ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  2008年08月
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • アセットアロケーションの理想配分を考える〜まとめ[2008-20]

    アセットアロケーションを決める過程を書く意味[2008-19]で、すでにまとめた感があるのですが、違う角度からまとめてみます。


    「アセットアロケーションを決めよう2008」シリーズを19回に分けて書いてきました。

    国別の配分などは、今回公開していませんが、それなりに案は持っています。
    ただ、積立中心ではなく、スポット買い中心ですので、実践を積みながらゆっくりやっていきたいと思っています。


    うさみみはアセットアロケーションというのは、「戦略部分」だと思っています。
    どのアセットクラスにどれだけ配分するかは、その人の「投資スタンス」を物語ってると思うのです。

    そこに理屈は必要でしょうが、多くの方は理屈は後付けではないでしょうか?
    まず、自分の資産運用の考えがあって、それにあわせた理屈をつけるという感じです。

    「そんなんでいいの?」と言われそうですが、それでいいのではないでしょうか。
    大切なのは、「自分の戦略を維持しつづけること」つまり「継続性」です。

    自分の考えに合う理屈を選り好みするのはいいことではないかもしれませんが、それが過去の経験から積上げてきているものであるなら、その戦略を維持するための拠り所としての「後付け理屈」によって「継続性を維持するための精神的主柱になる」のなら良いと思います。

    逆に、「量より質」という考え方で、理屈や理論を練り上げて構築したアセットアロケーションは、素晴らしいものとなんだろうなとは思います。
    ただ、最初から視点を絞ってしまいがちになると思うので、それが正しくなかったときは大変かもしれません…。

    いくら理論的に成立っていても、独りよがりかもしれないし、市場が低迷した時に、信じきれるのかどうかがポイントになりそうです。


    うさみみはこうやって年1回、アセットアロケーションの理想配分を検討しています。
    状況に応じて少し変化させていくことを是としています。
    「変化を是」とする以上、基本にいつでもフィードバックする必要がありますので、こうやって意思決定する過程を記録しておくのです。
    そして、こうしてブログに書くことで強く意識付けをしています。

    ブログで書けばこんなに大変ですが、実際これだけの作業は半日もかからない作業なんですよね(笑)
    うさみみは毎日毎日そんなこと考えているんだ〜ご苦労なこった。。。って思われたかもしれませんが‥‥。
    そんなもんなんですよ(笑)


    40歳に向けてのアセットアロケーションを考える[2008-1]
    「いつまでにいくら」を確認する[2008-2]
    大切なことを見失わないために[2008-3]
    目標と人生設計とアセットアロケーションをリンクさせる[2008-4]
    余裕資金と生活防衛資金を検討する(その1)[2008-5]

    余裕資金と生活防衛資金を検討する(その2)[2008-6]
    余裕資金の考え方のまとめについて[2008-7]
    なぜ国際分散投資を行うのか〜負けにくい投資がしたい「2008-8」
    アセットアロケーションの基準年の設定[2008-9]

    リスク許容度を考える〜「家計のリスク許容度」と「心のリスク許容度」[2008-10]
    「心のリスク許容度」も考えるようにしよう[2008-11]

    「心のリスク許容度」を考えるからこそ[2008-12]
    リスク許容度を想定しておく[2008-13]
    理想配分を考える上での方向性[2008-14]
    理想配分を考えるためにまず決めること[2008-15]
    外国株と日本株の割合をどう決めるか[2008-16]
    その他アセットクラスの配分について[2008-17]
    決めた配分でリスク許容度を再検証する[2008-18]
    アセットアロケーションを決める過程を書く意味[2008-19]



      ★〜ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いします〜★
                        ↓         ↓    
                    banner_02.gif  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

     




    スポンサーサイト
  • はてなブックマーク - アセットアロケーションの理想配分を考える〜まとめ[2008-20]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ネットのない生活で考えたこと〜ブログ編+18万アクセス達成

    松山に帰省した時のお話「ちょい骨折したんです。」のつづきです。

    帰省する前、セカンドブログのFC2の方で「ブログがストレス対策に最適?」という記事をUPしていました。
    ブログ運営が、もはや生活の一部になっていますね(笑)


