ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  リーマン・ショック後の香港H株指数(株価)
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    リーマン・ショック後の香港H株指数(株価)

     
    どうやら中国株(香港株)の株価は、リーマンショック前の状態にまで回復したようです。
    これは、私が投資している香港H株のチャートです。

    リーマンショック


    香港H株指数はリーマン・ショック前まで回復ということで、ここが一つの節目だと思います。
    さらに、2007年10月末の高値から2008年10月末の安値の幅から約40%を回復していて、黄金比ででてくる約38%や約62%という数字のうち、概ね38%というところからもテクニカル的な節目と言えるかもしれません。

    これからどうなるかという予測は持つつもりはありませんが、節目としての記録を残す意味で現状をメモしておきます。

    保有する多くの銘柄で、含み益が見られる状態になりました。
    一方で、日本株はまだまだ買値にはもどっていません。
    (日経平均株価は8ヶ月ぶりに1万円を回復しましたが、まだまだリーマンショック前に戻るにはあと2割ほど回復する必要があります。)

    これは中国と日本の経済成長の差もあるとは思いますが、買った時期の違いの方が大きいはずです。
    私は、日本株よりも前に、中国株への投資をしていました。
    同じ株式投資をするなら、高度経済成長の可能性がある中国をまず選びました。
    香港市場では、個別株の売買手数料が比較的安いというのも後押ししました。

    日本も欧米ももう高度経済成長は望めないだろう。。。
    『株式投資』をするなら、新興国の方にかけてみたいと思ったのが理由です。

    実際、株式投資のうち6割近く新興国ということで、うさみみの意図はそこが中心であることは過去も今もこれからも変わらないと思います。
    分散という観点から、欧米株も増やしつつある途上で新規投資を凍結したので、「新興国:先進国=1:1」という分散の目論見はもう恐らく実現しないだろうと思います。


    モンチさんのエントリー「過去3ヶ月の各資産クラスの騰落率を確認
    」でも、節目の記録がありました。
    ここのコメント欄に「株式投資のうち6割が新興国」と書き込みをしましたところ、管理人さんからコメントをいただきました。

    >6割りは凄いですね。 他の人には薦められない(^^;;割合です。
    >ボラティリティが高すぎて、私だときっと挫折してしまうと思います。

    という返答をいただきましたが、一般的にはイレギュラーなのかもしれません。

    そこでのTansney Gohnさんのコメントを参考にすると、私は、カンチュンドさんに近い考えなんだと思います。

    上記のチャートを見ても、新興国のボラティリティはものすごいものがあります。
    仮に2007年10月末に買った場合、1年後には4分の1以下になったわけですから。
    ボラティリティが大きいということは、リスクが高いわけですから、モンチさんが指摘することは当然だと思います。
    私も他の人にお勧めしようとは思いません。

    私の場合は、株式投資は外国債券投資に比べてだいぶ少ないです。
    新興国株式への投資額は、金融資産の1割にも満たないので、リスクが高くてもそれ自体はあまり気にしていないのです。
    (私はリスクは割合ではなく、額で管理する方が自分には理解しやすいと考えています。ゆえに、投資成績も割合ではなく額で公開しています。)

    中国株には、魅力がいくつかありますし、怖いところもいくつかあります。
    世界の中で、時価総額が1位と2位を争うのが、工商銀行(1398)ペトロチャイナ(0857)です。

    工商銀行の今年の期末配当は前年より24.06%多い10株につき1.65元となりかなりの増配です。
    (配当性向政策は、純利益の45〜60%くらいといううわさ)
    概算で、0.187÷5.22=3.6%の配当利回りです。

    ペトロチャイナは減益でもあって減配のようです。
    (配当性向は純利益の45%くらいといううわさ)
    概算で、0.1699÷9.3=1.8%の配当利回りです。(ほぼ同等の中間配当は除く)

    中国株は配当が多いのも魅力ですね。
    なんかひさびさに、銘柄調査をした感じで、なかなか楽しいですね。。。でも、ちょっとめんどくさいかも。

      
    関連記事
  • はてなブックマーク - リーマン・ショック後の香港H株指数(株価)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    中国・インド。。。

    だいぶ戻しましたね〜

    中国株はほとんど投げてしまいました(−−;

    中電国際とインドのETFだけになってます。

    日経も10100超えでそろそろ調整?

    センスないのでわかりませんが(^▽^;

    香港市場復活

    私は10社香港銘柄保有してました。

    回復が本当に早いです。

    利益確保しながら3銘柄くらいに絞り込んでいきたいと思います。

    今後も情報交換お願いします。

    Re:中国・インド。。。(06/14)

    ひさ6419さん



    シノペックうっちゃったんですね。

    インドのETFはうさみみも持っています。プラ転してました。



    Re:香港市場復活(06/14)

    ミスターストック 1970さん



    うさみみも10銘柄もっていますよ。

    うさみみは逆に失敗したなって思った3銘柄をどうにか裁きたいです。



    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。