ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  外国債券のマージン・売買手数料(大和証券>野村證券>三菱UFJ)
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    外国債券のマージン・売買手数料(大和証券>野村證券>三菱UFJ)


    外国債券の生債券に投資しているブロガーはあまりいないので、情報が少ないなと思うのは、外国債券の売買にかかる証券会社のマージンをどれだけ取っているのか分からないという点でした。
    マージンを1%ほどは抜いていると書かれた本を読んだことがありますが、証券会社によって異なるのかなと思います。

    外国債券の売買には手数料がかからない証券会社が多いのですが、それは証券会社の手数料が上乗せされて販売されていると考えられ、ここではこれを証券会社のマージンと呼ばせてもらいます。
    外国債券は、証券会社ごとに異なる料率でマージンが上乗せされて販売されています。

    外国債券の生債券に投資をするうえで、どの程度のマージンが引かれているかが不明瞭で不安な点でした。
    しかしながら長期的な保有を前提に考えた場合には、ノーロードとはいえ債券ファンドの信託報酬の蓄積も相当なものなので、現在の日本の投資環境では許容するしかないと思いました。
    正直にいえば、債券ファンドに投資しようとは思ったことがありません。




    <新発債の外国債券を買う>


    新発債の外国債券の場合は、購入の募集期間が限定されるため、円安の時を選んで買えないというジレンマがあります。
    定期的に少しづつ購入していくという時期分散を基本に購入していましたが、一時期は前回購入した時より円安になったから買うのを見送ることもありました。

    今は、格付けや国債と利回り等で問題なければ、円高でも円安でも少しづつ購入しています。
    以前に買った外国債券が満期償還か満期直前売却して外貨MMFでプールして外貨決済で購入しています。
    こういうサイクルで外国債券投資を始めてから3サイクル目くらいにはいっているでしょうか。

    【外国債券の売却マージンはこれか? 2008年8月1日】

    さて、先ほどトヨタFS証券に豪ドル債券の売却の以来をしたんですが、もっと満期にちかづいてからの方がお得ですよって。
    疲れて寝てて、15時過ぎて電話したから、月曜日に注文もらっても同じですよ。為替レートや債券価格を確認して売却されたほうがいいですよってことでした。
    債券価格は満期に近づくごとに100に近づくとされています。
    ●7月29日の評価額99.79
    ●本日の評価額99.82→→売却評価額99.34(電話で確認)

    PCで表示されている評価額が時価評価額なのかどうかわかりませんが、売却評価額はやはり少し悪い評価のようです。
    この差が証券会社のマージンと考えてみると、
    1−99.34÷99.82=0.48%
    となります。

    この仮定が正しいかは全然分かりませんが、この程度なら良心的な気がします。
    外国債券ファンドなら1年分の信託報酬で消えてしまいそうですもの。

    とにかく、今回は、8月19日のギリギリで売却してみようかと思っています。
    どこまで評価額が100に近づくのか楽しみです。



    証券会社のマージンが0.48%と考えていましたが、それほど高くないのかなと思います。

    最近、豪ドル建て外国債券を売却しました。
    ■デンマーク地方金融公庫 豪ドル建て外国債券 売却価格99.87

    証券会社のマージンは、0.13%未満ということです。
    外国債券のインデックスファンドの信託報酬に比べても良心的だと思います。
    新発債の場合は、売却時にマージンを取られるけど、購入時には取られていません。




    <はじめての既発外国債券>


    【2006年11月8日】

    自分がチャンスと思うときに購入したいという思いと、金利が相当上がってきているという感覚があったので、長期債券を買ってみたいという思いが重なり、これから挑戦する可能性のある下記の3タイプの外国債券を2006年11月に試験的に買ってみました。

    (試験的に購入した既発外国債券)
    ○トレジャリーノート 米国債 2016.2.15債
      購入:2006年11月8日  満期:2016年2月15日
      年利:4.5%
      購入価格:額面1000米ドルにつき1001.1米ドル

