ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  2012年05月
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 癒しのローズマリーの使い方と効能(シューキーパー、リンス、お風呂)

     
    とても育てやすいハーブの定番といえば「ローズマリー」だと思います。
    友人からもらったローズマリーの枝をプランターに挿して水をやれば比較的簡単に根がついて株ができるし、栽培も簡単ですよね。
    プランターで十分出来ますので、自宅でガーデニングとしてされている方も多いと思います。

    小さい子どもと一緒に何かを作るというのは楽しい事です。
    作るだけでなく実用性もあるものだと子どもの心にも残しますしね。
    娘が小さい頃にいろいろ試したローズマリーの使い方をご紹介していきます。




    <ローズマリーのシューキーパー>


    ローズマリーの先端の部分を挟みでチョキンと切ります。
    プランターでも写真のように枝が茂るので剪定気分で伸びすぎた枝を切っていきます。

       ローズマリーー1

    切った枝を紙箱などに入れて、風通しの良い日陰で陰干しします。
    乾燥しすると写真のような色になり、とてもいい香りがします。

       ローズマリーー2


    幼稚園の頃のうさ姫が、この乾燥させていたローズマリーを使ってシューキーパーを作りました。
    ローズマリーのシューキーパーの作り方はいたって簡単で、適度な大きさのお茶パックに乾燥したローズマリーをいれるだけです。
    (写真はローズマリー15gです。)
    ローズマリーを入れる時の香りがたまりませんね。

       ローズマリーー3

    ローズマリーシューキーパーの使い方は、靴の中にいれるだけです。
    ローズマリーには、「抗菌、消臭作用」がありますので、シューキーパーにぴったりですね。




    <ローズマリーでにおい袋>


    ローズマリーのにおい袋づくりも楽しい作業でした。
    こちらは姉のみみ姫が中心に作りました。

       ローズマリーー4

    乾燥したローズマリーをすりつぶします。
    すりつぶすといい匂いをちょっと通り越した強烈な香りになりますね。
    あとはハギレを縫い合わせて袋状にし、乾燥したローズマリーを詰め込んで、漏れないように縫い合わせるだけです。
    綺麗な縫い目も特に必要ないので、最初の針仕事してはいいと思います。

    【ローズマリーの効果】
    ・リラックス、頭スッキリ効果、心身の疲労回復
    ・殺菌、消臭
    ・血行促進
    ・美肌、お肌を引き締める、肌や髪をつややかにする


    布越しにローズマリーの心地よい香りが癒しになります。




    <ローズマリーのリンス>


    私は、ローズマリーリンスを作ってみました。

       ローズマリーー5


    フレッシュのローズマリーを米酢に漬けてみました。
    時々ゆらしながら、15日ほど寝かしました。
    その結果、髪がつややかになりますが、酢の匂いが残っていました。
    はっきりいってしまえば、お勧めできません。




    <ローズマリーハーブバス>


    最後に、ローズマリーハーブバスを楽しみました。

    【ローズマリーハーブバス】
    ■フレッシュなローズマリーを、10分ほど煮出しまします。
    ■ろ過して、そのまま浴槽に入れました。

    色はうっすら黄緑色でしたが、なぜか香はあまりしませんでした。
    肌がつるつるした感じになりました。
    お風呂から上がっても、あったかい感じなので、血行がよくなってるのかもしれません。


    幼稚園時代の娘達と協力して作ったのが、こんなに盛り上がるとは思いませんでした。
    多分、以前に「におい袋」を作ってあげた記憶が残っていたんでしょうね。
    その「におい袋」を作った時に、娘達が大事にしていたぬいぐるみが、「みみちゃん」と「うさくん」だったことがWeb上の娘達の名前での由来であり、「うさみみ」の名前の由来になっています。
    ローズマリーを見るたびにそのことを思い出し、おもわず心の中で笑ってしまいます。

          



    上記のようなハーブバスはなかなか大変ですけど、エッセンシャルオイル(アロマオイル)をバスタブに数滴垂らすだけで、手軽にハーブバスが楽しめます。

       


    (関連するエントリー)送料無料のアロマオイル ラベンダー・ローズマリー(エッセンシャルオイル)






    このエントリーは、2008年4月26日にUPしたエントリーを修正しています。
      
      
    スポンサーサイト
  • はてなブックマーク - 癒しのローズマリーの使い方と効能(シューキーパー、リンス、お風呂)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    子育て費用の平均と内訳はいくら?

