ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  現在の投資スタンス
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    現在の投資スタンス

     
    詳しい投資スタンスを書いて欲しいというリクエストをいただきました。
    ここ数年は投資の事より資産形成を中心に書いてきましたので、投資方針だけに的を絞ってしばらく書いていないんですね。
    書かなかった理由はいくつかあり、それは置いとくとして、書くとなれば順を追って20くらいのエントリーで書いていくつもりでいたので、景気が回復してから、今やっている事を振り返りながら書こうかと考えています。

    でもご指摘いただいたように、投資のエントリーも書くのなら、どのような考えが根本にあるのかは今一度簡単にでも書いておく必要があると実感しましたので、簡易版としてザクっと書いてみます。




    <概要>


    投資成績が物語る様に過去いろんな失敗をしてきました。
    そこらが気になる方は大変ですが過去のエントリーをさかのぼって読んでいただきたいと思います。
    反面教師になるかもしれません。
    現在、過去記事をブログ移転に伴い体裁を整える作業をしています。
    主だった過去エントリーは、振り返りエントリーとして書きかえていきます。
    まあ、反省会のようなものです。

    (関連するエントリー)楽天ブログから移転してきました

    移転時のエントリーでも書いている様に、結構いろんな投資をやってきました。
    私の場合、例えばインデックス投資家ですというように一言で語れません。
    もうスタンスを1本化してもよい年齢ではありますが、それなりに生き残ってきたスタンスなのでそのまま複合してやっていくと思います。

    それが成功しようと失敗しようと、娘達が将来投資する時に役立つと思うからです。
    大切な資産で実験をしているみたいな気分です。
    現在は、投資をしなくてもマネープランはある程度成り立つという立ち位置で見ているので、増やすより、資産分散を意識しています。

    アセットアロケーション的には、いわゆる国際分散投資を目指しています。
    投資タイミングとしては、積立投資ではなく、割安時に買うこと(というより割高時には買わない)を目指しています。
    株銘柄については、個別株は購入しません。
    運用期間は、イメージとしては中期と長期の併用です。ただし、結果的に中期が短期になることもあります。

    ここ2年ほどは、新たに新規で投資資金を入れることを封印しています。
    現在買付している分は、配当金や利益確定分など自動再投資されないインカムゲインが貯まったものを原資にしています。
    この原資がなくなったらどうするかはまだはっきりと決めていませんが、今のスタンスを続けていくために封印を解くだろうと思います。




    <株式の投資スタンス>


    ■国際分散投資を目指す。
     現在は一定の資産配分を目指していません。
     総資産のうちリスク投資の割合が低く、円の割合が高まっていくので、資産分散の観点から、外国株と外国債券を増やすようにしています。
     
    ■個別株を買わない。
     個別株を買って上場廃止を喰らった経験があり、その戒めとして個別株を買うのは禁止しています。
     既に保有していた香港株と日本株は持っています。

    ■当面は日本株は購入しない
     日本悲観というのではなく、単に、資産全体を見た時の円と外貨のバランスを考えてのことです。
     リスク投資をする分は、すべて外貨投資に振り向けています。

    ■先進国はインデックスファンド、新興国(中国・インド)はETF
     先進国と新興国のバランスはあまり意識していません。
     基本的には「1:1」という感じですが、現実には相対的に割安な方を買うようにしています。
     外国株は総資産の7.1%しかないので、どちらかに偏ってもそう影響はないと思っています。
     
    ■IPO抽選・初値売り
     日本株のIPO抽選に厳選して参加しています。初値売りします。


    利益を上げるためにするのであればIPOに出来るだけ資金を集中させて当選確率を上げるのがいいです。
    資金が多い方が圧倒的に有利ですから。
    我が家の流動性資産が多いのはそのためです。あまり当たりませんが…。

    IPO以外は、長期的なスタンスを基本にしています。
    景気が良くなり株式アセットクラスの成績がすごくよくなればリバランスのために売却することを目指します。




    <外国債券の投資スタンス>


    ■主に米ドル建て、ユーロドル建て、豪ドル建ての外国債券に投資しています。
     外国債券の投資信託は購入していません。
     NZドル建ての債券も少し持っていますが、上記3つの通貨だけを見ています。
     