    自分のために書くという視点だけでなく、できるだけ多くの人に見てもらって、できれば交流の場となるといいな。。。そのためにはどうすればいいかを温泉につかりながら考えていました。。。

    ブログを書いていく以上、少しでも多くの人の目に止まる工夫はやっていこうと思うんです。それだけプレッシャーは高まるけど(笑)


    お気づきの方もおられると思いますが、とりあえずの実験段階ですが、ブログランキングに参加を始めてみました。
    ブログランキングからのアクセスもあるようで、コメントもいだたいちゃいました。
    これに参加することで、1週間に33人来てくれています。
    もちろん、アクセス数が増えたからどうということではなく、うさみみのブログに定着していただけるような魅力を持たないといけません。


    さて、交流という意味では、相互リンクも積極的に行っております。
    うさみみのブログに、興味をもってコメントいただいている方と結べたらいいなって思っています。

    このブログの相互リンクの考え方については→「相互リンクについて」



    このブログも昨日18万アクセスを達成できました(^^♪
    帰省後の8月25日(月)に843の最高アクセスを記録できました。昨日も750。
    これもみなさんのおかげです。感謝しております(^_-)-☆

    こういう節目はモチベーションをUPさせてくれます。
    投資も、節約も、ブログも続けてナンボですし、特にブログは「自分の心を整理するため」にどんな時も書いていきたいと思うんです。


    うさみみの39歳の誕生日頃(あと約40日後)に、節目の20万アクセスが達成できるといいな。
    今後ともよろしくおねがいします(^^♪




      ★〜ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いします〜★
                        ↓         ↓    
                    banner_02.gif  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ




  • はてなブックマーク - ネットのない生活で考えたこと〜ブログ編+18万アクセス達成
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 収入アップ、されど現状維持ですら大変な時代(その1)

    人生設計の5つの要素を考えていきたいと思います。

    収入アップの重要性を主張する本はたくさんあります。
    共働きすれば収入が増えますし、高収入の仕事に転職すれば収入は増えます。
    自己投資してスキルを高めることで、給料が増えるかもしれません。
    この点はいうまでもないことですよね。


    ファイナンシャルプランナーにそういう風に勧められても、「今はちょっと無理なんだよなぁ」って頭を傾げざるを得ない事情を、みなさんも持っているのではないでしょうか?


    うさみみ家の場合、昔のDINKs時代のように、共働きすれば収入は大幅に増えますし、収入UPにはそうすればいいことは明白です。
    ただ、ぼく達の子育ての方針を変更しなければならない、つまり失うものもあるということです。


    優先順位を決めて、何かを選択して、何かを棄てているのが普通でしょう。
    教科書には載ってない、その家族なりの最適バランスを考えるというのが人生設計を考えるということでしょう。


    人生設計は、今だけでなく、未来に対しての方向性も考えているわけです。
    娘達が大きくなってきたからこそ可能になったのですが、妻は娘達が小学校に行っている時間帯は仕事にいける状況になってきました。
    なかなか、そういう仕事は少ないのですが‥。ホント難しいですね。

    本来、やりたい仕事を思いっきりやりたいはずであり、その方が収入UPですが、やはり人生には優先順位というものがあるのです。不自由ですよね。


    当たり前ですが、収入UPという側面だけで、考えられるようなことではないわけで、だからこそ十人十色の人生設計が存在するということですね。
    そういう風に考えると、「収入を増やす=幸せ」だとは、言い切れない面もあります。
  • はてなブックマーク - 収入アップ、されど現状維持ですら大変な時代(その1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    ちょい骨折したんです。

    今日は飲んでいたので帰りが遅くなっちゃいました。ですので、お茶漬けのように簡単な日記ですみません。
    あっ、投資とは全然関係ありませんので、興味ある方だけどうぞ(^^♪


    ネットのない生活で考えたこと〜仕事編のつづきというか、松山に帰省したお話のつづきです。

    小さなプールに遊びに行ったときのことです。
    ここは温泉もあるプールなんですが、娘が小さい時からよく行っていました。

    前日に、巨大なウオータースライダーで遊んだので、ここの小さなスライダーでは娘達は満足しないだろうと思っていたのですが、まあ、楽しそうに滑ってました。
    うさみみも一緒になってね(^^♪

