ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  自分にあった仕事という考え方って?
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    自分にあった仕事という考え方って?

    今年に入って仕事について取り上げています。
    このブログでは、人生設計を5つの要素でとらえています。
    仕事というのは「収入を増やす」にあたるわけですが、やはり人生設計の中核といえます。

    5つの要素.gif




    これほど仕事について意識しないわけには行かない状況は初めてですね。
    知り合いの一部上場企業の正社員は、残業がなくなるだけでなく、週1日休まなければならなくなったとのことです。
    それでなくても生活ギリギリで、そんな状態が続くと家を手放さなければならないかもしれません……。

    失業、給与カット、福利厚生の切捨てなど程度が違えどリストラの時代の中で、仕事からの収入を当たり前に考えて備えていなかった人ほど、大変な状況に置かれる。。。このことがこれから社会の表面に出てくることになるでしょう。

    収入がある程度なければ、人生設計をたてることもままならなくなります。
    良い時代に蓄えるという「支出のコントロール」の技術というのは、不景気だから大切なのではなく、景気の良い時ほど大切であると思います。



    このブログでは、前回「仕事のスキルって何なのでしょうか?」ということを取り上げました。
    たくさんのコメントをいただきありがとうございます。

    世の中にはいろんな仕事があるわけですが、それぞれ求めらているものが違います。
    で、ここ10年の世の中の風潮の中で、すごく気になることがあります。

    それは、
    ●自分にあった仕事が見つからない
    ということを言う人が相当増えて、むしろそういう考え方をしている人の方が多いのではないかと感じてきました。

    そして、 これからの仕事の悩み で書いたことに関連しますが、試験制度があるところだけの話かもしれませんが、
    ●管理職になりたくないから試験を受けない人が多い(責任あるポジションに立ちたくない)
    という状況で、受けない人の方が多いようです。

    うさみみ自身、受ける受けないで迷いました。
    やはり責任と仕事内容が根本的に変わるわけですから迷いました。
    うさみみとしては、自然な流れに任せて、必要とされているのであればやってみようと思い受験しました。
    (現在は、1次試験を突破し、これから最後の試験です。)

    前向きに挑戦しようと決断したとたん、やる気というか今まで迷って凍り付いていた部分が溶け出したような感覚になっています。こういう気持ちってのは生きていく上で大切な気がしています。


    うさみみのことはちょっとおいといて、
    ●自分にあった仕事がみつからない
    ●責任あるポジションにつきたくない
    という考え方というのは、どこから来るのでしょうか?

    考えてみると、「自由」に対する考え方が変わってきたことと、「選択肢が多様化」したことと、「グローバル競争」の中で高度経済成長期には成長の影でまあいいやんって部分が許されなくなったこと。。。などがあげられると思います。


    「自分にあった仕事が見つからない」というのは、こういう分野に進みたいから頑張るってのは当然のことなのですから、自分がやりたい分野に目を向けて進んでいる中で「自分にあっていない」と考えていることになります。

    そもそも自己啓発など努力をしていないのは問題外ですので論外としても、何かちょっとおかしいなって思います。


    はたして、「仕事が自分に合わせてくれる」という考え方。。。は正しいのでしょうか?
    塾に行って教わるような感覚で物事を見ているような気がします。
    「自由」には「義務」がついてまわることも忘れていないかとも感じます。


    仕事は、基本的には社会のニーズがあるから成立すると考えれば、自分を社会や会社のニーズに合わせていくことが本来のような気がします。。。その中で自分で許容できないことはあるかもしれません。

    人間ですからいろんな考え方があってよいと思います。
    ただ、その考え方や行動により因果応報を原則に自分に跳ね返ってくることは間違いないことだと思います。

    「仕事のスキルって何なのでしょうか?」とか「自分にあった仕事とは?」という問いを自分なりに考えるということは、大切なことだと思います。
    仕事からの収入が人生を大きく左右することを考えると、特に考えたことがないって人は、考えている人に比べて差が付いても仕方がないかもしれません。





    関連記事
  • はてなブックマーク - 自分にあった仕事という考え方って?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re:自分にあった仕事という考え方って?(02/15)

    仕事というテーマは難しいですよね。

    最近の不動産の中古物件の中には

    仕事の関係で仕方なく売却されたのではと思えるような物件も実際にありますね(本当の売却の実情はわかりませんが)

