ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  2009年01月
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • とりあえず試験が終わりました。

    ブログの更新があまりできていないのですが、小論文に取り組んでいました。
    先日、受験してなんとか原稿用紙を埋めてきました。

    いろんな人と話していると他の人に比べて準備が一番出来ていないのはうさみみだなと思ってしまいちょっと暗いのですが、それは自己責任だし、気持ちの盛り上がりが遅かったってことでしょうか。。。


    今回思ったことは、
    ●集中力が持続しない
    ●記憶力がない
    ということです。

    原因の1つはいろんな思いを抱えていることです。。。若いときは一直線でもよかったんだろうね。
    健康不安も大きいです。
    いろいろ考えていると決心がつかないってことがあるようです。

    でも、まだ20年働いていくわけです。
    仕事の幅を広げて新しいことに目を向けていく方が「自分らしい」と思いました。


    どんな方向に進もうと、気力や体力の衰え、健康不安など受け入れていかなければ、付き合っていかなければならないと思います。


    こんなことを書いて落ちているとかっこ悪いのですが、それはそれで仕方がないと思います。手ごたえがあったわけではありませんし。
    とりあえず、失うものはないかなということと。。。少し開放感があります。

    スポンサーサイト
  • はてなブックマーク - とりあえず試験が終わりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    労働の流動性

    あまりテレビは見ない方なのですが、今年の目標としてネット利用時間を減らしていることもあって、テレビを見始めています。
    雇用問題について、いろいろ勉強していきたいので見ています。

    韓国の雇用問題についての番組がありましたが、以前の通貨危機の時にIMFから労働の流動性を受け入れさせられたそうです。
    そして、今、正規雇用と非正規雇用の割合が1:1くらいって言ってたと思います。
    今は、当時の危機より深刻という人もおられました…。


    日本もそうなっていくのかを考えると、そうなっていくだろうと思います。
    労働の流動性ってのは、必要な時に必要な間だけ労働ということです。逆に言えば、必要なくなればいつでも切られるということです。
    雇用者から見れば合理的です。
    国際競争時代には、そしてこれだけ浮き沈みの激しい時代では、生き残るために必要だという風になっても、なかなか反論できません。
    一体どのくらいまで、正規雇用の割合が減らされるのかは全く予想できません。


    日本では、業種によっては正社員の道はあるようです。慢性的に人材が不足している状況のようです。
    正社員と言っても名ばかりってこともありますが、不況だからこそ人材を確保しようとする動きもあるのに関わらず、なかなか埋まっていかないようです。

    いただいたコメントにも書かれていますが、

    >製造派遣は、ほとんどが毎日同じ仕事、休みも固定です。
    >そういうのが良いと思っている人の今人材が不足している業界への就職シフトとというのはメディアが言うほど簡単では有りません。


    これはホントにそのようです。
    日雇い派遣の特集の番組でも、このことを直接言及するシーンはありませんでしたが、就職シフトって簡単ではなさそうな印象をうけました。

    労働問題、雇用問題はあまりにいろんなことが絡みすぎて、簡単には解決しません。
    働かない人や楽をしたい人は別として、一生懸命フルタイムで働いても生活できないという時代がこの日本に来るとは思いませんでした。

    うさみみがこの機会に労働問題をしっかり勉強しようと思ったのは、自分自身について考えているだけでなく、妻のこともあります。。。そして、一番気にしているのは、娘達のことです。
    10年先。。。親としてどんなアドバイスができるのか。
    とにかく若者には厳しい時代です。。。本当のスキルってなんだろうかってこと、考えていきたいと思います。
  • はてなブックマーク - 労働の流動性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    仕事。。。大切な考え方って何だろうか?

