ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  2009年09月
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 貯金生活(裏)

       
    前回のエントリー「貯金生活」では、貯金生活ってのは素晴らしいなんて方向から見た感じで書いています。
    実際、人生でやりたい事をするためには、将来のために貯金していくことが必須であり、方向性としてはそうあるべきだってことには変わりありません。


    とはいえ、どこまで貯金生活を突き詰めればいいかとか、実際、貯金生活ってどうなのって部分を、書ける範囲で書きたいと思います。


    貯金が出来る人と出来ない人がいることは、まぎれもない事実で、貯金が出来る人が偉いっていう認識も一般的です。
    でも、貯金ができたからってよい人生を送れるかどうかは、貯めたお金を上手く使えるかってことで、本当に大事なのはそっちの方です。それがAround40で意識しだしたことです。


    なぜ、貯金生活を始めたかといえば、もちろん「将来のため」、「歩みたい人生を送るため」なのですが、そうではない部分もあったと思います。


    ■コンプレックスなどの「心の闇」が、強い動機となって、貯金生活にのめりこんだ
    ■貯金できること、貯金額を増やしていくことが自分の評価になると思った



    こういう風に思った部分でないだろうか?
    うさみみ家はそういう部分を持ち合わせていたと自認しています。


    社会人としての評価の1つとして、「給料」があります。

    人間はどうしても他人と比較することに固執する時期があり、うさみみも妻もそういう時期を経験してきました。もちろん今もそうです。

    「仕事をしても仕事してない人と給料がたいして変わらない。なんか損だ。」なんて気持ちをもったことはないでしょうか。
    だったらそんなに仕事しなければいいわけですが、なかなかそれも出来ずに、心の中でグダグダやっているって時期がありませんでしたか?

    自分が正当に評価されてないという思いを愚痴でぶつけてもちょっと虚しく響くだけで、誰かが評価してくれるわけではないんですよね。
    今は、給料に見合う仕事、給料以上の仕事をしようって感じで、他人との比較はだいぶ気にしないでいけるようになりました。
    そんなことを考えたって何も変わらないし、自分の心が荒んでいくだけで、損だなって思うからです。


    そんな風に、お金で評価するって部分が人間にはあるんだと思います。仕方がないことです。

    妻は、子育ての方法として専業主婦を選びました。
    自分で稼ぐ収入がなく、社会から孤立したような状況は、幼少期の子育てでは必ず通過することです。

    「お金を稼ぐこともできず、子育てをして当たり前という評価しかもらえない。」
    他人がそう思わなくても、自分がそう思ってしまえば心の闇にとらわれます。
    子育てが大変だから育児放棄が起こるというより、むしろそういったことが気力を失わせるんだとうさみみは思っています。

    そうした、コンプレックスが「貯金生活」にのめり込む最大の要因だったと思います。
    貯金することの大義名分が将来のためであったとしても、裏を見るとそこだけではない何かがあったりします。
    そういう状態で、たまたま「貯金のスキル」を探り当てることができた人と、努力が空回りしている人とがいるだろうし、
    貯金にのめりこんだまま出てこれなくなる人もいます。

    うさみみ家の場合はのめりこみ状態からでてこれたのは最近のことです。
    それまで夫として出口に導くことはしてきましたけど、なかなか難しいことでした。
    結果的には、こどものママ友のネットワークと、こどもがそこそこ大きくなりパートに出て少なくても給料をもらいそこで仲間ができたことが、抜け出すことができた要因だったと思います。

    のめりこむこと自体は悪いことではないと思います。一時期とことんやってみるというのは1つのやり方として充分ありなことですから。


    うさみみもまた、共働き夫婦の圧倒的な収入に対するコンプレックスをもっていました。

    うさみみ家の貯金生活はそうした夫婦の「心の穴を埋める」という動機が裏にはありました。
    コンプレックスであるがゆえに、強烈な動機となりました。

    実際はもっといろんなことが複雑に絡み合っていますが、書ききれないし、まだそれを表に出すと心に重いこともあります。
    人間は他人と比較する生き物であるがゆえに、きっと、だれもがそういう思いを秘めているんだと思います。自分で気づいている人と気づいてない人がいるとは思いますが。


    子育てや家事、家族の健康管理というのは、ものすごい大変なことで、そのあたりは他人が評価していても、自分自身が評価していなければそういったことになっちゃいます。

    うさみみも、給料では割に合わないといわれている管理職に進む道を選びました。
    年を重ねて、資産形成が進むに連れて、お金に関するコンプレックスは薄まってきています。


    1つの選択をすることで、何かを得て、何かを失うのかなって思うのですが、貯金をがんばることによって、何かを失ったように感じた時がありました。
    でも、それは他の人との比較の話であって、実際はすごく小さいことを失っただけなのかもしれませんね。


