ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  上場株式等の譲渡所得等及び配当所得に係る10%軽減税率の特例措置の廃止がじわり
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    上場株式等の譲渡所得等及び配当所得に係る10%軽減税率の特例措置の廃止がじわり

     
    個人的には「上場株式等の譲渡所得等及び配当所得に係る10%軽減税率の特例措置」には反対というか、投資を加速するためのこういう特例措置を導入したことを良く思っていませんでしたので、この特例措置がなくなることは賛成です。
    こう書くと多くの個人投資家から非難されそるでしょうが本心でした。


    でも「10%軽減税率の特例措置の廃止」がじわりじわりと響くなという実感を感じてしまいます。

    実感したのはツレからのメールでした。
    「アキュセラインク(4589)の初値が2300円で付いた」というメールが届き、ホッとして「プラス○○円だね。おめでとう。」と返事を書いたのです。
    すると「税金で2割引きの金額だよ」という趣旨の返事が来たんですね。
    数字にすると「そんなに削られるのか」影響が大きいなと実感しました。
    いままで10%軽減税率の特例措置にならされすぎていたようです。

    昨年から今年にかけて年1.7%の定期預金の満期ラッシュがあり、その時は約2割引の利息が入るという頭の中の計算で何の違和感もなかったのに、今回の株式譲渡益だとすごく違和感がありました。

    所得税の子どもの扶養控除廃止の代わりの子ども手当増額とか、10%軽減税率の特例措置の廃止の代わりのNISA制度開始とか、国民が文句を言いにくいやり方が物事を複雑にしてしまいます。
    特に今回のNISA口座は、下手をすれば投資スタンスにも影響してしまう制度ですし。


    株式関係だけ優遇してきた片寄った状況から、預金と同等になったことでバランスは取れているなと思います。
    所得税や住民税と比べてもバランスが良くなったと思います。

    税金は取れるところから取るみたいなところがありますが、それは必要なことのために税金を取るという意味である程度構わないと思うんですが、政治の人気取りに税金が使われるのだけは嫌悪感を感じます。
    なんか制度が変わる度に「あっちをいじめるかわりに、こっちをプラスして」というような、「いろんな人に配慮したかこうなりました」みたいな感じが多いです。


    「10%軽減税率の特例措置」の導入時は、確か引き換えに何かがあったような記憶はありませんが、国を挙げて投資してという空気をにじませていました。
    そしてその波に飲まれた多くの方の中に私もいました。
    今度はNISAという波に多くの人が飲まれることでしょう。

    大量の投資初心者の参加にほくそ笑む方もおられると思います。
    こうした波は、うまく乗れる人と、はじかれる人、おぼれてしまう人、信じられないほど高みにける人など数年から10年くらい先に選別されることでしょう。

    前回の波に私も翻弄されました。
    私の場合は、ただただ生き残っただけという結果です。
    他の生き残っている方の投資成績と比較しても、残念ながら私の成績は話になりません。
    生き残っただけましだと思っています。
    今度はもう少し安定して翻弄されたいなと思います。
      
         
    関連記事
  • はてなブックマーク - 上場株式等の譲渡所得等及び配当所得に係る10%軽減税率の特例措置の廃止がじわり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    NISAいらない子

    はじめまして。
    預金と株式と、税制の観点からはバランスは取れたことになるのでしょうが、未だ預金への比重が多い日本の金融資産の状況を考えると、もう少し継続してもよかったのではないのかな~といったところです。
    今は低金利すぎて、たとえ金融資産が1億円あったとしても定期預金程度では目減りするだけでしょうし。株式がいいとは言えませんが、リスクも考えられた上でいろいろな運用を国民に勉強してもらうう方向性は悪くなかったのかもしれないと思う次第。まぁ、軽減税率の時期がそれなりに長くあったにもかかわらず、未だ預貯金の比重が大きいのを鑑みるに、意味は薄いのかもしれませんが。

    それとNISAですが、先日口座がやっと開設されて枠を使ってみました。
    結論から言えば、あまりに枠が小さすぎて・・・誤差にもなりません。このNISAの仕組みのために投資方法が崩れるようなことにもなりかねず、こんな制度はないほうがいいのではと思うところ。
    所詮年間100万円。ピーク時でも500万円。ピーク時に10%儲けが出たとして50万円。これが20%引かれるか0%の違いだとしても、その差10万円。本当にたった10万円です。NISAにして上限まで使って、さらに儲けが1割も出て、たったの10万円です。本当に少ない。

    資産形成のため、投資への働きかけとしては、NISAは本当にいらない子、というのが実際に運用がはじめてシミジミと思っているところです。
    本場のISAと似て非なる仕組み。本場のISAと同じならいろいろよかったのでしょうに。残念な仕組みです。本当に。

    煙々さんへ

     
    株式投資する側からみれば軽減税率があればいいという意見が大半ですね。
    私も恩恵を受けてきたので残念とは思いますが、もともとの目的である投資への誘導が上手くいったようには見えません。

    個人的ですが税制は単純であってほしいと願います。
    NISAはまだ開設すらしていませんが、開設するならココだというのは決めています。
    NISAの枠が小さい以前に使い勝手にメリットがあまり感じられずにいます。
    IPOに使うくらいかなと思っています。

     

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。