    ○欧州投資銀行 米ドル 利付き割引債 2013.1.30債
      購入:2006年11月8日  満期:2013年1月30日
      年利:0.5%
      購入価格:額面1000米ドルにつき753.3米ドル
      保有:753.3米ドル⇒満期時1000米ドル

    ○米国財務省証券(ストリップボンド) ゼロクーポン債 2020.2.15債
      購入:2006年11月8日  満期:2020年2月15日
      購入価格:額面1000米ドルにつき543.2米ドル
      保有:543.2米ドル⇒満期時1000米ドル

    生きた勉強には、既発外国債券を買ってみるってことも経験的に大事だと思います。
    債券価格の値動きも気にしたりするようになるし、金利の動向については更に意識が高まりました。

    その後、米国債10年債の利回りが5%を超えたこともありましたが、買うことができませんでした。
    金利を読むということが難しいという点もあるんですが、教科書では逆イールドになると金利のピークが近いとみんなが考えているということを勉強していたので、買いたい気持ちはやまやまでした。

    ただ当時は、ドル円が120円台という円安ドル高だったわけです。
    米ドル建て外貨MMFでプールしていればいいのですが、円から直接買うとなると躊躇してしまいます。
    そうしているうちに、金利の急激な低下が始まりまったわけです。

    ●外国債券の価格が上がる=円高ドル安
    ●外国債券の価格が下がる=円安ドル高

    という基本が崩れるチャンスな瞬間をチェックしていたけれども、よくわかりませんでした。
    この基本的な関係が成立つ状況では、いつ買ってもさほど変わらないようにも思いました。
    ただ、債券価格が高い(利回りが低い)のに買うというのは、いろんな意味で不利だと思うので、円安であろうと利回りの高い時(債券価格が安い)に買うべきだというのが結論でした。

    つまり現在の状況は、長期の既発外国債券に関しては、米ドル建ては買うべきではなく、ユーロや豪ドル建てについては検討しても良いという気がしています。



    あれから相当時間がたち、アメリカの政策金利も米ドル建て国債の利回りも随分と低下してしまいました。
    低金利時代は、固定金利の外国債券よりも変動金利の外貨MMFでプールしておく方がいいかなと思っています。
    償還期間の短い外国債券を買うという選択もありますが、証券会社のマージンが重くのしかかるので避けています。

    またいつか、長期の外国債券を買う時期が来るのかな。
    遠い未来に。
     



    このエントリーは、2006年11月20日及び2008年8月1日にUPしたものを修正・追記しています。
      
    関連記事
  • はてなブックマーク - 外国債券のマージン・売買手数料(大和証券>野村證券>三菱UFJ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    調べる時期、通貨にもよりますが・・・

    米国債、日興が有利なこともあるようです(↓)。

    http://siawasekazokukeikaku.blog89.fc2.com/blog-entry-441.html

    参考まで!

    Werder Bremenさんへ

    日興はチェックしてませんでした。
    ありがとうございます。
     

    No title

    生債券(外債)投資は興味ありますが、まだした事がありませんでした。

    マージン等を、いろいろと調べたり比べたりしてから投資した方が良さそうな金融商品のようですね。なるほど勉強になります。^^

    Kapokさんへ

    インデックス投資家さん達の間では、風前のともしび的な投資先です(笑)
    私にとっては1つの投資先であり、いろいろ学べます。

    税制改正については伝えたほうが良いですよ!

    あのブログ、第二部がもう直ぐ閉店ですが、「外債は不要か?」の記事で債券の2016年の税制変更について述べています。私は完全撤収しました!
    http://0123dangerousguyback.seesaa.net/
    第一部では3年前の腐ったLEDデータを見破り、300ルクスで蛍光:LED=95W:35Wの実測記事に、止めは実際、自分の家で使って30%節電の料金請求書まで突き付けて「現実」を示したのですが、東電株で大損の賊軍、会津は頭が相当、壊れたみたいで「玉砕」するまで抵抗するようです(汗)。困ったもんだ(笑)。

    ではでは

    Werder Bremenさんへ

    2016年の税制変更の詳しい記事の紹介ありがとうございました。
    いずれ記事にしますね。

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。