    ■行動を選ぶということは、結果を選ぶということになります。
    ■きっと全てを得ることは出来ないでしょう。
    ■問題がひとりでに解決することはなく、誰かが何かをしてくれるということもありません。


    自分で決めたこと、行動したことで、結果を選ぶわけですから、他人との比較にこだわりすぎることはあまりいいことではありません。(強い動機にはなりますが。)

    そういったことに気づき始めたのは35歳あたりから徐々にという感じでした。



    貯金生活を始めよう」にて、うさみみより一回り半も若い方からいただいたコメントです。

    >他の人が経験していることでできないことはあるなと今でも感じますね。
    >でも他の人と自分では嗜好が違うことがわかっているので自分の好きなことに取り組めていれば別にいいかなと思っています。


    ほんと関心しちゃいました。達観してますね。
    もちろん、若い時のうさみみも、こういう考えももってはいました。
    でも、それ以上にコンプレックスの方を意識していて、ここに書かれたことは半分本音で、半分はコンプレックスに対する言い訳のようだったのかなって思います。

    本当の意味でこういう風に言い切れるというのは、ほんと最近になってからです。



    今回のエントリーは、「貯金生活」の裏側を少しだけ覗いてみました。

    こんな苦労をした。(こんなうれしいことがあった。)
    ぶっちゃけこんな動機だった。
    などなど

    みなさんのエピソードをお聞かせいただければ嬉しいです。
       






     
    このエントリーは、サブブログで2009年7月24日にUPしたものです。…コメントが参考になります。


    ■貯金生活をはじめよう■見出しへのリンク⇒うさみみのホームページへ 


    スポンサーサイト
  • はてなブックマーク - 貯金生活(裏)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 1330ETFを1306ETFにシフトします。

      

    今年もあと3か月となってきたので、そろそろ税金のことを意識しています。

    FXのスワップについては、経費の算出をしていく必要があり、PCを購入した分をどうするか研究していきたいです。
    スワップ分については、妻の収入も関係してきますので12月に調整となりそうです。



    今回は、株式売買益が出ている分でとられる見込みの税金を無くすための損出しの売買をする予定です。

    そこでついでに、日経平均連動型ETF(1330)から、TOPIX連動型ETF(1306)へ一部シフトします。

    最近はNT倍率(=日経平均株価÷東証株価指数)が11倍を超えているので、逆張りの発想なのですが、むしろ手数料無料の証券会社が減ってきている関係で、1330の売買は手数料を伴うため1306に移してしまおうという発想です。


    シフトといっても、1330が10口を1306が100口に移すだけです。
    あくまで株式売買益を消滅させるためですから。

    明日の寄り付きによってどこまで消滅させられるかわかりませんので、残りは投資信託で調整するつもりです。




  • はてなブックマーク - 1330ETFを1306ETFにシフトします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ブログ開設3周年になります

     
    3年前の今日、このブログがスタートしました。
    ここで書いていることは、極一部のことだけではありますが、思い起こせばいろんなことがあったなって思います。

    ブログ開始初期からずっと友達の人もいます。
    途中から友達になった人もいます。
    いつのまにか交流がなくなった人もいます。

    ブログを続けて思うことは、多くの人との出会いがあってもほとんどの場合は一時的なお付き合いであることです。
    寂しい気もしますが、それが現実だし、それもまたありかと思います。

    そんな中で上記に比べると比較できないほど少ない人数だけど、ずっとお付き合いさせれいただいている方もいます。
    お互い長く続けているからこそです。
    いろんなそしてたくさん出会いから得たことは実に大きいですね。



    ブログ開設3周年を迎えて、これまでを振り返ってみます。


    ■総アクセス数(過去3年間):558320 アクセス(平均 509 アクセス/日)



    少し前に大きな節目となる50万アクセスを達成したのでした。



    50万アクセス (2009年8月11日)

    いろんな意味で達成感を味わった瞬間でした。3年続けたからこそだと思います。
    それと同時に、いくつか呪縛から開放された瞬間だったかもしれません。


    1つは、ブログの更新頻度です。
    毎日更新と肩ひじ張っていては長く続いていかないだろうということです。
    やりたいことに時間を使えば必然的にブログの更新がしんどくなりますから、ほどほどの自分のペースでいいやって思えるようになってきています。



    次にアクセス数ですが、ブログを書く以上できるだけ多くの人に見てもらいたいという気持ちは多くの人が持っていると思います。(すべての人ではないようです。)
    1日300人が目標、1日500人が目標、1日1000人が目標って感じで、なんとなく縛られていた部分を自覚していました。
    もちろん、中身が大事で、自分が発信したいことが大事で、でもちょっとそこにこだわっている自分もいました。


