ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  個人投資家の積極度合いは相対的なもの
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    個人投資家の積極度合いは相対的なもの

      
    投資の積極性というのは相対的なものなんだなと感じます。
    私自身、投資ブログを書いている中では積極性は薄い方のような位置づけみたいに感じるんですけど、リスク資産は金融資産のだいたい3割くらい持っています。
    不動産を入れればもっとあるわけですけど、そこまで加えると保険資産も入ってくるのでここではパスします。

    投資ブロガーやコメントをいただく方の中である程度の投資経験がある方は、金融資産の半分以上という人の方が多いかもしれません。
    私も投資ブログを書いて6年くらいになりますけど、消えて行ったブログも数多くあります。
    長く続いているブログもあってそういう方は、自分なりのスタイルを持っておられます。


    私の印象では、金融資産の3分の2以上をリスク資産にしている人はかなり積極的な投資家かなと思います。
    一方で、全く投資をしていない人も数多くおられます。
    私はこの両者のどっちでもない、どっちつかずのような位置取りです。
    投資に積極的でもなく、否定的でもないというイメージです。

    しかし、投資を全くしていない人から見れば、かなりの冒険家に見えている事でしょう。
    逆に、積極的に投資に振り向けている人から見れば、かなり投資に対して否定的にうつるようです。

    私が中間かやや積極的に欠けるくらいの位置取りとすれば、投資に対して肯定的に思う部分と、否定的に思う部分と両面を持っているというのを自覚しています。
    私から見れば投資にたくさん振り向けている人を見ると、本当に大丈夫なのかと感じる事もあるし、引くに引けなくなっているのではないのかと感じる事もあるし、しっかり自分を持って投資しているんだなと感じる事もあるし、尊敬する部分もあるしというイメージを持ちます。
    逆に、全く投資をしない人を見ると、やはり本当に大丈夫なのかと感じる事があるし、これだけ景気が低迷している中では正解かもしれないなと感じる事もあります。


    金融資産に対する投資割合で投資に対する積極性が計れるはずもなく、まずリスク許容度が大事であり、そのリスク許容度の考え方に投資への積極性の度合いが色濃く出てきます。
    いずれにせよ、正解があるわけでもなく、自分が想うイメージ通りの成果が得られれば幸せなんだろうなと思います。

    投資の積極度合いは相対的なものなんだなというのは、ブログを書いていると特に感じます。
    多分、積極性の高い人が読めば、場合によっては許しがたいくらい投資に否定的とうつる事もあるでしょう。
    投資を始めようか迷っている人から見たら、投資に積極的だとうつってるかもしれません。


    結構余力を残している状態というのはいざとなればつっこむ資金が現在の投資額相当はあるということです。
    いざとなれば勝負ができる余力があるというのは、心が楽になります。
    常に投資に振り向けていることがいいのかどうか私にはわかりません。
    逆に、余力があるのにリスクを取らないと言うのは機会喪失なのかもしれません。

    いずれにせよ、案外、今くらいの位置が投資に対して自由な方向から見れる感じで、居心地が良いなと思っています。
    投資にあまり期待してないと書いても、逆に言えばある程度期待しているということです。
    多分、読んで頂いている方の積極度合いで、私のようなスタンスへの感じ方は違うんだろうなと思います。
     
     
     

      
    関連記事
  • はてなブックマーク - 個人投資家の積極度合いは相対的なもの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    私も同じように考える事があります。それはきっと
    〉投資に積極的でもなく、否定的でもないというイメージです。

    この考え方が私の中にもあるからだと感じます。なので
    〉投資にあまり期待してないと書いても、逆に言えばある程度期待しているということです。

    というのも、共感します。
    そういえば私のアロケーションも金融資産に対するリスク資産は35%程度でした。

    wate boyさんへ

    投資の負の側面も見つめることができるような資産配分が私には一番居心地がよいようです。

    No title

    節約は紙切れを所詮いかに確保するかで、投資も株なら、企業に運用を委託するか、債券なら信用体に委託していて、表面利回りが確保されているに過ぎない。

    運用を継続していれば、必ずリスクをとっている。今、企業にとって厳しい状況を迎えているので、個人がそのリスクを共有することは結構危険です。だから投資の全力投球などはできないです。

    ああさんへ

    >運用を継続していれば、必ずリスクをとっている。今、企業にとって厳しい状況を迎えているので、個人がそのリスクを共有することは結構危険です。だから投資の全力投球などはできないです。

    こういう発想は意識して考えた事がなかったのですけど、無意識には頭にあることですね。

    全力投球しなければいけない程、資産を増やさないといけない段階であればそれも有りなのかなと思いますけど、人生設計が成り立つ段階でも全力投球というのは、私も理解はできない部分があります。

    投資余力を持っているという心の余裕も人生の道のりの中では大切な
    部分で、その余力は恐らく使う事がないけど、持っているゆとりは大きいです。
    そこまでどうやって持っていくのかになるわけですけど、必ず投資しなければいけないわけでもなく、確かに投資は合理的なのかもしれないけど、それには人生案外短い気もします。
    その意味でも、全力投球で市場環境に振り回されるのは、しんどいなと感じています。

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。