ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  2011年06月
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • いつまで買い続けるか

     

    5月中旬くらいにドル円が下がったという報道から、外貨MMFの買付けし、6月からは海外株式インデックスファンドを購入していました。

    ドルベースでのNYダウは決して安くなくやや株安という感じだけど、円高によりお買い得感があったわけですが、海外株高になり、円高もゆるんできています。
    いつ買い付けをやめるのか判断しないといけません。

    それでチャートを調べてみました。
    チャートのURLをメモしておきます。


    (MSCI コクサイ・インデックス のチャート)
    http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=MXKO%3AIND

    【投信:81318104】CMAM海外株式インデックスe

    http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=81318104&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130,m260&a=v,r


    z.gif

    6月初めは26週平均移動線を下にブレークするあたりであり、RSI(14)は40を下にブレイクするあたり。
    現在は、RSI(14)が急上昇中であり、そろそろ割安感もなくなりつつある。
    26週平均移動線までは、まだもう少しありそう。

    とりあえず、今週中は買い付けを続け、基準価格9500を目安にやめようかと思います。


    買付けを始める時は、テレビニュース報道で伝えられる(かなりの株安や円高でないとニュースにならない)ところがスタートで手間いらずだけど、一旦買い付けを始めると、注文と週に何回かは市場チェックをするので手間がかかります。

    ただ、毎日買付けるのは手間ですが、結構下がったから増やそうかとか悩まなくていいので気楽です。

     




    スポンサーサイト
  • はてなブックマーク - いつまで買い続けるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • サラリーマンのおこづかい 4万円でも少ない?

     
    サラリーマンのおこづかいの話題が多いのでソースは何かなと思ったら、少し前にあつまろさんの「サラリーマンの平均小遣いは4万円也」で紹介されてたのを思い出しました。

    ソースは同じ新生銀行の調査で、今回は詳細版なのかも。

    あつまろさんのエントリーのコメントを見ていると、「4万円を多いと感じるのは、少数派に属す」というカルチャーショックを受けたんですよね。

    どこまでおこづかいに含まれるのかとかちゃんと見る方がいいなと思っていたので、この資料をしっかり読んでみたいと思っています。

    それにしても、4万円が平均36500円となったわけですが、カルチャーショックはかわらない。

     







  • はてなブックマーク - サラリーマンのおこづかい 4万円でも少ない?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 「1000万円の感じ方の変化」へ追記

     

    少し間が空いてしまいましたが、サブブログの「1000万円の感じ方の変化 」に、「投資における1000万円」と「投資とパートナー」を追記しました。

    1000万円に無理やりこだわって、いろいろ書いてきました。

    「金融資産」、「支出」、「投資」に関する金銭感覚の変化は、人生において移り変わっていく部分があるのではと思っています。
    明確な境目なんてあるわけではないですが、後になって、あの時と今は違うなと思う事があります。

    他の方もきっとあるんだろうな。
    だけど、みんな感覚が違うから、境目も違うだろうし、境目も後から分かるんだろうな。


    「1000万円は通過点」
    現代の人生設計においては、1000万円というのはさほど重要な境目ではないかもしれません。
    人生の絵を描くには、「1000万円は通過点だったな」と思います。

     




  • はてなブックマーク - 「1000万円の感じ方の変化」へ追記
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • IPOデジタルメディアプロ(3562)上場

    今日は、デジタルメディアプロの上場日です。
    そのために有給を取りましたっていうのは嘘で、今日は用事があって休んでいます。

    用事とは別に、朝はブログで「図鑑作り」をしています。
    写真の加工には時間がかかります。めんどくささとの戦いです。
    図鑑の構成も考えつつ、試行錯誤です。
    まずは、50のコンテンツを作り上げることを今年の目標にしたいですね。


    さて、デジタルメディアは成行きで売り注文を出しています。
    ほっといてもいいのですが、気になるので、久々に板を覗いています。


    ■9:00 24.0万円  売168,500:買446,800(1:2.7)
      買い優勢なので一安心

    ■9:10 25.2万円  売240,900:買518,000(1:2.1)
      売り買い共に注文数が増えた

    ■9:20 26.4万円  売276,200:買566,500(1:2.0)
      寄り付きは早そうな感じですね。ちょっと残念。


    数年前のIPOの盛り上がりとはうってかわって、さみしい時代です。
    当時はなんでも抽選参加していたけど、今は期待できる分だけしか参加してないので、当然当選も減ってしまっています。
    そもそも参加者が減っているので競争率は低くなっている?かも。

    そうこうしているうちに、買い板がちょっと厚くなってきた?


