ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  2013年12月末のアセットアロケーション分析と計算(比率)
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    2013年12月末のアセットアロケーション分析と計算(比率)


    2013年12月末のアセットアロケーション(資産配分)を「ファンドの海さん」のアセットアロケーション分析にかけてみました。
    既に毎年恒例になっています。

    (関連するエントリー)2012年12月末のアセットアロケーション分析


    ■2013年末


    ※信託報酬は0.3%に設定(信託報酬のかかる商品の割合が低いのでこれでも安全側です。)
    ※日本国債の期待リターンは、個人向け国債変動10年の税引き後の利回りである0.38%に設定。

    ■2012年末



    ■2011年末  





    アセットアロケーション分析の計算結果です。( )内は2012年末

    ■期待リターン(年率) 1.58%(1.98%)
    ■リスク(年率) 4.96%(4.87%)


    期待リターンは、昨年末の年率1.98%から1.56%と大幅に下がってしまい、年率リスクは4.87%から4.96%に増えてしました。
    期待リターンの低下は、日本債券の期待リターン1%から個人向け国債の利回りに設定したのでかなり低くなりました。
    高利回り定期預金が満期を迎えているので、もはや昨年のような利回りは期待できません。

    アベノミクスが提唱するインフレ率2%にも満たない期待リターンになってしまい、なんとも寂しいことです。


    期待リターン:1.58% リスク:4.96%
    元本:100万円 総投資額:0万円 期間:30年
    (期待値:160.2 標準偏差:43.6 中央値:154.6 最頻値:143.9)

    by 長期投資予想/アセットアロケーション分析



    長期投資による運用結果の予想です。
    投資元本100万円でいちばん起こりそうな運用結果が143.9万円 で、年率にして約 1.2 %になりました。
    30年後の期待値は160.2万円で、その確率は 44.7%になります。
    元本割れする確率は 5.2%となっていました。

    注目は元本割れする確率で、2012年は1.7%だったのに2013年は5.2%と増えちゃいました。
    これを低いと思うか高いと思うかは微妙ですね。





    この鳥の羽のようなグラフは、5つの資産クラスによる「投資機会集合」を示しています。
    赤い点が私の運用資産の位置を示していて、これが青い点の集合の上辺(=効率的フロンティア曲線)に近いほど、より効率的なアセットアロケーションといえるんだそうです。

    一番上のラインが効率的フロンティアというみたいで、私の場合は少し下にあるので、リスクの割に期待リターンが低いと評価されるようです。
    しかもグラフの左端なので投資としては物足りないというところで、個人投資家としては端っこの端にいる感じですね。






    <リスク資産だけでアセットアロケーション分析>


    我が家の場合は、日本債券や流動性資産が非常に多いので、リスク資産のみで分析していました。


    ※日本債券をゼロにし、リスク資産のみとした場合


    日本債券をゼロにしてリスク資産のみでアセットアロケーション分析をやってみると期待リターンは約5%になりました。

    ■期待リターン【年率】 4.99%(4.95%)
    ■リスク【年率】 12.80%(12.62%)


    投資による期待リターンはそれほど重視していなくて、年数%でも構わないと思っています。
    理想を言えばもちろん高い方がいいですが、投資のリターンはあくまでおまけという考え方がしみつきつつあります。
    正直に言えば、リスク資産が変動して増えた・減ったにいちいち反応するのが面倒になったという感覚です。

    期待リターンを気にしたところで実際どうなるかはわかりませんし、むしろリスクの方が気になるところです。
    こうした分析も参考にはしますけど、大きく道をはずしていないかをチェックする程度です。
    期待リターンが5%だから、マネープランに反映しようとかという感覚はありません。

      



    「投資機会集合」をみてみると、効率的フロンティア曲線よりもかなり下に位置しています。
    効率的な資産配分ではなく、リスクの割には期待リターンが低い、逆にいえば期待リターンの割にはリスクが高い投資になっているということです。
    日本債券アセットクラスを外すとこうなるということは、日本債券の意味もそれなりにあるということですから、他のアセットクラスを外してみてどういう風にグラフが変化するかを見てみるのも面白そうです。

      
    関連記事
  • はてなブックマーク - 2013年12月末のアセットアロケーション分析と計算(比率)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。