ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  高齢者の生活水準と比べてみましょう
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    高齢者の生活水準と比べてみましょう

      
    サブブログエントリー「老後の生活費に関する統計調査」を最新データで更新しました。
    今回から、2つの統計調査を載せる事にしました。
    気になる方は参考にして下さい。


    さて、老後の最低生活費は、現在の物価水準で、毎月22.3万円(年間268万円)と、毎月26万円(年間312万円)の2つとなっています。
    少し開きがありますが、何かの差があるのか、誤差なのかは細かく分析していないのでわかりません。
    将来の物価がどうなるか分からない以上、この程度の差異を追及しても仕方ないです。


    頭のトレーニングの材料に使ってみる事にします。
    こうした統計データは、平均値ですので、平均以下で暮らせている人も半数くらいはいるんだと想像できます。
    最低生活費と言っても最低ではないということです。

    贅沢しない普通の暮らしというイメージかなと思います。
    そもそも普通って何だという話になりますし、普通というものがあったとしても将来の普通はどうなるかわかったのもではありません。

    今の自分たちの生活から、子どもの生活費を除いて想像してみる。
    あくまで自分たちの今から、老後を推測し、その中でこれら平均値を参考に想像力を膨らますということです。

    人生設計を作る作業とは、基本的にこういうことの繰り返しです。
    きちんと積み上げるのは面倒だし、将来の事はどうせ想定しきれないから、平均値を使ってプランをたて、そこから自分たちの生活レベルがどの位置くらいかを自分で判断し、プランを補正していくのが手軽な方法です。



    ローコストで生活できるというのは、それだけで武器になります。
    家計を守るためのローコスト生活も、実は人生の荒波で最も調整しやすく、効果的な武器だということを、頭に入れながらこうした統計データを見つめてはいかがでしょうか。

    将来厳しいなと感じた人は、生活コストを少し落として計算して見る。
    しょせん計算の世界ですけど、実際ローコストにできた分だけ、武器を手にするということだけは分かるはずです。
    それは現実に有効な武器だと思います。
     
     
     
     
    関連記事
  • はてなブックマーク - 高齢者の生活水準と比べてみましょう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。