ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  投資を始めたのは外貨MMFからそして外国債券投資へ(投資をはじめるきっかけ)
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    投資を始めたのは外貨MMFからそして外国債券投資へ(投資をはじめるきっかけ)


    民主党から自民党への政権交代があってから、急激に円安と株高が進んできています。
    ニュースで株価上昇とか円安を聞いて投資を始めようかなと考える人が増えてくるかもしれないですね。
    私が投資を始めたのも、今のように円安株高の空気が支配している時で、本屋さんには所狭しと投資の特集を組んだ雑誌や投資本があふれていました。
    感覚的には、今の円安株高は、まだ当時ほど進んでいないという感覚ですけどね。




    <初めての投資は外貨MMF>


    初めての投資は、2004年2月に購入した「米ドル建て外貨MMF」の購入からでした。
    これからも「円キャッシュだけでいいのだろうか?」、「外貨投資を始めなくていいのだろうか?」と1年くらい悩んでいたように記憶しています。

    投資商品も良く知らないし、いろいろ勉強してもなかなか理解できないし、怖いしと悶々としていました。
    外貨MMFと外貨預金の比較を勉強しながら、最終的には外貨MMFを選んで、思い切って購入してみたんですよね。
    それが私の投資のスタートでした。

    投資をはじめた2004年2月から、もうかれこれ9年ほど経つんですね。
    この間、「上昇相場→大暴落(ライブドアショック・リーマンショック・欧州危機など)→今の上昇相場?」を経験してきました。
    景気の長期サイクルは、7年から10年という感じだと思いますので、ちょうど1サイクル経験しつつあるということです。
    「ああ、ようやく1サイクル生き延びたんだな」としみじみ感じます。
    生き延びたという表現が少々悲しいですけどね。





    <私が投資を始めた理由>


    10年近く前のことを正確には覚えていませんし、当時書いていたブログはもう消してしまっているので、どうだったかなと思い返しながら書いてみます。

    投資を始めた理由を一言でいえば「焦り」でした。
    当時は今と同様デフレでしたけど、10年近くデフレが続いてきてここからインフレになったら、今までの反動ですごい「円安」になるのではないかという危機感を感じていました。
    そうした危機感をあおる投資本や雑誌がたくさんありましたから、投資の勉強もそれらが中心だったんです。
    また当時は、政府が投資を推奨するかのような雰囲気もありました。

    それまでは、「投資=損するかもしれない得体のしれないもの」という認識でした。
    インターネットがあまり普及していない時代でしたので、株価のチャートはシルバーブックなどの本でしたし、株式の取引手数料はかなり高かったんです。
    今はインターネットの普及でかなりの情報が無料で手に入りますし、ネット証券の台頭で取引手数料も相当安くなっているので、個人投資家が投資をする環境が整っているといえますが、当時は電話で株の注文をしていたんですよ。
    想像できます? 笑ってしまいますよね。

    当時、あおられていた危機感としては、「円安」「株高」「インフレ」ということでした。
    このデフレ下では、今でも同じ危機感が良く語られます。
    投資を始めさせたい側としては、これらの危機感をあおるのが一番ですもんね。

    さて、この9年間で「円安」「株高」「インフレ」になったかというと、すべて逆でしたね。
    投資に全力投球しなくてよかったと思っています。

    例えばなけなしの退職金を私と同じ時期に一括投入していたと仮定すると、自己責任ではありますが、かなりお寒い老後になってしまったのではないかと想像します。
    こうして長期間待てば回復したとしても、お寒い何年間かは精神的にもツライ状況になり、せっかくの人生を楽しめそうな感じがしません。
    当時、そういう話をいくつも聞かされました。
    声高に自分の不幸を叫び、だまされたというむなしい主張を何度も何度も聞きました。

    これ、自己責任なんですけどね。
    原因は自分にあることを受け入れられない人は、他人のせい、自分以外に何かのせいにしないと心が持たないというのはあるのでしょうが、それで失った資産が元に戻るわけではないんですよね。
    厳しいけど、失う時は一瞬です。

    消えて行った投資ブログもたくさん見てきました。
    だからこそ今も残っているブログに力強さを感じるんですよ。

    ここから見えてくる事は「投資はすべきではない」ではなくて、「全力一括投入は一発退場の可能性がある行為」であるということと、「自分が取れるリスクを見誤ってはいけない」ということです。