    アクセス数の変化を記録しはじめたのは、この記事がきっかけでした。
    ブログ運営記1〜今、うさみみのブログで起こっていること


        アクセス数20090923.jpg


    記録を始めてから1日1000アクセスが1つの呪縛でした。
    1日1000アクセスを下回ることがなくなったと感じるきっかけになったトータル50万アクセス達成時には、1日2000アクセスを目指そうという気持ちはわいてきませんでした。
    そして、ブログ運営の何かとアクセス数の関係を自分なりに研究したいなって気持ちも薄らいでしまいました。


    <その他のエントリー>
    ブログ運営記2〜ブログ開設2年で20万アクセス達成
    30万アクセス達成です。。。ブログ運営について
    35万アクセス達成。。。ちょっぴり不思議なこと
    40万アクセス達成〜このブログの特徴
    「相互リンクは諸刃の剣」の検証



    今読み返すと、苦笑いしたくなる部分もありますけど、思ったことを書いていくのってしんどいけどいいなって改めて思いました。
    それと、人間の考えというのはこんなにも変化していくものなんだなって思いました。
    (ただ、うさみみがいいかげんなだけかもしれませんが



    ブログを書くということだけでも実にいろんな思いがあるものです。



    こうした変化をもたらしたものはなんなのか考えてみると、
    ブログを書くということに夢中になっている時期をほんの少しだけ卒業して、「長く続けることでしか見えない景色をこれからも見ていきたい。」ということの方を意識しだしているような気がしています。


    そうして、また新たなことに挑戦することに時間を使っていくんでしょうね。


    ブログ更新頻度が落ちるかもしれません。別の分野のブログも書き始めるかもしれません。
    そういうことはあると思います。


    でも、このブログはうさみみにとっての原点ともいうべき存在です。
    「書きたいことを書く」。。。もちろんこれからも続きます。
    今後ともよろしくお願いします。





  • はてなブックマーク - ブログ開設3周年になります
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 新パソコンデビューです

      
    今日、新パソコンが届きました。
    価格も安いのでたぶん型落ちというか最新型ではないと思います。
    (あまりPCのことは詳しくないので…)


    で、セットアップに時間がかかっていました。

    手間取ったのは、


    ■インターネットの接続ができなかった。

    前のPCが登録されているので切り替えてもらう必要があった?みたい。


    ■ウイルスバスター2009の90日お試し版のアンインストールに失敗

    ああ、イライラの頂点でした…。
    コントロールパネルからアンインストールしようとしたのですが消えてなくて、ノートンが入らなかった。
    このアンインストールで、PCメーカーとソフト会社で振り合いしやがったので…。
    しかも電話が有料と来たのでイライラが頂点に達していました。

    ソフトメーカーさんはチャットで対応しているみたいだったので申し込んでみると、体験版は違うところなのでと振るので…さらにイライラが。
    頼み込んで通常ソフトのアンインストール方法でうまくいくかわからないがということで、方法を教えてもらい実行しました。
    (教えてもらってすぐに、チャットは終了されちゃいましたが…)

    プログラムファイルの中に入っての操作だったのでドキドキしましたが成功しました。

    どこもセクションが違うって対応なんですよね。仕方がないですが…。


    無事に、セキュリティソフトも入って、プリンターの設定までで1日潰しちゃいました。



    PCのスピードですが前より遅い?気もしましたが、こんなもんでしょうか。
    Vistaが重いのか、やはり安物だからでしょうか。

    ノートPCで6万円弱ということで価格にはびっくりしています。
    というのは前のノートPCは16万円でしたから。3台近く買えるもの。



    画像はめちゃ奇麗です。
    自分のブログも見え方が違う?ような気もします。

    VistaもXPとちょっと違って戸惑います。
    再起動してくださいって言われて、どうしていいかわかりませんでしたもの…。

    さくさく動くことを期待したいです。






  • はてなブックマーク - 新パソコンデビューです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • パソコンを注文しました

      
    パソコンがいよいよダメになり、とうとう買い換えることにしました。
    このPCは8年位前に16万円で買ったんだけど、今はもっと性能がよくて10万円以下でありますよね。
    それほどいいPCがほしいわけではないので、安くて気に入ったものを妻に探してもらいました。

    価格コムでめぼしいPCを探して家電量販店にいきました。
    価格コムでは価格帯が6万円弱のノートPCですが、家電量販店では75000円位でした。
    そこで、「価格コム最安値でこのくらいだけどどのくらい安くしてもらえるか」聞きました。


    家電量販店ではそのような価格にはできるところがないはずと言われました。
    言っていることは分かるのですが、これだけの価格差があるのでどこまで安くなるかを聞きたかったのですが、最初から取り合うつもりのない空気だったので、2店目に行きました。
    やはり、同じような金額です。


