ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  早期リタイア(アーリーリタイア)したいと仕事(会社)を辞めたい
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    早期リタイア(アーリーリタイア)したいと仕事(会社)を辞めたい

     
    30歳代の私は、資産運用や資産形成にものすごく熱心に取り組んでいて、早期リタイア(アーリーリタイア)についての想いもそれなりに強かった時期でした。
    なぜ早期リタイア(アーリーリタイア)したいかの理由についても、資産運用をどんどん頑張っていった結果としての果実として早期リタイアがあるというイメージが一番強かったと思います。

    30歳代後半においてやや資産運用への期待が薄らいだ時も、「仕事を辞めたい」ということではなくて、資産形成の延長線上として早期リタイア(アーリーリタイア)を見ていたように思います。

    (関連するエントリー)早期リタイアと定年リタイアと早期セミリタイアに想いをはせる

    (40歳時点)早期リタイアと定年リタイアと早期セミリタイアに想いをはせるより
    ■今の仕事はこれまで経験したことがない段階に来ていてやってみようと思えているし、ライフワークバランスも申し分ないので、プライベートでも仕事を続けながらやれる事を工夫してやっていきたい。



    40歳時点では、これからの仕事に対する不安もありましたが、期待の方が勝っていて、仕事に対する意欲が感じられます。
    30歳代に比べて40歳は、是が非でも早期リタイアしたいという想いは相当薄れていました。

    現在の43歳時点では、仕事に対していささか事情が異なっています。
    一時的なものだとは思うのですが、仕事上の責任が重くなってくるにつれ「仕事を辞めたい」という気持ちになる日がでてきました。
    「仕事(会社)を辞めたい」ので「早期リタイア(アーリーリタイア)」したいという気持ちも随分でてきたということです。

    ほとんどの人は、少なくとも一度や二度は「仕事(会社)を辞めたい」あると思います。
    しかし、真剣に会社を辞めるかどうかを検討するまでに至る人はそう多くはないと思います。
    とはいえ、仕事が絶望的にしんどい時などは、ふと「会社(会社)を辞めたい」と思ってしまうことはだれにでもあると思いますが、そういう状況下では安易にやめるという重要な判断は避けて、しっかり考えたほうがいいです。

    私も40代前半で、一度「仕事を辞めたい」と思う大波がありました。
    その時に、「今、早期リタイアできないだろうか」と真剣に検討した経験があります。




    <子どもが大学を卒業するまで仕事はやめられない>


    子どもが学生の内は早期リタイヤできないのだろうか?
    金銭的な面で辞められないのか、世間体を考慮して辞められないのか?



    40歳代前半で早期リタイアできないかを真剣に考えた時、どうかんがえても金銭的に困難であるということがはっきりしました。
    エクセルでマネープランのシミュレーションを作成しているので、試算はすぐにできるのですけど、かなり長期のシミュレーションになるのでインフレの影響をどう考えるかが一番やっかいなんですよね。

    別のエントリーでいただいた質問で「子どもが学生の内は早期リタイヤできないのだろうか?」については、私の場合、子どもが大学を卒業するのは早くても52歳ということになります。
    私はこの質問をいただいた時に「今」を考えてしまいましたが、よくよく考えると子どもが学生のうちにということですから、「50歳くらいで早期リタイアできないのか?」という風に読み替えるべきだったんです。

    (52歳時点)早期リタイアと定年リタイアと早期セミリタイアに想いをはせるより
    ■娘たちが大学を卒業するまでは、今の仕事を続ける。
    ■親として子どもに背中を見せる意味で仕事は続けたい。
    ■老後の生活費の準備は、おそらく7合目付近。教育費のプレッシャーから解放されれば、お金のために仕事を続ける必要性は薄くなっていくように思う。



    50歳くらいでお金の面で早期リタイアできるかどうかについては、困難だとは思いますが、正直、よくわかりません。
    娘たちが大学生という一番教育費がかかる時期にわざわざ仕事をやめることは考えにくいし、その前に仕事をやめるのはやはり金銭的に困難だろうと思います。
    なにより、娘たちの進学先がどこになるかによって、教育費も大きく変わることから、現段階では想像できないというところです。

    私にとっては、「親として子どもに背中を見せる意味で仕事は続けたい。」という気持ちが今でも一番強いようです。
    では、「子どもが就職したらどうするのか?」を考えると、一番に思うのは「仕事を辞めたい」かなと思います。
    ただ、早期リタイアというより「早期セミリタイア」なのかなと思っています。

