ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  上手にお金を使える人になるために(その1)
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    上手にお金を使える人になるために(その1)

    以前書いた日記、「支出のコントロールという言葉にこだわるわけ」に絡めて、相互リンク先のFalgonさんが「お金を使うことを考える」という興味深いエントリーを書いておられます。

    うさみみは、「もっと上手におカネを使う」ということを意識していきたいと思っています。
    これが、人生の第5ステージのいくつかある目標の1つなのです。

    そういった意味で、このテーマでのエントリーをいずれ書くつもりですが、自分の言葉にできるまでは相当な時間がかかりそうです。
    とりあえず、この波に乗っかってプロローグだけを書いてみたいと思います。


    まず、Falgonさんのエントリーの一部を転記させていただきます。

    >もっているとお金をついつい使ってしまう人というのは結構よくみかけますが、それでも一方でお金を使わないでいられることが得意な人もそれなりにいます。
    >しかし、「この人のお金の使い方上手だな」という人はお金を使わないでいられる人よりもさらに少なく感じます。
    >(1)浪費をやめられない人
    >(2)無駄な支出を抑えられる人
    >(3)上手にお金を使える人
    >という感じでマネー・リテラシーとでもいうのでしょうか。お金を扱う能力のステップがあがっていく気がします。




    うさみみ家の場合は、(1)というステップを経験したことがありません。
    そして、(3)というステップを目指していると書いていることからも、お金を使うことが下手であると自認しています。
    (2)の「無駄な出費を抑えられる」というのも、極めているとは言えない部分も自認していますが、ここからそこを極めることには抵抗を感じています。
    現状としてはそんな感じです。


    (2)からスタートしたうさみみ家から見ると、「浪費」と「上手くお金を使う」の境目を表現するのはなかなか難しいと感じています。
    ですので、一般的な区分としては上記の区分が自然だとは思いますが、
    あえてここは、「浪費」という言葉を避けて、「(1)収入に応じた支出が出来ない人」という風に表現を変えて話を進めてみます。




    資産形成において、最もコントロールしやすいのが「支出」です。
    そしてお金持ちというのは、1年前の日記「期待資産額の公式から、人生設計の5つの要素を考える(その1)」にも書いたように、「意外に質素」であるということです。
    資産形成を進めて行くには(2)の要素はとても大切ですね。


    では、(1)と(2)にどうして分かれてしまうのでしょうか

    このことを考える上で最も大きな要素は、
    ■人間ははじめが肝心であること
    ■おカネに関して意識するような経験をしたかどうか
    ではないかと思います。

    このブログでは「意識すること」が全ての土台であるという意味で大切にしています。

    早いうちから「おカネに関して苦労した経験」がある人は、早くからおカネと向き合っています。
    それが子供の頃なのか、大学生の頃なのか、社会人になってからなのか、結婚してからなのか、はたまた今の今まで意識しなかったのか。。。そこがスタートの位置の違いです。
    ここで開いた時間の差は、極めて大きいものであることは言うまでも無いのですが、「意識していない人」はそのことすら気づかないできています。

    何らかの経験や良きメンターとの出会いから「気づきを得る」ということがなかったとして、これを運の問題と片付けてしまうことも出来るのかもしれませんが、意識してなければ、経験も出会いも極端に減るはずです。
    それどころか「そういう発信」を受けていても、気づかない…ということもあります。
    つまり「意識」とか「アンテナ」の問題でもあるのです。

    これに関して「初めが肝心」というのも大切なことです。
    うさみみは社会人になって感じるのですが、新入社員の時にどの職場に配属されるかがその後の社会人生活に大きな影響を与えると感じています。
    この感覚は、結構多くの人が感じているようです。

    初めに厳しい職場を経験した人は成長が早いということです。
    不幸にも甘い職場から始まってしまった人は、次に厳しい職場に異動になった時に参ってしまいます。
    これがある程度出世してからとなると、さらに不幸です…。
    最初にどこに配属されるかはまさに「運」ですので、本人はどうすることもできません。

    しかし、社会人のスタートから「無駄な出費を抑える」ということなら、意識していればコントロールできるはずです。
    つまり、「最初にどの意識でスタートしたのか」。。。これがものすごく大きいということです。
    逆に、最初に膨らみすぎた生活をしてしまうと、支出を減らすことは苦痛を伴います。




    いきなり(3)からスタート出来る人はほとんどいません。
    なぜなら、人生3大出費といった大きな出費は初任給ではどうにもならないからです。
    それどころか、車を買うとかのレベルでも初任給ではどうにもなりません。
    当然、生活設計とか人生設計、目標の設定などいろいろ考えて、「時間軸」を組み入れないと、上手くお金を使う人になれるはずがないのです。

    「貯めてから使う」もしくは「増やしてから使う」ことが必要なことも強く意識しながら、日々の生活の満足との整合をはかる。。。(3)というのはそういう設定として話を進めていきます。




    (1)からスタートした人、(2)からスタートした人 が存在するんだろうと思います。
    現実には(1)と(2)の中間くらいでスタートする人が多いのではないでしょうか。

    (1)からスタートした人は、(3)を目指すのであれば、必ず(2)を通らないといけないんだろうと思います。
    Falgonさんの書かれたステップが自然な流れです。

    (2)からスタートした人は、(1)にならないようにすることはもちろん、ある程度資産が出来た段階で(3)を目指していくべきだと思います。
    (2)をとことん極めてもいいとは思いますが、(3)に行かなければそれは、「アリの大敗北」と思います。

    ちなみに、いきなり(3)を実践していると意識している人がいるなら、相当恵まれた人でしょうね。



    Falgonさんの書かれた、「お金を扱う能力のステップがあがっていく気がします。」という表現は、「気がします」を取り外して、断定表現でも問題ないと思います。

    支出のコントロールとして、
    ■無駄なことにはおカネをかけない
    ■必要なことにはおカネをかける
    に絞って考えた時、圧倒的な収入がない場合、どうしても(2)のステップを経験する必要があわけです。
    そこでそれなりに長い期間、悩み、苦しみながらも、未来の大きな支出に対応する準備もするわけです。

    そしてどこかで(3)へ進むことを意識した行動を始めるべきです。
    それはある程度の人生の選択肢が持てる。。。ある程度おカネに対する将来の見通しがつく。。。そう感じ始めた時、いやその少し前にスタートしたいところです。





    関連記事
  • はてなブックマーク - 上手にお金を使える人になるために(その1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。