ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  日本一やさしいフリーのための確定申告ガイド(フリーランス・個人事業主の確定申告)
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    日本一やさしいフリーのための確定申告ガイド(フリーランス・個人事業主の確定申告)

     
    「日本一やさしいフリーのための確定申告ガイド(著者:はにわきみこ)」を読みました。

    私は、30歳代は資産運用に熱心でしたが、40歳代になってからはその熱も随分と冷めてしまいました。
    40歳代になってから気にしているのは、子どもの進学と私たちのリタイア後の生活です。
    50歳代で早期リタイア(アーリーリタイア)できるのか、60歳代で定年リアイアになるのかはわかりませんが、早期リタイアをするのであれば、個人事業主いわゆるフリーランスという立場がとても気になっています。
    フリーランスを目指すのであれば、その土台は今から作っていきたいと思いますし、資産運用も大事ですけどそうしていくことが早期リタイアには大切な気がするんです。

    結婚し子どもがいる方での早期リタイア者はあまりいませんのでなかなか参考になるブログは少ないのですが、そうした数少ないブログを読んでいると、ただ資産形成しただけではだめなんだと感じます。
    私の場合は、「仕事をやめる→仕事がない喪失感」というのはそれほど感じない気もしますが、こうしてブログを書いたりしてそれなりにやることがあるからでしょう。
    よ早期リタイアは性格的にあっているような気がしますが、何かを目指して進むというのが基本的に好きなので、単純にリタイアではなく、フリーランスになるのが今は一番あってるのかなと思ったりしています。

    フリーランスについての本ということで、「日本一やさしいフリーのための確定申告ガイド」を読んでみたということです。

    サラリーマンではありますが、私は毎年確定申告をやっています。
    この本は「確定申告って何?」という初歩的ところから分かりやすく解説してくれています。
    この本を読んでいると個人事業主のことを勉強するには、税金のことや確定申告との関係をしっかり勉強しておく必要があるなと感じました。
    特に気になったのは、「もうからない起業」です。
    これぞ私が目指すものなのかなとも感じました。

    【所得38万円以下の起業なら扶養家族に より】
    自由業として独立する。その目的は人によって違う。分かりやすい例は、経済的な成功を求めること。しかし、反対に「もうからなくてもいいから、コツコツやっていきたい」という趣味的な仕事のやり方だってある。給与所得者の配偶者がいる場合に有効なのが、後者の「もうからない起業」である。
     なにしろ、扶養家族のメリットは大きい。「国民健康保険は第3号被保険者」扱いだし、「健康保険は配偶者の社会保険」でいられる。それに配偶者にとっても税金面で有利なのである。
     配偶者と扶養家族の性別は不問。ここでは妻を扶養家族として説明するが、妻の方が会社員で夫が扶養家族でもOKだ。



    私が思う「もうからない起業」というのは、ここでは書けないですけど、ある程度の資産形成をしてからの早期リタイア(こういう場合は早期セミリタイアになるのかもしれませんが)という前提で考えると、資産の取り崩しを少し遅らせるくらいのイメージで良いと思います。
    好きな時間にちょっとだけ手をかけてというイメージですが、インターネットのある時代では不可能ではないわけです。

    この部分に書かれているように経費を除いた収入を38万円以下、つまり所得税がかからないくらいの働き方でも年間100万円位の収入にはなるわけで、それだけあれば十分リタイア後の生活を楽しめると思います。
    その100万円をフリーランスで稼ぐのは難しいのかもしれませんが、それはこれからの土台作り次第ですよね。

    私のリタイア後のイメージはそんな感じなのですが、これってよく考えると私のツレにあてはまると思ったので、現在は個人事業主として独立してくれています。
    たいして稼げていないのですが、扶養の範囲の堅持のためそれでいいんです。
    本音を言えば報酬はいらないから、商品お試しでいいと言ってました。
    美容グッズなどは買えば高いですし、普段買わないものを使えて、ブログで書くのが第一のスタイルですね。
    私も時々手伝わされますが、ブログUPに関しては苦にならないのでその面でのサポートはしていますし、私のリタイア後の準備運動にはちょうど良いです。
    年金と個人事業主2人で十分暮らしていけるかもしれないですね。

    ちなみに著者は、「給与所得の仕事・年間上限65万円」という収入枠を設定しているそうです。
    ツレのケースで言えば、パート収入を65万円以下にして、フリーランスとして65万円を最大目標にするというイメージですね。
    給与所得控除65万円と青色申告特別控除65万円(複式簿記での記帳が必要)を考えればこれで所得はゼロなんですね。
    会社によっては収入が130万円を超える扶養から外れるところが多く、個人事業主分の必要経費がどういうカウントなのかを事前に確認しておく必要があります。
    このあたり会社や健康保険によって基準が異なります。

               




    このエントリーは、2012年12月29日にUPしたものを修正しています。
     
     
    関連記事
  • はてなブックマーク - 日本一やさしいフリーのための確定申告ガイド(フリーランス・個人事業主の確定申告)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。