ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  組織内で生きる上での選択と責任
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    組織内で生きる上での選択と責任

     

    新年度になり新人が2人入って気分がわくわくしています。
    採用試験の面接官として期待できそうと感じた2人ですし、即戦力度も高いと感じています。

    一方で、熟練者を引き抜かれ大変な状況でもあります。
    過渡期なんです。
    新人が増え、熟練者は他部門の責任者へと登ることを期待されてその為引き抜かれるということです。

    それは「私にとっては」悪い事ではないんです。
    引き抜かれた熟練者がその部門を統括できるようになれば、私が全体を統括する段階になれば、彼に任せればよいということになるので。
    今一時的に自分が苦しくなろうとも、将来おつり(将来自分が楽になる)がくると思えるから。


    しかし、残された熟練者には新人教育を行う必要が生じ、難易度の高い仕事が集中しやすい環境になります。
    そうした熟練者に育てていく立場の私にとっては、今は一時的な過渡期として心の中で処理で来ても、彼には負担が増えた・これからも増えていくという認識になるということになります。


    先日、何気ない会話(こちらはそのつもり)の後、突然機嫌が悪なり、「チェッ」って言ってるのが私に聞こえるようにやっているように思えました。
    面と向かって意見をぶつけてくれるといいのですが、そういう形で表れると気になってしまいます。

    うちの場合、昇任試験を受けなければ管理職になれません。
    逆にいえば、試験を当人が受けなければ管理職にならなくてよいとも言えます。
    その人は私より数年も早く受験できたのに、受験をしていません。
    試験を受けて落ち続けているのではなく、自分の意思で責任ある立場にならない選択をし続けているという理解をしています。
    組織にとってとてもマイナスなことです。
    私よりはるかに優秀な人なのですから。
    しかし、個人の選択としては自由にできる部分ということで、私はその選択をしなかっただけで選べたわけですから良い部分ともいえそうです。


    結局、年齢と経験を積んでいくものは、時代のうねりの中でそれなりに責任を負う必要があります。
    それが管理職という立場で責任を負うのか、現場に居続けて年配者としての責任を負うのかの違いであり、この部下は後者を基本的に受け入れなければならないのが、組織の要請です。
    それはプレッシャーのあることだと思います。

    私の立場は彼も含め、新人も、すべての部下を統括するわけですから、すべての責任を負うということです。
    そのプレッシャーは大きいですが、基本、割り切ってそういうもんだと切り替えるしかありません。
    「若い人を育てること=将来の自分が楽になる」ということです。だから頑張れます。


    しかし、彼は自分にのしかかる重さが年齢を重ねるたびに増えていくことに対してどう対処するのかはその人次第によるところが大きいです。
    「若い人を育てる事=将来の自分が楽になる」のは同じことだと思いますが、だからと言って組織から期待される重さが減るわけではないかもしれません。
    「なぜ、おればかりしんどい思いをして」という葛藤をどう処理していくのかがカギになりそうです。


    それにしても「チェッ」と「あかさまに物にあたっている行動」をわざと私に見えるように見せつけられると、動揺は隠せません。
    土曜日も動揺を引っ張っていました。
    「どこに原因があるのか」は、こうかなと思う事がいくつかありますが、複雑すぎて正しくはわかりません。
    立場上気にしてあげなくてはいけないわけですが、役割も果たしてもらわなければなりません。

    多分、仕事のやり方を今年から変えたからが発端です。
    それと去年新人が入ってきたときに、(教育係俺はヤダよ的な)予防線を張ってきた事を思えば、今年新人の教育係にしたことも影響が大きそうです。
    こんなことはこれからも起こるでしょうね。

    そうしたことはどうしようもありません。
    今年の体制だけでなく、将来のことも合理的考えてだした答えですから、その答えを変えることはするつもりがないわけで、となると「見えない敵=どうしようもないこと」ということになります。
    「見えない敵とは戦わない」というのが理想ですが、1日半引きずって「自分の中で虚しく戦った」自分がなんか、「俺って弱いよね」みたいく思ってその部分でまだちょっと引きずってます。

    そんなことで悩むより、彼をどうサポートしどうケアするのかが大切なんだよね。
    ほんとまだまだです。


    ほんと組織にいるって大変ですよね。
    一刻も早く出たいと思う反面、若い人を育てるというもの悪くないという感覚が大きくなってきています。
     




    関連記事
  • はてなブックマーク - 組織内で生きる上での選択と責任
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re:組織内で生きる上での選択と責任(04/17)

    私は自分より若い上司に育ててもらっています。

    (しかも、意見を言うのが苦手です。)



    若い人のように変われないし、苦手なことも多く、

    申し訳ない気もするけど、

    今は仕事を辞める気もないので。

    脅かされたり、傷つく言葉を言われると後まで残るけど、

    自分にも、もう少し良くなりたい気持ちはあります!

