ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  初めての株式分割(株式分割のメリットとデメリット)
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    初めての株式分割(株式分割のメリットとデメリット)

     
    株式分割を初めて体験したのは、2007年3月29日でした。
    株式分割とは何かが気になる方は、関連するエントリーを一読ください。

    (関連するエントリー)中国石油化工・シノペック(00386)の株式分割と株式配当、権利売却


    【2007年3月29日のエントリーより】
    株式分割を経験した事がなかったのですけど、今回ついに念願が叶うようです。
    香港H株の紫金鉱業という銘柄なんですが、10:12.5の分割になるようです。
    分割するのは知ってたけど、いつかは調べていませんでした。

    今日、株価ボードをみると、この銘柄が含み損になっていたのでかなりあせりました。
    ただし今日は&+7%くらいの上げで理由は??でした。
    一体なんだと思いつつ権利確定日を調べてみると、昨日が権利確定日で今日が権利落ち日だったんです。
    ツレに、個別株やってるのに、そんないいかげんな管理ではあかんとおこられました。

    10:12.5の株式分割ですので、10÷12.5=0.8ということで株価が80%になったために、評価損となってしまったということでした。
    株式分割と同時に今年初の権利GETです。

    ●紫金鉱業(2899) 5月16日反映 0.09人民元(支払 香港ドル)の期末配当および10:12.5の株式分割

    中国株も権利取りのチャンスもあるかもしれないので、資金を増やしておくのもいいかと思っています。





    <株式分割における神話>


    中国株では割と経験する株式分割ですが、日本株ではライブドアだけです。
    当時は、株式分割をすると株価が急騰するとされていて、実際に1:2の株式分割をすると株価が半分になるけれどもいずれもとの株価に戻るというイメージがあったのも事実です。
    もともと株式分割により、個人投資家が買いやすい取引単位や取引単価になることで参加者が増えるというようなイメージから、とにかく上がるという上記の神話にまで上り詰めました。
    今はどういうイメージなのでしょうね。




    <株式分割のメリットとデメリット>


    そうした神話はともかく、株式分割をしてくれると個人投資家にとってメリットがあります。
    株式分割を行っても保有する株の資産は全く変わらない(1:2の株式分割をした場合、株数は2倍になるが株価は半分になる)わけですが、企業がわざわざ経費をかけてまで株式分割をするめりっとがどこにあるのでしょうか。

    株式分割のメリットを考えるうえで大切なことは「流動性を高める」ということです。
    ・株式分割により株価を下げることで、最低取引単価が今まで高くて買えなかった人が買えるようになる。
      (企業にとって自株を購入してくれる方が増える可能性がある)
    ・株式分割により市場に出回る株式数を増やすことで、売買が成立しやすくなり流動性が高まる。
      (流動性が高いほど売りやすく買いやすくなり取引が増える)

    そして自分の持ち株が株式分割してくれるとうれしいメリットがあります。
    ・保有株数が増えることで、売却と保有の選択が広がる。

    単元株しか保有していない場合は、保有株を売ると手元には残らなくなりますが、例えが1:2の株式分割の場合は、1単元を売却しても、1単元を保有しておくことができますので、段階的な売却が可能になります。
    また、中国株で何度か経験していますが、2単元保有している株が買値の2倍を超えた時に1単元を売却することで、1単元の「タダ株」を作り出すことができます。

    「タダ株」相当分は既に利益確定済みですので、長期的に保有していく中で、例えデフォルトしても損はしないという意味で、長期の株価上昇に期待しやすくなるというのがタダ株つくりの考え方です。
    私も中国株ではいくつかの銘柄にタダ株がありますので、ずっと保有し続けると思います。


    一方、株式分割のデメリットには何があるのでしょうか。
    もちろん、メリットに挙げたことが本当にメリットとは言えないケースもあると思うので、その場合はデメリットといえなくはないですが、そうしたレアな話ではなく一般論としてのデメリットはあまりないように思います。

    私としては今回のように「10:12.5」とかの中途半端な分割にはメリットは感じられません。
    以前に中国株を取引きしていた証券会社では1単元未満の保有もでき配当金ももらえましたが、今の証券会社では1単元未満は売却となってしまいます。
    結局、強制的に保有数をへらされるような格好になるため、自分の意思が反映されないとう重大なデメリットがあります。
    こういう中途半端な株式分割は、レアなケースでもないんです。






    このエントリーは、2007年3月29日にUPしたものを修正しています。
     
    関連記事
  • はてなブックマーク - 初めての株式分割(株式分割のメリットとデメリット)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。