで投資したら5分5分だもん(^^♪



    素人の僕達は分からないけど、過去を調べてみるとか、達人の思考を真似るとか、やれることはあるから、失敗してもやってみたいね(^^♪

    Re[1]:未来の自分へのメッセージとインフレの芽(10/13)

    cocacola system no1さん



    そうなんです。銘柄によっても反応が違いますよね。さすがですね(^^♪



    なんでもそうなんですけど、一般論で、次はこうなるって予想している人も多いんだけど、そうはならないのが市場なんだよね。



    コカさん上げてくれた価格の事で言えば、インフレでまず儲かるのは、価格決定力を持っている川上(原材料)が有利。。



    つまりこういう時期は原材料を抑えている企業をまず狙う。



    川下は、大手企業が値上げして業界全体が値上げできて、初めて買い。。それまでは逆に買えない。コカさんのご指摘の通り。



    そう、インフレは一気に波及していかないし、社会全般にかなり波及して初めて「インフレ=全株高」となる。



    うさみみのイメージはこんなんだけど、どうでしょ?

    素人意見なんだけど、株を見てるとそう思うんだ。





    他にも金融引締めなど、国際情勢などなど考えないといけないことがある。



    基本は、インフレ初期に原材料を抑えておくのが確実にいける方法だなどとか、いくつかのパズルを自分で組み上げる必要があるんだよね。



    貴重なご意見ありがとうです(^^♪

    うさみみは今、主力は資源系です。。。きゃは(^^♪(

    Re[2]:未来の自分へのメッセージとインフレの芽(10/13)

    うさみみ1969さん

    >コカさん上げてくれた価格の事で言えば、インフレでまず儲かるのは、価格決定力を持っている川上(原材料)が有利。。

    >つまりこういう時期は原材料を抑えている企業をまず狙う。

    >川下は、大手企業が値上げして業界全体が値上げできて、初めて買い。。それまでは逆に買えない。コカさんのご指摘の通り。



    >うさみみのイメージはこんなんだけど、どうでしょ?

    - - - - -

    う〜ん、ちょっと誤解を招く書き方だったかもしれません。ごめんなさいね。



    必ずしも川上(原材料)が価格決定力を持っているわけではありません。最近価格が上昇している原油・小麦・とうもろこしなどは、取引所で値段が決まります。まぁ、原油はある程度、生産調整しますが、それでも、OPECが原油価格を『自由』に決められるわけではありません。なので、原材料を持っているから有利というわけではありません。



    逆に川下でも価格決定力があるとこもあります。いくら原材料の値上げを主張しても、誰も買ってくれなければ、意味がありません(日本の大手スーパーの動向を見れば分かるかと思います)。



    自分が言いたかったのは、値段を上げても売れる量が変わらない、それを使わないと不利になるような商品・製品・サービスを行っている企業が、「インフレ=株有利」と言えるといいたかったのです。

    Re[3]:未来の自分へのメッセージとインフレの芽(10/13)

    cocacola_system_no1さん





    おっしゃってることは理解できていましたよ。

    書き方全然悪くないです(^^♪



    お詳しそうなので、うさみみの考えをぶつけてみただけなので、こちらこそ誤解を招く書き方でしたね(^^♪



    なるほどと思います。ご心配なく理解しているつもりです。。





    うさみみが書いたのも、コカさんの最後の部分と同じ意図なんです。

    (また勘違いしていたらごめんなさいね)



    うさみみが取引している銘柄は、例えば原油精製企業や非鉄精製企業なんだけど、原材料が上がれば株価があがります。(実際そうなので)

    カナダドルなんかもたぶん同様でしょうね。



    たぶん、精製費用は変わらないのに高く売れるからだと思うんです。

    価格決定力は取引所ですけど、それで儲かる企業があるというのを株価の動きからいつも感じ取ってるんだけど、それは絶対川下が買わないといけないものだからあげるんだろうね。



    「原油、非鉄などの資源系」が今上げているのはそれだけではなくて、もう1つの面。

    ドルの凋落により、通貨より現物(資源)が安心ってことがあるので、そのあたりは引き算の必要があるかな。



    日本の企業では残念ながら、川上で有利なところはイメージできないですね。

    (イメージできても、日本株で個別銘柄取引はしないので関係ないんですが)



    原材料を輸入するしかない日本は、厳しい時代になるかもね。

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。