      
    人生の3大出費と言われているのは、「住居費(住宅ローン、家賃)」、「子育て費用(こどもの教育費)」、「老後の生活費」です。
    このうち子どもがいる家庭に避けて通れないのが、子育て費用でありこどもの教育費ですね。
    さてこどもを大学卒業まで進学させる場合、一体どのくらいのお金が必要なのでしょうか。

    img37b01bacth9vj3.jpg
    (記事の出典:2006.7.2朝日新聞3面より)


    財団法人「こども未来財団」が、妊娠してから大学卒業までの費用を推計しています。
    (データ元)財団法人「こども未来財団」子育て家庭の経済状況に関する調査研究

    これを見ると子どもが中学生になると子どもの教育費が増えていくことが分かります。
    この教育費のピークは当然大学生の時になりますが、多くの家庭では親が40代か50代前半でむかえるのではないでしょうか。
    30代は、こうした子育て費用を蓄える最後のチャンスと言えそうですね。



    <子育て費用の総額は>


    この調査によると、子育て費用の総額は平均で2,370万円となっています。
    うちは娘二人なので、4,740万円が必要となるということですから、かなりの額です。

    「えっ、そんなにかかるの?」と思われませんでしたか。
    子どもの教育費は約1000万円という話をよく聞きますが、その倍以上です。
    ここには子どもの生活費も含まれているということです。
    ですから、子どもの教育費として準備しておくのはもっと少なくていいということですね。

    子どもの教育費が本格的にかかるのは高校生以降なので、まだまだ先だと油断していると、その時になって結構慌てるそうです。
    入学金とかまとまって出ていくお金が半端でないということのようです。
    あわてないように事前の準備が必要です。
    子どもが産まれて15年間準備する期間があるわけですから、時間は十分にあります。




    <いくら準備しておくか>


    子育て費用の2370万円のうち、生活費とレジャー費は、普段の家庭生活の家計の中からでていますので、ほとんど意識する事はないですね。
    逆に言えば、その上で将来の教育費を貯めていく必要があるわけです。

    塾代は、小学校で月2.2万円、中学で4.8万円、高校2.8万円となっています。

    中学の塾代が高校のより多いのは不思議ですね。
    それにしてもみなさんかなりお金かけすぎている印象です。
    塾代などに月4.8万円というのはすごく高いと感じます。

    うちの娘達は塾にはいかず進研ゼミ中学講座で学習しています。
    通信教育もそれなりにお金がかかりますが、対象科目で考えると塾よりはだいぶ安い気がします。

    (関連するエントリー)
    進研ゼミ中学講座の体験記(口コミ、評判など)


    お金をかけないのがいいというわけではありませんが、大切な事は「将来と今の教育費のバランス」であり、「住宅費」や「老後の生活費」とのバランスです。
    幼児教育や小学校、中学校で教育費をつぎ込み過ぎると後が続かないということがないようにしないといけません。

    こどもの生活費を除き、教育費のみを見てみると、「全て公立で837万円、小中高は公立で1,184万円、小学校以外私立で1,539万円」となっています。
    我が家の場合は、2人分として約2,500万円を準備して置くつもりです。


    子育ての先輩方の話を聞いても、高校生から大学生にかけてはとても大変だとみなさんおっしゃっています。
    こどもの小さいうちが、貯金のチャンスです。





    このエントリーは、2011年9月6日にUPした記事を修正しています。
    このエントリーは、2009年10月7日にUPした記事を修正しています。

     
  • はてなブックマーク - 子育て費用の平均と内訳はいくら?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    「仕事やめたい」の検索がばれる(30歳代、40歳代)

