ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  社会人に要求されるレベルが一気に上がる時
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    社会人に要求されるレベルが一気に上がる時

     
     
    中部大学の武田先生の講演を以前聞いた事があります。
    本当に面白く喋っててくれる人だなという印象でした。

    人生の落とし穴:::35才脳死説・・・寂しく昼食を採る人たち」を読んでみたのですけど、私にはかなり共感できる内容でした。


    大学を出て就職した直後は、平社員で上司の命令通り動けば良いのですから、楽なものです。
    大学で習ったことなどほとんど役に立ちません。
    常識の範囲で立派に仕事をすることが出来ます。
    ところが、永久に平社員であることは希で、30才を少し過ぎた頃に、課長や店長など責任ある立場に立ちます。
    コンビニエンスストアーなら、それまで「ハイ!」と「笑顔」で良かったのに、「何が売れるか?」を的確に判断しないとダメになります。
    工場では生産設備を、研究では学力が、そして営業では人付き合い、見通しなどが求められます。


    30代後半あたりから40代前半はまさにこうした変化のピークといえそうです。
    私もちょうどその渦の中心にいるという感じです。

    責任の度合いが一気に増すのは、想像しているより過酷な気がします。
    部下である時は最終的には上司がケツを拭いてくれるわけですけど、逃げられない立場になればそうもいきません。

    確かに「ダメだ」と思ってその苦痛から逃れるように全力を尽くすことになりそうです。
    それも生き残る技術の1つかもしれないとも思います。
    でも信頼される事はないんですよね。
    ああはなりたくないと思っていた人に自分もなるといことです。

    もし、やがて来るジャンプ・・・平社員から課長へ・・・の時のために準備を怠っていなければ、彼の人生は生き生きと活気に満ちたものになるでしょう。


    こうありたいと思いますが、用意周到な準備は難しいなと思います。
    「立場が人を作る」という言葉があるように、その立場にならないと分からない事がたくさんあります。
    どんな立場になるとも、生き生きといければいいのですけどね。

    私などは、なんとか逃げずに踏ん張るというのが精一杯です。
    逃げれば何倍にもなって帰ってくることが多いです。
    毅然と判断するとか、とにかくつっこめみたいな気持ちも持っていないとやってられない場面が極端に多くなってきます。

    あまり頑張りすぎてか、それとも、逃げられなくてか、心を壊す人がすごく増えています。
    中には命を落とす人もいたし、それを見てショックを受けた仲間もいます。
    そうするとそういう立場になりたくないと思うのも無理はありません。
     


    「逃げずに立ち向かう力」そして「時には上手く逃げる力」(下手な逃げ方は逆効果)が大切になってくるのかなと思います。

    いやいや、そうではなく35歳脳死でいいでしょという生き方もありかもしれません。
    それも自己責任で選ぶ道です。
    そうではない道を選ぶのであれば、心の準備が大切だと思います。
    まあ、一言で言えば「開き直れ」ということでしょうか。
     
    とにかくリタイアが可能な資産形成レベルに速く達したいものです。
    でも、下の娘が大学を卒業するまでのあと10年は少なくとも逃れられないわけですから、開き直っていきたいと思います。
     
      
    関連記事
  • はてなブックマーク - 社会人に要求されるレベルが一気に上がる時
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : ブログ
    ジャンル : ブログ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    本人の転機の捉え方次第

    シュロスバーグによると転機の起こり方は、主に3種類あります。

    ①予期していなかった転機
    ②自分自身が決定して生じさせた転機
    ③正常な発達過程の通過点として生じる転機

    ①は事故、死、病気、失業など。②は結婚、転勤・昇進、子供の誕生など、③は子供が家を出る、年をとる、退職などです。

    転機を評価する4つの視点
    どの転機も、それに対する本人の見方に影響を与える要因がいくつかあります。転機の影響は、当事者である本人しかわかりません。次に示すのは転機の深刻さや影響を評価する際に検討するべき視点です。
    1転機の深刻さ
    (役割、関係、日常生活をどの程度変えなければならないか)
    2転機のタイミング
    (人生の中で時期的に良い時か、悪い時か。準備期間はあるか。)
    3転機に対するコントロール
    (本人は転機に対してコントロールや影響力を行使できるか。選択肢はあるか)
    4転機の持続性
    (転機よって生じた状況は何時まで続くのか。永続的なのか一時的なのか)

    うさみみさんの今迄の経験・人柄・思考・行動・全てを信じて「転機」を乗り切ってください。

    オーク X32さんへ

    4つの視点ですね。

    【転機の深刻さ】 だいぶ変わります。
    【転機のタイミング】子どもも中学生ですしいい時期です。
    【転機に対するコントロール】 (本人は転機に対してコントロールや影響力を行使できるか。選択肢はあるか)>ここですね、悩ましいのは。私次第なんですけどね。
    【転機の持続性】いくところまでいくしかないですね。更に何があるのかはまだ分からないので。

    こうして考える事が、ガス抜きになります。ありがとうございます。

    こんにちは

    お久しぶりです。
    うさみみさんもお忙しいと思いますが、いつも興味深い記事を書かれているなとiPadや携帯から拝読させていただいてます。
    職場で責任が増していく時に、旦那さんも足を踏み入れました。
    こちらを読んで、妻が出来る事を考えさせられました。
    家庭の場所がきちんと息抜きできる場所でありたいなと思います。また、追い詰められてそうなときに、気づいてあげられる事も大切だなと思いました。
    心を壊される方が復帰するのは、大変な事だと思います。ご本人にとってもご家族にとっても。
    そうならないように、仕事と向き合って欲しいとも思います。

    kiraraさんへ

    旦那さんも足を踏み入れているんですね。
    「追い詰めらた時は気付いてあげてくださいね」
    こればかりはどうしようもないですし。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ちょうど今・・・

    こんにちは。
    私も最近急きょそういう状況に立たされて困惑しています。
    目の前の問題に対しては、一つずつ絡まった糸をほどいて行くしか方法は無いのでしょうが、「他人の敗戦処理を何で俺が」という思いと「俺がやるしかないじゃないか」という思いが整理出来ていません。
    「開き直り」というキーワード、参考にします!

    じゅん@さんへ

    私の場合は異動だったので、「前任の敗戦処理を何で俺が」という思いは確かにありますね。
    でも、私も残した部分もあるので、そこはあまり気にしてないですね。

    どのみちやらなければいけないのなら、「開き直る」が一番です。
    命を取られるわけではありませんし。
     

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。