ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  心病む同僚達
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    心病む同僚達

    心と体は一体である。
    なのに、心のケアが捨て置かれている社会の中にぼくらは生きていると感じます。

    心の病気は心が弱いからなるのではなく、誰でもなる可能性があるんだと最近考えるようになりました。
    ということは、もちろん自分もなる可能性があると思っています。


    既に同期の半分近くが、心の病で休職中か休職の経験がある状況です。
    かなり深刻な状況です‥。
    何が原因なのでしょう?

    同期と話をしていると『職場環境が悪い』と言います。
    忙しいということもあるし、年々仕事がややこしくなるし、それ以上に人間関係も大きそうだし、出口が見えないとか評価されないといった外的要因があるようです。
    これらは聞いた話であって、真実はしりません。


    うさみみは技術系なのでちょっと環境が違うようです。
    事務系の環境は彼かが言うほど劣悪なのでしょうか。

    うさみみ自身、十二指腸潰瘍で入院しました。これもストレスが原因と言われています。
    ストレスを感じない環境なんてありえないですよね。


    個人個人の心の問題ではなく、社会全体の問題なのでしょうか?
    なんとなくですが、心の強さとかではなく、「ものごとのとらえかた」と「自己実現」が心の病に大きく関係しているような気がしています。

    この問題は非常に関心が高いです。
    自分なりに考えたり勉強しつつありますし、そうすることが自分にとっても家族にとっても大切と感じています。




    関連記事
  • はてなブックマーク - 心病む同僚達
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    人間関係??

    なかなか順調にはいきませんね(−−;

    厳しい環境で競争してるわけですから。。。

    まあ、病気にならないに越したことはないですが

    症状が軽いうちにケアしたほうがいいですね♪

    Re:心病む同僚達

    そうですか…同期の方の半分が心の病とは

    なにが原因か、気にかかりますね

    私のまわりにも最近多いです

    ひと昔前はこんなに多くなかった気がします

    心が元気だと、体も元気でいられるのは実感しますね〜

    Re:人間関係??(09/10)

    ひさ6419さん



    たしかに人間関係ってのは思い通りには行きませんね。



    >症状が軽いうちにケアしたほうがいいですね♪



    それができれば本当にいいですね。

    そういう段階で気づくこと自体難しいですね。



    Re[1]:心病む同僚達(09/10)

    マトリカリア♪さん



    ほんと原因が気になります。

    確かに、ひと昔前はこんなに多くなかったです。



    異常に感じていますが、逆に昔が異常だったのかもしれません。

    勉強していると海外では心のケアは常識のように書かれていますから。

    だとすると、日本はかなり深刻な事態をこれから迎えるのかもしれません。



    意識してセルフケアしていくことが大切で、心について学ぶことがセルフケアにつながる気がします。

    いろいろ各論はありますが、

    一言で言うと「希望」の絶対量が不足していることだと思っています。

    Re:いろいろ各論はありますが、(09/10)

    Mitchさん



    「希望」の絶対量の不足ですか。そうかもしれませんね。

    周りの環境の希望が失われているのはどうすることもできませんね。

    だからこそ、自分が希望を感じるとらえかたとかが大事な気がしています。



    精神的栄養失調

    ちょっと考えてみました。

    同期の半分がメンタルヘルス障害というのは尋常ではないですよね。でも、この現象は日本全国で起こっているようです。僕はこれを精神的栄養失調と勝手に呼んでいます。体を維持するための栄養は過剰なほど摂取できるようになり、メタボ対策が社旗問題になる一方、精神的栄養は不足の一途と感じています。ストレスは精神栄養を消費します。これはうさみみさんもご指摘のように日々増えるばかりです。これに対して精神栄養の補給は減少していると思います。精神栄養とは、すなわち、達成感であったり、連帯感であったり、尊敬であったり、やりがいであったり、経済的な余裕であったり・・・、わくわくするような感情でしょう。これらをまとめて「希望」と表現しました。低成長社会では多くのひとに「無意識のうちに」「会社にいるだけで受動的に」これらを十分供給することは、もはや不可能なのではと考えます。自分で行動して、意識的にそういう精神栄養を補給できるようにしなければ、心が栄養不足になってしまうのではないでしょうか。

    自分の精神栄養を普段の生活でいかに充足させるか、というのが僕の今の課題のひとつです。



    うさみみさんはどう思いますか?







    Re:精神的栄養失調(09/10)

    Mitchさん



    精神的栄養失調ですか。適切な表現かもしれませんね。



    >低成長社会では多くのひとに「無意識のうちに」「会社にいるだけで受動的に」これらを十分供給することは、もはや不可能なのではと考えます。



    まったく同感です。

    いろんな意味で自己責任の時代ですね。



    他人との比較とかでなく、自分のやりたいことをやっていきます。

    まず、そこからかなって。





    低成長時代では他人との比較ではない「自分」というのを見つけるというか、自分のものさしを大切にすることが一番かなと思っています。

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。