     
    最近よく書いている仕事関係のエントリーを読んでくれている人がいるのを知って、改めて仕事について考えてみたいなと思っています。
    なんて言い訳してますけど、要するに仕事のことが気になっているというか、プレッシャーになっているということです。
    私にはブログを書くのがストレス解消法の1つだと分かっているので、書きたくなるということはそういうことでしょう。

    ブログエントリーを整理していると、「ネットのない生活で考えたこと〜仕事編」が目にとまりました。
    4年前のエントリーですね。

    ・「生きるって、心が大事だな」
    ・温泉につかりながら、どうかんがえても仕事してなきゃ家族生きていけないよねって考えてました。
    ・プールのウオータースライダーを笑顔でいっしょにすべれるのも仕事してるからだとかね。
    ・まあ、こういうあたりまえのことを考えるってのも悪くないなって。

    まあ、そういうことです。


    仕事を考える時、「仕事を続ける、やめる」の二者択一みないな思考になることがないのは、そういうことです。
    家族がいるから、生活していかなければならないから、今よりいい就職先がないからということです。
    そこに私の心があるわけではなく、だからこそ「生きるって、心が大事だな」ってことになるんですね。


    なんて前置きはこのくらいにしてタイトルの『「仕事やめたい」の検索がばれる』なんですが、だれにばれたかと言うと次女のうさ姫です。
    彼女は非常に周りが見えている娘で、とにかく鋭いんです。
    まあ、自分が見えているかどうかはわかりませんが。


    うさ姫に「仕事やめたいんか」と問われました。
    私は「やめたい気持ちもあるな」と答えました。
    娘は、検索履歴から「仕事やめたいのか?」という心配にたどり着いたようです。

    みなさん、検索キーワードには注意ですよ。
    心が読まれてしまいますよ。
    このブログのチェックされてるのかもしれないとさえ思います。
    おそろしや、うさ姫さん。


    「仕事辞めたい時もある」というのは間違いないです。
    「仕事が面白い」というのも間違いではないです。
    責任、メンバー、人間関係にもよります。
    時として気持ちが同じではありません。
    だから、「仕事やめたいな」と思う時もありますが、そう頻繁ではありません。
    そんな感じで娘には伝えておきました。

    彼女が心配しているのは、楽しい部活動ができなくなるのではというところでしょうけど、文句を言う割に気を使う娘なのでいろいろ思う所もあるんだろうな。

       
  • はてなブックマーク - 「仕事やめたい」の検索がばれる(30歳代、40歳代)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    社会人に要求されるレベルが一気に上がる時

     
     
    中部大学の武田先生の講演を以前聞いた事があります。
    本当に面白く喋っててくれる人だなという印象でした。

    人生の落とし穴:::35才脳死説・・・寂しく昼食を採る人たち」を読んでみたのですけど、私にはかなり共感できる内容でした。


    大学を出て就職した直後は、平社員で上司の命令通り動けば良いのですから、楽なものです。
    大学で習ったことなどほとんど役に立ちません。
    常識の範囲で立派に仕事をすることが出来ます。
    ところが、永久に平社員であることは希で、30才を少し過ぎた頃に、課長や店長など責任ある立場に立ちます。
    コンビニエンスストアーなら、それまで「ハイ!」と「笑顔」で良かったのに、「何が売れるか?」を的確に判断しないとダメになります。
    工場では生産設備を、研究では学力が、そして営業では人付き合い、見通しなどが求められます。


    30代後半あたりから40代前半はまさにこうした変化のピークといえそうです。
    私もちょうどその渦の中心にいるという感じです。

    責任の度合いが一気に増すのは、想像しているより過酷な気がします。
    部下である時は最終的には上司がケツを拭いてくれるわけですけど、逃げられない立場になればそうもいきません。

    確かに「ダメだ」と思ってその苦痛から逃れるように全力を尽くすことになりそうです。
    それも生き残る技術の1つかもしれないとも思います。
    でも信頼される事はないんですよね。
    ああはなりたくないと思っていた人に自分もなるといことです。