    ■9:30 27.6万円  売295,400:買593,800(1:2)
    ■9:40 28.8万円  売325,900:買578,200(1:1.7)


    板を見に行くと、ちょうど寄りました。
    寄る直前が見たかったな。まあいいけど。

    初値は9:53に3,050ということで、30.5万円でした。
    セカンダリーは上昇して始まったようです。
    セカンダリーの方がいてこそなので、ありがとうございました。

    早朝は曇っていたけど、今は快晴。青空です。
    うさ姫は晴れ女ですね。うさみみは雨男のレッテルを張られてます。
     
  • はてなブックマーク - IPOデジタルメディアプロ(3562)上場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    プチショック

     

    「うさみみさん、ボーナスからの天引き貯金減らしてくれないと、支給できません」なんて言われ、減らしたのですが、それってボーナスそこそこ減ってるってことだよね。

    はは、なんか苦笑いというか、バツが悪いというか。

    それにしても金利低迷で預け先がないのが困りものだな。




  • はてなブックマーク - プチショック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 我が家でお金の使い方が上手い?人は誰か

     

    妻とお金の使い方についてよく話しています。
    ここ数年来の懸案というほどではないけど、関心事の1つです。


    ところで、子どもの頃、動物とかキャラクターのおまけシールってありましたよね。
    子どもの頃、ああいうシールってどうしてました?


    我が家は、うさみみと妻とみみ姫(長女)は貯める方で、うさ姫は割と使う方でした。

    「もったいない」という僕たち夫婦の価値観を受け継いだのが長女であり、受け継がなかったのが次女でした。
    「割と使う方」と書いたのは、早々に使ってしまう感じでもなく、使うときはスパッと使い、まだ使ってない姉ちゃんをうらやむことはなかったという感じです。


    大きくなってお小遣いを割と使うのもうさ姫です。
    姉のみみ姫は、お小遣い減らしてくれてもいいと言った事すらあるある意味つわものです。
    成長段階における、時期的な部分もあるのですが、感覚が違うのも事実だと思います。


    さて、どちらがいいのかはケースバイケースといえそうですが、最近特に思うのは、うさ姫のお金の使い方は結構いいんじゃないかということです。
    娘に学ぶ必要があると感じています。

    うさ姫はパンパン使って貯金がないということではなく、たまに一緒に買い物に行くと、そんな無駄なモノは買うなとうさみみがいつも怒られています。
    まあ、無駄とは思わないのですが、要するに自分の価値観がはっきりしていて、余分なモノにお金を出さないという意味合いだと理解しています。
    一方で、訳の変わらん事にもお金を使うこともありますが、観察していると最近はいいお金の使い方をしてるなと思うんですね。

    姉の方は、お金の使い方はあまり実践していないので、貯金はできてもちょっと心配です。
    かくいう我々親がそういうタイプなので、人生の教訓的に心配な面があるということです。


    我々3人は、次女から学ばなければいけないようです。




  • はてなブックマーク - 我が家でお金の使い方が上手い?人は誰か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ストック中心志向の資産形成

     

    1000万円の感じ方について、「様々な問いかけを自分にしてみること」に意味を感じた方と感じなかった人がいると思います。
    1000万円に特にこだわりはないのですが、分かりやすい単位だということで感じ方の変化を自分なりにとらえていくには良いのかなと思いました。
    感じ方は、将来変わっていくものだと思います。

    1000万円の感じ方の変化 」については、「金融資産のにおける1000万円」、「支出における1000万円」に「投資における1000万円」を書き加えます。
    金融資産、支出、投資というと、「資産形成の5つの要素と公式 」に書いた「資産形成の公式」を構成する重要な要素です。
    ある程度長い期間の積み重ねが必要でそれを「Σ(しぐま)」で表現しています。
    これは1年とか1か月といった短い単位における各フローの積み重ねによりストックが増えていくことを表現しているつもりです。

