ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  トラップリピートイフダン(トラリピ)について
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    トラップリピートイフダン(トラリピ)について

     

    相互リンク先でもトラリピをしている人は何人かおられるし、うさみみ自身も少しやっています。
    無職さんのところでトラリピってどんなの?という話が出ていました。
    為替王さんのブログを見れば一番分かると思われます。

    うさみみは中長期投資を目指しており、「長期:中期=7:3」を基本にしているのは、考え方としては今も変わっていません。
    実際トラリピをやっているといっても投資全体額の1割程度くらいでしょうか。
    トラリピが中期なの?と言われれば、違うように思います。
    最近は中期がどのくらいかなんてあまり意識していないというのもありますが、トラリピは中期とはいえないだろうなと思います。


    無職さんのところで「トラリピをしていてレンジが変わればどうなるのか?」という話がありました。
    うさみみの場合、一定水準以下の範囲で段階的に一定間隔で買い下がり、一定幅の上昇があれば売るという形にしていて、それを同じ買値と売値で繰り返しています。
    先月から今月にかけては、一気に下がって次々約定し、その後一気に上がって次々売れていき、今は何も買えていない状況です。

    客観的に見て「資金効率悪っ…」って感じると思います。
    もともと総資産の3割しか投資してないこと自体、投資効率が悪いと思う人が多いだろうから、あまり資金をフル活用してという発想がもともとないと言う事なんですけどね。

    資金効率悪いよねと思う人は、設定を変えたりするのでしょう。
    狭い範囲のレンジを行き来してくれて、そこにたくさんの仕掛けをする事が一番資金効率がいいということですもんね。

    でも、そうするとレンジの予想が不可欠になります。
    大まかにいえば、レンジの予想が外れれば、うさみみのやってることと似たようなもんだとおもいます。

    (そもそも、レンジの見直しをその都度するのは「リピート」しているわけではありませんので、トラリピとはいえません。かなり広範囲に罠を仕掛けるのが基本で、狭いレンジを当てに行くという発想はただの指値投資だと思っています。)

    それに資金効率を意識すれば意識するほど、全資産に対する投資割合は増えるわけですから、リスクは多くなります。
    さらに資金効率を意識すれば、レバレッジにたよったりしてリスク許容度を甘く見積もりかねない危険が増えます。
    当然、そのことにより期待できるリターン量も増えるわけですから、トレードオフですよね。


    うさみみの場合は仕事をしているので、基本的に指値が中心になります。
    買うのも売るのもいちいち考えるのが面倒なので、一定間隔で買い下がり、一定幅で利益を確定させるという形でやっています。
    仕事中に約定して、別の日の仕事中に決済されているとか、寝ている間に約定しているという感じです。市場の動きを見る事なくそれらが過ぎていきます。

    RSI的に割高な水準にはレンジを設定しないので、最近は何も起りません。
    仮にここから急落し再度次々ヒットしたとしても、注文数以上の保有にはならないので、そこはリスク量を意識して決めています。
    一番下の注文がヒットしても更に暴落が続くのであれば、放置するしかありません。

    それを意識してもっと下まで注文をだすというのなら、1つ1つの注文間隔を広くする必要があります。
    結局、資金が豊富な人はたくさんの注文をだすことができるということですよね。
    そして効率を極端に追い求めレバレッジに頼りすぎた人は、強制ロスカットと言うほぼ全滅を食らう可能性が高まるということですよね。

    トラリピで資金効率を意識すればレンジ予想を当てるか、レバをあげてリスクを増やすかという事になりがちなので、もっとのんびり考えていく人がいいのではと個人的には思います。
    上手く儲けようと思う人はあまりのめり込まない方がいいような気がします。
    ああ今日は買えたんだな、あれ決済されたんだくらいでもいいやって思える人の方がむいているのではと個人的には思っています。

    罠を仕掛け獲物を捕まえて、それを同じ場所で繰り返すのがトラリピです。
    ですので、その都度レンジを変えるのはそもそもトラリピではないと思います。
    時々、レンジを見直す必要性も時にはあると思いますが、もともとのんびりしたやり方なんじゃないかな。

    上記で書いていた中期投資は、一定割安になれば買って、割高と思われる水準で売るというイメージになります。
    利幅を大きくすれば投資期間が長くなります。
    逆に利幅を小さくすることで投資期間が短くなるということですよね。

    どの程度の利幅で罠を仕掛けるのか。=トラップ
    仕掛けの総量をリスク許容度の範囲で押える。=投資の必須
    それを機械的に繰り返す。=リピート

    仕掛けだけすればあとは罠にかなるのを待つだけで、それを繰り返す。
    手間が少ないし、機械的な取引なので迷いはないというメリットはあります。
    でも、素晴らしい方法だとは思いません。
    やはり上記に書いたような問題もあると思うし、罠の位置によってはお休みしている方が多いんですよね。

    (間違った理解かもしれませんが、今はそう思っています。)
     

     




    関連記事
  • はてなブックマーク - トラップリピートイフダン(トラリピ)について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    資金効率

    おっしゃられるとおり、

    資金効率を上げようとすれば、

    資産をフルインベストにまで持っていく、

    もっと上げようとすれば、

    更にレバを掛けたりするわけですから、

    リスクは高いですよねえ・・・



    私は信用取引こそやりませんでしたが、

    資産を全部株に突っ込んでましたし、

    親から借金までして買ってましたから、

    今から考えれば、かなり暴挙です(^^)

    Re:資金効率(04/16)

    mushoku2006さん



    トラリピで注文全部ヒットするのは稀ですから、資金効率を意識している人には合わないと感じます。



    フルインベストも借金しての投資も、危険とのトレードオフですもんね。

    結局、生き残れなければ負けなんですよね。

    我々も将来は生き残っていないかもしれませんし。

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。