ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  個人投資家のマネー運用で守りたい5つの原則
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    個人投資家のマネー運用で守りたい5つの原則

    経済評論家の山崎元さんが10年以上も書かれていた「マネー経済の歩き方」が最終回となりました。
    最後の連載として自らマネー運用を行っている方のために「個人のマネー運用で守りたい5原則」が掲載されていて、末永く通用する資産運用の心得をメモしておきます。

    第1条 余計な手数料を払うな。
    金融業者に払う手数料は「確実なマイナスリターン」だ。「国内株式」「外国株式」のように、同じ資産クラスに投資する商品同士を比較した場合に、「手数料が高いけれども、運用がうまい」という商品は、事前には見つけることができないのが現実だ。
    手数料には、商品の購入時にかかる販売手数料と、運用期間中にずっとかかる手数料(投資信託では信託報酬)の2通りある。両方を合わせて1年間にかかる手数料が運用額の1%を超えるなら「高過ぎる!」と認識しよう。


    個別株なら売買手数料がかかりますし、投資信託ならばノーロードを選択しても信託報酬等のコストがかかります。
    期待リターンが4%程度なのに、コストが1%もかかるようでは何をしているのかわかりません。



    第2条 リスクの集中を避けよ。
    効率がいいと思う資産に投資を集中したくなるのが人情だが、分散投資の有効性を軽視しないほうがいい。特に、株式に投資する場合は、業種の分散も含めて、投資対象を分散するほうがいい。プロのファンドマネジャーの仕事をしていても、分散投資のおかげで窮地に陥らずに済んだと思う場合が時々ある。分散投資は投資家自身の努力でできる投資内容の改善だ。


    分散投資の重要性は、投資を始めて1年以内に感じました。
    ETFや投資信託は信託報酬などのコストがかかるのが嫌で、当時が一定額までは売買手数料が無料の証券会社があったので個別株投資から始めました。
    個別株で分散するのは難しく、多少の信託報酬は分散コストとして許容するようになりました。



    第3条 金融マーケティングを解毒せよ。
    運用商品のマーケティングは、年々巧妙になっている。投資理論には、行動ファイナンスと呼ばれる心理学を応用して投資家の非合理的な行動を研究した分野があるが、近年、これが運用商品の開発や商品の売り方にあって、投資家から見ると「悪用」されているように感じる。
    例えば、毎月分配型の投信は、年1回分配の投信よりも、課税が早まる分だけはっきり損なのだが、分配金が頻繁にあることの刺激の心地よさや、過去の分配金の安定を運用全体の安定性と誤認するような心理などに影響されて、金融リテラシーの低い投資家(高齢者が多い)によく売れている。


    毎月分配型の投信について様々な誤解は、投資家側の勉強不足によると思われますが、これがなかなか理解できないのが実情です。
    コストにうるさいインデックス投資家ならば自明と言えそうですが、実際コストを気にする投資家は少数派なのではないかと思います。



    第4条 長期的に妥当な運用から逸脱しないほうがいい。
    ここしばらく、いわゆる「アベノミクス」の効果で株式投資や外貨資産への投資が報われているのは、結構なことだ。経済政策としてもおおむね適切だ。思うに、当面の投資環境も悪くあるまい。
    しかし、多くの人に「よい投資環境」が認識されれば、株価などの市場価格は、これを織り込んでしまい、その後の変化は、新しく発生する情報のみに影響される場合が多い。端的に言って、自分の相場観を信じ過ぎないほうがいい。環境がいいと思う場合も、悪いと思う場合も、「長期的には、このような運用がいい」と思われる運用からは大きく逸脱すべきでない。


    自分の相場観を過信して痛い思いをしたことがあるので、これが一番悩ましい問題かもしれません。
    そうはいいつつも投資のタイミングを考えるのは楽しいことでもあり、積立投資のような機械的な投資に踏み切れないでいますが、長期的な景気の波動を意識していきたいと思っています。



    第5条 お金の問題では利害のある他人、特に金融マンや運用商品を紹介するFP(ファイナンシャルプランナー)を信用するな。
    あまりにも多くの場合、真に怖いのは、マーケットのリスクよりも、利害をもって関わる「人間」だ。他人を簡単に信用するな。


    これが山崎元さんが一番言いたいことじゃないでしょうか。
    要するに「自分が理解できない商品に投資をするな」という一番大事な視点につながることです。
    しかし、迷いがあればどうしても他人の意見が気になります。
    自分の投資スタンスが見つかるまで瞑想はつづくのでしょうね。
     
     
    関連記事
  • はてなブックマーク - 個人投資家のマネー運用で守りたい5つの原則
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    山崎元さんにはウソがない

    山崎元さんの著書や連載、Twitter ついつい見てしまいます
    それは、正直に意見を言ってるという信頼があるからかなと
    自分なりに推測しています

    たくさんの経験をつまれた著名な方のアドバイスに
    目を通す機会が増えたことは、とても嬉しいことです
    ネット社会にも うさみみさんにも感謝です

    消費しないピノキオさんへ

    振り返ってみると山崎元さんの著書は読んだことがないです。
    もっぱらツイッターで紹介しされたコラムを読んでいます。
    私が投資に感じることに、裏付けをつけてくれる存在という感じがします。

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。