    ■FX(ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ランド円のロング)
     以前はスポットで買ってスワップ狙いでしたが、今はトラリピ的な短期~中期投機です。
     




    <投資のタイミング>


    基本的に割高時に買わないことを意識しています。
    (割安時に買うより、割高時に買わない意識の方が強い。同じような事だけどニュアンスを察して下さい。)

    このブログを書き始めたころは、投資に時間をかけまくっていましたが、40代にもなると投資に時間をかけるのはあまりにもったいなく感じます。
    だったら「積立投資」にすればということになりますが、どうも性格的に無理なようです。
    時間をかけたくないけど、心躍る部分も欲しいのか、それともガチガチの固めた投資スタンスを続ける事が無理なのか、その両方といったところでしょうか。
    決して、積立投資を否定しているわけではなく、ヒューマンエラーを無くすいい方法だと思います。

    スポット買いと積立投資は、メリットデメリットの違いがあれど、全体的にみるとどちらが有利というわけではありません。
    「投資に時間をかけない」という方針と、「スポット買い」は相反するところがあります。
    ですので常に市場をウオッチしなくてもいい方法を模索しています。

    私の場合は、投資タイミングのオンとオフをはっきりさせることで、できるだけ投資に時間をかけないようにしています。
    普段は市場を見ていません。
    投資タイミングのオンは、テレビで歴史的な大暴落とか、円高というニュースが出てから検討します。
    ここ数年は投資してこなかった(=オフ)のはそういうことで、現在は「歴史的円高」というニュースがスタートで購入を始めています。
    本当にひさびさの投資です。

    景気の波の中で、景気がいい時とどちらとも言えない時は購入しない(景気がいい時はむしろリバランス的売却)ようにオフ状態です。
    投資の事を普段考える事もほとんどありません。
    そして、景気が悪い時期だけを購入したいので、それは普通のテレビニュースでも報道されてからでも全然遅くないという風に捉えて、オン状態としています。

    イメージとしては、例えば7年~10年サイクルの景気の波の中で、最大でも3分の1、概ね4分の1から5分の1の期間のみオン状態となればいいかなという感じです。
    オン状態の時は、毎日買付けるなどタイミングを測ることをできるだけ避けます。

    とにかく「投資に時間をかけず」に「割高時に買わない」ようにしたいということです。
    (割高時に買ったものがどれほど苦しみを産むかは失敗しないと分からないでしょうけど。)
    そのためにはどうすればいいか、現在やっていることも、1つの実験の様なものです。

    このスタイルの問題点は、「数年程オン状態になっても投入資金を切らさないようにコントロールする必要があること」です。
    チャンスと思って投資したけど、後でもっと下がった時に投入資金がなくなっていたという、スポット投資の悪夢をいかに避けるかということをどのように対応するかポイントです。
    「短期的な暴落に投入しないと資金効率が悪い」と考える人はこんなスタンスは向いていません。
    「あの時買っていれば…」を考えてしまう人も向いていないはずです。
    そして「円キャッシュのまま置いておくことが資金効率が悪いから投資しないといけない」と考える人も向いていません。
    そういうことはすべて捨てないと難しいです。
    一体何を持って資金効率の良し悪しを語るのかという部分にどのような答えを持っているかが最大の問いという感じでしょうか。


    私の場合は、基本的に毎日少額買付けしても買い続けられる量を投入するという選択をしています。
    仮に、リーマンショックの様な歴史的な大暴落が来た時には、セカンドギアやトップギアに入れられる余力も残しておきます。
    (リーマンショック時は、本当にちょっとしか買付できなかった。でもこのようなことがまた起こるのであれば、一生に何度もないチャンスだから。)

    ですので、投資への投入量は市場次第でありコントロールできません。
    景気が低迷している期間と、その程度によって決まるので、積立投資のようにあらかじめ投入量を決めておく事も出来ずに、成り行き任せになります。
    そこは受け入れるしかありません。
    割安時に買うより、割高時に買わない意識の方が強いので、チャンスを生かせてないという評価もあろうかと思いますが、これはどちらを取るかという事なのです。

    理想的なアセットアロケーションへコントロールすることはまず無理なので、今は、ガチガチの理想的な資産配分は意識していません。
    とにかく、外貨投資が割安にできるのであれば、時間をかけずに、かつ切らさないようにやっていこうということです。