    多分、モノによってネット販売と家電量販店の価格差は違うのだろうと思います。
    たとえば、大量に在庫のあるものが店によって違ったりしているとか。
    仕入れ時期や仕入れ価格にもよるんでしょうね。


    これだけの価格差では、家電量販店で買う気がおこらなかったので、ネットで注文しました。


    妻は店頭販売に少しこだわっていました。
    価格コム最安値まで値切るつもりはなかったけど、家電量販店の方がなんとなく安心というイメージがあります。


    よく家電量販店でモノを見てネットで買うって聞くから、店頭販売にこだわる必要ないんじゃないかって話になりました。


    これだけの価格差があるのはなぜなんでしょうね。
    もちろん、店舗を持たない有利さは大きいでしょうが、いろんなものが大きな価格差があるのであれば家電量販店は苦しい気がしました。


    なんとなくの安心感、ネットを使わない人々の存在ということだけが支えになっているのであれば、いずれ廃れていくしかないのかな。
    それとも、ネット販売には何らかの欠点があるのかな。
    いろんなことを考えました。
    明日、ニューパソコンが到着します。


    これで画像をよく使う新サイト作りができそうです。




  • はてなブックマーク - パソコンを注文しました
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 5年で年2%の定期預金〜SBJ銀行

       
    9月14日から営業を開始した「SBJ銀行」が、日本開業記念としてかなり好条件の定期預金のキャンペーンをやるようです。
     

    SBJ銀行は聞きなれない銀行です。
    それもそのはず、韓国の大手銀行である新韓銀行が100%単独出資で設立した日本法人がSBJ銀行ということで、日本現地法人の形での営業は、SBJ銀行がアジア系で初めてということのようです。


    驚いたのが定期預金の金利です。
    募集金額が限定ということですが、5年定期預金で年2.0%(300万円以上預け入れ)という金利です。


    SBJ銀行のプレミアム定期預金のキャンペーン金利
    ■100万円以上
      1年もの年1.2%  2年もの年1.3%  3年もの年1.4%
    ■300万円以上
      1年もの年1.4%  2年もの年1.5%  3年もの年1.6%
      5年もの年2.0%


    預金保険の対象商品ということなので、その他の条件を精査しています。
    すでに資料を請求をしていて、その他の条件が問題なければこのSBJ銀行の5年もの金利年2.0%の定期預金に預けてみようと思っています。

    そのためには最低300万円が必要です。
    定期預金の満期が1つありますが、不足分の工面も必要になりそうです。


    それにしても金利年2.0%というのはすごいですね。それだけに少々不安もありますか。





  • はてなブックマーク - 5年で年2%の定期預金〜SBJ銀行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 「資産形成」と「資産運用」を再考する

      
    何気に使っている「資産形成」と「資産運用」そして「投資」という言葉ですが、自分なりに漠然とした使い分けはしているかもしれませんが、明確ではありません。


    <これまでのイメージ>
    ■「資産形成」は、資産を積み上げていくイメージ(貯金生活、預金、投資、副業など)
    ■「資産運用」は、ストックを使ってフローを生み出したり、ストックを増やすこと(預金、投資など)
    ■「投資」は、「資産運用」のうちリスクをとったもの


    こんな感じです。


    例えばこのブログのタイトル「30歳代からの資産運用〜よちよち投資家のブログ」では、 「資産運用」と「投資」という言葉が出てきます。

    ホームページサブブログのタイトル、「長が〜く続けて、ゆとりある暮らし」にはどの言葉もでてきませんが、どちらか言えば「資産形成」のイメージと捉えています。


    このブログとサブブログの関係もきっちりした線引きはありません。
    このブログが現在進行形のことに対して、サブブログがこれまで考えたことやってきたことの記録や再考という感じの運用になっています。



    前回の日記「ストックとフローを再考する」と絡めてみると、「資産運用と資産形成」は人生や資産形成のステージによって変化していくものであり、「ストックとフロー」もまた同じであって、両者のキーワードは密接に絡み合っているはずです。


    そういう意味で、「資産運用と資産形成」という言葉を見つめなおすのは意味があると思っていて、他の方の視点に触れてみたいです。

    yaochinさんのブログ「死ぬまで投資」の「資産形成、資産運用そして投資」という記事から引用させていただきます。



    (引用開始)
    (1)ストック志向のスタンス
    ...今は苦しくとも将来のためにストックを形成したい
    (2)フロー志向のスタンス
    ...今の収入が不足しているから毎月(毎年)のフリーキャッシュを補填したい
    (3)資産形成志向のスタンス
    ...ストックが大きく不足しているから、リスクをとっても大きく増やさなくてはならない
    (4)資産運用志向のスタンス
    ...ある程度のストックはあるが十分とは思えないので、リスクを押さえながら少しずつ増やしたい
    (引用終了)