    もし、やがて来るジャンプ・・・平社員から課長へ・・・の時のために準備を怠っていなければ、彼の人生は生き生きと活気に満ちたものになるでしょう。


    こうありたいと思いますが、用意周到な準備は難しいなと思います。
    「立場が人を作る」という言葉があるように、その立場にならないと分からない事がたくさんあります。
    どんな立場になるとも、生き生きといければいいのですけどね。

    私などは、なんとか逃げずに踏ん張るというのが精一杯です。
    逃げれば何倍にもなって帰ってくることが多いです。
    毅然と判断するとか、とにかくつっこめみたいな気持ちも持っていないとやってられない場面が極端に多くなってきます。

    あまり頑張りすぎてか、それとも、逃げられなくてか、心を壊す人がすごく増えています。
    中には命を落とす人もいたし、それを見てショックを受けた仲間もいます。
    そうするとそういう立場になりたくないと思うのも無理はありません。
     


    「逃げずに立ち向かう力」そして「時には上手く逃げる力」(下手な逃げ方は逆効果)が大切になってくるのかなと思います。

    いやいや、そうではなく35歳脳死でいいでしょという生き方もありかもしれません。
    それも自己責任で選ぶ道です。
    そうではない道を選ぶのであれば、心の準備が大切だと思います。
    まあ、一言で言えば「開き直れ」ということでしょうか。
     
    とにかくリタイアが可能な資産形成レベルに速く達したいものです。
    でも、下の娘が大学を卒業するまでのあと10年は少なくとも逃れられないわけですから、開き直っていきたいと思います。
     
      
  • はてなブックマーク - 社会人に要求されるレベルが一気に上がる時
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : ブログ
    ジャンル : ブログ

    お金がないと運動部は続かない

     
    中学生の親になれば、経験する可能性があることなのですが、今時の運動部というのは結構お金がかかるようです。
    私も運動部だったのでユニフォーム、シューズなどの道具は当然としても、そんなにかかるものかなと思ったんですけどかなりかかるようです。

    試合の送迎バス代なんて結構な金額で頭割しても1回数千円となり、試合に勝てば勝つほどかかります。
    近場でも車で送迎などかなり大変なんだとか。
    私の仕事も休日出勤がメチャメチャ多いので、妻に負担をかけるなと…。


    子どもの部活でお金の話をするのはどうかと思いますが、あえて言わせていただくとすると、お金がなければやめざるを得ないという家庭も出てくるということです。

    不景気で節約がキーワードともいうべきご時世で、食費を削る家庭もあると言うのに、子どもの送迎にかなりのコストがかかるとなるとやはり大変です。
    我が家は一応そうした部活を含めて教育費の貯蓄が終わっているので、部活を続けられないと言う事はありません。

    でも、娘がお小遣いを半分に減らしてよいと、真顔で私に言ってくるのを見て、妻がお金がかかることを口に出しているんだと思いました。
    黙っている必要はないし、我が家はお金に関してオープンなので隠す必要もないとはいえ、娘に気を使わせているんだと思いました。
    逆にいえば、お小遣いを減らされても、部活が楽しいと言うことですので、めちゃめちゃうれしいですね。


    ローコスト生活に慣れ親しんでいる家庭や節約しようと奮闘している家庭において、ブランドの道具や必要なモノを一式そろえるのは何万円もの出費となるので、金銭感覚的に結構出費がかさむなと感じてしまいます。
    そのために、貯めてきたはずなんですけど、いざ払うとなるとそう感じるものなんですね。

    実際、1年生→2年生→3年生と人数が減ってくるのは、お金の関係と送迎の労力だともいえなくはないんですね。
    3年生の親の話を聞くとそう思えてなりません。

    私の子どもの頃は、子ども達だけで自転車で隊列を組んで行ったりしてたし、遠征でも電車にのってバスに乗って引率の先生がいた記憶が定かではないくらいいいかげんなものでした。
    今は、親の責任なのですね。
        
     
  • はてなブックマーク - お金がないと運動部は続かない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    ニュースで言うほど下げているわけではない