    それで、前日も、何度も何度も階段を登ったわけです。
    (2日後にきっちり筋肉痛でした…)
    きっと、疲れていたんでしょう…プールから上がるときに使うステンレスのパイプを思いっきり蹴っちゃったんです。
    こういうことはうさみみはよくやるので、その時はジンジンしながらも気にせず遊んでいました。

    でも、でも、夜になっても痛いんですよね。
    で、靴下を脱いだら、かなりの内出血だったんです。こんなの初めてだなって言ってると、妻が病院に行こうって言い出しました。

    今年2月にすぐに病院に行かなくて命を落としかけた?(ちょっと大げさかもしれませんが)て入院した事があったので。

    たいしたことないのにって思っていたら、レントゲン撮りましょうって。
    大げさなって思っていたんですが、「骨折してます」って。。
    右足の、人差し指の先がチョット折れれますってレントゲンで説明してくれました。
    折れてるというより、骨の先がちょっと欠けたって感じ。

    へぇ〜★ ちょっと動揺したんですが…

    まあ、普通の人なら気付かずに勝手に治ってるくらいのモンだってことでした。

    ってことは、こんな程度で、しかも時間外に病院に来るなんて…って思われた?のかな?
    っておもいつつ(爆)
    たいしたことなくてよかったなって。

    爪があるからギプスとかはいらないって。。。シップだけもらいました。


    それから1週間チョットたちましたが、なんか、まだ、ジンジンちょっと痛いよ。
    骨折した指ではなく、その周りが。。。。

    飲みながらこれをネタに喋ってたんですが、足先全体的に打撲したってことじゃないのって結論になりました。

    かなり失態の多いうさみみです(笑)


      ★〜ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いします〜★
                        ↓            
                    banner_02.gif    







  • はてなブックマーク - ちょい骨折したんです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • アセットアロケーションを決める過程を書く意味[2008-19]

    これまで検討してきた「6つのアセットクラスの配分を決める」段階で、その人の「基本的な戦略」が見えてくると思います。

    決めた配分でリスク許容度を再検証する[2008-18] で来年度の基本アセットアロケーションの案まで作成しましたが、「保守的」という印象を持たれた方もおられたようです。

    うさみみとしては、
    ●保守的な配分比率である
    ●外国資産を重視している
    ●外国債券を中心にしている
    のが特徴だと思っています。


    これまで18回に分けて手順を書いたのは、これからアセットアロケーションを考えていこうと思う人に、こういう決め方をする人がいるんだってことで、1つの例として参考になればという気持ちがあります。

    それ以上に、自分が考えたことを記録に残すことで、1年後、自分の考えの変化を見たいというのもあります。
    ほとんどの人は理詰ではなく、自分の考えに跡付けに理屈をつけると思うのですが、そうであるならば自分の考えがやはり大事です。
    それなりに納得したものでなければ、大事な資産をリスクにさらすことは困難になります。
    やはり、「自分の考え抜いた戦略を維持する」ということが非常に大事なわけですし、継続してナンボだということです。


    あと、「こういう保守的な配分の人もいるんだ」ってことも、特に子供を持つ家庭の個人投資家にとっては、「ホッと」する部分もあるかなって思います。
    投資本を見ても、ブロガーさんを見ても、かなりリスクを取った配分されてるのを見かけることが多いように思います。
    そんなにリスクとれないなと感じている人が、周りを見て、「やっぱ、リスクは取らないといけないのかな」なんて思うこともあるかもしれません。
    人間、弱いもので、周りがやってることが気になります。

    ですが、大きなリスクを取っている人は、それなりに備えているはずなんです。
    その備えはみんな一緒ではありません。
    「余裕資金の考え方」や「リスク管理」をしっかり持っている人とそうでない人の配分はやはり違うはずです。
    そういう意味で、うさみみのように「こういう保守的な奴」もいるんだってことで、プレッシャーが軽減される人がいるかもしれません(笑)