    ※これは、羊雲さん(羊雲流れての管理人さん)のコメントを引用されてのエントリーとなっています。ですので、羊雲さんの分類方法です。



    30代前半までは、住宅ローンの返済に明け暮れていました。
    持ち家は死ぬまではなんとか住めるという意味では、(1)のストック志向のスタンスです。


    35歳からはある程度の資産が出来たので、投資に挑戦し始めています。
    ここでは、(4)の資産運用志向のスタンスが始まっています。
    貯蓄していることから(1)でもあります。


    最近はというと、投資は資産分散という意味合いが強く、増えるかどうかはあまり気にならなくなってきています。

    (もちろん増えればうれしいですが、円キャッシュの価値が下がるのであれば複雑です。円キャッシュの価値が下がる分、投資したリスク資産が補ってくれるといいなという意味で資産分散の意味合いが強いと表現しています。)

    うさみみの場合は貯金も資産運用という風に考えているので、少し意味合いが変わっても(4)と(1)だと思います。


    これまで出てきていない(2)と(3)について考えてみます。

    まず、(3)の資産形成志向のスタンスは、意識したことがありません。
    次に、(2)のフロー志向のスタンスは、投資で言えばインカムゲイン、預金で言えば利子ということだと考えると、かなりのフロー志向を持っています。

    であれば、現在は(1)と(2)と(4)ということになります。
    3つもあっていいのかどうか分かりませんが、考え方の整理なのでよいとします。


    羊雲さんは(2)と(3)は矛盾行動と指摘されています。確かにそうかもしれません。
    (3)の発想の元では(2)は小さいことと考えがちですし、この2つを整合するのは容易ではなさそうです。


    どのような志向なのかは普遍ではなく、環境や資産形成のステージによって変わっていくことだと思います。
    特に、(3)を意識する段階では、「リスクを取っても増やさなければならない」という発想をもつか、うさみみの昔のように(1)によって積み上げるかは分かれるところです。
    どちらがいいとはいえないことですが、これも環境の影響がありそうです。


    資産形成を進める、ストックを積み上げていく段階では、ある程度の資産がつみあがれば、その資産を活用するという行動が出てきます。
    それが投資であったり、預金であったり、両者のミックスであったりします。


    仕事からの収入が必要なくなるほどの資産形成が進んだら、(1)のストック志向と(3)の資産形成志向は必要なくなりそうです。

    資産運用とインカムゲインによるフローとこれまで作り上げたフロー(個人年金、公的年金)に加えて、そして「ストックの切り崩し」という考え方が発生します。


    そう考えると、「ストックの切り崩し」というのは、リタイア後という人生のステージになって初めて発生するできごとという風に考えられそうです。


    逆に追っていくならば、「ストックの切り崩し」段階は、ストックの積み上げが必要なくても自分らしい人生が歩めるステージであり、そこに至るに必要なストックが資産形成の目標になるのかなと考え始めています。


    ちょっと強引に持っていった感がありますが、また、時間を空けて考えてみたいと思います。






  • はてなブックマーク - 「資産形成」と「資産運用」を再考する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • シルバーウイークですね

      
    おととい、昨日と飲み会が続いたのでちょっとしんどいです。
    いろんな話ができて楽しかったなぁ。

    さていよいよシルバーウィークですね。
    9連休の人もいるかもしれないけど、我が家は暦どおりです。

    とりあえず、世界遺産を1つ行く予定です。
    ほかにもどこかいければいいなって思っているのですが、どこがいいかなぁ。
    ゲームを買ってみんなでゲーム三昧なんてのもありかもしれません。




  • はてなブックマーク - シルバーウイークですね
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • パソコンがもうだめだぁ…

      
    これで何度目だろう。パソコンがあの青い画面になったのは。
    動画とかだとフリーズするし、どんどん悪くなっています。

    先日も、注文を出そうとしたらフリーズしたようで、電話で注文して事なきを得ましたが、こういうことが続くようでは困っちゃいますね。

    で、とうとう新しいパソコンを買うことにしました。
    シルバーウィークに見に行く予定です。
    たまたま、臨時収入が2件入ってきたので、購入費用はまったく問題なしです。


    シルバーウィークは3泊くらいの旅行をと思っていたのですが、新型インフルエンザが気になるので結局予約をしませんでした。

    なので、泊まりはなしで「世界遺産」を1つ訪れるつもりです。






  • はてなブックマーク - パソコンがもうだめだぁ…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 王将のギョウザ

    昨日は妻は飲み会でしたので、娘達と王将にいきました。

    いつもだと蔵寿司なのですが、たまには違うところにいこうと思っていたら、目の前に王将がありました。

    ラーメン、台湾ラーメン、餃子3、デザート2で2000円です。


    店は繁盛していました。
    ラーメンはうさみみが高校生の頃と同じような味でした。ああ、こんな味だったよねってね。
    餃子は以前よりおいしくなっていました。追加注文したほどです。