     
    5月に入って落ち着くかと思った仕事は、全然落ち着かず、めまぐるしい毎日を送っています。
    残業や休日出勤だけでいえば、過去のある時期よりはまだましですけど、代休を取っていても結局出勤せざるを得なくて休みもままなりません。

    いきなり大きな壁が3つもあらわれて休む気分ではないと言うと、部下が気にせず休めと言ってくれました。
    そういうことを気にする人ほど体を壊すのだと。
    もっともな話だなと思いました。
    結局、仕事にいったんですけどね。

    まあ、おかげで壁の1つはクリアできたので気分的にすごく楽になりました。
    明日は久し振りの休みで、体を休める事が出来るし、気分的に楽になったので良しとしましょう。



    さて、TVをつけてたまたま報道ステーションがうつり、フェイスブックの上場で時価総額8兆円というニュースをやっていました。
    そうなんだと見ていると、欧州不安で大幅は株安と言っていました。
    普通のニュースで取り上げられるというのが私のアンテナですので、どれほど安値になってきるか期待してみたのですけど、案外まだまだなんだなと思いました。

      ■三井住友TAM-外国株式インデックスe
    fg_64313104.gif

    「三井住友TAM-外国株式インデックスe」のチャートですけど、全然高値です。
    証券口座もみましたけどまだプラスだし。

    やはり連日のように、どこでも経済不安がニュースに出ない日はないという感じでないと、お買い得とは言えないんだなと思いました。
    為替なんかはだいぶ円高になってきた感があったのですけど、海外株はまだまだなんですね。
       
     
  • はてなブックマーク - ニュースで言うほど下げているわけではない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    ますますいくらで生活しているか分からなくなってきた

     
    我が家の生活費は一体いくらなのだろうか」では、我が家の生活費が分からなくなりつつあるという話をしましたが、最近その傾向は増すばかりです。

    家計簿をつけている方に「単に貯蓄をするだけなら家計簿は必要ありませんし、生活費がいくらかを知らなくても貯められる」と書いていただいたことで、私の場合は家計管理というより、貯金管理という方が馴染むんだなと思いました。

    家計管理については、比較的ローコスト生活ではあるとは思うけど、数字で言えるだけの現状把握はできていないので優秀なのか普通なのかいまいちわかりません。
    そもそも我が家には、他の家計と比較するという考え方が薄いのでマイペースそのものです。


    我が家では「将来資金計画」というタイトルを勝手につけた、毎月末の金融資産総額を記入する表がありまして、そこには貯蓄計画額という欄があります。
    だいたいボーナス月に計画と現況の補正をするのですが、下方修正はしたことがありません。

    将来資金計画はゆるく作っているので、必然的に上方修正になります。
    さかのぼって眺めていると、1年間で300万円上方修正を2回した年がありました。
    なんでかなと考えていると投資で調子が良かった年でした。

    今は、計画については投資の損益を補正するようにしています。
    投資の損益が▼100万円ならば、「現有金融資産-貯蓄計画額=計画との差し引き(=▼100万円)」に補正していますので、投資の影響は基本的に反映しないように目標管理をしています。
    現実は、投資がマイナスのうちは、計画より下回っているという状態ではありますが、投資の変動で一喜一憂する事があまりにバカらしく感じたのでそうしています。

    すると上方修正というのは、貯金が増えたという構図になるはずなんです。
    それで目標管理しているので、それが支出総額のコントロールに寄与しているということです。
    少額の支出増は分かりませんけど、大きく使いすぎれば分かるはずというのが理屈なんですけど、最近ますます分かりにくくなっています。

    支出は明らかに増えています。実感として。
    でも上方修正の度合いは変わりません。
    収入も増えているかもしれません。
    金利収入が入ってきても、いちいちそれがいくらなのか差し引きするのもめんどうだし、そもそも妻もこの口座は貴重してないので足してないなんて感じなので、誤差も大きい時があります。
    それでも上方修正できてるうちは、今のままのらりくらりいくんだろうな。 


