ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  逆アクセス解析とリンク方針の追加(試してみます)
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    逆アクセス解析とリンク方針の追加(試してみます)

     
    先日、相互リンクの形をどうしていくのかを考えた末に「相互リンクの方針について」を修正・追記しました。

    サブブログの方でも、先程、相互リンクについての修正・追記エントリーをUPしたことろです。



    サブブログとこのメインブログの相互リンク方針の文面には微妙な違いがありますが、お互いに関連する部分もある2つのブログを運営している関係で、私の中でニュアンスの違いが少しあるのが影響しています。
    相互リンクの条件をあらかじめ表現することに限界があると感じています。

    このブログでは、サブブログと違って考えた事を好き勝手に書けるので、相互リンクについてちょっと書いてみようかと思います。
    はなもちならない部分があったら、管理人の苦悩としてご容赦ください。


    このブログは運営して6年目になりますが、楽天ブログ時代が5年ほどあったので、ここでの運用はまだ日が浅いです。
    なぜか2010年のエントリーすべてを移転せずにデータが消えてしまったので、1年間空白になっています。

    楽天ブログ時代の前半は、楽天ブログ間の交流が盛んで、逆に言えば楽天ブログ間のみの閉鎖的な環境でした。
    楽天ブログの場合、書き始めて直ぐに100アクセスや200アクセスに到達していくのでそれほど外の世界を知らずに交流を楽しめたように思います。
    投資の勉強をしていくにつれ、他のいろんな投資ブログを読むようになってからは、楽天ブログ以外のサイトにコメントを残したりして交流していく努力をはじめました。

    ブログ管理人ならだれもが通る道だと思いますけど、アクセスを増やす為のSEO対策としての相互リンクそして交流の為の相互リンクの両方を意識することになります。

    相互リンクをお願いし、お願いされつながっていく関係づくり。
    それが礼儀であるかのような錯覚もありました。
    アクセス数の多いサイトが上で、アクセス数が少ない私のサイトは下からお願いする立場みたいなことが当たり前みたいに考えていた時期でした。(そういう風潮でもありました。)
    もちろん、お願いしたい側がお願いするのは当たり前の話なのですが。


    「アクセス数の多いサイトが上で、アクセス数が少ない私のサイトは下」という意識は、リンクフリーなのに勝手にリンクを張って申し訳ないみたいな訳のわからない勘違いにつながり、相互リンクを申し入れて断られた時に張っていたリンクも外すということが当たり前みたいに思っていた時期ありました。

    相互リンクを申し込む時に、「優良だと思うサイトと交流ができたらいいな」と思う素直な気持ちと「それでアクセス数が増えればいいな」という邪な気持ちと混在します。
    これは逆に、相互リンクの申し込みを受ける時は、この人はどっちの割合が高いのだろうかと余計な事を考えてしまうんですね。

    相互リンクを申し込む人は、「こわいけど、勇気を出してダメ元で」と言う感じですよね。
    私はそうでした。
    ただ相互リンクを増やすだけの目的の方だろうけど、一度もコメントをもらった事も過去に訪問した様子もないのにいきなり相互リンクの申し込みが飛んでくることもあります。
    そのサイトを見てみるとずらずら相互リンクが並んでいて、この人はどういう基準で私のサイトを評価してくれているのかわからないということもありました。こういう場合は迷わずお断りします。
    じゃあコメントを書けばいいのかというと、コメントを書いたのは相互リンクの申し込みの布石と思わるのがいやで書けないということもありますよね。


    普段からお互いが交流しているサイトであれば迷う事はないんですけど、こちらが駆け出しの段階では「相手が上、こっちが下」と自分が思っているので、一度断られるとチャンスを失うと思えばやはり勇気も要ります。
    そういう意味では、今はツイッターなんかがあるので交流が楽になりますね。

    それにしても、相互リンクを申し込む方も申し込まれる方も、いろんな感情に悩まされますね。


    両想いにならなければダメ、申し込む側が申し込まれた側にOKをもらうという手順を踏まなければダメみたいな思いこみは私にもありました。

    相互リンクを断られた経験があるので、断るのも嫌なものです。
    その対策として断らずにリンク集を別に作るという形の管理人さんもおられます。
    断らずに済むし、SEO対策的に利点がある方法なのですけど、ちょっと私には向いていない方法です。


    最近は「私がいいと思うサイト」という感じでリンクを張られている方もおられ、そのリストを見るとその管理人の思いがだいたいわかります。
    「なんとなくだけど私のサイトのこの辺のことを評価してくれている感じがする」という伝わり方がしてくるんですね。
    そうすると自ずと手を伸ばしやすくなります。
    リンクフリーならば、リンクを張るのは自由で、それを相手に伝えてもよいし伝えなくても自由なんだと、良く考えれば普通の事なんだけど、過去の私はいろいろ凝り固まっていたように思いました。
    こんなことを考え始めたのはここ1、2年のことです。