    自分自身、仕事というテーマは本当難しいなって思います。上場企業勤務だから安定しているという構図は崩れていますね・・・。

    私の周囲でも大変な状況の方が増えてきてます。

    昇進の最終試験応援してます☆

    Re[1]:自分にあった仕事という考え方って?(02/15)

    kiraraさん



    >仕事というテーマは難しいですよね。



    はい、このテーマを取り上げている管理人は、(言葉を相当選んだ上で)批判を受ける覚悟で書いていると思います。非常に重いテーマであり、それだけに本来重要なテーマですね。

    うさみみも甘んじて受けるつもりです。





    そうですよね。過去の構図は既に崩れている、もしくは崩れることがはっきりしてきている状況ですよね。





    >私の周囲でも大変な状況の方が増えてきてます。



    ですね。それが現実です…。



    ありがとうございます。試験がんばります(^^♪

    これで自分が必要とされているのかどうかがはっきりわかることになります。

    Re:自分にあった仕事という考え方って?(02/15)

    今晩は、難しいテーマを取り上げていますね。

    yamaneは今小さなチームを引っ張っています。部署に同じようなチームリーダーが4人います。次のポジションはこの4人のうちの1人が選ばれます(外部から来る可能性もあります)。そんな状況下で読んだ本に「ピーターの法則」と言うのがありました。自分の能力と次のポジションで必要とされている能力を考えさせられる本でした。

    yamane

    Re[1]:自分にあった仕事という考え方って?(02/15)

    morinoyamaneさん



    リーダーという体験がないので、次のポジションで必要とされる能力ってのがなかなかイメージできないでいます。

    見ていれば大体分かる感じなんですが、やはり立場が人を作るという面もあり、内面も含めるとどうなんだろうかと。



    4人のリーダーのうちの1人ですか。そのままの部署で上に上がれるのがいいですね。

    右も左もわかんないところで引っ張っていけといわれたら辛いななんて思います。



    「ピーターの法則」って、「人々はあるヒエラルキー(階層社会)のなかで、昇進していくうちに、いつか無能レベルに到達する傾向がある」ってことだと書かれているサイトがありました。

    能力向上?

    自分に合うかどうかは、まずしばらく経験してみて、その工夫をしてからの結論であれば、わかりますが、初めから合わないというのは食わず嫌いなのかも。

    あう仕事とは、つらいことがない仕事という意味なのでしょうか?

    基本的に能力向上には、ある意味能力の筋トレが必要なので、筋肉痛を伴うものです。それを越えると視界が変わったりするのですが、その経験がない、もしくは途中でやめる経験のみであれば、やったことのない仕事はつらい思いだけが残ることになるでしょう。

    基本的に人間(生物)は、保守的にできているので変化を好むようになるのは難しいのかもしれません。

    Re:能力向上?(02/15)

    まるまるまるたさん



    ここで書いた「自分にあった仕事」というのは、会社が自分にあわせれくれる。。。つまり、自分にとって自分は努力しなくても楽で美味しい仕事。。。仕事が自分に合わせてくれるという考え方にもとづいた自分にあった仕事という意味合いを書きたかったのですが、読み返すと分かりにくいですね。反省です。



    おっしゃるとおり、できるだけ食わず嫌いをせずに経験してみることは大事なことなんだと思います。





    >基本的に人間(生物)は、保守的にできているので変化を好むようになるのは難しいのかもしれません。



    そうですね。そんな中で、うさみみの場合は、いまのままでとどまることの方が苦痛だという気持ちの方が勝ったのだと思います。あと20年同じことだけするのより、しんどくてもマネージメントをやってみようかと。



    試験を受けない友達が言ってました。最後まで駆け抜けられるのなら、試験を受けるのもいいかなって。

    そういう気持ち分かるんです。だから迷ったわけで。

    その人は来年資格を得るので考える時間があります。言ってることはうさみみが1年前に言ってたこと概ね似ています。その彼が来年、決断期限を目前に控えるとどうなるのか興味を持っています。

    Re:自分にあった仕事という考え方って?(02/15)

    あのう、すみません。

    仕事とは、人々を笑顔にする楽しいツールだと思うのですが、、

    Re[1]:自分にあった仕事という考え方って?(02/15)

    ラフさん



    >仕事とは、人々を笑顔にする楽しいツールだと思うのですが、



    そういう側面もあると思います。みんながそうだといいですね(^^♪



    仕事に関しては、いろんな角度からどんなことも言えるので、自分がどう思うかを大切にしていくのがいいんじゃないでしょうか。



    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。