    今の段階では、あくまで想いだけです。
    一方で、定年まで働きたいと思う気もありますから。




    <仕事を辞めない理由を考える>


    「仕事を辞めない理由」を考えるというのは、資産形成途中の私が書くにはかなりおこがましい話ですが、「仕事を辞めたい」ということと「仕事を辞めない」というのは、ある意味で表裏一体でもあるのかなと思います。

    「世間体を考慮して仕事を辞められないのか?」という質問は、それなりに大きいと思います。

    私としては、早期セミリタイアができそうな状況になれば、個人事業主となって自分なりの活動をしていきたいとは思いますが、それは私自身にとっても、家族にとっても決して世間体がよいとは言えません。
    定年前にプラプラしているという状況は、世間は好意的に受け入れてくれるものではないし、どうしても私自身が他人の目を気にしてしまうと思います。
    また、家族にとっても、収入激減というだけではなく、やはり父親には仕事をしてがんばってもらいたいという気持ちと大きくぶつかることになると思います。

    「世間体を考慮して仕事を辞められない」というのも私にとっては、1つの大きな壁になるだろうと思います。





    <会社を辞めたいと思った時にちょっと待った>


    何十年も社会人をやっていると、「会社を辞めたい」と真剣に思うことが何度かあると思います。
    私も仕事の相当追い詰められていたのか、「仕事を辞めたい」と悩んだ事がありました。
    その時は、妻には相当な心労を与えてしまいましたが、しっかり支えてくれたのは妻と娘たちでした。

    かみんぐあうとっ【「会社を辞めたい」そう思ったときに考えたい5つのこと。】より
    1.どうして会社を辞めたいのか、理由をはっきりさせる。
    2.理由を考えるときのポイント 会社を辞めたいのはどうして?
    3.今の会社のどこが不満なのか
    4.転職する場合の譲れない条件を考える
    5.本当にしたいことは何か考える

    辞めたい理由を考える時間すらない、もう辞めたいから辞めたいんだ。
    そこまで追い詰められているのであれば、とにかく休みましょう。いきなり辞めるのではなく、休む。辞めることを選ぶ前に休むという選択肢もあると思います。



    「仕事を辞めたい」と思い始めると、そのことで頭がいっぱいになってしまいます。
    そうなると「会社を辞めるか?辞めないか?」の二者択一になってしまい、とても冷静な判断ができない状況に陥ります。

    会社を辞める覚悟があるのなら、とりあえず有給を使って休むとか、休職できるのであれば休職してとにかく休むことが大切です。
    会社を休めば、同僚や上司、部下にも迷惑がかかり、今後の仕事のやりにくくなるかもしれませんが、カッコつけて辞表を出すとか勢い余って辞表を出す前に、冷静になる時間が必要です。
    一度、どん底まで落ちてしまえば、案外開き直れることもでてきます。

    かなり、無責任な事を書いていますね。
    「仕事を辞める」については、専門家の先生に相談すべきであり、素人がとやかく言う事ではありませんけど、大きな判断は冷静な時にすべきであることは間違いないと思います。




    <早期リタイア(アーリーリタイア)できる環境づくり>


    早期リタイア(アーリーリタイア)と仕事を辞めることは、切っても切り離せないことですが、一旦仕事を辞めてしまうと後戻りができなくなってしまいます。
    早期リタイアより「早期リタイアできる状況をつくる」ことを資産形成の目標にされている方もおられます。

    早期リタイアを実現させるためには、少なくともお金の面で今の仕事に頼らずともよい環境を準備しなくてはいけません。
    言いかえれば、金銭面でいつでも仕事を辞めれる環境を作ることを目指そうということです。

    私の場合、40歳代では全く見えてきません。
    子どもの教育費がどのくらいかかるかが見えてこないと「仕事を辞める」という選択は簡単にはできないです。
    頑張っている娘たちを見ていると、私も頑張らないとと思います。

    でも、仕事は頑張るだけが能ではないんですよね。
    私にとっては、仕事は、多少不細工で娘たちにカッコ悪いところを見せつつも、続けていくことが大切なのかなと思っています。
      
     


      
     
    関連記事
  • はてなブックマーク - 早期リタイア(アーリーリタイア)したいと仕事(会社)を辞めたい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。