    なんかこういう書き方をすると投資を始めるのは良くないという印象を持たれると思いますが、そうではありません。
    「危機感をあおられて投資を始めてみようかな」と思っている人は思い切って始めてみるのもいいと思います。
    「投資で儲けたい」と思っている人も思い切って始めてみるのもいいと思います。
    それくらい投資を始めるという壁は高く、簡単には踏ん切りがなかなかつかないものしょう。

    投資をすることは、人生の重要な1つの経験としておすすめしたいところです。
    投資を始めるのであれば、覚えておいてほしいことはこの2つだけです。

    ・全力一括投入は一発退場の可能性がある行為であるということ
    ・自分が取れるリスクを見誤ってはいけないということ

    とりあえず少額で投資を始める分にはこの2つの注意点には該当しないと思いますので、始めるならば少額からがいいと思います。
    ただし、今の時期に投資を始めるのは、私と同じような苦いサイクルとなる可能性もあります。
    だれでも儲かる波がきているだけなのに、自分の力だと過信して調子に乗って投資を拡大し、暴落が来る時は警戒しているから自分は上手く逃げられると勘違いしているうちに、いつのまにか梯子をはずされているのにも気がつかない、こんなはずではないとむきになってしまうという感じです。
    今は笑い話ですけど、これが多くの人間がそうなってしまう人間の性でもあるんです。

    リーマンショック時に投資を始めた人は最高のタイミングだったわけですよね。
    こういうのは後からわかることなんですけど。
    とにかく周りが投資、投資といっている時期に投資を始めるのはもう遅すぎで、周りが投資なんてやめとけと言っている時期に始めるのが最高のスタートなんだと思います。

    投資をはじめるといろんなことが気になり、いろんな勉強をするはずです。
    いろいろ勉強したからって儲かるとは限りませんけど、投資をしたことによる実践経験はすごくためになります。
    私なんか投資でキズだらけではありますが、投資をしたことを後悔してはいません。
    むしろあの時、踏み出しておいてよかったと思っています。

    最近は投資を始めて投資ブログを立ち上げた人が増えてきているようで、歴史はまた繰り返されるのでしょう。
    是非、約7年から10年間という1サイクルを生き残ってほしいと思います。
    調子に乗りすぎた思い出も、手痛い失敗の思い出も、生き残ってこそ1つの経験といえるのですから。





    <外貨MMF投資で投資を始める>


    私が投資を始めたのは2004年2月に米ドル建て外貨MMFの購入からでした。
    その後、日本株(電話注文)、外国債券投資、中国株という流れでいろんな投資に挑戦していきます。
    外貨MMFで投資を始める人はいると思いますが、投資を始めてすぐに「外国債券投資」を始めた人はあまりいないのではないかと思います。
    外国債券の生債券に投資する人自体が少ないですもんね。
    一般的には「インフレ対策として株式投資」とか「儲けたいから株式投資やFX」的なスタンスで株式投資から始める人が多いと思います。

    記憶では日本株より先に中国株(香港H株)を始めたという記憶がありましたけど記憶違いでした。
    中国株を始めた時はネット証券でしたが、日本株を始めた時は電話注文でした。

    当時、焦りを感じていたのは「円安」だったんですね。
    日本円だけを保有していることに恐怖を感じました。
    そりゃ考え始めたら怖くて怖くてしかたなくなりました。

    先ほど「全力一括投入は一発退場の可能性がある行為であるということ」に注意してほしいと書きましたけど、リスクのある投資をせずに円キャッシュのみを所有している状態というのは、これもまた「全力一括投入」という考え方をします。

    投資を続けている多くの人は、円キャッシュのみを所有している状態を怖いと感じているはずです。
    ですので株式投資や、外貨投資、不動産投資などに資産の一部を振り分けて資産を1つのカゴに入れないようにしているんですね。
    今では、損するかもしれない投資に資産の一部を振り分ける方が、安心できると考えている個人投資家も少なくないのです。
    もちろん、私もその一人です。

    リーマンショック時に大きな含み損を抱えて家族にいろいろ苦言を言われても、投資をゼロにする気持ちは全くありませんでした。
    投資スタンスを見直す必要は感じても、投資を辞めようとまでは考えないのは、やはりそんなことより円キャッシュに集中する方がはるかに怖いからです。