    昨日の日記で去年より年収が減ったことを書きましたが、今後のことを考えても増えていくとは思えません。
    先日、同期と飲んでいて「俺達って、就職してから右肩下がりだよね」って話になりました。
    バブル崩壊後の就職した人ってだいたいそんな感じが多いでしょうね。

    給料はある程度の年齢まで定期昇給で上がって、あとは横ばいかリストラの毎に下がるかって感じです。
    慣れっこになっているので、下がっても驚くこともないし、将来増えていくとも思っていません。

    派遣労働が始まった時、「自由な働き方」(労働者側からみて)という点と、企業は正規雇用の採用を減らす動きにでるだろうなと思いました。

    「80対20の法則」ってのがあてはまるのか分かりませんが、実際に企業を動かしているのは20%で、あとの80%は微妙である。。。その80%のうち20%は働かない社員で、中間の60%は歯車である。。。ちょっとおおざっぱだけど、自分を含めて周りを見渡すと結構あてはまると思います。

    高度経済成長で多くの正規雇用をかかえたものの、バブルの崩壊で日本は低成長社会に突入しました。。。かかえた正規雇用は、少なくなるパイの奪い合いには重すぎます。
    正規雇用だと、簡単にやめさせられないだけでなく、企業年金とか福利厚生とか生活のメンドウをみなければいけなかったですもんね。

    正規雇用が非正規雇用に一定割合まで置き換わっていくのも時代の流れで、もはやもどることはないのでしょう。
    派遣社員=給料安 という報道のイメージがありますが、時給3000円の人もおられるようです。

    うちの課にも派遣の人はいますが、派遣って結構コストがかかるようです。。。仕事をお願いするにもいろいろ制約があるようで、会社を担っていく存在ではなく、アウトソーシング的な感じでしょうか。(もっと、勉強して行きたいと思います。)

    簡単な研修でだれでもできる仕事と、そう簡単には代わりが見つからない仕事があって、簡単に身につくことほど代わりがいくらでもいるというのは、需要と供給のバランスを考えても言える事でしょう。
    当然後者は、重宝され、高い給料になるはずです。

    今回の製造業の派遣労働のことでは、景気に左右される仕事のもろさが露呈しました。
    調子がよいあとの崩壊は、株などと同じなんだなと思いました。


    「自由な働き方」、「出世して責任が重くなるのがいやだから、ずっと下でいい」という考え方。。。いやなことから逃げたいと考える人が増えると、逆に先に切られる存在となってしまうなんてことがあるかもしれないと感じ始めています。

    他に代わりがいない存在になる。。。スキルを磨く。。。そういったことを大切にしてきている人は強みがある。。。そういう存在が減ってきている時代は特に。
    運、不運も大きいと思うけど、やれる範囲で「前向き」に考えなければ生き残っていけない時代に既に入っているんだろうなと思います。


    結局、昨日の日記と同じようなことを書いてしまいました。<
    でも、「意識するって大事」だと思います。。。ストレスに弱いうさみみには大変な時代です。
  • はてなブックマーク - 仕事。。。大切な考え方って何だろうか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    仕事について考える

    給与所得の源泉徴収票をもらいました。
    残念ながら大きく減っていました…。
    入院していた分もあるものの、給与カットが響いています。
    妻がアルバイトに行ってくれているので、減らされた分は補えているものの、今後はそうはいってられないです。


    仕事は人生設計で最大の要素ですが、このブログでもほとんど取り上げたことがありません。
    昨年末から、派遣の話題がマスコミやネットをにぎわしていました。
    でも、このブログで取り上げることはできませんでした。
    少し時間が経って様々な角度からの意見が出てきています。


    勝間和代のクロストークというのがありますが、「非正規労働者の待遇改善」についてたくさんの意見が寄せられています。
    ブログでは、コメント欄で感情的な議論?に発展する場合がありますが、そういう雰囲気はなくいろんな意見を読むことができました。

    http://mainichi.jp/select/biz/katsuma/crosstalk/2009/01/post-7.html



    派遣労働について、世に登場した時には「自由な働き方」(労働者側からみて)というイメージで捉えていました。
    正社員の中でも、出世して責任が重くなるのがいやだから、ずっと下でいいという人が増えています。
    どちらも労働者として気持ちはすごく分かります。
    しんどそうなことはしたくない。我慢したくない。。。だれでも持つ感情です。。。すごくわかります。