    FXのトラップリピートにせよ、時間をかけるのはもったいないという意識からです。
    時間をかけずにできることと、無理に言えば上記で書いたような事の時間軸をかなり短くしたようなものともいえるのでやっています。
    そして利益確定という作業も発生するので、そういうのにも慣れておく必要があるというのもあります。



    投資スタンスを書こうと思って書いていくと、予想通りまとまりがなくなったなと思いました。
    自分の確固たる投資スタンスを決めていこうと思っている人にとっては、なんとアバウトでいいかげんなという印象になるのだろうと思います。
    ただ投資にどんな期待を寄せているのかによって、大きく違ってくるし、年齢によっても変化しうるものだと思います。

    投資で失敗できないと考える人もいれば、投資のリターンはおまけと考える人では、投資戦略の設計自体ちがったものになるはずです。
    どんなに投資理論で説明でき、より合理的に見える投資法をやっても結果が伴うとは限りません。
    たまたま、その人の投資期間が間がわるくいい成果がでないこともあり、娘の時代では成果が出る事もあるでしょう。
    その投資理論も一時的な状況を説明できても、本当に通用するのかは未来の結果を見ないと分かりません。

    だから、私は、他の方の投資スタンスを見るときに、細かい部分にはそれほど興味がなく、その人の年齢や家族構成などを見ながらなんでそんな風に投資を進めているのかの方に興味があります。


    実際のところ、私がやってきた投資は概ね失敗かなと思います。
    失敗を踏まえて、自分がやりたいことを考えて、上記のような投資スタンスでやっていくつもりです。
    どのような結果になるのかな。
      
     
    関連記事
  • はてなブックマーク - 現在の投資スタンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    昨日のコメントからわざわざ詳しくありがとうございます。
    大体理解できました。とても参考になりそうなので勉強させて頂きます。

    リターン設定とかこだわり無く投資されているのですね。
    目標リターンはいくつなのか興味があります。
    他の方を見てみると3~5%の目標をもっているので大体うさみみさんも
    そのくらいなのかな?と推測できます。

    どんぶり勘定でなんとなく投資をしているかたはマイナスリターンになっていたりするものですね。
    あと投資していても日経225平均とのリターンと対比してみると
    良いみたいです。日経225よりも投資リターンが悪かったりするひといるみたいです。そうなると考えて投資した意味が無くなって意味無いですよね(笑)。


    まさるさんへ

    確かにリターン設定にはこだわっていません。

    6月末のデータを公開しています。
    http://usamimi30s.blog.fc2.com/blog-entry-1431.html

    私の場合は2%台のようです。

    何かと比較するのはあまり興味がありません。
    考えて投資して結果が出なければそれはそれで受けれるだけで、仕方がないのではと思います。
    考えてやれば必ず利益が上がるというものでもないと思います。

    市場環境が良くなっているのに、成績がダメなのであれば、見直していく必要がありますが、比較してもやってることが同じであれば結果は同じなはずで、あまり何かと比較しすぎると嬉しいにせよ悲しいにせよしんどいだけで、調子に乗ったり怖くて手が出せなくなり、感情に支配されるのも良し悪しですね。
    比較を上手く使える人なら大丈夫なのでしょうけど。

    No title

    Kiraraも早く、配当金や利益確定分など自動再投資されないインカムゲインが貯まったものを原資にして投資が可能な環境にできたらいいなと思います。
    私の場合は、長く投資をする中で、感覚がだんだん変わってきて、投資は実際に、投資をする中で学びながら、ラッキー、アンラッキーにかかわらず経験を生かし、未来の目標値に向けて、大きく育てるようなイメージになってます。うさみみさんも書かれていますが、そして投資スタンスは年齢や状況によって変化していく物だとおもいます。
    うさみみさんはこのページに書かれた事が今の投資スタンスなんだと思います(o^^o)

    kirara☆28 さんへ


    今のやり方を淡々と続けていきたいと思います。
    もうフラフラしている年ではないので。
     

    No title

    投資経験値が上がると、かなり長い時間の中での投資の位置づけを考えるようになるんですね。大変参考になります。

    Kapokさんへ

     
    いろいろ失敗して行き着いたここが最後であればいいなと思います。

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。