    「ストックを増やしていくという意識を中心とした資産形成」は、資産形成では王道の1つのようです。


    一方で、将来の為にある程度はストックの蓄積が必要なので、ストックを増やす意識はある程度持っているけれども、日頃からお金を使いながらの資産形成もあろうかと思います。
    現在の収入の中から、将来に使うお金と現在に使うお金を分けた場合、うさみみ家のように前者が多い人は「お金をあまり使わずに楽しむ術を追求してきた」だろうし、後者は「お金という道具の使い方をより多くの選択肢から選んでいける」という意味で、それでなおかつ将来の展望を持てるのなら理想的なバランスだと言えそうです。

    前者と後者のどちらが幸せを感じるかには、当面は大きな差はないように思います。
    長い人生でみれば、バランスの問題だとも言えそうですね。


    貯金に励んでいる人に対し、お金を使わないから充実感がないのではと決めつけるのは早計で、自分と違う世界を開拓して楽しみを見出している人もいるんだと考えるのがいいのではないかと思います。

    逆に、支出が多めの人に対し、それでは将来に不安が残るのではと決めつけるのも早計で、最も効率のよいバランスなのかもしれませんし、お金を使う量が多ければ選択肢も増えるということなので、より充実した現在をおくっているのかもしれません。

    なにが最適なのかは、将来どうなるか分からない以上、貯金が多すぎたり、少なすぎたりすることは当然のように起こります。
    ここ数年は、もう少しお金を使ってきてもよかったなと思い始めてきたところです。
    そう思って、お金を使おうと思っても、そう簡単には支出は増えないものです。
    貧乏生活が身についているので、お金のかけ方にはシビアになっているのでしょうね。


    そこで、お金をもっと使うという風に考えずに、今まで自然に抑圧してきた部分をちょっと解放し、選択肢を広げるという風に考えるようにすると、今までとはちがったお金の使い方も少しづつでてきました。
    これを上手くやっていければ、「これまで広げてきたお金をあまり使わずに工夫する楽しむ世界」を土台に、今まで(資産形成のために)無意識に制約してきた部分を解放し、より世界を広げていける幸せってのがあるんだなと感じています。

    卵が先か鶏が先かという部分では、「もっとお金を使わないともったいない」というのが先ではなく、今まで楽しんだことがなかった分野に進出していくという楽しみを先に意識して結果的にいままでより支出が増えるのがいいなと感じています。

    だから税制が変わるからこういうお金の使い方が得だとかというのは頭の片隅に置いておいて、今まで子育てで自分の時間がとれなかったけど、少しづつそこから解放されるという中で自分の世界を広げていくというイメージで上手くお金を使って行ければいいなと思います。
    行動重視ですね。


    人それぞれ人生の歩みが違うとは思いますし、将来どうなるのかはわからないので正解はないんだけど、先にある程度の土台を作っておいてから世界を広げていくのって、幅広い人生ではないかなと思ったりしています。





  • はてなブックマーク - ストック中心志向の資産形成
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 左クリックの復活


    みなさんはパソコンを使う時にマウスを使っていますか?

    実は我が家は使っていませんでした。
    パソコンの下の方にある、操作パネルを使っているので。
    ですが、今日、ちょっとした事件がありました。

    その事件を書いたエントリー「左クリックができなくなったらどうする? 」を書いた後、いつもの癖で操作パネルの左クリックを無意識にいじっていたことに気が付き唖然。

    いつのまにか、直ってる。

    はは、せっかくマウス買ったのにな。
    まあ、どちらも使える方がいいですよね。

    よかった。
    うさ姫をしかりつけなくて、ホントによかった。

     
  • はてなブックマーク - 左クリックの復活
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    中央三井−CMAM外国株式インデックスeを初注文

     

    最近は毎日海外株式インデックスを買付けていますが、以前、kenzさんから信託報酬が安いインデックスファンを紹介してもらってたのを忘れてました。

    これまで、三菱UFJ−eMAXIS先進国株式インデックス を買っていましたが、今回の注文から中央三井−CMAM外国株式インデックスe にしていきます。


    今の買付け額だといつまでも買い続けられる程度なので、とにかく下がっている間は淡々と買い付けます。
    もしナイアガラが来たときは、買い付け額を段階的に増やしていくつもりです。