    それでは、アセットアロケーション第1段階の決定過程のリンクをまとめておきたいと思います。

    40歳に向けてのアセットアロケーションを考える[2008-1]
    「いつまでにいくら」を確認する[2008-2]
    大切なことを見失わないために[2008-3]
    目標と人生設計とアセットアロケーションをリンクさせる[2008-4]
    余裕資金と生活防衛資金を検討する(その1)[2008-5]

    余裕資金と生活防衛資金を検討する(その2)[2008-6]
    余裕資金の考え方のまとめについて[2008-7]
    なぜ国際分散投資を行うのか〜負けにくい投資がしたい「2008-8」
    アセットアロケーションの基準年の設定[2008-9]

    リスク許容度を考える〜「家計のリスク許容度」と「心のリスク許容度」[2008-10]
    「心のリスク許容度」も考えるようにしよう[2008-11]

    「心のリスク許容度」を考えるからこそ[2008-12]
    リスク許容度を想定しておく[2008-13]
    理想配分を考える上での方向性[2008-14]
    理想配分を考えるためにまず決めること[2008-15]
    外国株と日本株の割合をどう決めるか[2008-16]
    その他アセットクラスの配分について[2008-17]
    決めた配分でリスク許容度を再検証する[2008-18]
    (参考)
    アセットアロケーション〜2008年7月末時点の配分


    時間がある時にお読みいただいて、コメントいただけたら嬉しいです(^^♪


    さて、アセットアロケーションを考えるのは、6つの基本アセットクラスに配分することで終わりではありません。
    「どの国のどのアセットクラスにどのくらい配分するか」ということを考えていかなければ、具体的な投資先を決めることは出来ません。
    ここからが、さらに、その人の投資スタンスがあらわになってくる部分ですよね(^^♪





      ★〜ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いします〜★
                        ↓            
                    banner_02.gif    





  • はてなブックマーク - アセットアロケーションを決める過程を書く意味[2008-19]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ネットのない生活で考えたこと〜仕事編


    お盆明けの1週間は、妻の実家である松山に帰省していました(^^♪
    今回はフェリーでゆっくり帰ろうと思って、神戸から高松までフェリーにしました。
    往復だと割引が大きいですよ。
    高松からは、琴平にいく手前で讃岐うどんをいただきました(^^♪
    以前いった「まえば」の近くの「香川屋本店」ですが、ぶっかけがおいしかったです。いいダシでしたよ。

    松山ではネットのない生活で、毎日、温泉に連れて行ってもらいました。
    今回のテーマはのんびり人生の洗濯のつもりでした。

    温泉につかりながら、「だんだん仕事のプレッシャーがきつくなるな」ってことを考えていました。
    それでも「仕事から逃げるわけにはいかないよな」って自問していました。
    最近、「心」について考えたり、「メンタルヘルス」を勉強したりしてるんですが、「生きるって、心が大事だな」ってことを痛感しているんです。
    それは、入院したからですが、「病は気から」とか「悪い生活習慣が病気の原因」ってのはかなり確かなことであり、もはや若さでごまかせなくなってきているって感じています。

    仕事の話にもどりますが、「投資をやっているとこのまま順調に行けば早めに退職できるな的な感覚」をもった時期がありました。
    うさみみは現実主義なので、比較的早く我に返ったんですが、なんかちょっと仕事を軽視していかかなって思うんです。

    温泉につかりながら、どうかんがえても仕事してなきゃ家族生きていけないよねって考えてました。
    プールのウオータースライダーを笑顔でいっしょにすべれるのも仕事してるからだとかね。
    まあ、こういうあたりまえのことを考えるってのも悪くないなって。

    最近、うつ病のことを調べていると、ある日突然仕事にいけなくなる。足が進まなくなるってのがあるようです。
    突然何のために仕事しているのかっていう基本的なところが引っかかることもあるようです。
    自分もそうならないかって不安はありますね。

    まあ、暗い話になりつつあるのですが、生活のためにも、自分のためにも、プレッシャーに負けず仕事ふんばっていこうと思うのでありました。
     
  • はてなブックマーク - ネットのない生活で考えたこと〜仕事編
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    人生は設計できるものではない?

