ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  NISA(日本版ISA)でIPO どこの証券会社で開設するか
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    NISA(日本版ISA)でIPO どこの証券会社で開設するか

     
    NISA(日本版ISA)のキャンペーンが激化しています。
    ツレからもここもキャンペーやってるとか、どうするのか聞かれるんですが、まだ本気で考えていないというのが本音です。
    なぜ今から決めなきゃいけないのか、もっと情報がでてきてからでいいんじゃないか、もっとおいしいキャンペーンがあるかもという期待もあります。


    相互リンク先では、早くもNISA(日本版ISA)ネタが次々とアップされていますが、決定打らしいエントリーはまだ見かけていません。
    他力本願というか、相互リンク先の優秀なブロガーさんたちの検討結果を参考にする気、満々なんです。

    ・非課税期間が5年間だけであるということ。
    ・5年後損失状態になっていても、損益通算ができないこと。

    メリットばかりでない今回のNISAの設計における、いろいろな想定での活用法の分析がはじまっています。

    IPOネタが続いていることもあって、現段階での我が家の現在の考え方を書いておこうと思いました。
    ひょっとすると、コメントで良い情報をいただけるかもしれませんので。


    仮にNISAが、IPOも対象になるという条件ならばという前提になりますが、第1条件は当選しやすい証券会社ということです。
    「非課税期間が5年間限定」というのは、長期投資に有利とは言えず、5年目にリーマンショッククラスが起これば目も当てられません。
    なんせ、5年目で強制終了なのですから。
    この制約は長期投資にとっては異常ですので、NISAを活用しようとすればするほど、投資スタンスをゆがめる可能性すらあります。

    では、短期投資がいいのかといえば、私にはそういう才能はないし、短期投資派ではないのでよくわかりません。
    NISAありきで投資スタンスを変えるのは本末転倒というものです。

    私は現在の制約化では、短期投資向けの制度のような気がしています。
    ということは、超短期投資ともいえるIPOならば、当選しさえすれば利益が出る可能性が高いので、最も適しているのではと考えています。
    でも、当選する確率が問題になります。
    NISAを開いた証券会社で、はたして1年間のうちに何回当選するのかが問題です。
    きっと1回も当選しない確率の方が高いでしょう。


    次に、通常投資について考えてみます。

    私の投資スタンスである高いときに買わないというルールを守れば、景気がいい時に投資はしないということですから、新規資金でNISA枠を使わないことの方が多いと思っています。
    NISA枠外で保有しているものを売却して、NISA枠内に移すことはあるかもしれません。
    しかし株価が高い時の移動は考えものです。

    いずれにしても、もともとNISA枠をフル活用できる投資スタンスではないので、IPOを4番バッターに据えて、残る枠を通常投資で使う可能性があるという感じになると思うんです。
    IPOで当選した株式をNISA口座に入れられるのかどうかはまだ確認していなくて、そもそもダメかもしれませんが。

    第2条件は、相互リンク先が検討しているようなローコストな投資信託の充実度になります。
    投資したい商品がないのに開設しても意味がありませんので、ここはとても大事です。
    景気低迷期だと、100万円枠を最大限使いたいですしね。
    例えば、SBI証券ですとNISAも投信マイレージの適用なのかどうかもポイントになってきます。
     

    恥ずかしながら他のブロガーに比べて、レベルの低い検討しかできていません。
    相互リンク先は積立投資をしている方が多いので、投資スタンスの違いから、考え方も視点も全く違うものになっていると思います。
    当方は理屈が伴っていないのでお恥ずかしい限りです。
    正直に言えば、まだ真剣に検討していないんです。

    とりあえず現段階のNISAは、基本的に売却をしないスタンスの長期投資家にとって手放しに飛びつくような制度ではありません。
    投資スタンスへの影響すらありえます。

    ただ私のような中長期投資家であれば、景気が良ければリバランス的にまたはタクティカルアセットアロケーション的に、一部売却するわけですから、運が良ければメリットを享受できる可能性はあります。
    NISAで行って結果的に良かったかどうかは時の運ですし、投資スタンスにもさほど影響はないでしょう。

    とりあえず、今回は中間検討メモです。
    他のブロガーさんのようにとことん検討して決めるという感じにはならないと思っています。
    ブログネタとしては、それほど関心がないというか、私のような投資スタンスの方はそんなにいないので、書いてもなという感じです。
     
       
    関連記事
  • はてなブックマーク - NISA(日本版ISA)でIPO どこの証券会社で開設するか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。