    今やっている方法だと、どのくらい買い付ける事になるかは見当がつきません。
    資金効率を重視し、できるだけ投資に回している人から見るとアホだと思うと思います。

    私がすると決めた事は、「高い時は一切動かない」。
    そのために、普通のニュースですごい状況と報道されるまでは、投資のことは無視しておく。
    その代わり、そういう状態になれば、「とにかく手を出し続ける」。
    そのためには、少額づつ毎日購入する。
    さらなる下落が続けば、リスク許容度と買い続けることを踏まえて、購入額を上げる。

    少なくとも、数年は買い続ける覚悟くらいはしておく必要があります。
    そういう状況になれば、新規に投資資金を入れないという方針をぶっ壊すことになりますが、それがぶっ壊し時だと考えています。

    とにかく大暴落に手を出し続けることが一番大事にしたいことです。
    だから、結果的に数年買わない事もいとわないし、今回の買い付けも累積で大した金額にならなかったとしてもよしです。
    投資との距離をとりつつ、動く時には動くというスタイルをめざしたいです。




  • はてなブックマーク - 中央三井−CMAM外国株式インデックスeを初注文
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • IPO ディジタルメディアプロフェッショナル当選

     
    先日、23日に上場する「ディジタルメディアプロフェッショナル」が当選しました。
    いやあ、ひさびさで今年初のIPO当選です。
    評判はいいようなので、初値に期待します。

    最近は、新ブログを書き始めている事と、中短期投資と長期投資が両方動いている事もあっていそがしくしています。
    娘がPCを使うので、空いた時間にブログを書いたり、コメントの返事を書いたりしていたのですが、なかなかその時間もとれません。

    あと、ゲームを買ってしまったので、それにはまっているのもあります。
    いただいたコメントの返事が遅れていますが、落ち着いて書きたいテーマなので、時間がある時にゆっくり書かせてもらうつもりです。
     
     
  • はてなブックマーク - IPO ディジタルメディアプロフェッショナル当選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    投資とスケール

     

    1000万円にこだわって書こうと思ったので、投資については、「1000万円以上の投資を考える」を出だしにしました。

    でも、私自身のことを思っても、投資が1000万円を超えたからといって「ああ、そうか」と思ったかもしれないけど、特に感慨深いものはありません。
    金融資産が1000万円という目標を持って頑張っている人は、1000万円超えを達成感を持って迎えることでしょう。

    ここでいう金融資産は、下記エントリーのバランスシートの資産のうち、どこまで含むかは人それぞれとしても、投資資産だけでなく貯金も含んでいます。)
    (関連するエントリー)家計のバランスシートをつくろう


    資産の半分を投資に回すと考えている人なら、金融資産2000万円到達が投資額1000万円ということになります。
    資産の3分の1を投資に回すと考えている人なら、金融資産は3000万円となっていると考えられます。

    投資の金額がいくらになったのかより、総金融資産がいくらになったの方が、より感動的だと思うので、投資1000万円について直接的に何か感じることは少ないようです。

    そもそも1000万円という境目に無理がありそうです。
    800万円も1200万円もあまり感じ方がかわらないのかもしれません。


    しかし、投資額が増えていくと感じ方は、変わっていくようにも思います。

    資産を増やす事を主眼に投資している人にとっては、スケールメリットを生かす事を意識すると思います。
    投資額が大きければ、同じ期待リターン率でも、期待できるリターン額は大きくなります。

    インフレリスクから資産を守るなど資産分散を主眼に投資している人にとっても、投資額が増えればなにがしの影響があります。

    投資は、通貨円ベースで考えた時に、常に変動します。
    1000万円の投資が1200万円の時価になることもあれば、800万円の時価になることもあります。
    この変動を、何割増えたとか、何割減ったとか割合で語ることの方が多いようで、投資成績を公表している人の多くは、この割合を公表されています。

    投資額が200万円の場合、▼40%の変動で、80万円の評価損になります。
    投資額が2000万円の場合、▼40%の変動で、800万円の評価損になります。

    1年で▼40%という状況は、一生のうちで多くて両手で数えられる範囲だと思いますが、その時の投資額によって、受ける評価損額は当然変わります。

    私も投資成績を公表していますが、額表示をしています。
    リーマンショックでは、一時的に年間貯金額をはるかに超える評価損となりましたし、リーマンショック前では年間貯金額を超える評価増だったことを考えると、今の数倍の投資をすれば更に巨額な変動となります。


    投資額が増えると、特に資産変動額に関連して、感じ方が変わってくるのではと思うのですが、いかかでしょうか?




