ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  2012年06月
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • すごいな私立に行かせている人

     
    最近は、飲み会が増えてなかなか大変です。
    それにしても私とほぼ同年代の人の話を聞いていると、3人中3人が子どもを私立中学に行かせているということ。
    たまたまではあるでしょうけど、みなさんの教育熱心さには頭が下がります。

    おこづかいがキツイという人もいて大変そうではありますけど、メリハリのある家計支出でもあるのかなと思ったり。
    私の娘は、公立高校を目指してくれていて、併願で私立にいってもいいという感じなので親孝行ですよね。

    奥さんに財布をあずけると給料日前になくなってしまうので、自分が家計を握っているという人もいれば、お小遣いを絞られていると嘆く人もいます。
    また共働きの人はどちらが多く家計の為に支出しているかで口論にもなるそうな。


    我が家の話はあまり興味を持ってもらえそうもないので、聞かれない限り話しませんでしたけど、いろんな話を聞けて面白かったです。


      
    スポンサーサイト
  • はてなブックマーク - すごいな私立に行かせている人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    関電の計画停電対象外は本当か?

     
    関西電力が計画停電について発表しましたね。
    自分の家が計画停電になること自体は不便だけど仕方がないと思えるんですが、仕事先で停電すると致命的になるところがあると大変なことです。

    「万が一の備えとしての計画停電の準備について」に関電の計画停電の概要が書かれています。

    ■期間   7月2日(月)~9月7日(金)
    ■時間帯  8:30~21:00
    ■停電時間 原則、各グループ1日につき1つの時間帯(2時間程度)

    計画停電をするかどうかの確定情報は2時間前ということです。


    2時間前に計画停電があると分かって対策が出来る所はいいですが、私のところはお手上げだなと思いつつ、部下に対策を検討し、関電のホームページからお客様番号で計画停電がある区域かどうか、あるのならどのグループか分かるので調べるように指示をだしました。

    計画停電があるかどうかが調べられます⇒関西電力計画停電検索システム


    結果は、「お客様の区域は計画停電を行いません」でした。
    計画停電の区域の方には申し訳ないですが、「助かった。」というのが本音です。
    本当かどうか関電にも問い合わせてくれたようですが、オペレーターがマニュアルを一生懸命読んでいるだけでいまいちあやしさが残るとのことでした。


    そして我が家に帰り、自分の家を調べてみると、なんと自宅も「お客様の区域は計画停電を行いません」でした。
    うーん、周りに医療機関とかあったかなと思いつつ、なんもないんだけどなと。

    これ本当に正しいのか不安になりました。
    だれが調べても「お客様の区域は計画停電を行いません」ではないだろうかと。


    我が家が計画停電になるのはかまいません。
    妻の感覚はそんな感じです。
    でも、事業所とかはそんなわけにはいかないですよね。やはり、厳しいです。
     
    関西にお住まいのみなさんはどうでしたか? 
      
    計画停電があるかどうかが調べられます⇒関西電力計画停電検索システム

     
  • はてなブックマーク - 関電の計画停電対象外は本当か?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    目標となる貯金率を考えてみた

     
    サブブログエントリー「公的年金にたよらない貯金目標額はいくら 」をUPしました。

    最近とにかくエントリーを書きあげる余裕がなく、随分前に書きためていた分なのです。
    修正記事ばかりだとだめなので、ここらで新しい風をと思ってUPしました。

    私の場合、計画も何もなしで資産形成はやれることを積み重ねて結果的にそれなりのレールに乗っていたという感じで、あとから人生設計とかマネープランを考えているので、修正するとしても計画の上方修正ばかりでした。
    でも本当は、計画を元に行動していくのが合理的なんだろうなと思います。
    私みたいに、ただやみくもにやってきて、結果箸にも棒にもかからなければ大変な事になります。
    私の場合はただ結果オーライなだけで。

    それでも私はざくっとした考え方を考える事が大好きで、プランとは言えないまでもイメージとしてこんな感じかなみたいなものを持ってきたと言えます。
    要するに、レベルが低くても考える事に意味があるのだろうと思います。


    上記のエントリーは、かつて私がざくっと考えた思考を少しデータを織り交ぜて表現してみました。
    ブログだから丁寧に書くし、エントリーにするには時間がかかりますが、頭の中では割と直ぐに答えがでてきます。
    ですので大した話ではありません。
    こういう考えが読んでいただいた人にとって正解かどうかはわかりませんけど、そんな考え方もあるのかな程度におもっていただければありがたいです。

     
  • はてなブックマーク - 目標となる貯金率を考えてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    IPO モブキャスト当選

