ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  ほふり(証券保管振替機構)を使った株式移管(入庫・出庫の手続き方法と移管手数料)
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    ほふり(証券保管振替機構)を使った株式移管(入庫・出庫の手続き方法と移管手数料)

     
    株式移管を体験してみました。
    株式移管とは、株式などを預けている証券会社を変更する手続きのことです。
    いくつかの証券会社を使っている場合、管理しやすいように証券会社を一本化したり、株式売買手数料やその他のサービスがより優れた証券会社に変更する場合には、株式移管を活用することがあります。

    私の場合は、ある証券会社からETFを出庫し、SBI証券へ入庫する手続きを行いました。
    その株式移管の手数料は無料で出来ました。
    SBI証券へ株式移管した理由は、投資信託の保有に対するSBIポイントの付与というサービスを活用することと、証券会社の一本化を図るために実行しました。
    ※SBI証券のホームページによると、次の投資信託( ・MMF、中国F、MRF、外貨建MMF、ETF、REIT) は委託会社の都合等により、現時点において投信マイレージサービスの対象外となっていました。


    A証券会社からB証券会社へ株式を移すためには、主に2つの方法が考えられます。

    ■保有する株式をA証券会社で売却し、B証券会社で買う
    いわゆる「クロス取引(クロストレード)」というもので、例えば寄付き時に同じ株を同じ株数だけ同時に売買することで、売買差益や売買差損がでないように工夫することができます。
    ただし、売買手数料がかかったり、利益確定や損失確定となることから税金の面での検討が必要になります。

    ■ほふり(証券保管振替機構)を利用して国内上場株式を移管する
    「ほふり」を利用して特定口座(特定預り)の株式を移管をする場合、クロス取引を行った場合に生じる可能性のある売買手数料がかかったり、利益確定や損失確定をせずに、取得単価を引き継ぐ事ができます。
    入庫時と入庫時の移管手数料がかかる証券会社もあるかもしれませんが、無料のところが多いようです(要確認)。

    【ほふり(証券保管振替機構)とは】
    ほふり(証券保管振替機構)とは、証券会社が預かった株式を保管・一括管理する機関です。株式を動かさないでその権利のみを動かす仕組みになっていて、売買に伴う名義変更や受け渡しなどの手続きを簡素化するために設立されています。
    (証券保管振替機構の業務)
    ・株式等振替業務
    ・短期社債振替業務
    ・一般債振替業務
    ・投資信託振替業務
    ・一般振替DVP業務
    ・決済照合業務
    ・外国株券等保管振替決済業務 など








    <ほふりを利用した株式移管手続き>


    「ほふり」を利用して株式移管が可能なのは、下表のとおりとなっています。
    特定口座(特定預り)から一般口座(一般預り)の場合は、株式移管ができません。
    ちなみに取得単価が引き継げるのは、特定口座(特定預り)から特定口座(特定預り)からのみです。

    口座区分毎の株式移管【特定口座(特定預り/一般預り)・一般口座での移管利用可否】

    出庫する証券会社
    での預り区分

    入庫する証券会社
    での預り区分

    利用書類

    移管利
    用可否

    取得単価

    一般口座(一般預り)

    一般口座(一般預り)

    口座振替依頼書

    引き継がない

    特定口座(特定預り)

     -不可

    特定口座(一般預り)

    特定口座(一般預り)

    口座振替依頼書

    引き継がない

    一般口座(一般預り)

    引き継がない

    特定口座(特定預り)

    特定口座(特定預り)

    特定口座内上場株式
    等移管依頼書

    引き継ぐ

    ※参考 SBI証券ホームページ「特定口座(特定預り/一般預り)もしくは一般口座での利用書類及び移管利用可否早見表

    「同一銘柄内の一部数量の移管はできません」ので、C株1000株のうち、100株だけ移管することはできません。
    また、移管手続き中は売買ができなくなり、私が証券会社に問い合わせた時は少なくとも手続きに1週間は見てほしいと言われました。



    【ほふりを利用した株式移管の流れ】

    私が実際に体験した、株式の取得単価が引き継がれる、特定口座(特定預り)から特定口座(特定預り)の場合の株式移管手続きの流を見ていきます。
    あらかじめ、出庫する証券会社と入庫する証券会社で手数料がかかるかどうかの確認をしておいてください。

    ①出庫する側の証券会社から、「特定口座内上場株式等移管依頼書」を入手する

    証券会社のホームページから、送付用の封筒を含めてダウンロードできるようになっているか、郵送で依頼することになります。
    返信用の封筒が送られてくるか、切手が必要かどうかは証券会社によるようですが、私の場合はホームページから返信用の封筒がPDFファイルにあった印刷して利用しました。ちなみに切手代は不要でした。


    ②「特定口座内上場株式等移管依頼書」に必要事項を記入する

    特定口座内上場株式等移管依頼書の書き方については、SBI証券ホームページ「特定口座内上場株式等移管依頼書の書き方」を参考にしました。
    提出先は、現在取引している証券会社(出庫側)になります。
    株式移管が完了するまでにかかる期間については、出庫先の証券会社へ確認が必要です。
    また、株式移管手続き中は、売却ができない等の制約があります。

    (記入内容)
    ・依頼日
    ・住所、氏名、電話番号、生年月日、届け出印
    ・移管希望日(証券会社にとどいてから最低1週間は開けておく方が無難です。)
    ・移管元(渡方)口座明細(口座番号を記入)
    ・移管先(受方)口座明細(加入者口座コード全21ケタの記入要)
    ・上場株式の明細(特定口座として振替したい銘柄を記入)


    ③「特定口座内上場株式等移管依頼書」を出庫先の証券会社に郵送する
     
    ④株式移管が完了すれば、され、入庫先の証券会社に株式の預りが反映される。




    関連記事
  • はてなブックマーク - ほふり(証券保管振替機構)を使った株式移管(入庫・出庫の手続き方法と移管手数料)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    お久しぶりです。

    SBI証券ではETFや株はポイント対象外ではないですか?

    自分はSBI証券では投資信託しか持ってないので、間違っていたらすみません。

    コツコツ麻酔科医さんへ

    >SBI証券ではETFや株はポイント対象外ではないですか?

    こんにちは。
    あらら、株は対象外だと分かっていましたが、ETFはポイント対象外なんですね。
    実は確認はしていないんです。
    ポイントが増えれば対象なのかなと思って、ポイントの着き方の変化を待っているんですが、待つ意味はなさそうですね。
     

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。