    改めて、就職・仕事ってのは、年齢、性別、学歴、時代の流れ、やりたいこと、性格それぞれがみんな違って、運不運も大きいなって思いました。
    早くにいい仕事(自分にあった)に巡り合った人、せっかく就職しても合わなかった人。

    いろいろですが、どんな仕事でもスキルを磨き生き残っている人がいます。
    気に入らなかった仕事でも、やってみればそうでもないって食わず嫌いってのもあります。

    仕事はひとりではできないし、人間関係が一番大事なんだなと思います。
    人間関係も、「自分対その他の人」という風に考えてしまいがちな人はどこにいってもしんどいかもしれません。自分もその人間関係の中にあるわけですから。


    仕事について、実にいろんな要素が複雑に絡み合っていて、ブログでとりあげるには、うさみみはあまりに勉強不足です。
    ただ、たまたま巡り合った仕事を好きになれるかどうかは、他人との比較ではなく、自分自身の考え方に左右されるのではないかと思います。

    どこでも通用するスキルがあればいいのですが、なかなかそういう人は多くないです。
    「前向き」を忘れてしまうと、気持ちが押しつぶされる。。。上手くいえないけど、しんどくても「前向き」だけは忘れずにいきたいと思います。

    少なくともこのブログではできるだけ愚痴を書かないようにしたいと思います。

  • はてなブックマーク - 仕事について考える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    昨年末の配分

    昨年末のアセットアロケーションを算出したいのですが、実はまだできてません。
    というのは、安全資産の総額が算出できていないからです。

    いつもは妻にお願いしているのですが、忙しいのと、体調が今ひとつってこともあるのですが、定期預金の預けかえなどでごちゃごちゃになっているのです。
    それに、パソコンの使用はできるだけ控えて欲しいと思っているので、1月末で逆算すればいいかなって思っています。


    次の投資ネタは、アセットアロケーションの配分と思っていたので、とりあえず、リスク資産だけの配分です。
    流動性資産と日本国債は除いています。

    ●日本株アセットクラス   16.5%
    ●海外株アセットクラス   18.9%
    ●外国債券アセットクラス  64.6%

    という配分になっています。
    こういう出し方は初めてなので、ちょっと新鮮です(^^♪




  • はてなブックマーク - 昨年末の配分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • この年で勉強する

    いつでも人生勉強だと思います。
    とはいえ、いざ、受験するとなると、なかなか馬力がいるものですね。
    今日は、ちょっと頑張りすぎてつかれました(笑)
    しかし、もう時間がありません…。


    そうそう、こどもが漢字検定に興味があるようです。
    先日、もらったのも漢字検定のソフトでした。
    調べてみるともう申し込みはおわっているみたい。次は6月です。


    昨日、牛肉が安かったので、牛丼を作ってみました。
    娘にも妻にも結構、好評でした。
    少しづつ物価が下がってるのかな?



  • はてなブックマーク - この年で勉強する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 30万アクセス達成です。。。ブログ運営について

    30万アクセスを達成しました。訪れていただいた方に感謝です(^_-)-☆


        30万アクセス.gif



    こういう節目にブログ運営について考えるようにしています。

    まず、アクセス数の推移についてですが、一時期は1日1000アクセスを越える時期もありましたが、現在は600〜700アクセスとなっています。
    当時はアクセス数が気になって仕方がなかったのですが、一過性だったわけですので、今はいつもどおりな感じです。
    それでも、1日700近いアクセス数なのですから、うれしいですね(^^♪


    今年は、「時間を有効に使う」ことを考えていくと、以前書きました。
    そのために、やるべきことと考えたのが、
    ●インターネットの利用時間を減らす。
    ●充分な睡眠が取れるようにする。
    でした。


    去年までのうさみみは、毎日数時間インターネットにアクセスしていました。
    ひょっとして、依存症に近い状態だったのかもしれないと思っています。

    ブログ運営、ブログのROM、情報収集、データ整理など、かなりの時間をかけていたわけですが、他のことにもっと時間を使うべきだと思ったのです。
    そんなことで、1月からは、家ではパソコンにさわらない日も多くなりました。

