ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  65歳からの年金生活費家計簿 定年後の「ビンボー家計簿」になるな
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    65歳からの年金生活費家計簿 定年後の「ビンボー家計簿」になるな

    私のブログへ「年金生活 家計簿」というキーワードでの流入が増えてきました。
    定年後の年金生活に不安を持つ人が多いのだと思います。 
    「65歳で最低2000万円なければ夫婦でピンチ!」という副題がついた「定年後の「ビンボー家計簿」分析&改善法」によると 定年後の収入は大幅ダウン間違いないということで、手遅れになる前に準備が大切とされています。
    まさにそのとおりだと思います。

    とはいえ、「65歳で最低2000万円」という数字がどういう根拠なのかが気になります。
    65歳時点の話というのは、実際インフレが進むとお金の実質的価値が目減りしてしまうという点が落とし穴です。
    年金の支給開始は65歳に引き上げられていて、少なくとも60歳で定年退職しても働き続けてる人がどんどん増えています。

    定年退職後も年金をもらえるまで働くのは大前提。その覚悟さえ決めておけば、たとえ年金の支給開始年齢がさらに引き上げられたとしても対応できる。逆に、ここで再就職に失敗すると、老後の暮らしは非常に厳しいものになってしまう。
    こうした状況のもとでは、退職後の家計は「定年退職から年金満額受給まで」と「年金生活に入った後」の2段階に分けてプランするのがよさそうだ。



    定年退職後も年金をもらえるまで働くのは大前提というのはもはや半数以上の人が当てはまることだと感じます。
    「定年になったら退職する」といっている人ほど会社に65歳までしがみついている印象すらあります。
    定年退職でリタイアした人は、あまり「定年になったら退職する」と公言していた人はあまり記憶にはなく、定年前になって「もう残らないんだ」とボソッと打ち明けてくれたりという感じです。
    退職した人の中にも働いている人はたくさんいましたけど、お金のためという感じの人は少なく、趣味と実益という感じで収入にはこだわっていなさそな方が多いです。

    60歳定年になっても仕事を続けざるを得ない人の中には、退職金でやっと住宅ローンを完済したという人も少なからずいて、本人の認識はともかく働かざるを得ない感がただよっています。
    定年後もしがみついているという言い方は批判を浴びそうですが、それは人それぞれの考え方であり、65歳まで周りに頼られ本人も充実した人もおられるのですが、正直に言ってかなり少数派です。
    定年後の「ビンボー家計簿」に陥らないためにも準備が必要だということはうなづけます。

    ■50代の家計は収入も支出も人生で最も膨らんでいる場合が多い。
    ■50代で教育費が一段落すると、安心してムダ遣いに走る人も多いが、定年後の収入ダウンを念頭に置き、50代のうちから生活を引き締めておくことが大切だ。



    50代になるまで貯金習慣がなかったのに、50代に入って生活を引き締めることができるのかは疑問だが、子どもの教育費が一段落した後が一番危ないのは確かだと思います。
    それまで貯金習慣がなかった人が、苦しい苦しい大学生の教育費から解放されてそれまでの反動から生活レベルがあがるというのは十分想像できます。
    私は若いときからある程度の貯金習慣をつけておくことが大切だと思っています。

    必要な老後資金の額は家庭によって違うが、「65歳時点で2000万円」が1つの目安と考える。年金生活に入った後、もし毎月5万円(年間60万円)を取り崩したとすると、20年では1200万円。2000万円の老後資金があれば、まだ800万円の余裕がある。



    これが「65歳時点で2000万円」の根拠ということで、それほどうなずけるような根拠ではありませんでした。
    毎月5万円(年間60万円)取り崩す程度で済む人は、そこそこのお金を厚生年金に収めてきた人だと思われます。
    現在の60歳から65歳の方なら十分かもしれませんが、我々現役世代がそこまで年金に頼る前提というのは厳しいかなと思います。
    しかし「ローコストで生活できる人」は、さほど問題がないと思います。
    そもそも「ローコストで生活できる人」というのは、仮に収入が少なくてもそこから貯金もできるような人なので、収入や保有資産にあわせた暮らしができる高い技術を持っている人だからです。

    ただ1つの注意点は、「子どもの大学院や大学卒業後に専門学校進学」など社会に出ていかなくて更に教育費がかかるケースです。
    我が家の場合はそうした事態はある程度織り込んでいますが、子どもが社会に出て独り立ちしなければ、そもそも親の老後生活を考えられない状況になる可能性があります。
    そこだけはしっかりした考え方を持っておく必要があります。

    年金制度問題や財政問題などが報道され、老後への不安を感じる人はますます増えているようだ。だが、まだ起きてもいないことを心配しすぎてもしかたがない。また、収入が減り、貯蓄残高が減っていけば、それに応じて生活を工夫する力をたいていの人は持っている。



    当ブログでは我が家の考え方として厳しめのマネープラン設定を紹介していますが、「収入が減り、貯蓄残高が減っていけば、それに応じて生活を工夫する力をたいていの人は持っている」と私も思います。
    であるならば、そこまで追い込まれる前に貯金してくなり備えておきたいものです。
    計算外の出費をいたずらに不安視する必要はありませんが、能天気にまったく計算外の支出がないようなマネープランでは対処が遅れますので、多少のゆとりは必要ではないでしょうか。

    関連記事
  • はてなブックマーク - 65歳からの年金生活費家計簿 定年後の「ビンボー家計簿」になるな
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    貯蓄の大事さがわかります

    53歳のまさに,子育てが終わり浪費が始まりそうな矢先に夫婦で病気になり考え方を変えている処です。若いうちから貯蓄していればと後悔します。

    たんちんさんへ

    もう子育てが終わられるのですね。
    どの段階でも浪費はよくないと思いますし、今までのペースを維持することもしくは引き締める方向でいかないと歯止めが効かなくなり、挽回することもできなくなります。
    そういう意味でおっしゃるように「若いうちから貯蓄」もっと言えば、「ローコストでも暮らせる技術」が大事だと思います。

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。