  • はてなブックマーク - 投資とスケール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 1000万円以上の投資について考える

     

    前回のエントリー「1000万円貯めたら違う世界が見られる? 」の続きです。

    これまでのあらましは「1000万円の感じ方の変化」で整理しております。


    ・1000万円単位の支出
    ・1000万円の貯蓄(金融資産)

    について改めて考えてみました。
    金銭感覚において「1000万円をどう感じる」かが、若い時から変化してきているというのが前提になっております。

    いただいたコメントでは投資に関する内容も書いていただきました。

    「1000万円以上の投資」

    投資については「金融資産がどのくらいにあったら始めてもいいか」という話題もありますが、これは後回しにして。


    「1000万円以上の投資」の段階と、「100万円くらいの投資」の段階、投資を始めたころの「10万円くらいの投資」と感じ方が変わるものでしょうか。






  • はてなブックマーク - 1000万円以上の投資について考える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 夏の旅行先とホテル

     

    今年の夏の行き先ですが、予定と違う場所になりました。
    去年は、「北海道か沖縄」の候補の中で、旭山動物園を選んで北海道に行きました。
    なので、今年は「沖縄」と勝手に妄想してましたが…。

    みみ姫の一言で、北九州になりました。
    欲のない奴と思ったのですが、それは大人の感覚かもしれませんね。

    北九州を中心にどこに行くかを先週末に検討した結果(この辺りはうさみみに任されている)、北九州まで一気に行くのはしんどいので山口で一泊かなと。
    あと、フェリーで四国なので帰省も付け加えてと。

    うさ姫が「地獄ってどこにあるの?」と聞いてきたので、別府と答えました。
    別府から四国に上陸するのもあるなんだよね。
    でも、地獄には入れないということで断念しました。
    悩みどころでした。

    やはりこれからの旅はゆったりだと思うんです。
    去年の北海道は、6泊でゆったりだろうと思ったんだけど、知床に行ったので前半ゆったり、後半は凄い移動距離になってしまったのです。
    うさ姫がちょっと車酔い状態になってしもたのです。
    北海道はやはり広いんですね。

    今回は、本当にゆったり工程で関門海峡を挟んだ範囲で5泊することに。
    前回は食事は食べられればいいという感じでしたが、今回はちょっとこだわりたいと思っています。
    といってもB級なんだけどね。

    予算的には、沖縄のつもりだったので半額以下でいけそうです。
    先日、ホテルの予約ができて、夏休みでも格安のホテルを押える事が出来ました。
    平均で1人1泊2000円弱なので、5泊4人で40000円だけ。
    家賃より安い気が…。
    ただ、大浴場がないので、温泉にいく費用がかかりそうですけどね。
     
     




  • はてなブックマーク - 夏の旅行先とホテル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 2011年5月の投資成績

     

    報告が少し遅れました。ちょっと忙しかったのです。

    <2010年5月のリスク資産の成績>
    ■5月の損益    ▼581,991円
    ■年初来損益     +318,059円


    5月は円高が進みましたので、リスク資産も目減りしたようです。
    ドル円が80円台の日は、外貨MMFを毎日少額買付していました。
    ドルMMFかユーロMMFの安くなっている方を買っていました。

    ドル円が79円台に入っているのと、株価がやや下がっていることから、6月に入り海外株式を毎日少額買付し始めました。
    外貨MMFの倍の規模です。といっても少額ですけどね。

  • はてなブックマーク - 2011年5月の投資成績
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    将来の不安を減らすためにできること

     
     
    先日いただいた質問を考えていました。

    >子ども5人(赤ちゃん〜小学生)で貯金&投資で頑張っておられる方のケース。
    >現在、数千万貯まっているが、子ども5人なので足りんって感じ。
    >年金とか、どんな風に老後生きていけばいいのかサッパリわからない。
    >誰にどんな風に相談すればいいのか...。
    >毎日やること多過ぎて、悩む暇なく過ごしちゃってるんですが、ふとした時に、考えちゃいます。