    今でも外国債券投資を続けています。

    (関連するエントリー)外国債券の保有状況(購入、最終利回り比較)資産運用

    最初は、2004年10月に購入した豪ドル建て外国債券「トヨタファイナンスオーストラリアリミテッド ユーロ豪ドル建て社債 3年満期、年利4.93%(税引前・豪ドル建て)」の購入からでした。
    初心者なのに「10,000豪ドル」の買付けでした。
    一気に約80万円の投入でした。

    この外国債券購入に予約がいることを知らなくて、キャンセル待ちをしてまで買いました。
    ホント、当時は大胆で思い立ったらとことん行くだったようです。
    また、「1年目の利金を全て円転してしまった」ことを後悔していたようです。
    円安に動いていたので儲かったのですが、せっかく積上げた外貨を減らしたことを後悔したみたいです。

    外国債券投資については、これからも継続していこうと思ってはいますが、おすすめしようとは思っていません。
    外国債券で為替リスクを取るのであれば、海外株を買う方が合理的だという考え方があるのです。
    詳しく知りたければ「山崎元 外国債券」と検索すればいろいろ調べることが出来ます。 

    じゃあなんで外国債券を続けているのかといえば、いろいろやってみたいからというのが一番大きいです。
    娘達にアドバイスする機会があるかどうかはわかりませんけど、やってみないとわからないこともありますし、やるからには少しは勉強しなきゃいけないわけです。
    外国債券投資は、やっても意味がないというものではありませんしね。

    こんな風に、投資にはいろんな投資先と考え方があります。
    なんらかの投資理論に基づき効率的で合理的な投資を追求する方もおられます。
    そういう人たちから見れば、私なんかはきっとつっこみどころ満載の愚かな個人投資家に映っていると思います。

    「儲けたいという気持ち」と「資産分散してリスクを減らしたい」との考え方の比率も人によって違います。
    また、人によって家族構成も、年収も、資産額も違いますので、取れるリスクも違ってきます。
    だからいろんな投資スタンスがあるんです。

    長期投資を目指す人は、その時が来るまで自分の投資がよかったのか悪かったのかは知ることができません。
    でも、その時になって結果的に失敗だったとなれば、もう取り返しがつきません。
    短期投資を目指す人は、すぐに自分の投資がよかったのか悪かったのかがわかります。
    でも、次の勝負で成功するかどうかはわかりません。
    結局、最終的に投資をやって成功するかどうかは、先々でしかわからないわけです。
    投資の調子がいいとうれしそうに語っていた人が、何人も何人も消えて行った(=投資ブログの更新が止まった、または消えた)のをたくさん見てきました。

    どういう投資をしたにせよ結果は自己責任ですし、リスクのある投資を全くしないで将来困った事になってもそれも自己責任です。
    自己責任が取れるのであれば、無理のない範囲で投資をしてみるのは素敵なことだと思います。

    大切なのは「退場せずに長く続けること」です。
    その中でいろんなことを学んでいけばいいし、少々遠回りしてもいいと思うんです。

    投資の勉強は必須ですが、手間がほとんどかからない投資もいろいろあるので、いろいろ挑戦して語り合っていければいいなと思っています。
     


     
      
    関連記事
  • はてなブックマーク - 投資を始めたのは外貨MMFからそして外国債券投資へ(投資をはじめるきっかけ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    今はネットで楽に買い付けができる世の中ですね。
    全く便利な世の中になったと思います。

    未だに日本人の多くの人が「日本円」で貯金しています。
    リスクを分散させていないこの状況を、どれぐらいの人が理解されているのでしょうかね。

    大切なのは「退場せずに長く続けること」、心に沁みわたります。
    これからも当サイトは退場せず長く続けられるサイトとしてがんばっていこうと思います。

    アフロさんへ

    ネットはすごいですよね。
    リアルタイムですもんね。

    >未だに日本人の多くの人が「日本円」で貯金しています。
    >リスクを分散させていないこの状況を、どれぐらいの人が理解されているのでしょうかね。

    私も30代でようやくやばいかなと思ったので、かなり遅めだったと思います。
    とはいえ、当時はネット時代ではなかったので、なかなかそういう視点に気づけずにいたんですね。

    これだけ投資や資産形成ブログができて、長く続いているサイトがいくつもあると、情報交換、情報収集もとても楽ですし、管理人の人となりやブログコンセプトってすごく大事になりますよね。
     

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。