    ボーナス付ではないのに、4ヶ月で40万円くらい計画より上回っています。
    月10万円の差になります。
    この感じだと、10万円×12=120万円がよーわからんわけで、ローコスト生活がんばったからという実感があればいいんですけど、むしろ教育費なんかははっきりと出費が増えてきているはずなんです。
    と言う感じで、ますますいくらで生活しているか分からなくなってきています。

    でも、そこは気にしていないという感覚で…これって一般的には現状把握ができてない貯まらない家計の典型なんですよね。

        
  • はてなブックマーク - ますますいくらで生活しているか分からなくなってきた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    sell in Mayでしょうか

       
    ドル円が80円割れとなり、株価が大幅下落というニュースをテレビでみました。
    第一感は、「5月らしいな」でした。

    株価が大幅下落と言っても、香港H株指数もまだ10000pですし、NYダウに至っては12800pと高値な気がします。
    暴落を期待している人にとっては、まだ入り口にも入っていないという感じでしょうか。

    連日のようにテレビにニュースが流れるというのをアンテナにしているので、まだまだということをチャートを見て確認しておくにとどまります。

    頭の体操としては、いくらか売った分が投資資金としてあので、海外株購入にあてるつもりです。
    最近の香港株が相対的に弱い気がしているので、香港ドルに交換することと、先進国海外株式のインデックスファンドを少額づつ購入していく感じでいくつもりです。

      

  • はてなブックマーク - sell in Mayでしょうか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    標準偏差の分かりやすい伝え方

     
    リスク許容度を考える上での注意点」で標準偏差の話を書きました。

    かえるさんのエントリー「標準偏差の2σが伝えにくい」に答えを見出しました。

     年金運用の場で使われている日本株式のリスク<22.15%>・リターン<4.8%>となっていますので、例えば日本株式の年間の損失範囲は、
     1σ(約68%の確率)→ 4.8-1×22.15=-17.35%
     2σ(約95%の確率)→ 4.8-2×22.15=-39.50%の範囲で収まりそう。
     という使われ方をします。

    -40%と言いますと、1990年と2008年、2回記録しています。 95.45%の確率で収まると言っても案外あるものです。
    「ほぼ無い」と勘違させてしまうのは非常に困りますので、個人的には1σを基準に考えています。
    どう言ったイメージかと言いますと、

    毎年1σ変動する可能性があります。
    ただし、さらにもう1σ以上変動する可能性が30%以上あります。という感じなんです。
    リスクとリターンが正規分布ではないという考え方もありますし、自分の中で95.45%(2σ)が一人歩きしないように気を付けています。


    人に分かりやすく変な誤解を招かないように伝えられるように意識するといろんな見方ができるようになるんだなと感心しました。
    「標準偏差の±2σ」をどう伝えるのかの、すばりの答えをここに見ました。
    正直に言って、投資ブログを読んでこんなに感動したのは久し振りです。

    かえるさんのお仕事柄、すごく苦労されて行きついた言葉なんだと思います。
    専門用語でグニョグニョと言って伝えた気になっているのではなく、相手にわかりやすく伝える努力が大切なんだなと思いました。

    「標準偏差の±3σ」に至っては、±2σからさらにもう1σ以上変動する可能性が4%ほどあるということですよね。
    そして「3σ(約99%の確率)→ 4.8-3×22.15=-61.65%の範囲で収まりそう。」ということです。


    ちなみにリーマンショックにおける日経平均株価の動きを見てみます。

    日経ー1

    2008年10月の日経平均株価は、7000円を割り込みましたよね。
    その1年前の2007年10月の日経平均株価は、17000円でした。
    17000円⇒7000円(-58.8%)
    -3σ位になりますね。

    2007年6月の日経平均株価は、18300円でしたから、そこからだと-61.8%になります。
    ちょうど-3σですね。
    天国から地獄にたたき落とされるとはまさにこういうことですかね。

    標準偏差は、2008年といった1年間で計算されることが多いので、こういう風に言いたい事に都合のいい切り取りはよくないことかもしれません。
    でも、実際体験したことを標準偏差で捉えるには必要な振り返りではないかと思います。
     