    まず、適切なアドバイスはプロではないのでできません。
    ただ、このブログで書いているのは、何をどうしたらいいかを実践しながら自分なりに考えを書いていくということです。
    適切ではないにせよ、何か書ける事はあるはずだと思いました。

    実は、こうした漠然とした不安感は、今取り組んでいる1000万円シリーズの次の展開にも関係が深いので、先々では書いていければいいなと思いました。


    数千万円の資産形成ができている人は、傍目にはすごいという印象を持つと思いますが、その人の環境によって感じ方は変わります。
    子ども5人だといずれ教育費に約5000万円とかかかってくる現実が待っているわけですから、先は長いと感じるのも無理はありません。
    「教育費をどれだけかけるのか(奨学金等)」も考えていく必要がありますが、そうしたことは自分自身で判断するしかありません。


    子どもがまだ小学生の段階で数千万円貯められているということは、貯蓄力が高いという事です。
    貯蓄力が高ければ(もしくは投資力が高ければ)、1000万円は通過点に過ぎません。
    1000万円はこの貯蓄力を測るのに分かりやすいです。
    1000万円貯めるのに5年かかれば、5000万円は25年でクリアできる可能性があります。
    1000万円貯めるのに3年かかれば、5000万円は15年でクリアでき、こうなると子どもが大学生になる18歳までにクリアできてしまいます。
    こんな感じである程度、資産形成ができている人は、積み重ねてきている人なので、こんな単純な計算もあてはまっちゃったりします。


    本題です。
    老後の生活に不安が多い人は多いと思います。
    子どもが小さいうちは貯め時なので頑張ってみて、なんとか教育費の目途をたてる事が目先の目標になりますが、その後となるとどうしていいのかわからなくなりがちです。

    教育費はいつまでにいくらが割とはっきりしているのでどんな方法でもとりあえず資産形成を進めればOKですが、老後の生活費となるとあまりに先の事過ぎて、はっきりしないことがたくさんあります。

    例えば、年金がいつからどのくらいもらえるのか想像すらできません。
    その頃の物価がどうなっているかもわかりません。
    自分の投資が思惑通りの成果をだすのかもわかりません。
    退職金出るのだろうかとか、給料が下げられるかもしれないとかいろんな不確定要素があります。

    「分からない事=不安」が、どうなっていくのかわからない不安を生み、どうなっていくのかわからないからどうしていいかわからない不安が生まれます。
    でも、それはみんな同じでしょう。年収1000万円以上の人は別でしょうけど。


    こうした不安が「どうなるか分からないこと」が発端だろうという人は、マネープランでいうキャッシュフロー表を「自分で」作る事をお勧めします。
    こうしたらいいという書き方をあまりしないようにしていますが、1000万円の壁を越え自分の今の資産形成のペースを知っている人は、いずれキャッシュフロー表を作る人が多いのではないでしょうか。
    実際やってみると、リタイアメントを考えるには必要と思える作業だったし、結果的に将来に対する不安は相当薄らぎました。


    さて、ここまで書いてきて驚愕の事実が…。
    うさみみが取り組んだ、マネープランの作成方法を書いたエントリーがみつかんね…。
    まじですか…。


    とまあ、気を取り直して、このブログでは書いた記憶があるので、そのうち整理して書きます。
    マネープランは多分、FPさんなどに頼むと作ってくれる(有料だろうけど)と思いますが、自分で作ることをお勧めします。
    というのは、資産形成にたけた人にとっては、家計の弱点を洗い出す作業ではなく、自らが未来を描くための作業になるからです。

    それにここがポイントですが、マネープランを作るためには、いろんな数字をいれていかなければいけません。
    どんな数字を入れるべきかを自分で考えるためには、それなりに学ぶ必要があります。

    教育費にいくらかかるのか。
    年金はどのくらい見込むのか。
    インフレによる影響はどう見込むのか。

    基本的にすべて「見込み」です。
    はっきりこの数字をいれればよいというアドバイスはありません。
    数字を入れるために自分なりに根拠を持ち、自分をある程度納得させる必要があります。

    「なんか難しい…」と思うでしょう。
    案ずるより産むがやすしで、とにかくやってみる事です。
    どのみちそのマネープランがある程度有効かどうかを自分で判断するのに、少なくとも3年から5年はかかるんですから。
    その間、修正していけばいいんです。