    人生設計を考える上で、「設計通りになった人生はどれほどあるでしょうか?」

    多分、ほとんどないのではないかと思います。

    ●「夢」で終わる設計が大半でしょう。
    ●予想外に大成功という設計ミスもあった人もいるでしょう。
    ●ちょっと違ったけど、大体いい感じだった人は幸せですね。

    そう考えると、「人生は設計できるものではない」ともいえると思います。

    うさみみのこれまでの人生設計を振り返っても、たいしたことをやってきてませんし、目標も5年毎くらいに変化しているように思います。
    職業、結婚、子供、自分の成長、偶然の出来事によって変化するのは当然です。


    ただ、人生が設計できるものではないとしても、「人生設計を立てるのは意味がない」ということにはならないとうさみみは思います。

    何のピジョンも計画も持たずに生きていって、今がいくら楽しくても、人生の成熟期にやりたいことが1つもできないなんて絶対イヤですもん。



    以前の日記で書いた、「長期計画の罠」というのは、「現時点の人生設計に無意識に縛られるのは避けようよ」という意図です。

    「人生設計という長期計画は、将来を管理できるという幻想を抱かせる」このことをしっかり理解した上でたてればよいと思うんです。

    要は、基本的な方向性があっていればよいのではないでしょか?
    方向性を見出すのは、「意思」「基本戦略」といったものだと思います。
    つまり、基本的な考え方がしっかりしているかどうかが大切なんです。

    そこがしっかりしていれば、「予想外の出来事」にも対応できるのではないでしょうか。


    そしてもう1つの人生設計。
    「自分が死んだ後の家族のプラン」についてはどうでしょうか?
    遺族年金のこと知っていますか? 奨学金制度のことは調べていますか?
    どうでしょう、極端に想像力を失うのではないでしょうか?


    人生設計は、家族のビジョンや方向性、目的地を確認するための、1つの道具です。
    道具の特性を知って、うまく使うということが大事なんです。

    家族で考えて意識を共有するための道具であり、その共有したものに向かってどれだけ達成しているかを確認する道具です。
    状況や考え方が変われば、少しづつ変化して当然ですから、「遊び(余裕)が必要な道具」という風にうさみみは思います。
  • はてなブックマーク - 人生は設計できるものではない?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    決めた配分でリスク許容度を再検証する[2008-18]

    その他アセットクラスの配分について[2008-17] のつづきです。
    これまでの検討で、目標とする理想配分を決めました。

    <来年の理想配分案>
    ●流動性資産…[16.8%]⇒[14.7%]    
    ●日本株………[ 8.0%]⇒[ 8.0%]
    ●日本債券……[30.0%]⇒[30.0%]
    ●外国株………[12.0%]⇒[12.0%]
    ●外国債券……[33.0%]⇒[33.0%]
    ●その他資産… [ 0.2%]⇒[ 2.3%]
    ■外国資産割合 [45%]⇒[45%]
    ■株式資産割合 [20%]⇒[20%]
    ■リスク資産割合 [53.2%]⇒[55.3%]

       理想配分2009
    この配分を元に、リスク許容度の検討にフィードバックする必要があります。
    今回の見直しでは、大きな変化がないですので、フィードバックした結果少しだけリスクが増えたものの、リスク許容度の範囲でおさまりました。

    もし、リスク許容度を超えてしまったら、また、再度検討していけばよいと思います。


    この配分案を年末に再検討して、来年の理想配分として確定していく予定です。



      ★〜ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いします〜★
                  ↓           ↓
               banner_02.gif     





  • はてなブックマーク - 決めた配分でリスク許容度を再検証する[2008-18]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 国内ETFの分配金の逆転現象

    先々週に、上場インデックスファンド225(1330)の分配金が届いていましたが、帰省から帰ってきたら、TOPIX連動型上場投資信託(1306)と、東証銀行業株価指数連動型上場投信(1615)の分配金がとどいていました。

    運用報告書には、
    ●1330 決算日7月8日  分配金10口あたり1983円
    ●1306 決算日7月10日 分配金100口あたり1944円
    ●1615 決算日7月15日 分配金100口あたり418円
    と書かれていました。


    驚いたのは、1330のETFの分配金が1306を上回ったこと。
    うさみみがインデックス運用している過去2回の決算では、1306の方がはるかに上回っていました。