    まず、無駄なROMを減らすのが一番だと思いました。毎日、見る必要はありません。
    情報収集も必要最小限にしています。
    一番気になるのが、ブログ運営です。
    これまでは、「毎日更新」になんとなくこだわってきました。

    ブログを書いて本当にたくさんのことを学んできたと思っています。
    「自分の考えを書く」ことでいろんな訓練になっています。
    どういうことを書こうか、情報収集したり、興味を持ってもらうためには、そして自分の心の整理などなど。。。そうして、いただいたコメントがエッセンスとなって、これまで続けてこれました。
    このブログは、うさみみのネット上の家ですので、これからも大切にしたいです(^^♪

    インターネットの利用時間を減らすということは、当然、ブログ運営にも影響があります。
    大切なのは、「内容」と「継続」です。。。ここをしっかり見つめながら、時間を有効に使って行きたいと思います。


    2つ目の、「充分な睡眠を取れるようにする」というのは、ネットの利用時間にも関係があります。
    冬はうさみみにとってあまり体調がいい時期ではないようです。
    夜中、トイレに2回起きます。去年、入院したのも寒い時期です。

    ネットで夜更かししたり、長時間目を使い過ぎたり、寝る前に頭に情報を入れてしまっために寝床で考え込んでしまったり。。。非常に下手な時間の使い方をしていました。
    最近は、妻のネット利用時間が増えていますが、体調に悪い影響がありそうです。


    いろいろ試行錯誤していくと思うんですけど、「体を大切にという意識」を持つことを大切にしていきたいなって思います。
    最近は、熟睡していると感じる日が増えている感じです。




  • はてなブックマーク - 30万アクセス達成です。。。ブログ運営について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 車検費用と車検を考える

    うさみみ家の車事情(その2)」の続きです。

    実は、車が車検から帰ってきました。
    車ができてから、14年目になりまりました。
    知り合いの、知り合いが整備工場やっているので、いつもお願いしています。
    調子よくなってる感じがするので、感謝です(^^♪


    さて、費用の方ですが、気になる人がいるかもしれませんので、ご紹介しておきます。
    ●車検一式 93970円 
     重量税:37800円  自賠責保険(24ヶ月)22470円  登録印紙代 1700円
     車検代(テスター含) **000円
    ●車検整備一式
     LLC交換、クラントブースター、右ラックブーツ破れ交換、ブレーキフールド、タイヤローテーション **000円
    ●合計 約105000円
    となりました。

    10年を超えているので、あと2年間は大丈夫なように、見てもらっています。


    最近は、実生活でも車の話題が多いのですが、車検って高いし、不要だって意見も聞きます。
    海外では、車検がない国もありますもんね。

    車検は不要だとする人生の先輩は、車の調子が悪ければ自分で直す筈だとおっしゃいました。
    はたしてそうでしょうか?
    ちょっとくらい調子悪いからって、お金出して見てもらうでしょうか?
    完全に故障したら治すのは当たり前ですが、クラッチからちょっと音がするからって、見てもらう人は少ないように思います。
    (ちなみに、うちはマニュアルで、クラッチが滑り始めてきていると、車検後に教えてもらっているので、この例にしました。)
    車に詳しい人以外は、ちょっとおかしいなってことすら気づかないと思います。


    あと、日本の車は性能がいいので、車検などいらないはずという意見です。

    これは確かにそう思います。少なくとも5年くらいはいらない気がします。
    しかし、うさみみ家の車は14年目なので、車検で見てもらっておくので少し安心です。
    車検が通ったからって、2年間故障しないわけではありませんが。
    心配な人はディーラー車検にすると費用はあがりますが消耗品はとことん交換してくれるようです。


    10年以上ホルダーとしては、車検制度ってのは一定必要かなと思っています。
    必要な出費だという意味で。
    実際、ほとんどが税金と自賠責保険代ですし。

    車検が買い替えのきっかけになる。。。整備工場が潤う。。。出費がかさむように利用されているという側面を感じます。
    その角度から見ると、消費者としては、ないほうがいい制度なのかもしれません。
    反面、それで経済がまわってきたともいえますね。