    例え年金の支給が70歳になったとしても、その影響がどの程度のものなのか、エクセルをちょちょいといじれば分かります。
    漠然と、年金の支給が遅れる…どうなるんだろ、どうしよう…とは違った反応になるはずです。

    はっきり言いますと、そんなことよりインフレの影響の方が怖いです。
    それに生活コストがあまりかからない、貯金が出来る人なのですから、強いんですよ。
    インフレとか病気とか根本を揺るがすような嵐は別にあります。


    Myマネープランをいじって遊んでいると、どんな要素がどんな影響を与えるかを知ることができます。
    マネープランをたてても未来はそのとおりにはなりませんが、だからこそ、随時修正していけばいいわけです。
    「分からないから不安」をなくすことが、マネープランを作る最大の利点だと思います。
     

     




  • はてなブックマーク - 将来の不安を減らすためにできること
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 風に吹かれて、庭で読書

     

    昨日は晴れて運動会でした。
    小学校の運動会はこれが最後かと、特別な思いで見ていました。

    家に帰ってからは、新たなブログのためにお庭で写真を撮りました。
    すると風が心地よい。
    我が家は「風の谷」にあって(勝手にそう呼んでいる)、心地いい風が吹くのです。

    気持ちがいいので椅子2脚を伸ばして半分横になり、しばらく雲を眺めていました。
    野鳥のさえずりが心地よいです。
    「風に吹かれて歩いてゆくのさ、白いくものように...」ってな歌を昔よくカラオケであったなと

    妻が借りてきた本「シンプルを極める」を読みながら、時々ボーっとしたりして、コーヒーを作って、クッキーを取り出して…と。




    1000万円の事を書くことは、私にとってちょっぴり覚悟のいることです。
    ここ1年の中で書きたかった最大のテーマで、でも実際どう書いていいかわからなかったことでした。
    自分が体験した中で一番大きな考え方というか感じ方というか、いろんな視点が詰まったものを書きたいと…。
    他の人から見ればどうでもいいことかもしれないですが、私にとっては1つの扉だったと感じています。(1000万円が扉ではないのですが)

    どんな顛末になるかわかりませんが、寄せられるコメントの1つ1つからまた新たな視点として考える事が楽しいと同時にまた混沌としてくるのを感じつつ、でも1つの区切りとしたいと思ったから。
    それはここ1年間考えていた今後の自分の人生の駒を進めるため、また1つ新しい扉を開こうとようやく思えたから。
    だから新しいブログを書くことを始めることにしました。(既に始めていますが)
    「風に吹かれて、庭で読書」もその流れの一環です。


    ブログを書く事がこんなにも自分の中で習慣化されてしまうと、次の扉を開くためにブログを書く事をやめるわけにはいかなくなってしまっています。
    ブログを書く事自体は、とてもエネルギーが要る事です。
    それだけでなく書く事で意識が特にその方向に集中してしまうのです。
    (引きづられるという感じかな)

    ブログを書く事は、自分の中ではその方向を深く探求する動機になり、掘り下げる大きな力になるのです。だから前進するにはもってこいです。


    新たな扉を開くなら、自分のエネルギーの多くをそちらに向けなければいけません。
    古いものを捨てる勇気が必要です。
    完全に捨てることもできないので、古い方はエネルギーをそれほど割くことなく続けていけるようにすればいいのではと思い、これまで書いてきた事をまとめる作業をここ1年してきました。
    そして、一つの区切りとして最大のピースを今はめようとしています。


    資産形成をやめるわけではありません。
    (このブログやサブブログをやめるわけではありません。実質、手を抜くかもしれない宣言ですが…)
    資産形成に自分のエネルギーを割く必要性が薄まってきているからこそ、将来を描けるだけのお金の裏付けに見込みがなんとかたったと思える今だからこそ、エネルギーを外へ外へと向けたいという気持ちが高まりました。


    資産形成自体にエネルギーを注ぎ込むのは本末転倒。
    しかしそれがなければ、限られた範囲でしか人生を広げられないのも事実。
    両者のバランスが大事で、後者が中心だったのが、これからははっきり前者になるだけのこと。
    その初めのステップとしての新しいブログ。
    本当はその扉を40歳で開くつもりだったけど、1年遅れになってしまいました。