        
  • はてなブックマーク - 標準偏差の分かりやすい伝え方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    重いパソコンからやや脱出

     
    ゴールデンウイークは2日間だけ仕事で、田舎に1日間そしてあとは家でゴロゴロしていました。
    お庭で鉢の植えかえをした以外は、録画していたビデオを見る毎日でした。
    そのうち半日はパソコンと格闘していたのです。

    3月くらいからパソコンがすごく重たくなっていました。
    イライラが募ってはいたものの放置していたら、突然電源が落ちるのが繰り返し起こってあせりました。
    パソコンに詳しくないのでイライラしながら、パソコンを軽くする方法を探しつつためしていました。

    もう1台パソコンがあったので、幸い調べながら作業が出来たのですが、時々電源が勝手に落ちる状態が続いていました。
    その原因は、パソコンが重いというより、パソコンの使い過ぎで温度が上がったことも影響しているのではないかと思いました。
    なんせ、電気代を考えてシャットダウンせずにスリープさせていたのでパソコンに休む間がなかった可能性が高そうな気がするので、今はシャットダウンさせるようにしています。


    「エアロの無効化」
    「仮装メモリーを増やす」
    「IEのキャッシュのクリア」
    「常駐機能の無効化」

    実際やった作業はこれだけですけど、以前よりは動きが良くなったと思います。
    「ヤフー」「オールアバウト」のページは、相変わらず動きが凄く遅いですけど、それでも全般的に動きが軽くなった気がします。
    何が一番効果があったのかは私にはわかりません。

    とにかく下の娘が進研ゼミを始めてパソコンを良く使うようになったあたりから極端に動きが遅くなったので、いろいろダウンロードしたことが原因なのかな。
    とにかく常駐ソフトがびっくりするほどたくさんだったので、これを解除したのが一番効果が高かったような気がします。
    電源つけてからの立ち上がりが早くなりましたしね。
     
      
  • はてなブックマーク - 重いパソコンからやや脱出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    面白い検索キーワード(2012年4月編)


    まとめブログの4月のアクセス解析から、面白いなと思ったと思ったキーワードとその方が訪問されたエントリーを見ていきます。


    ■目標と40歳になる私はこれからどうする→5年先の資産形成と人生設計の目標を持て(20代、30代、40代)
    ■40歳社会人なのに責任が持てない→上記に同じ

    あまり人気のあるエントリーではないですが、私の経験が詰まったエントリーです。
    「目標と40歳になる私はこれからどうする」というような文書的な検索を私はしたことがないのですが、何が検索したいのかはっきりわかるのが面白いです。
    40歳はいろんな意味でターニングポイントですし、いい目標を持って新たなステージを歩んで欲しいですね。

    「40歳社会人なのに責任が持てない」ですか。
    無理に責任持つ必要はないし、持たないといけないと思い込む必要も思います。
    立場が人を作るという言葉がありますし、責任を負わなくていい立場でいられるならむしろラッキィだと思うなあ。
    ただ責任逃れをしていると自覚しているのなら、それは経験上かえって状況を悪化させることになりがちです。
    気をつけなはれや!


    ■中学生を持つ親の貯金額→子育て費用のシュミレーション

    こういうキーワード検索で、人気2位のエントリーにつながるんですね。
    中学生になるとこれから子どもにお金がかかるぞという臨戦モードに入ってくるので貯金額がきになりますよね。
    そうそう、本当はシミュレーションが正しんだけどね。あえて間違ったまま修正しないでいます。


    ■家計簿ブログ 高校生→子どもの教育費負担の実態は?(高校・大学にかかる費用の平均)

    高校生という言葉にドキドキしつつ、家計簿ブログでどこに訪問してくれたのかと思いきや、教育費のエントリーでした。
    我が娘も来年は志望校で高校生になって欲しいな。しみじみ(^^♪


    ■嫌なことからすぐ逃げ出すタイプのこども→嫌がる子どもの習い事(塾・英語・運動など)