  • はてなブックマーク - 車検費用と車検を考える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 「DSi」が我家に来ました

    いやぁ、びっくりです。

    とあるレクリエーションの景品で、なんと「DSi」が当たりました(^^♪

    噂ではいろんな機能があると聞いていたんですが、これから勉強です。

    たった1つのモノで盛り上がれるってのはいいです。


    いっしょについていたソフトも、ちょうど、いいなって思っていたモノだったので、ホント幸運でした(^^♪




  • はてなブックマーク - 「DSi」が我家に来ました
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 大和生命のニュースから、保険選びを考える

    去年10月に破綻した保険会社のニュースです。


    (asahi.comより転写)
    昨年10月に経営破綻(はたん)した大和(やまと)生命保険の債務超過額が、金融危機で当初発表の114億円から約3倍の300億円以上に膨らむ見通しになった。買い手の企業が穴埋めしない限り、契約者の保険金や給付金が減額されたり、生命保険各社の負担が発生したりする可能性が高まりそうだ。
     大和生命は、破綻処理に伴う保有資産の売却を進めている。だが、金融危機の深刻化で株安や円高がさらに進行。このため、同社の資産で大きな割合を占めている外国有価証券の資産価値が下落し、売却益は当初の予定よりも大きく下回っている模様だ。
     生命保険会社は契約者の保険金支払いのために責任準備金を積み立てている。債務超過額が膨らめば、準備金を最大で1割削減せざるをえなくなるとみられ、支払われる保険金の減額につながる。減額幅は商品ごとに異なるが、過去は7割減った商品もある。
     大和生命は00年に破綻した旧大正生命の契約を引き継いでおり、今回減額されれば、旧大正の契約者は2度保険金が減らされることになる。
     破綻生保の保険契約は、生命保険契約者保護機構が業界などの拠出金を得て保護する仕組みになっている。保険金の減額などで債務超過額をまかなえない場合には、業界負担が発生する可能性もある。
     スポンサー候補には米生保大手のプルデンシャルや投資ファンドなど数社が名乗りをあげており、1月20日に最終入札が予定されている。
    (転写完了)


    金融危機の深刻さがうかがえるニュースです。
    保険金の減額となるのは必至なのでしょうが、当初は保険金の減額でまかなえる範囲だったってことなのかな?
    「破綻=生命保険契約者保護機構からの拠出もある」と思っていましたがそうではないのですね。

    ●どの程度、保険金が減額されるのでしょうか?
    ●どの程度、機構からの拠出になるのでしょう?
    ●この両者のバランスはだれがどう決めるのでしょう?

    商品の内容によるけど、9割までは保障されるって政府がいってたような気がします。


    大正生命の契約者は2度目の減額となるってのは、なんともいえない話です。

    「保険会社選びも投資となんらかわらない。」

    当たり前といえば当たり前だと、今なら言えます。
    ですが、保険に入った当時はそんなことは考えたこともなかったわけです。
    だから、契約している保険会社が破綻していないのは「運がいいだけ」です。

    こういうことは、いつか娘にも伝えていかなくてはいけないことです。




  • はてなブックマーク - 大和生命のニュースから、保険選びを考える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • うさみみ家の車事情(その2)

    前回の日記「うさみみ家の車事情(その1)」 の続きです。

    車についていくつかコメントいただきましたが、それぞれの考え方が聞けて面白いですね(^^♪

    車を持つメリットで大きいなって思うのは、「ちょっとしたところに気軽に行ける」ってことです。
    タクシーやレンタカーを利用するとなると、検討作業が必要になり「やっぱりやめた」ってこともありそうです。
    そもそも、車があればそういう検討する必要もないってのもメリットですね。
    車があると行動範囲が広がるのが大きいです。
    ただ、これは交通事情が良いので言えることでもありそうです。

