ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  1000万円以上の投資について考える
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    1000万円以上の投資について考える

     

    前回のエントリー「1000万円貯めたら違う世界が見られる? 」の続きです。

    これまでのあらましは「1000万円の感じ方の変化」で整理しております。


    ・1000万円単位の支出
    ・1000万円の貯蓄(金融資産)

    について改めて考えてみました。
    金銭感覚において「1000万円をどう感じる」かが、若い時から変化してきているというのが前提になっております。

    いただいたコメントでは投資に関する内容も書いていただきました。

    「1000万円以上の投資」

    投資については「金融資産がどのくらいにあったら始めてもいいか」という話題もありますが、これは後回しにして。


    「1000万円以上の投資」の段階と、「100万円くらいの投資」の段階、投資を始めたころの「10万円くらいの投資」と感じ方が変わるものでしょうか。






    関連記事
  • はてなブックマーク - 1000万円以上の投資について考える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re:1000万円以上の投資について考える(06/11)

    正直言って、

    金額の桁が上がったときに、

    何か感慨があったかと訊かれても、

    特に覚えがないなあ・・・



    PFが組みやすくなったとか、

    効率が良くなったとか、

    何かしらメリットがあったはずなんですが・・・



    1,000万円単位の家計

    先週、とても久しぶりに大学時代の友人に会いました。

    高給で知られる業種の外資系企業に勤める彼は2,000万円弱の年収があるそうですが(正直、衝撃を受けた)、1,000万円も貯蓄はないそうです。

    もちろん東京23区内に住宅を購入しており、資産(但し、年間250万円超のローン返済中だそう)はあるわけですが…。

    私立に通う子どもさん二人の学費だけで私の手取り年収に近かった…いまだにご両親の援助を受けることも度々だそう。

    (ご両親は普通のサラリーマンだったとのこと)



    日本人全員同じ「円」で生活しているわけですが、1,000万円単位のお金を普通に年単位で遣い切っていく家庭もあるんですよね。彼らにとって1,000万円は通り過ぎるお金。



    私CFPの資格をもっているんですが、同級生の話は衝撃を受けたけどとても勉強になりました。

    ただ、こういう家計で現役時代を過ごすとリタイア後に生活を見直すのはものすごく大変だろうと心配にもなりました。



    記事のタイトルとはちょっと離れたコメントですみませんでした。

    『お金の器』のワードを見て触発されて書いてしまいました。



    Re:1000万円以上の投資について考える(06/11)

    お金の器という言葉を聞くと20数年前に読んだ邱永漢の本を思い出します。

    人それぞれにお金の器が有るということを若い時期に知っておいて良かったです。

    私にとって1000万は一人っ子の私大の必要経費の一本、田舎で車は家族一人に一台ずつ必要なので残りの生涯必要な5台の合計金額としての一本。私にとって一千万は一本として考えるものさしです。それとこれ一本でいくらのインカムゲインを産みだすか(長期での豪ドルや米ドルの格付けトリプルa債券)のものさしでの一本でもあります。

    しかし投資信託となるとその10分の一の100万単位が一本ですが(笑)。何故ならそのインカムゲインたるや海外既発債の1000万円分のインカムゲインと同じ位の金額なので100万単位が一本になります。現在は収入より支出のほうがはるかに多いので取り崩し生活で何年間持ちこたえかとしての一本でもあります。

    今後日本の税制はコロコロ変わるでしょう。

    相続税の基礎控除ですら今年4月から5000万が3000万に一揆に一千万単位×2の2000万不利に変更しました。

    日本はローン残高のない持家の場合貯蓄と合計ですぐ基礎控除分以上の資産になります。反対に貯蓄が増えると不利です。今後の日本を考えた場合低金利の住宅ローン抱えることはかえってメリットかも。早期返済するより高金利国通貨の長期の既発債に投資しクーポンをいただき同時にそれ以下の低金利の住宅ローンを同時に持っておいた方が今後はメリットが?今後円安傾向ならなおさら。

    仮に稼ぐ器や貯める器があっても今後日本の税制が変われば元の木阿弥です

    今後はそういうことにも対応できる器も必要だと思います。

    お金を稼いだり貯めたりするだけでなく有効に使って対応することも対策法の一つかも

    Re[1]:1000万円以上の投資について考える(06/11)

    mushoku2006さん



    特になかったですか。

    ちょっと無理があった投げかけでしたね。



    Re:1,000万円単位の家計(06/11)

    hinakoさん



    1,000万円単位のお金を普通に年単位で遣い切っていく家庭があるんですか。

    1000万円ってでていくと一瞬で消えると答えた方もおられました。

    Re[1]:1000万円以上の投資について考える(06/11)

    だめおんなさん



    そうそう。お金の器は邱永漢の本に出てくるそうですね。

    よを思い出します。

    「一千万は一本として考えるものさし」というのは分かります。

    私も1000万円単位で考えます。



    投資については単位はいろいろなんですね。

    私は全体が何単位かくらいで、投資先ごとは1000万円単位ではないかな。



    低金利の住宅ローン抱えることが何に対してメリットなのかわかりませんが、今の税制で判断しても仕方がないのではと思います。

    お金という道具がどうなろうと、ローコストで生活できれば強いです。

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。