    ちなみに、
    ●第3期 1306:1116円    1330:566円
    ●第4期 1306:1514円    1330:599円
    ●第5期 1306:1405円    1330:574円
    ●第6期 1306:1600円    1330:816円
    ●第7期 1306:1944円    1330:1983円
    ※1306は100口あたり、1330は10口あたりの分配金

    タイトルには、逆転現象と書いたのは第7期で1330の分配金が一気に増えて、1306を上回ったからです。
    ただ、分配金の額で比較してもしかたないですよね。


    ですので、分配金÷分配落基準価格で計算してみます。
    ●1306:1944÷130159=1.49%
    ●1330:1983÷131980=1.50%

    おお、1330の方が上回っていますよ。びっくりですね。

    1330の収益分配金の方針ですが、運用報告書を引用すると、
    >当ファンドの分配金は、配当等収益から諸経費などを控除した全額を分配することを原則にしています。


    また、分配金の計算過程を詳しく見てみると、分配準備積立金(分配金を支払うための準備積立金)を1330の方は大きく取り崩しているようで、1306が逆に積み増ししているようですね。
    このあたりに今回の逆転劇の秘密がありそうです。


    今期は、分配金(税引き後)の合計が43781円になりました。
    1日あたり120円ですから、ジュース1本ってとこですね。
    インカムゲイン生活は遠いようです(笑)

    再投資というわけではありませんが、1306を1枚買おうかと思います(^^♪



    そうそう、運用報告書の交付義務が今期で最後となるようです。
    ですので、今回の運用報告書は置いておこうと思います。
    このコストも大きくへるのであれば、分配金も増えそうですね。
    たぶん、いいことですね。どんどん合理化を進めましょう。

    妻名義の分配金の税金については、確定申告で取り返さないといけないですね(^^♪



      ★〜ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いします〜★
                  ↓           ↓
                    banner_02.gif



  • はてなブックマーク - 国内ETFの分配金の逆転現象
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 1週間ぶりです。

    1週間ぶりの更新です。しばらくごぶさたしていました。
    遅めの夏休みとして、「松山」に8日間行っていました(^^♪

    ネットのない生活だったので、投資からもブログからも離れてゆっくりしてきました。
    いくつか、笑い話もあるんですが、また機会があれば書きたいと思います。

    いつもは高速道路で一気に行くのですが、今回は「神戸−高松間」をジャンボフェリーを使って行きました。
    かなり二酸化炭素の排出を押さえられたんじゃないかな(笑)
    そのかわり、ものすごく時間がかかっちゃったけどね。

    船旅もいいですね。4時間弱でしたが、昼寝したり、トランプしたり。。。

    帰りの「神戸の夜景」綺麗でした。
    これは、到着時間を考えたうさみみなりの演出だったんだけど、大成功だったと思います(^^♪

    明石海峡大橋を下から見るのもいいし、神戸港の夜景は素晴らしかった。
    うさみみは見慣れてますが、娘達にとっては初めてで、興奮してました(^^♪


    FC2の方も1週間ぶりにUPしました。
    以前書いた、外国債券売却のつづきです。
      ↓
    世界銀行豪ドル建て債券の売却〜後編




  • はてなブックマーク - 1週間ぶりです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 市場の情報はどういう風に仕入れますか?

    投資の情報といってもいろいろありますが、みなさんは、日常の中で、いつ、どこで、そんな情報を仕入れているのでしょうか?

    チャンスと感じたときは、いろいろなところからいろんな情報を仕入れて判断するのですが、普段、見ているところはどこかと考えてみました。

    早朝:NY株と為替の結果を見る(毎日)
    昼休み:TVニュースで日経平均株価とドル円を見る(毎日)、携帯から香港H株指数を見る(週数回)、ヤフーニュース(経済・海外)を見る
    昼間:携帯から為替レートを見る(1日1〜2回)
    帰宅後:ブログを書く、いくつかのお気に入りサイトを訪問する(毎日)
    夜:為替レートを見る(毎日)、NYダウ先物と原油のチャートを見る(ほぼ毎日)

    普段は、だいたいこんな感じですね。
    よく考えると、普段、時間はほとんどかけてないですね。

    大きく動いているときは、一番に為替ニュース等を見ます。
    チャンスが近づいている時は、騰落レシオとチャートを見ます。

    以前は、為替ニュースを毎晩チェックしてましたが、最近はあまりみなくなりました。
    株式系のニュースは、昔からほとんど見ないです。

    為替レートは、チョコチョコ見てます。
    昔は持ち株の株価を見たりしてたけど、最近、ほんまに関心薄ぅです。

    みなさんはどうんな感じでしょうか?
    以前と変化したところとかありますか?