    他にもいくつかあるメリットを考えると、うさみみ家では、車のコストは許容範囲だと思っています。
    改めて車の維持コストの概算を出してみると、

    <車の維持コスト(年間)>
    ●ガソリン代 4000円×12=48000円
    ●オイル交換代  6000円
    ●自動車税  34500円
    ●車検代  120000円÷2=60000円
    ●高速代(帰省他)  20000円
    ●タイヤ代   6000円
    ●その他雑費 5000円
    で、だいたい年間18万円(月1.5万円)という感じですね。


    車はいただきもで費用はかかっていないのですが、それでも月1.5万円は払っている計算になります。
    (新車を買うとなると全く別物になってしまいます…。)


    周辺の駐車場代が1.8万円とのコメントをいただきましたが、うちの周りでは1万円弱で、駅前だと1.5万円くらいのようです。
    大阪にちかづくと3万円とかになると聞きます。

    駐車場代が安いところほど、車が必需品になりやすいってのはありそうです。
    当たり前の話でいまさら書くまでもないかもしれませんが、
    駐車場代が高いところは、公共交通機関が発達しているので車がなくても便利です。
    車を持っても渋滞に巻き込まれやすく、そうなると車か電車かってのは場所によって考えることでしょう。
    「高いコストを払ってまで車は持たない」というのは合理的な考えの1つのように思います。


    駐車場代が安いところは、公共交通機関が発達してないと思うので車は必需品です。
    うさみみは大学時代にそれを痛感しました。
    メリットに見合うだけのコストがどうのこうのと考える以前に、車がなければ生活が成り立たないですね。

    うさみみの住んでいる所は、この両者の中間点くらいかなって思います。


    「こどもができると車がないとね」って話をよく聞きます。
    これは、うさみみの住んでいるような地域ですと、ホントにそうです。
    車があれば格段に便利です。

    電車に乗るったって、小さい子供を連れて駅に行くのって、ものすごくしんどいです。
    海遊館に行く時なんかはタクシーで駅まで行きます。
    (最近は、こどもも駅まで歩いてくれますが)
    子供がいる場合は、車があると行動範囲が格段に違ってくるので、ある程度までの車の維持コストは仕方ないと思います。
    車で行くことで「時間が短縮できる」機会も多いですし。


    「車のコスト」について考えてきました。
    参考になるコメントもたくさんいただき感謝しております。
    住む場所、家族構成などによって、いろんな考え方があることなので、何が正解とかはないのですが、「車を持つことについて改めて考える」ってことが意味があるんだと思います(^^♪




  • はてなブックマーク - うさみみ家の車事情(その2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • うさみみ家の車事情(その1)

    以前の日記、「車にかかる費用を考える」では車にかかるコストを取り上げました。

    車を減価償却の考え方で検討して買うといった方もおられて、すばらしいと思います。高い買いものだけに納得して買いたいところですね。


    うさみみは大学時代に中古車を買って乗り回していました。
    大学は田舎だったので、いただいたコメントにもあるように田舎では必需品で、どこに行くにも車でした。
    バイトで生活をキリモリしていたので、車の維持費は重かったはずですが、あまり記憶にないですね。当時は車に乗ってること自体が楽しかったです(^^♪
    「車=翼」って感覚かな。。。なんせ「オモチャ」のようであり、「足」でもありました。

    当時さんざん乗ってて乗り足りないってことはなく、公共交通機関が発達したところに就職したので大学卒業と同時に手放しました。

    結婚してからも車は持ちませんでした。
    妻とは大学時代に一緒にドライブに行きまくっているので、特にいまさら車が必要って感じはなかったし、若い夫婦にとってやっぱ車は高いって思っていたと思います。

    当時、住んでいたところは6戸1棟のハイツで家賃が月7万円強に対して、駐車場台が確か1.2万円(借りてないからうる覚え)だったと思います。
    駐車場は1戸に1台ありました。

    周りも若い夫婦が住んでいたのですが、駐車場は5台埋まっていたので、うさみみ家以外は全世帯持っていました。
    阪神淡路大震災の時は、家の中もグチャグチャになり、隣の家の人の車に避難させていただいた記憶があります。
    そういう時は、車はいいですね。安全に暖が取れるし(真冬でしたし)、ラジオで情報も聞けたし、ありがたかったです。