    「逆アクセスランキング」をつけるようになったのも、相互リンクの申し込みを受けなくても相互リンクと同じような形になるのでいいかなと思ったのがきっかけです。

    私の場合、複数のブログを運営している事情もあり、私の側からこの先相互リンクを申し込む予定はなく、受ける方だけ考えればよかったので、「逆アクセスランキング」をつけることで随分気持ちが楽になりました。
    相手はリンクを張ってくれているのに、こっちは張っていない部分の後ろめたさは軽減されますから。


    逆に、逆アクセスランキングを設置したことで、だれがリンクを張ってくれているのか分かるようになると、どうすべきかという悩みが生じたりもしました。
    そんなこんなで、私の中で「相互リンクをあんまり厳密に考えない方がいい」ということに落ち着いてくるんです。
    どうせ竹を割ったようなスパっとした答えがでてくるはずもないということで。


    だったら、逆アクセスランキングがきっかけで良く読みに行くようになったサイトを、こちらからも勝手にリンクして結果的に相互リンクになるのもありというか、自分がいいと思うサイトのリンクを張ってたらまたまお互いリンクしあったのって自然でいいじゃんと思うことができるようになりました。
    そういうことで、相互リンクの方針に追記した次第です。


    相互リンクは、「面白いな、興味深いなとおもうサイトとのつながりの一形態」だけではく、いやらしいかもしれないけど「アクセスアップ」という部分もあります。
    私自身、相互リンクによるアクセスアップより(楽天ブログ時代にアクセスが増えた事の弊害を経験した事もあり)、私にしか書けないような内容を評価してくれる人が来てくれればいいし、アクセスアップについては検索エンジン対策にまっすぐ向いているので、今はアクセス数の為に相互リンク先を増やす意識はありません。

    でも、逆アクセスランキングはこのサイトに運んでくれた「アクセスが表示」されますので、その数が多いとそのサイトを読みにいく機会も増えてきますし、お返しする義務はなくてもお互い興味をもちあい、お互いWIN-WINの関係に発展することは悪くないと思います。


    じゃあ、逆アクセスランキングで運んでくれたアクセスが少ないサイトは無視か?と問われそうです。
    私自身それほど多くのアクセスを集めているわけではないのですが、ブログを始めたばかりの方に比べれば少しはアクセス数はあります。
    そりゃこれでも6年やっていますから。

    ブログを書き始めたころって自分では一生懸命書いているつもりでも、誰かの真似でしかなかったり、他のサイトと内容やコンセプト(あるいはキャラ設定)がかぶっていたりします。
    なかなかそこに自分では気付けなかったりします。
    読んでいる側からすれば、あそこの似ているとか、本に書いている事みないな感じを受けてしまいます。

    ブログを書くと言うのは、読んでいるだけだった時の印象以上に奥が深いものです。
    でも、最初は真似であろうと他人とかぶっていようと構わず書いていくうちに、自分の書きたい事が見つかるものなんです。
    実際、自分のスタイルが見つかるとアクセス数もいつのまにか自然に増えるんです。これは事実。

    そこを気付かないうちに、アクセスや優良サイトとのつながりばかり意識が行って相互リンクに走るのは、経験上ベターではなさそうです。

    「自分の書きたい事が見つかっていそうで面白い視点だな」と感じるサイトさんは、はっきわかるくらいアクセス数も増え始めるものです。
    そうなると逆アクセスランキングにも動きが出てくるはずです。


    子どもがネットを使い始めて私が使える時間が凄く少なくなっていて、正直エントリーを書くだけでも大変な状況なので、なかなか相互リンクにまで割く時間がありません。
    いろんなサイトを歩きまわる時間がほとんどないので、逆アクセスランキングなどアクセス解析をきっかけに訪問する感じになりそうです。

    いろいろ問題点はあるかもしれませんけど、「こちらも勝手にリンクして、その結果、相互リンク」という形を試していこうと思っています。
      
       
    関連記事
  • はてなブックマーク - 逆アクセス解析とリンク方針の追加(試してみます)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : ブログ
    ジャンル : ブログ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    なぜか、うるうる…

    うんうん、そうそうと共感しながら最後まで読み終わり、ではどんなブログがリンクされているのだろうと左のリンクをずーっと見ていって、一番下に自分の名前があったときにはちょっとドラマチックでうるうるしてしまいました。
    うさみみさんのブログは、自分のブログ開始当初より勝手にリンクさせてもらっていました。
    しかし、ルールやマナーもまだよくわからず、自分のブログに自信も持てないので、自分から相互リンクを申し出ることもなかなかできないでいました。
    それだけに、自分の名前をみつけたときは、うれしさひとしおです!
    これを機に、今後ともよろしくお願いします。


    コツコツ麻酔科医さんへ

    あは、勝手にリンクさせてもらいました。
    最近は、ちょこちょこ訪問させていただいておりました。
    いろいろ挑戦されてますね。

    ルールやマナーは色んな意味で本当に難しく悩ましいものですね。
    こんな好き勝手なブログですけど、今後ともよろしくお願いします。
     

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。