  • はてなブックマーク - 王将のギョウザ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 「ストック」と「フロー」を再考する

        
    昨日の日記で書いた「60歳以降のマネープラン」を考える上で、「ストック」と「フロー」についての考え方を修正する必要があると感じています。


    というのは、今まで資産を積み上げることを考えているだけで、リタイア後はストックからフローを生み出すことで生活していくというイメージしか持てていませんでした。
    何歳でリタイアするにせよ、リタイア後は仕事収入という大きなフローを失うことになります。
    いや仕事収入を失うという発想ではなく、仕事収入を必要としなくなるという考え方でありたいです。


    今のところ仕事がいやということはなく、むしろやりがいを持てています。
    数年後には、われわれの世代の時代になることで劇的に環境や立場が変わるので、それでも同じ思いでいられるかはわかりませんが、人生の1ページとしてやってみたいわけです。
    ですので、今は、早期リタイアは考えていないです。


    と同時に生活やお金のために働いているわけです。
    生活のことを考えると、年金はある程度もらえる権利を取っておきたいですから、その節目となる300ヶ月(25年間)は仕事をしないといけません。
    ということは、あと7年間半の47歳までは働かないといけないということです。

    あと、娘達の大学費用はどのくらいかかるかは進路次第ですから、それまでは仕事収入というフローは確保していきたいです。
    ということは、あと14年間の53歳までは働かないといけないということです。


    「いけない」という表現はきつ過ぎかもしれません。まあ、今はこれでよいと思います。
    失業しないようにはしないといけませんが。こればかりは‥。


    とりあえず、最低、娘達が大学卒業するまでは仕事収入を得るという条件設定はしておくつもりです。
    60歳まで仕事ができれば、より安定します。
    逆に、自分のやりたいこと(今の仕事以外)の実現のために早期リタイアするのであれば、それなりの資産形成が必要です。


    どの道であっても、リタイア後は「ストック」を切り崩していくことが必要になりそうです。
    実は、最近まで「ストック」を切り崩すという発想を持てていませんでした。
    老後のマネープランを考え始めてから、このステージはそういうことになるんだということを意識できるようになりました。


    「ストック」から生み出す「フロー」で老後の生活費をまかなうという発想を考えていましたが、一見良いようで効率がわるいのかなと考え始めています。
    そこまでストックを積み上げる必要はなく、「ストックから生み出されるフロー」と「ストックの切り崩し」を合わせて生活できれば良いですよね。


    これが「ストック」と「フロー」について改めて考えようと思った原点です。

    もちろん、今は「ストックの蓄積」の段階であって、先々のことを考えればということです。
    先々のことではありますが、どこまで「ストックを蓄積すればよいのか」という自分なりの答えを出すためには、ここの修正は必要だと感じています。


    こういう修正には、自分の視点だけでなく、他の人の視点を使ってみるというのがよさそうです。
    今まで持っていなかった視点から見つめてみて、考えてみるということで、いくつか気になるブログ記事を見つけています。

    早急に結論を出す必要がないのでゆっくり考えていきたいと思います。







  • はてなブックマーク - 「ストック」と「フロー」を再考する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 60歳以降のマネープラン

    あと数年で多くの先輩が退職するので、老後の話題が多いです。
    年金の話とかどれだけもらえるか分からないうさみみにとっては、正直、うんざりって思うこともありますが、そろそろ真剣に考えないといけないなとも思い始めています。

    先日、年金定期便が届いたのでいろいろ考えていました。

    まだまだ関係ないといえる?もうすぐ40年という状況で、なんか40代になるにあたりこれまで老後のことも少しは意識してはいたけれども、本気で考えたことないななんて思っています。


    真剣に考え始めてみると、年金はもらえない前提という現在の目標というのは、過大な目標だということが気になり始めます。
    このことはもちろん分かっていたんですが、あえて考えないことで高めの目標を持っていたいということでした。

    でも、45歳までとか50歳まであえて考えないとなると、過大な目標であればあるほど、娘への相続額を増やすだけになります。
    適度な額であればいいのですが、もう少しあの時使っていればなぁなんて後悔するようではあまりにもったいないです。


    人生の後悔は、「何かで失敗したこと」というのはほとんどなく、「しなかったこと」に対してが多いそうです。
    最近、やりたいことにお金を使い始めようってよく書きますが、なんとなくそういう転換点なのかなと感じているのでしょう。


    老後について考えることから逃げていましたが、そろそろ考え始めるつもりです。
    今までは60歳までのマネープランしかもっていませんでしたが、60歳以降のマネープランも作っていきます。
    それにより現在の「60歳1億円」という目標値が変わるかもしれないし、意味合いも変わるかもしれません。








  • はてなブックマーク - 60歳以降のマネープラン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 心病む同僚達

    心と体は一体である。
    なのに、心のケアが捨て置かれている社会の中にぼくらは生きていると感じます。

    心の病気は心が弱いからなるのではなく、誰でもなる可能性があるんだと最近考えるようになりました。
    ということは、もちろん自分もなる可能性があると思っています。


    既に同期の半分近くが、心の病で休職中か休職の経験がある状況です。
    かなり深刻な状況です‥。
    何が原因なのでしょう?

