ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  生活防衛資金と余裕資金[2009-16]
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    生活防衛資金と余裕資金[2009-16]

    前回の日記「生活防衛資金を考える[2009-15]」では、生活防衛資金は2年分で足りるんだろうかなんて素朴な疑問を書きました。

    いただいたコメントでは、
    ●10年分確保してもとても安心できない
    ●こどもの教育費を考えると2年分で足りない
    ということで、うさみみも同感です。


    10年分確保しようとも安心できないのはそうだと思います。
    一生生活できる資産を手にしなければ完全な安心はないと思います。

    生活防衛資金を考える場合、「何年分確保したら安心か?」という視点で考えてもあまり意味が無いって事になるんでしょうね。

    危機管理として、失職しても○年くらいは安心して暮らしていけるだけの資産を持ちましょう。。。仕事探しは生活を心配しながらではつらい。。。というのが生活防衛資金の考え方です。
    この世界同時不況を前提に考えると、それなりの蓄えがないとしんどいなってのが実感ですね。

    将来、娘には今回の世界同時不況が○年くらい続いたからってことを話してあげたいと思います。
    ですので、前回書いたように、ここで一般論として何年確保すべきかは書かないで置こうと思います。



    「こどもの教育費を考えると2年分では足りない」については、これは当然です。
    親となった人しか関係ないことなのかもしれませんが、人生設計と生活防衛資金は密接な関係にあります。非常に大切な話です。


    うさみみの考え方は、アセットアロケーションを決めよう(2008)シリーズでまとめた、
    余裕資金と生活防衛資金を検討する(その1)[2008-5]
    余裕資金と生活防衛資金を検討する(その2)[2008-6]
    余裕資金の考え方のまとめについて[2008-7]
    を基本にしています。

    当時検討した結果を、今、読み返すと、投資を増やしたかったんだなと感じました。
    現実にはこの考え方で投資をしていないので、正直、助かったと思っています。
    そうであれば、今、もっと悲惨なことになっていることでしょう。


    今は、
    ●「2年分の基本生活費」+「こどもの教育費」+「α(秘密)」についてはリスクを取らない
    という元々の考え方で良いと思っています。
    生活防衛資金という言葉は使わず、これら全体を「余裕資金」といういい方をしています。

    もっとも、この考え方も今ではあまり意味はありません。
    新規投資をしないわけですから、これから蓄えるのは全て安全資産。。。つまり、こういう考え方自体、だんだんと必要がなくなっていくはずです。

    ということで、「こどもの教育費はリスクを取らない」のが基本的な考え方です。
    しかしながら、教育費をためないと投資をしないというのでは、それはそれで偏った考え方だと思います。
    「教育費を貯蓄する>投資」を基本に無理なく、投資していくのがいいのではと思います。


    こうした考え方は、うさみみが貯蓄をメインにしてある程度資産ができてから投資を始めた、いわば年を取ってから投資を始めたから可能となったことです。

    うさみみが若いときは投資のコストが高すぎでしたが、今は手数料が大きく引き下げられています。だから投資をはじめることができました。


    もし、若いときから投資を始めたいと思ったら?

    生活防衛資金として2年分の生活費を貯めないと投資ができない。
    こどもの教育費をある程度ためないと投資ができない。
    そういう考え方に触れた時、きっと拒絶するだろうなと思います。

    しかし、難しい問題です。
    2年分の生活費くらいの資産(ストック)がないのに投資をするというのは、上で書いたように、ただでさえ「人は欲望に酔い易い」ということを考えると…ホントに難しい問題です。

    将来の貯蓄力(フロー)を頼りに投資をすることと、ストックをベースに投資をするというのは、かなり大きな違いがあると思うからです。

    生活の土台をつくるための貯蓄力が絶対に必要です。
    貯蓄をおろそかにして投資で何とかしようという考え方は、絶対、娘達には教えません。

    仮に資産形成初期でも、「貯蓄をメインに、少し投資をする」という道を歩む時に、どのようなことを注意すべきかということは、いくつかのブログを参考に経過を見て行きたいと思います。
    非常に繊細な運用が求められると思います。




    関連記事
  • はてなブックマーク - 生活防衛資金と余裕資金[2009-16]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。