    親なら絶対に悩む事ですよね。
    親の心配をよそに逃げたり、ぶつかったりしながら子どもは成長していくものです。
    しばらくは見守ることがポインとでしょうか。
    あまりに極端な行動が続くときはそれなりに手を打つべきでしょうが。


    ■弁当とパソコンが入るかばん →ELECOM お弁当とパソコンが入るビジネスバック(激安、PC用)

    この系統の検索がポチポチあります。
    愛妻弁当を入れるためだよね。幸せ者だね。


    ■人生 設計 背負う 健康 借金 仕事 結婚→トップページ

    欲張りな検索だな、どのページに訪問したんだろうなと思いきや、なんとTOPページでしたか。
    確かに人生そのものの検索ですよね。
    「背負う」ってのが気になります。


    ■可能性の低いことを心配してくよくよ悩む→ 「心配症」と上手に付き合う方法

    そういう時期ってありますよね。良く分かります。
    でも、そういうことを悩める余裕があると言う時期でもあります。
    エントリーがお役にたてると良いのですが。


    ■ローン ファイナンシャル 資産形成 エクセル シミュレーション →人生設計・キャッシュフロー表のエクセルでの作成方法

    すごい。是非、エクセル自作して欲しいです。


    ■何のために家計簿をつけますか?→家計簿をつけるメリットを考える

    こういう問い好きですね。
    いろいろ考えるきっかけにして欲しいです。


    ■一戸建てを買うと生活が快適になるか? →戸建て住宅を買うという決断

    この問いの答えは買ってみないとわかりません。
    でも買ったら後戻りはできません。
    家とはそういう買い物です。


    ■1千万円貯まったらどうする→20代、30代の資産額(貯蓄額)は?

    このキーワードでなぜこのエントリーに繋がるのがが意外でした。
    1000万円にこだわったエントリーをいくつか書いているのにな…。
    「1千万円貯まったらどうする」の答えは、もう少し頑張って貯金すると、見えてくる世界が変わってきますと言うのが私なりの答えです。


    ■交際費私せこいんです →貯金がもたらすゆとりとは


    人生のある時期の季節風邪みないなものです。
    交際費に意味があるのかを自問している証拠であり、それで得るものと失うものがあるわけですから、いつか交際費が大切だと思う日もくるんじゃないかな。


    ■収入減の中塾に行かせる必要がある?→教育費の貯蓄(貯め時)と家庭教育

    教育費はかけようと思えば際限がないので、どのくらいならの意思決定が難しい面がありますね。
    必要性を言えば、そもそも塾に行く必要性はないわけです。
    我が家は行かせてないですし。
    教育費は持続力も大切で、塾代にお金がかかりすぎて、将来の学校に行くお金が不足すれば本末転倒ですし、無理をすれば親の老後にも響いてきます。
    将来も意識して判断していくのがいいと思います。


    ■教育費が足らなくてつらい →生活防衛資金と余裕資金[2009-16]

    うむむ…親として悲痛な叫びです。
    私もこれからが教育費がかかりはじめるので、経験がなくよいアイデアは持っていません。


    ■Tバックをはく40代主婦→40代、50代の資産額(貯蓄額)は?

    な、な、何故このキーワードで…このエントリーにつながるのか??
    こういうネタも必要なのか。



    4月は7652の検索キーワードと出会う事が出来ました。
    面白いなと思ったキーワードをご紹介しましたが、中には悲痛なキーワードもいくつかありました。
    人それぞれ悩みがあり私のサイトではお役にたてそうもありませんが、別のサイトでいいヒントが見つかるといいですね。


    検索上位は「携帯水没」「子育て費用」「家計簿診断」「40歳平均年収」「家計管理バランスシート」「基礎英語2」「書きやすいボールペンランキング」「宇宙芋」「平均年金額」「洗面台水漏れ」「上手な貯金の仕方」「人生設計シート」などです。
    やはりお金にまつわるキーワードが多いですね。

     
  • はてなブックマーク - 面白い検索キーワード(2012年4月編)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。