    同期と話をしていると『職場環境が悪い』と言います。
    忙しいということもあるし、年々仕事がややこしくなるし、それ以上に人間関係も大きそうだし、出口が見えないとか評価されないといった外的要因があるようです。
    これらは聞いた話であって、真実はしりません。


    うさみみは技術系なのでちょっと環境が違うようです。
    事務系の環境は彼かが言うほど劣悪なのでしょうか。

    うさみみ自身、十二指腸潰瘍で入院しました。これもストレスが原因と言われています。
    ストレスを感じない環境なんてありえないですよね。


    個人個人の心の問題ではなく、社会全体の問題なのでしょうか?
    なんとなくですが、心の強さとかではなく、「ものごとのとらえかた」と「自己実現」が心の病に大きく関係しているような気がしています。

    この問題は非常に関心が高いです。
    自分なりに考えたり勉強しつつありますし、そうすることが自分にとっても家族にとっても大切と感じています。




  • はてなブックマーク - 心病む同僚達
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 三菱総合研究所が当りました。

         
    久々のIPOの当選です。

    三菱総合研究所(3636)が1つ当りました。

    市場環境が好転してくれて、初値が上がることを願います。

    それにしてもひさびさの当選です。




  • はてなブックマーク - 三菱総合研究所が当りました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 2010年8月末の投資成績

     
    2010年8月の投資成績の記録です。
    8月はパソコンがおかしくなってPC内のデータが消失してしまいました。
    バックアップをとっていたのが7月なので、7月分の投資成績のエクセルデータが飛んでいました。
    こうしてブログで記録しているので、再現することができてよかったです。

     HP投資データ200909.gif




    <8月末のリスク資産の成果>
     8月の損益      ▼ 60,168円
     年初来損益   +3,618,984円


    今月は、ひさびさにマイナスでした。
    リスク資産のほとんど外貨資産ですから、為替の変動の影響が大きいです。
    円高が進んだので、大きなマイナスかと思いましたが意外にそうでもなかったです。

    投資成績は上下の振れ幅でみると、ピークから3分の1ほど回復しています。
    ここまで回復すると、投資成績に関心が薄くなりますね。
    ちょっと算出の手間がめんどうだなと感じながらかっているのですが、でも、月1で評価するのは大切だと思います。
    自分の投資成績で景気の位置が分かるかもしれませんね。やっぱ無理??

     
  • はてなブックマーク - 2010年8月末の投資成績
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    投資スタンス〜時間軸[2008-02]

    (2008年09月09日にUPしたエントリーです。スパムコメントの一括削除のため、本文を転記しました。)


    投資する上で時間軸というのは、かなり重要な要素ですよね。
    なぜなら、時間軸によってリスク管理の方法が変わってくるし、投資の判断基準も違ってきます。

    時間軸(投資期間)をどう区分するかは議論となりがちですが、結局は、人それぞれですってことになりますね(笑)

    うさみみの場合は、こんな感じで考えています。
    ●長期(10年以上)
    ●中期(数ヶ月〜数年)
    ●短期(数日〜数ヶ月)
    ●超短期(デイトレード)


    ややこしいのは、「中期」です。


    うさみみの場合は、年に数回の調整局面での買付けを基本にしていますので、中期の一番短い期間は数ヶ月としています。
    中期の長い方を数年にしているのは、あまり根拠はありません。

    長期を、長期と超長期(バイアンドホールド)に別けようかとも思ったのですが、今のところ、うさみみにとって当面売るつもりがないものが長期ですので、この区分で充分です。


    区分ができたので、数字を入れてみます。

    うさみみの投資スタンス(時間軸)は、「長期:中期=7〜8:3〜2」が目標です。


    少し細かく見てみると、
    ●欧米株式‥‥長期:中期=10:0
    ●日本株式‥‥長期:中期=8:2
    ●新興国株式‥‥長期:中期=7:3
    ●くりっく365‥‥長期:中期:短期=6:3:1
    ●外国債券・外貨MMF‥‥長期:中期=10:0