     
    ひさびさにIPOの当選をいただきました。
    「モブキャスト 100株当選」
    ありがとうございます。

    上場日は26日(火)です。
    楽しみです。

     
  • はてなブックマーク - IPO モブキャスト当選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    円で評価するのを止めるのも一つの手かも

     
    エントリー「心のリスク許容度のホントのところ」に対してツイッターでいただいたアドバイスをそのままタイトルにしてみました。

    私は、資産を把握するのに、これまで円ベースで記録をつけてきました。
    多くの人は円ベースで考えていることだと思います。

    「円で評価するのを止めるのも一つの手かも」というアイデアは、例えばドル換算して評価してみようということかと思います。
    これは投資をやっている人なら、ほとんどの人が一度は考えた事があると思います。

    円で評価すると資産が減ってしまっているけど、ドルで評価すればむしろ上がっているとか減り具合が少なくなるということもありえます。

    円で評価すると資産が減るケースは、円高株安という環境で見られがちです。
    この状況でドルで評価したらなら、銀行に貯金している円がドルベースでは高く評価されることになります。
    投資をすれば資産変動に悩まされますが、投資をしなくても見る視点を変えれば、評価がかわります。


    「円で評価するのを止めるのも一つの手かも」という言葉には、別の角度から見れば違う風景が見えますよという意味がこめられていると思いますが、この点について同意です。

    そのことを認識したうえで、私は資産変動の記録は「円評価1本」で続けてきました。
    「円で評価するのを止めるのも一つの手かも」の言葉通り、本当に円評価をやめてしまえば、マネープランを検討することもままならなくなってしまいます。
    そう考えると「心のリスク許容度対策」に絞れば有効かもしれないですけど、そのために見えなくなる部分もあるんだろうなと思います。
    どちらにせよ、円ベースの見方では大損こいていることには変わりがない状況であるので、最終的にはそこで気になるのかならないのかということだと思います。


    「富裕層」をアメリカで考えると一般的には「100万ドル」になります。
    日本で考えると、「1億円」でしょうか。
    今は「100万ドル=約8000万円」だし「1億円=125万ドル」です。
    1ドル120円時代は、「100万ドル=120万円」で「1億円=約83万ドル」でした。
    資産評価なんてほんとどうとでも言えるんですよね。

    だから、円評価だけにこだわる必要がないんだと思います。
    「1億円」を「100万ドル」に目標を変えると随分ゴールが近くなりますね。
     
     
  • はてなブックマーク - 円で評価するのを止めるのも一つの手かも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    心のリスク許容度のホントのところ

     
    リスク許容度を考える上での注意点」では、心のリスク許容度にも少し触れました。


    「心のリスク許容度」というのは私が勝手にそう呼んでいるだけで、計算上(机上)では耐えると思っても実際嵐の渦の中に入っていくと、いつまで続くか分からない状況の中で、平静でいられない状況になることがあるということです。

    「平静でいられないこと」は情けないとしか言いようがありませんが、その人の感じ方の問題なのでどうしようもありません。
    為替が気になって仕方ないという状況は、机上で計算できません。

    為替がどうなろうと、株価がどうなろうと、投資をしたことにより生活に影響を与えるというのは、あまりいいこととはいえません。
    「平静でいられないこと」というのは、別に心が病むとかそういうことではなく、そこまで行ってしまうのであればあまりに見込みが甘すぎです。


    私の場合は、資産全体の含み損より、FXが原因だったりします。
    それなりに安全に証拠金を積んでいても、一瞬でも大暴落してロスカットされないかみたいな恐怖感がありました。
    はやくFXから他の資産に移したいものです。


    心のリスク許容度では、自分以外の家族の反応も影響してきます。
    含み損が膨らんでくると家族の反応が厳しいものになります。
    投資をやっている側はむしろチャンスという感覚ですが、成果がでるのは数年は先の話で、投資すればするほど含み損が拡大していく状況下では、家族の機嫌も悪くなってしまいます。
    特に我が家のようにオープンな家庭では、妻はもちろん、子どもからも厳しい言葉を浴びせられます。

    娘に「投資をしていなかったらDSのソフト1000本は買えたのに」と言われたらどう感じますか?
    そうした環境が何年かは続くのが、リスク許容度を考える備えるべき状況なんです。

    「投資に理解のない家族というだけじゃん」と片づけられそうですけど、そうした状況にならないと分からないことであり、他人ごとと笑えない状況が来るかもしれません。


    いずれにせよ、リスクを取って投資をするということはそういうことです。
    だからこそ、「心のリスク許容度」というのも視点の一つとして見ていくのはありだと思います。

