ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  労働の流動性
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    労働の流動性

    あまりテレビは見ない方なのですが、今年の目標としてネット利用時間を減らしていることもあって、テレビを見始めています。
    雇用問題について、いろいろ勉強していきたいので見ています。

    韓国の雇用問題についての番組がありましたが、以前の通貨危機の時にIMFから労働の流動性を受け入れさせられたそうです。
    そして、今、正規雇用と非正規雇用の割合が1:1くらいって言ってたと思います。
    今は、当時の危機より深刻という人もおられました…。


    日本もそうなっていくのかを考えると、そうなっていくだろうと思います。
    労働の流動性ってのは、必要な時に必要な間だけ労働ということです。逆に言えば、必要なくなればいつでも切られるということです。
    雇用者から見れば合理的です。
    国際競争時代には、そしてこれだけ浮き沈みの激しい時代では、生き残るために必要だという風になっても、なかなか反論できません。
    一体どのくらいまで、正規雇用の割合が減らされるのかは全く予想できません。


    日本では、業種によっては正社員の道はあるようです。慢性的に人材が不足している状況のようです。
    正社員と言っても名ばかりってこともありますが、不況だからこそ人材を確保しようとする動きもあるのに関わらず、なかなか埋まっていかないようです。

    いただいたコメントにも書かれていますが、

    >製造派遣は、ほとんどが毎日同じ仕事、休みも固定です。
    >そういうのが良いと思っている人の今人材が不足している業界への就職シフトとというのはメディアが言うほど簡単では有りません。


    これはホントにそのようです。
    日雇い派遣の特集の番組でも、このことを直接言及するシーンはありませんでしたが、就職シフトって簡単ではなさそうな印象をうけました。

    労働問題、雇用問題はあまりにいろんなことが絡みすぎて、簡単には解決しません。
    働かない人や楽をしたい人は別として、一生懸命フルタイムで働いても生活できないという時代がこの日本に来るとは思いませんでした。

    うさみみがこの機会に労働問題をしっかり勉強しようと思ったのは、自分自身について考えているだけでなく、妻のこともあります。。。そして、一番気にしているのは、娘達のことです。
    10年先。。。親としてどんなアドバイスができるのか。
    とにかく若者には厳しい時代です。。。本当のスキルってなんだろうかってこと、考えていきたいと思います。
    関連記事
  • はてなブックマーク - 労働の流動性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    こんばんは

    >慢性的に人材がしてきているからです。

    「人材が」のあとに「不足」か何か抜けていますか?



    私も就職活動をするときに正直働いたらといってちゃんと食べていけるとは限らないということについてはかなり考えました。

    また、世界標準としてはある意味それも仕方ないという思いもありました。

    ただし、日本の場合は物価が世界標準と比べて高すぎます。

    たとえばオーストラリアのお米を自由に輸入するだけでもワーキングプアの人たちが少なくとも食事だけは困らなくてすむと思うんですよね。

    あるいは生活保護も財源問題で支給額を減らすのではなく安い外国産の食料を現物支給するのはどうかとも思います。

    物価が海外並みに安ければ時給800円の非正規雇用でもまぁまぁ豊かに暮らせる気がします。

    Re:労働の流動性(01/27)

    >製造派遣は、ほとんどが毎日同じ仕事、休みも固定です。

    >そういうのが良いと思っている人の今人材が不足している業界への就職シフトとというのはメディアが言うほど簡単では有りません。



    その通りだと思います。

    仕事ならなんでもいいわけではないのですよ。

    例えば土・日・祝日が休日だった方が

    不規則な休日、深夜の労働など、もし転職されても

    やりたい仕事でなければ、凄いストレスを感じてしまうと思います。



    生活という面でも、最近、私自身が2ヵ所で生活している事もあるのかもしれませんが、住まいの場所によってかかってくる費用が、かなり違うような感じを受けます。物価が下がってきたからなのか、東北だからリーズナブルなのかは疑問ですが・・・。

    異常

    >一生懸命フルタイムで働いても生活できないという時代がこの日本に来るとは思いませんでした。



    この状況は、やはり異常だと思います。世界レベルの問題なのか、日本レベルの問題なのかは、よく分かりませんが、異常であることは間違いがないと思います。



    Re:こんばんは(01/27)

    Falgonさん



    >「人材が」のあとに「不足」か何か抜けていますか?



    ありがとうございます。ご指摘の通りです。修正しました(^^♪





    >私も就職活動をするときに正直働いたらといってちゃんと食べていけるとは限らないということについてはかなり考えました。



    そういう思いで就活をされていたんですね。

    ほんと世界での競争という時代ですよね。それだけパイが少ないというか、経済規模が大きくなりすぎたというか。

    そういった反動の調整が今なのでしょう。



    新たな雇用を生み出す政策が必要なんだろうと思います。

    甘い考えかもしれませんが、一生懸命働く人がフルで働けばなんとか生活が成り立つようになってほしいです。生活するには収入が入って始まるので、その起点が崩れ始めています。

    崩れるのは仕方がないとして、再構築されることを切に願います。



    時給800円では、年収150万円程度で、生涯賃金が6000万円程度です。独りが家賃を払わなくてよい環境で慎ましやかに暮らすことはできるかもしれません。

    一方で、子供を1人育てるのに2500万円くらいかかるので、全く成り立たないです。家族で済むための家賃すら払えないです。

    物価が下がるのがいいのか、給料があがるのがいいのか分かりませんが、物価が上がるのであれば給料が上がるということでなければ、「やる気」が失せてしまうと思うんです。40年ってのは相当長いですし。



    いろんな考え方があると思うのですが、働いて収入を得るということが起点であり、そこを自分がどう取り組んでいくのかそれぞれが問われいると思うんです(^^♪

    Re[1]:労働の流動性(01/27)

    kirara28さん



    ライフワークのバランスが大切ということですね。

    kirara28さんのブログでAかBってのがありましたが、どちらの年収にも満たないうさみみは正直回答をとまどいました(笑)



    確かに仕事ならなんでもいいわけではないのですが、生きていくために必要な、家族を養うために必要な給料があってこそなのかなって思います。



    選択の余地がないというのが悲しい時代です。人生の選択の幅を広げることが、そのためにがんばることを大切にしてきたし、これからもそうありたいです(^^♪

    Re:異常(01/27)

    のっぽ187さん



    やはり異常ですね。もしくは想像を超えたというべきでしょうか。

    想像できなかったのは日本が豊かだったからなのかもしれないなとも思います。



    世界ではそれが当たり前であったのかも。。。少なくともそれが当たり前の時代は続くだろうと。



    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。