    遅い夏休みをいただきました。
    その分、お盆も仕事を一生懸命しました(笑)
    今日から遠出して、1週間ほどネットのない生活です。ですので、ブログも骨休みしちゃいます。

    1週間後に帰ってきたら、また頑張って書きますので、よろしくおねがいします(^^♪




  • はてなブックマーク - 市場の情報はどういう風に仕入れますか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 前の投資行動に縛られないようにしたいが

    クロス円の動きが激しいですね。
    世界同時株安的ななんでもかんでも売られる状況になると、もっと下落するでしょうが、そうはなっていないので、振られますね。

    こういうときは、タイトルのことを意識したいけどなかなか難しいですね。
    以前より、視線をギラギラさせることが少なくなったので、少しはできるようになったようにも思いますが、やはり、もっとこうすればよかったって思ってしまう。

    なかなか難しいことだけに、機械的なルールに従っていくのが案外いいのだろうね(^^♪




  • はてなブックマーク - 前の投資行動に縛られないようにしたいが
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 初エアコン生活

    みなさん、お盆をいかがお過ごしですか?
    うさみみは、お墓参りにいってきました。

    今日は、投資とは関係ない話ですので、興味ある人だけどうぞ(^^♪


    娘の部屋のドアが壊れたというか、床に擦れてしまっていました。
    おかしいな、昨日は何ともなかったのにな…。

    お墓参りにいって、初ブドウをいただきました。
    まだちょっと酸っぱいところもあるけど、まあまあ甘く出来ていました。
    これから熟していくんだよね。
    逆にスイカはちょっと傷み始めてきてますね。


    さてさて、家に帰ってドアの修理です。
    どうしていいのかわからないってのは正直なところでした。
    いろいろいじっていると、ドアって上に上げると簡単に外れるんですね。
    ちょうつがいに上から刺さってるだけでした。

    ちょうつがいを付け直すのは恐らく失敗するだろうと〜いや取り返しのつかないことになるだろうと…。
    考えたのは詰め物をして、上にあげることでした。
    道具箱に金属の輪っかをみつけたんですがサイズが合わず。。。買いに行くしかないかと思ったんですが。。。厚み2mm弱の丸いゴムを発見!

    ドリルで穴を開けたんですが、穴のサイズは小さかった。
    無理にねじ込むと、裂けちゃった…(泣)

    でもです。ゴムは裂けても問題ない。ですのではさみで穴を大きくし、棒やすりで削り、外側もカットして収めてみると。。。おお、しっくり、完璧っす。
    それで、ドアをセットしてみると。。。完璧でした。

    今回の修理で得たのは、水道用のパッキンが合うのではないかと思いました。
    今度はそれをためしてみたいと思います。


    そんなことで疲れちゃったのと、子供達も朝早かったので、勉強するってことで、つけました。。。クーラー。。。(^^♪
    今年初めて。。。普段はブレーカーも落としているので、
    うさみみ家のクーラー事情については、こちらを→扇風機を使おう

    いやぁ。子供達が喜ぶ喜ぶ。。。ハムスターも喜んでたかな(笑)
    小さな机を寝室に持ち込んで娘達は勉強しながら、ハムスターと遊ぶ。
    うさみみは、横になりながら、ハムスターと遊ぶ。
    結構、楽しかったですね。。。クーラーが無事に動くことも確認できました。

    うさみみの発見は、やはりうさみみはクーラーで体の節々が痛むということをはっきり認識できました。
    仕事場のクーラーも、プチ地獄と感じていたんですが、やはりそのようです。
    入院してから体質が変わったんだと思います。多分ね(^^♪

    さて、今年もっかいクーラーライフはあるのでしょうか。もうあんまり暑くなくなってきたのでないかな?