    ただ、風に吹かれて、庭で読書したということだけ書くつもりだったけど。
    書いてすっきりしたいなという衝動に駆られました。
    ここまで読んでくれた方は、何が言いたいのかわからなかったと思います。
    うさみみ自身が、自分に気合を入れたかった。ただそれだけです。
     

     




  • はてなブックマーク - 風に吹かれて、庭で読書
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 年金はもはや長生き保険だな

     

    年金支給年齢引上げ検討がされてて、なんと70歳ということですか。
    すぐに70歳からにならないでしょうが、こういうアナウンスが出てくるということは、数年後はそうなる可能性が高いと考えるべきかと思いました。
    もはや男性にとっては、元すら取れない制度となっていくのだなと感じます。


    40歳前後の私なんかは、どうせいつかそうなるなら早い方がいいかなと思います。
    若い世代は、そもそも年金なんてもらえるのか?みたいな感覚を少なからず持っているのではと思いますが、今の50代後半の人は怒りを覚える人が多そうですね。
    テレビのインタビューは、最初からそういう声を取ってこいと言われているのでしょう。


    若い世代よりはるかにましな世代の人が怒ることに違和感があります。
    年金支給が65歳に延びた時でも、50代後半の先輩方はぶつくさ文句を言いまくっているかと思えば、お前らの時代は年金もらえるかどうかわからんと言い捨てられる日常でした。
    お前ら、年金の話ばかりして、自分達は年金をあてにしまくっているのに、心に思っていても若い世代にそれを言うのはどうかと。
    それでマジな返事が返ってくるはずがないじゃん。
    また、こんな話に付き合わされるのだろうなと。

    このことだけでも、あと5年すればもらえると思っていた人にとって、(目の前のニンジンを取り上げられ遠くに投げられると)怒る気持ちはわかりますけどね。
    でも、まだマシな人たちにそう言われるとね…。


    こういう話は、政府が悪い、国が悪いとなるのが通常なのですが、このブログではそういう話より、自分たちにどう影響があってどう考えていくべきか見たいな現実の話の方がにあっているのでパスします。

    いずれ支給年齢が引き上げられるだろうなとぼんやり予想はしていましたけど、いざ言われるとこんなに早くそういう話が出てくることの方に、恐怖を感じました。
    はっきりいってしまえば、年金の支給年齢より、インフレの動向の方がはるかに大きな関心事なのですが、年金は予想以上のスピードで危ないのかと印象づけられました。


    今回のアナウンスで真っ先に感じた事は、「年金はもはや長生き保険だな。しかも中途半端な。」そんな風に考えていかなしゃあないのかなと思いました。


    関係ないですが、個人向け国債の利回りは変動10年が0.77%ですね。
    利回りの計算方法が今回から変わったので注目していました。
    妻には先日ジャブを打ちましたので、いくらかは買うと思います。
    SBIのキャンペーンが今のところ一番かと思いますが、もっといいキャンペーンしてるとこさがしてみよ。
     

    あと、昨晩UPしたエントリー「1000万円の感じ方の変化」(サブブログ)が、一晩で100人以上来てくれたみたいです。
    週末に来てくれる人向けに、アナウンスを残します。




  • はてなブックマーク - 年金はもはや長生き保険だな
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 1000万円貯めたら違う世界が見られる?

     

    前回のエントリー「1000万円を考える(プロローグ)」でコメントをいただきありがとうございました。

    1000万円単位の支出は、やはり住宅関連と子育て関連がメインですね。
    あと、1000万円に対する感じ方もいろいろ教えていただきました。


    「金融資産1000万円までたどり着いたらまた違うものが見られると信じて」資産形成に取り組んでいる人もおられます。
    1000万円が当面の目標だと考えている方なら、そう考えている人が多いのではないでしょうか。

    幸いこのブログの読者には、既に金融資産1000万円超えの方もおられますので、コメントが寄せられるといいなと思います。



    うさみみなりの答えも踏まえたエントリーを、明日の夕方にサブブログでアップします。⇒「1000万円の感じ方の変化

    もったいぶるような形ですみません。
    これまでのエントリーの中間まとめという形にしているので、こういう流れにしちゃいました。




  • はてなブックマーク - 1000万円貯めたら違う世界が見られる?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。