ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  簿記形式の家計簿
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    簿記形式の家計簿

     

    サブブログエントリー「いろいろ貯金術へのコメント」でPETさんから簿記形式の家計簿を付けているという話を聞きました。
    家計簿をつけていないうさみみ家にとっては、至高レベルのハナシで、どんなものなのかさっぱりわかりませんが、PETさんのブログによると、簡単に財務諸表が作れるそうです。

    しっかりと家計を把握し、しっかりと管理するのが理想です。
    簿記の知識があればしっかりと家計も把握できるというか、管理できるというメリットは大きそうです。
    財務諸表はともかく、家計のバランスシート作りについてはうさみみもやっていますが、簿記が出来る人から見ると穴だらけなのかもしれません。というか多分そうですよね。

    (関連するエントリー)
    人生設計と家計のバランスシート  
    家計のバランスシートをつくろう
    家計バランスシートで家計管理

    家計管理はその家庭が自由にやるべきだし、人と同じでなくても、また詳しくなくてもよいと思います。
    とはいえ、うさみみ家のやり方は、全体像を見ていないというデメリットはあります。

    面倒な部分は省略していますから。
    例えば不動産価格は算出方法も知らないし、時価であり流動性も低いし、売るつもりもないということで、不動産の評価はバランスシートに入れていません。
    また、保険資産についてもいれていません。
    これは把握は容易ですが、なぜか入れてません。なんでか忘れました…。


    しっかりと家計簿を付けている家庭や、しっかりしたバランスシートを作成している家庭は、一体どんな感じなのか。ちょっとだけ興味が沸きました。
    よくよく考えると勝手な自分の考えでまとめちゃってるうさみみ家と異なる何かが見えているはずです。

    と同時に、自宅不動産を評価して何になるのかというメリットを感じないのも事実です。
    もちろん売却する予定なら意味があるし、危機的な状態となった時に売却することができるわけですからこれは大きいです。
    でも、それをバランスシートに加えることで、その分資産が増えるのに抵抗を感じます。

    同じ時価でも投資商品は抵抗ありません。流動性が高いですもんね。
    生活ベースに限定して考えているので、そうなってしまうんでしょうね。
    でも、ちゃんとしたバランスシートを作ったら別の何かが見えるとしたら、それはなんなのか気になりますね。





    関連記事
  • はてなブックマーク - 簿記形式の家計簿
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ストレスが溜まらないようにするのが一番ですよね

    トラックバックありがとうございます。



    正直なところ簿記形式の家計簿は、個人事業をされている人なら有用と思いますが、普通の家庭ではそこまではいらないと思っています。私の場合は半分趣味の世界です... (^_^;)



    また、簿記とは言っても、結構適当にやっています(財布の中身が数百円違ってもあまり追求はせず、現金過不足として損失にしたりしてます)



    ただ、クレジット支払い・図書カード支払い・現金支払い等によらず、費用として管理出来るので、お金が出ていく・いかないに拠らず使った分を把握出来たり、借金(クレジットの支払い債務なども含め)がどれくらいあるのかを知るのに使えるのかな? と思いました。



    自宅不動産の評価は、時価評価が難しいですし、その意味もあまりないですよね...売るなんてめったにないですし、売るケースでは当初計画とはかけ離れている事態が発生している気もします。



    多分、色々と管理して分かりやすいように...となったら、その最終型が、今までのノウハウが蓄積された「簿記」になるのかなと思います。

    Re:ストレスが溜まらないようにするのが一番ですよね(04/23)

    PETさん



    借金の把握、クレジットカード払いの把握にはよさそうですね。

    あまりクレカを使わないので、うさみみ家には関係が薄いだけで、カード払いが多い家庭には今ある資産ではなく、債務を把握するのは必須ですね。



    自宅不動産の評価をどのようにすべきかが気になりますが、実際のことろはそれほど意味はないのかもしれませんね。

    負債側つまり住宅ローンの把握は必須ですけどね。



    結局、自分のマネープランの形にあったものに落ち着いていくのでしょう。

    クレカの支払いや、大型支出などを、マネープラン上の支出見込みに入れるか、現在の資産評価でそれらを抜いておくかの違いといえそうですね。

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。