ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  評価損益・含み損益・評価損・含み損と「含み損を耐える会」って何
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    評価損益・含み損益・評価損・含み損と「含み損を耐える会」って何

     
    ヤフー検索の「トラリピ 含み損」でこのブログにたどり着く方が少なからずおられます。

    (関連するエントリー)FXランド円でトラリピ検証する(戦略、設定、大損する危険性)

    トラリピで含み損を抱えてしまった方が不安で検索していると推測しますが、上記のエントリーでも書かせていただいた通りそもそも「トラリピは大量に含み損を抱え込まざるを得ない戦略」であり、含み損を抱える覚悟がない人や含み損を抱えると不安だという方が取るべき戦略ではありません。

    ヤフー検索の「トラリピ 含み損」で表示されているタイトルもそれを物語っています。

    ・トラリピは破綻する手法
    ・トラリピは含み損ありきの投資法
    ・FX初心者もトラリピで失敗しない含み損を減らす設定の仕方なのに続ける理由

    そもそもトラリピ自体が含み損とどう付き合うかから考え始める必要があるのに、なぜか儲かる手法と捉えて含み損が想像以上に膨らんでパニックになる方がおられるというのは、トラリピが利益確定を細かく繰り返す戦略でもあるという点で損するイメージが無いということなのかもしれません。
    トラリピはあらかじめ為替によって含み損がどうなるか計算できるわけですから、あわてるような状況に合った時点で破綻しています。


    それはともかく「含み損」という言い方が一番馴染むのですが、実はいろんな言い方がありますね。

    【評価損益 - Wikipediaより】

    評価損益(ひょうかそんえき)とは、保有資産の時価から簿価を引いた額のこと。
    含み損益(ふくみそんえき)とも呼ぶ。
    ある時点での潜在的な損益の評価であり、実際に売却するまでは損益が確定しないためこの表現を使う。

    評価損や含み損とは、保有している資産の時価が値下がりし損失が生じる可能性がある額のことをいう。
    逆に、保有している資産の時価が簿価よりもプラスになっている場合は評価益あるいは含み益という。



    評価損、含み損という表現は同じ意味合いで使われています。
    含み損益は確定損ではないので、損失ではないとか、どちらも損失だとかいろんな解釈があるようです。
    我が家では、リスク投資は時価総額で評価しているので、どちらも損していることには変わりがありません。

    ヤフー検索での「含み損」では、このブログがブログ村で登録しているカテゴリの上位ブログもありました。
    「含み損地獄」が売りのブログなので知る人ぞ知るというところでしょうか。


    私が気になったのは、「【お彼岸】含み損を耐える会45【先祖供養】 - 2ちゃんねる」でした。
    2ちゃんねるのようなので「含み損を耐える会」というスレが存在するということなのでしょう。
    しかも「45」ってことは、4500近くの投稿があるということですよね。
    「含み損を耐える会 46」とか「含み損を耐える会 47」と続いていくのでしょうか。

    ヤフー検索での「含み損を耐える会」では、更なる耐える会もあるみたいです。

    ・含み損を耐える会Part.2
    ・NISA含み損に耐える会
    ・NISA含み損に耐える会 Part.2

    とはいえ、なんか同じ人がたくさん投稿しているようにも。

    中には気になるタイトルがあったので思わず見てしまいました。
    早くも「NISA含み損に耐える会」 | YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア ...」なのですが、あの「ゆかし」ですね。
    まあ、「30代、年収1,000万円クラス」ではないので我が家には関係ないですね。


    この流れでヤフー検索での「ニーサ 含み損」では、想像通りNISA含み損に耐える会が上位独占していました。
    「NISA口座で含み損を抱えたらどうなるのか」と不安になる人が多いと思われます。

    NISA口座で儲かって利益確定しても株式譲渡益は非課税ですよね。
    NISA口座で損益確定させるともちろん株式譲渡益は発生しませんが、損益繰越ができないので損切しにくい制度ですね。
    まあ、もともとNISAは損切りするような投資手法にはあわないのですが、「NISA口座の保有資産の非課税期間が終了する時に、評価損益がプラスになることを祈る」しかないですね。
    損切りしても損益繰り越しができないから損切りせずに耐えて耐えて、やれやれ売りしそう。


    私も「含み損」には、苦しめられてきました。
    だんだんと麻痺してどうでもよくなってきた部分もありますが、やはり含み損は気持ちがいいものではありません。
    ただ含み損を全く抱えずに投資を続けていくこと自体無理な話です。
    予想以上の含み損を抱えた時の不安は、実際に大きな含み損を抱えたという経験により、麻痺していきますね。

      
      

    関連記事
  • はてなブックマーク - 評価損益・含み損益・評価損・含み損と「含み損を耐える会」って何
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。