    思い返せば仕事の同期もみんな車持ってたかな?
    なんせバブル崩壊していたとはいえ、僕らの上の世代はみんな車乗ってた時代です。

    うさみみ家が、今の家を買って(少し田舎)引っ越して来た時も、周りの人達はみんな車を持っていました。
    田舎なので持っているのが当たり前なんですよね。

    「持っていない」と言うと驚かれました(笑)
    「こどもがいるのに病気したらどうするの?」って質問が一番多かったですね。

    ベビーカーを押して買物にいったり、病院にいったりして、妻がほんと頑張ってくれました。
    そういうことから、車が必需品っていうのはうそじゃないかと思っていました。
    (ちょい田舎っていうことで、歩いて30分弱で買物ができるから言えるのかもしれないですが。。。田舎ではやはり必需品でしょうね。)
    ここで11年も生活していると、車を持ってない人も発見できました。
    場所によりますが、別になければないなりに生活できるんだと思います。


    で、今はというと車に乗っています。
    いただいたものです。多分、もらう話がなければ未だに乗ってないってこともあったかもしれない。。。いや、それはないかなぁ。

    やっぱ、乗ると便利です。一度、乗ると手放すのは難しいでしょうね。

    いただいたコメントですが、
    ●車についていろいろ検討した結果、使わないなら売るって判断した。
    ということ。。。すごい決断だなと思います。
    こういうのは人それぞれの状況が違うので、何が正しいかって事はないですが、手放すってのはなかなかできない判断だなって感心しました(^^♪


    うさみみ家の車事情に話をもどします。
    車にかかるコストって結構かかるわけですが、相当期間、車に乗らなかったのはある意味よかったなって思っています。
    そのお金を人生の別のことに回すことができたわけです。

    ある程度の給料があれば、車を買うことは簡単です。買おうと思えば買えるからこそ多くの人が車を所有しているわけです。
    それに、持ってないより持っていたほうが便利に決まっています。
    でも、結構コストがかかるものだってことも事実です。

    この世界的な不況で、新車の販売台数もガタ落ちという報道がなされていますが、それだけ高いものってことの証ですね。
    各家庭における車の位置づけってのは、変化していくように思います。




  • はてなブックマーク - うさみみ家の車事情(その1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 小学生のお年玉事情

    お年玉シーズンも終わりましたが、妻と話していると、最近のこどもは堅実に貯金が多いらしいという話になりました。

    ぼくらの時代は結構使っていましたっけ?
    (うさみみはあまり使わなかったかな)

    なんでも、「昔は持っていてもおかねの価値が下がっていたけど、最近は1万円は1万円のままだ」ってコメンテーターの言葉に妻はいたく感心していました。
    こどもがそこまで考えているとは思えないのだけど、言ってることは当たってますかね(笑)

    デフレってのがあたりまえになるのか、単なる一時代なのかわかりませんが、とりあえず今のところうさみみ家ではデフレに助けられている面はあります。
    投資のことや、家の価値などはダメダメですけどね。。。


    お年玉のことで、うさみみ家の周りだけの話かもしれませんが、
    男の子はパッパと使っちゃうそうです。
    では、女の子はというと貯金しているそうです。
    妹が利子をつけてお兄ちゃんに貸すってところもあるらしくびっくりですね(^^♪
    (何歳の子の話か分かりませんので、そういう傾向があるかどうかはわかりません)


    ちなみに我が娘達は全部貯金したみたいです。
    今は、貯金額が増えていくのが楽しい時期なのかもしれませんね。
    うさみみ夫婦も、娘達にならって、新生銀行に預ける作業をすすめているところです。




  • はてなブックマーク - 小学生のお年玉事情
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 2008年の投資成績

    2008年は、先進国の多くがリセッションに陥ったことが確認され、急激な信用収縮に見舞われました。
    うさみみファンドも例外なく、強烈なダメージを受けてしまいました(泣)