    というイメージとなります。あくまで今のところです。


    うさみみは、「将来のインフレや円安」の対策として、株式や外貨などを保有するという考え方ですので、基本的に長期投資の思考で考えています。

    ただ、「上がりすぎた局面では売却する」、「取れるときに取る」ということも、少しやっていきたいと思うんです。


    「中期という時間軸」は、非常に難しいですね。

    長期であれば買うことだけ考えればいいし、短期になればある程度値上がりすれば売ると行動がはっきりしています。

    中期というのは、買うだけではなく売却も考えないといけないし、利益を育てることもしていかないといけません。
    自分の判断をたくさんすることになりますから、失敗も増えるでしょうね。


    でもね、今はいろんな経験をするべきだと。。。ホントにいろんなことが複雑に絡み合うのでバランス感覚を身に付けないといけません。

    まだ、投資を始めて5年も経っていないわけで、そんなに早く自分のスタンスを1つに絞ることもないって思います。


    さて、この日記を読んでいただいた方へ、「時間軸の数値化」をしてみませんか?
    あなたの時間軸教えてください。





  • はてなブックマーク - 投資スタンス〜時間軸[2008-02]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • うさみみの投資スタンスについて[2008-01]

    (2008年09月07日にUPしたエントリーです。スパムコメントの一括削除のため、本文を転記しました。)



    「うさみみはどんな投資スタンスなの?」って聞かれたときに、
    ●国際分散投資
    ●長期投資+中期投棄

    と回答しています。


    投資スタンスのことをあまり書かなくなったので、最近、お友達になった人に知ってもらいたいなと思いつつ、以前から読んでいただいている人には、「またか」というのもあれなんで、数字を使った投資スタンスの表現をしてみたいなって思いました。


    うさみみがたどってきた人生をご紹介できると、分かりやすいなと思うんですが、まだ、途中なんですよね。→→これまでの人生 (13)(違うブログに飛びますがうさみみの書いているブログですのでご安心ください。)


    アセットアロケーションの2段階目「どの国のどの商品にどれだけ配分するか」を考えていくのに、投資スタンスは、大きな要素になるので整理していきたいと思います。





  • はてなブックマーク - うさみみの投資スタンスについて[2008-01]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • また英文スパム攻撃を受けています

    久々に英文スパム攻撃をうけています。
    1年も前の記事に贈りつけて意味があるのか分かりませんが、管理人としてはコメントの把握が困難になるのでなんとかしないといけません。

    以前、対策を教えていただきましたがまだ勉強できていません。

    とりあえず、「91.214.」のドメインを禁止して様子を見ます。

    もし、コメントできない人がおられたら申し訳ありません。
    スパムを消し終えたら元に戻す予定ですので、よろしくおねがいします。




  • はてなブックマーク - また英文スパム攻撃を受けています
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 潤いある肌

    ちょっと意味深なタイトルを付けてしまいました。

    うさみみ家では数ヶ月前から、メガビューティを使っています。
    これは、ナリスさんのです。


    妻と娘達は毎日やっていますが、うさみみもたまに娘にやってもらいます。
    娘にとってはおこずかい稼ぎの意味もありますが、うさみみにとっては続けるために必要な出費です。

    自分でするのはめんどうだけど、娘にしてもらえば面倒でもしないといけないかなっておもいますし、自然に会話もできちゃうのもいいですかね。


    少し前、顔のブツブツが気になっていましたが、だいぶおさまったみたいな気がします。
    肌が少しつややかになります。

    まあ、これ、だいぶ高いみたいですけどね。






  • はてなブックマーク - 潤いある肌
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 10000アクセス達成〜相互リンク募集

    このブログのことではありませんが、ホームページ「長が〜く続けて、ゆとりの暮らし(貯蓄生活、節約、人生設計、資産運用、投資など)」のアクセス数が10000を超えていました。

    このホームページは5年位前から運営していて古いカウンターは45800アクセスになっています。
    でも、このアクセスカウンターは、同じ人が1日に何度訪れてもカウントするので、自分で結構まわしているはずです。

    ブログをはじめてからは、ほったらかしにしていましたが、株価チャートか為替チャートを見るために毎日見ていたと思います。


    去年から、ホームページのリニューアルを始めていてました。
    1年弱で10000アクセスということになります。

    最初は、TOPページにしかカウンターを付けていませんでしたが、いくつかのページにも付けてみたところ1日60人前後がみてくれているようです。

    特に、「子育て費用」と「アセットアロケーション」のキーワード検索から来てくれる人が多いようです。
    そうしたページも充実していきたいです。


    40歳になるまでに形にしたいなと思っていました。
    なかなか思うようにはできていませんが、少しづつ、少しづつでも形に出来たらと思っています。
    なにより、長が〜く続けることを大切にしたいな。



    まだまだ発展系のホームページですが、「相互リンク」を募集しています。
    どうぞよろしくお願いします〜★








  • はてなブックマーク - 10000アクセス達成〜相互リンク募集
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。