    他の人におしつけられないことや、

    しかたがないことなども、

    ある程度は、分かります。



    年配の人は、育てるのが大変だと思いますが、

    うさみみ様が頑張ってお仕事をされていれば、

    きっとみんなに理解され、信頼されると思います。



    もしできたら、ベテランの方も育ててあげてください。

    (私は上司に感謝しています。)

    Re[1]:組織内で生きる上での選択と責任(04/17)

    minnminnさん



    年下の上司がおられるんですね。

    私の場合、去年まで一人を除いて全員年上でした。

    気を付けているつもりですが、今回、傷つく言葉を言ったのかもしれません。



    >年配の人は、育てるのが大変だと思いますが、うさみみ様が頑張ってお仕事をされていれば、きっとみんなに理解され、信頼されると思います。



    そうですよね。

    年上の方に信頼されるには自分が動いて頑張るのが一番だと感じます。

    あいつがこれだけ頑張るのだからと理解してもらうのがチームとして一番いい形かなと思いながら、別の正解もあるような気がしていて、でもそれはできそうもないかなと。



    >もしできたら、ベテランの方も育ててあげてください。



    そうですね。

    頼りにするだけでなく、育てる感覚も必要ですね。

    組織

    よく、楽をするためには部下をとか、昇進するために部下をとかいわれるけれど、昇進したいと思っていない場合、部下を育てるより、自分がプレイングマネジャーになった方がかえって楽。しかも部下は身勝手が普通で大体どんなときでも上司批判するもの。そもそもヒトを抱える方がリスクだと私などは思ってしまう。右肩上がりの場合、部下を雇うことに意味があるが、経済が右肩下がりの場合は、そこそこでいいと私は割り切っている

    Re:組織(04/17)

    aaaさん



    昇進したいと思わなくても、してしまう世代もあるので、やはり下の世代を育てることに意味を感じてしまいます。

    世代の空隙が大きいので、これからあっという間に上に登らざるを得ない人がどんどん出てきています。



    部下を抱えずに自分でやるのは確かに楽ですね。

    でも自分の理想はどこにあろうと、割り切っていくしかないのかなと思っています。

    それぞれの環境によりますけどね。





    >しかも部下は身勝手が普通で大体どんなときでも上司批判するもの。



    批判を受けることを前提にしていかないといけないですね。

    いちいちへこんでいてはと思いながらちょっとへこんでます。



    週明けも拒絶部分を感じました。

    どこに引っかかりがあるのかはっきり分からないけど、直感が当たってるんなら、それなりに対応していくしかないです。

    それも勉強かな。

    悩みます

    私も悩んでいます。私自身は割と人生設計を考えてきた方なので・・・何も考えていない、何がしたいか自分でも判っていない様なイイ歳の連中をどう扱えば良いのか。

    皆がハッピーにすごせるよう、なんとか調整しようとしているのですけどね。

    Re:組織内で生きる上での選択と責任(04/17)

    組織の上のヒトが怠け者で下の成果を横取りしていると思うのは大間違いで、大体仕事をしていると50歳以上のヒトの方がまともなヒトは多い。今の日本企業は大体その世代がつくってきたように思う。



    ただ、東電なんかみていると無責任体質が染みついているし、マネジメントに危機管理能力がないと思う。日本企業は60とか70まで働くのはやはり変なので、55ぐらいまでに皆引退した方がいいと思う。



    自分はマネジメントだと思うヒトがいるかもしれないけれど、マネジメントらしい思考をもっているヒトはあまりみたことがない。大体、無責任体質のヒトが責任を回避しながら、役員になっているので日本企業の役員に憧れはない。

    上司

    私は3つの会社を渡り歩いて、

    当然色々な上司さんの下につきましたけど、

    大半の人は立派な人でした。

    随分前に社を離れた今もお付き合いしていただいている方もいます。

    ?な人もいなかったわけではないですが(^^)



    うさみみさんが自然にされていれば、

    大丈夫だと思いますよ(^^)



    Re:悩みます(04/17)

    じゅん@さん



    年の離れた先輩方のことは全く気にならないのですが、少し年上の先輩は気になります。



    >皆がハッピーにすごせるよう、なんとか調整しようとしているのですけどね。



    皆がハッピーになるといいですね。

    そのためには一人一人に向き合う必要があるし、バランスも。

    バランスが難しいです。



    Re[1]:組織内で生きる上での選択と責任(04/17)

    aaaさん



    今を作ったのが定年前の人達というのはそうかもしれませんね。

    世代交代とはこんなに急激なのかと思うほど、急激に変化しています。



    >55ぐらいまでに皆引退した方がいいと思う。



    そうありたいところです。

    自分のことだけならできなくはなさそうですが。

    Re:上司(04/17)

    mushoku2006さん



    私の過去の上司もほとんどが立派な人ですね。

    一人強烈な反面教師がいましたが、ああならないようにしたいと、その人をかなり分析しました。



    私以上にその上司を嫌がっていた先輩が、その人と同じような気配を見せ始めているのが心配です。



    責任の受け止め方が大切なんですが、負けてしまうと大変です。向き合い方次第ですね。

    自然にいきたいですね。できるだけ。



    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。