              HP投資データ2008末.gif




    <12月末のリスク資産の成果>
    12月の損益    +462,699円
    年初来損益     ▼10,084,637円
     ●日本株アセットクラス   +21(うちIPO+0)
     ●外国株アセットクラス   +20
     ●外国債券アセットクラス  +5

    になりました。

    これにより、
    設定来の成績が、▼4,551,575円となりました。



    2008年を振り返ると、10月の崩壊がものすごく恐ろしい勢いだったのが印象にのこります。
    そんな中でいろんなことを考え、そして今に至ります。。。さらに来年末もこんな風に過ごすことでしょう。

    リスク管理の重要性。。。特に投資量について考えさせられました。
    2007年のバブル、2008年の崩壊と、1つの循環を経験したわけですが、それらの流れの中でこれからこうしていこうと思ったことを続けていくだけだと思います。

    「やらないと決めたことをやらない」ただそれだけを注意していきたいと思います。


    2008年が底であったってことになればいいですよね(^^♪
    これからも、投資のこと。。。このブログで書いて行きたいと思います。
    2009年は良い報告ができるといいな(^^♪

     




  • はてなブックマーク - 2008年の投資成績
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 今年は転換期となりそうです。。。時間の使い方を意識していきたい。

    新年明けましておめでとうございます。
    年末年始はブログをお休みしていましたが、例年のごとく、PCの無いところでのんびりしていました(^^♪

    以前なら日経新聞を買いに行ったりしていましたが、今年は投資のことは一切考えることがなかったです。
    一種の現実逃避ともいえますが。。。市場がよくなってもこういう感じで過ごせたらなと思えました。
    非常にリラックスした時間だったと思います(^^♪


    「支出のコントロール」は、若い時に頑張ったわけですが、今では自然になっていると思います。
    「投資」も始めて4年ほど。。。いろいろ必死で勉強してきましたが、前へ前へと進むのではなくどこかで自然になっていくことが必要だろうと思っています。

    一時期、Myブームとなって「とことんやってみる性格」ってのは昔からです。
    そういう推進力は大切です。
    そういう中で、成功と失敗をしてだんだんと「自分を見つけていく」のがいいんだと思います。
    そうして、自分の中で消えそうなくらい意識しなくても、自然に事を成し続けることが出来れば最高だと思います。


    そうなるには期というのが大事だと思います。
    今の流れが自然にきているのであれば、去年と今年は転換点になると思います。
    目まぐるしく変化したあと、次に飛び出す方向は「仕事」ではないかと思っています。


    「えっ?いまさら仕事?」というのが正直な反応だと思います。
    仕事で収入を増やそうとかという発想とは少し違います。

    妻は、パートという形ですが、こどもが学校に行っている間に仕事に行っています。
    簡単なようですが、実際はいろんな困難や葛藤があります。

    うさみみの場合は、これからの5年間で目まぐるしく仕事環境が変わっていくはずです。
    今までのようなポジションではいられないでしょう。
    5年もすれば大半の人はいなくなりますから。。。良くも悪くもぼくらが引っ張っていく時代になるのです。

    これだけ雇用の悪化した時代に差し掛かっているわけですから、大変な危機感を持って望まないといけないでしょう。
    幸い、今、仕事がある人は失った人の分までがんばんないといけないでしょう。
    大変なことですが、Myブームでとことんやってみるのも悪くないと思うのです。

    そういう、「とことん」という推進力が、生活のモチベーションに変えれるようなMy仕組みをつくっていきたいですね。
    そのためには、資産運用に関しては「自然に事を成す」という仕組みが必要だろうと思います。。。これは難しいことかもしれませんが、とことん考えてやってきたからこそ今がそれなんだと思います。。。それはこの年末年始で確信できました。。。なんせ、気にすることがなかったわけですから、意外にあっさりしたものです。。。将来どうなるか分かりませんが、お金に働いてもらえれば幸いです(^^♪


    今年は、特に、「時間の使い方」を意識して行きたいと思っています。
    今年も、よろしくおねがいします(^^♪




  • はてなブックマーク - 今年は転換期となりそうです。。。時間の使い方を意識していきたい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。