    そうした大嵐は、逆に投資のチャンスです。
    だからこそ、できるだけ心穏やかにいられるようなリスクのとり方を考えていく必要があるんだと思います。
     
     
  • はてなブックマーク - 心のリスク許容度のホントのところ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    気にし過ぎて自分でしんどくしてしまう癖

        
    私の癖は「気にし過ぎ」だと思っています。
    基本的に気が弱いんです。

    最近、休日に仕事が多くてなかなか休まらない上に、娘の模擬試験につきなうなどなかなかハードな毎日を過ごしています。
    こういう時こそ自己管理が重要なのですが、仕事のことを考えてしまうんです。
    しかもどうにもならないだろうことに頭を悩ませているという全くアホなことなんです。

    「どうにもならないし、どうにでもなれ」と思える時と、それが頭で分かっていても思いめぐらしてしまう時があって、今は後者の流れです。
    自分でもアホやなと思います。

    というよりこういうネタしか書けないのが病的かな。


    そうそう、全然関係ないけど、「宇宙戦艦ヤマト2199」って復刻版みたいなのがあるんですね。
    まだ2話ほどしか動画で見れなかったんですけど、なんか懐かしくなって昔の「宇宙戦艦ヤマト」を動画で全部見ました。
    テレビでみたのは子どもの頃で、見逃していたのもあったな。

    「宇宙戦艦ヤマト2」と「宇宙戦艦ヤマト3」も見ていきたいですね。
    あまり3は記憶にないので、楽しみです。
    って、動画あるのかな。
     
     
  • はてなブックマーク - 気にし過ぎて自分でしんどくしてしまう癖
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    架空請求詐欺の手口と子どもへの対応

     
    ブログ村経由でFPベンゴシさんのサイト『弁護士兼FPのお金と健康に関する「気づき」の話。』を覗きました。
    管理人さんはFPと弁護士という肩書をお持ちのようで、興味を持って読み進めていると「110万に感染!!アダルトサイトの架空請求・ウイルス感染で、大きな被害」 というエントリーが目にとまりました。

    ■身に覚えがあっても「払わない」「連絡しない」
    ■後払いの請求は、詐欺だという前提で見る(「お金を払う」「連絡する」は最悪の方法)
    ■脅迫的な請求は、消費者センターと警察に相談を
    ■子供には「見るな」と言わず、「相談しろ」と伝えよう
     ワンクリック詐欺・架空請求詐欺の被害者は、中学生・高校生などが多い。
     アダルトサイトやゲームサイトに興味があって、無料だと思ってアクセスしてしまうためだ。
     この手のサイトを見るなと禁止するのは、逆効果になることが多い。
     子供が「見るなと言われたのに、見てしまって請求が来た。どうしよう」と萎縮してしまうためだ。
     見るなと禁止するのではなく、「こんな危険性があるので見ないのがベター」「もし変な請求が来たら、怒らないから相談してね」と子供に言うのがベストだ。
    ※FPB注:見ることは避けられない。そのときに見るなと言っても無意味。見ること前提に,対策を教えること



    私が注目したのは、『子供には「見るな」と言わず、「相談しろ」と伝えよう』です。
    これは盲点だったなと感激しました。
    私は「こういうサイトには行ったらダメ」としか娘達に言ってなかったなと反省しました。

     



  • はてなブックマーク - 架空請求詐欺の手口と子どもへの対応
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    2012年5月末時点の投資成績

     
    2012年の5月は、Sell in May らしい下落でしたね。
    お陰さまで投資成績も大幅に下がりました。


    <2012年5月のリスク資産の成績>
    ■5月の損益   -1,484,917円
    ■年初来損益    +891,253円



    私の投資成績なんてのは、為替が円高になればこうなるものです。
    3年ほど前だとマイナス100万円となると心穏やかではないですけど、今はどうでもいい感しか感じなくなっています。

    円高と言っても連日テレビでワーワー言ってるわけでもないので、まだまだ下落していくのでしょう。
    為替的にはもうひと押しだろうし、株の方は持ちこたえるか底が抜けるかでしょうか。
    例年だとどのみち夏頃からが注目になるんでしょうね。
    1年のサイクルでいえば夏から秋にかけて買ったのを、春前に売るという感じでしょうか。

    春に割と売ったので、買付ける資金はあります。
    この流れだとどこかから買付スタートする時期がくるのでしょうけど、どの水準になったらとかは今は考えていません。
    ここから反転して上げて行ったとしても別にかまいません。

    とにかく大きく大きく下げた時に買えるようには準備しています。
    私のすることはそれだけです。
    株がさがっていないので、とりあえず香港ドルだけを買おうかとは考えています。
      
  • はてなブックマーク - 2012年5月末時点の投資成績
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。