    さてさて、また、話は変わって、ブドウの初物のつづきがあります。
    クーラーに当たりながら、読んでたのは、娘のハムスターの飼い方という本。
    そこに、意外なところで、ニンジンの葉とぶどうを食べると書かれてました。

    早速、収穫したばかりのニンジンとニンジンの葉を与えると、確かに食べました。
    ニンジンはいつも食べてます。
    でも、ちょっとだけでした。ニンジンの葉っぱってちょっと独特の味でスモンね。

    それで、ブドウもあげてみました。
    食べたというより吸っていたって感じです。。。でも、結構、舐めてました。
    折角、うさみみ家に来たんですから、旬を味わってもらいたいね(^^♪






  • はてなブックマーク - 初エアコン生活
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 自分の投資スタンスって?

    このブログでも新しいお友達が増えて、いくつか質問もいただきました。
    うさみみへの質問箱で取り上げたいと思ったのですが、1つのテーマといえるほど、大きなことなので、シリーズで書こうかななんて考え中です。

    アセットアロケーションの配分が戦略部分であれば、投資スタンスは戦術部分のことが多いと思います。

    β戦略の中心である、「インデックス投資」は、うさみみにとって戦術部分だと思っています。
    「積立」、「スポット」というのも戦術部分。

    じゃあ、戦略部分って何といわれれば、「国際分散投資」ということで、どの国のどのアセットクラスにどう配分するかを考えることと思っています。

    こんなことを分けても仕方ないかもしれないし、分け方も人それぞれなんですけどね(^^♪


    うさみみの投資スタンスは、まとまりがありません。
    インデックス投資>個別株投資
    スポット投資>>積立投資
    逆張り投資
    長期投資>中期投機>>>>短期投資
    オシレーター系の指標を使う>>チャートを使う>ファンダメンタル分析

    ん、後は何かなぁ。

    投資スタンスの区分ってどんなのがあるんだろう?


     




  • はてなブックマーク - 自分の投資スタンスって?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 外国債券の売却

    以前の日記、外国債券の売却マージンはこれか? の続きですが、昨日、外国債券の売却の手続きをしました。

    その過程をFC2の方で書きました。
    外国債券に関しては、取り扱うブログも少ないので、できるだけ書いていきたいと思います。
    今回は、世界銀行豪ドル建て債券の売却〜前編です。後日、後編をUPします。


    昨日は大失敗しました。豪ドルを買ったんですが、買ったそばから下がりました。
    塩漬け確定ですね…(泣)
    クロス円が下がってきているので、しばらく間をおいて、狙ってみたいです。
    J−リートも週末まで指値しています。


    娘が借りてきた本ですが、「ハリーポッターと賢者の石」を読破しました。
    半日くらいで読めます。
    TVで見たので、わかりやすかったのもあるのですが、一気に引き込まれますね。

    結構、娘が借りてくる本〜恋愛ものとか、図鑑とか〜を読むのもいいもんです。

    いいお盆をお過ごしですかぁ。
    うさみみ同様お仕事の人はもう一踏ん張りですよ〜★
    といいつつ、明日はお墓参りにいってきます。




  • はてなブックマーク - 外国債券の売却
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 17万アクセスありがとうございます

    一昨日の夜、17万アクセスを達成しました。
    いつもご訪問いただいている方に感謝です(^^♪

    こういう節目は大切にしたいと思っています。ブログ開設2年まであと1ヶ月少し。

    まだまだ、暑いですけど、元気にやっていきましょう(^_-)-☆




  • はてなブックマーク - 17万アクセスありがとうございます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • その他アセットクラスの配分について[2008-17]

    その他アセットクラスは、「リート」と「商品」を基本に考えています。
    ただし、「商品」については、香港H株の中で資源系の銘柄を多く保有している点、豪ドルやランドといった資源国通貨を保有しているので、無理に商品に投資する必要性は薄いと思っています。

    資源系の株を保有することでコモディティの代用と考えていましたが、そうはならないような気もし始めています。ただ、こんなにコモディティが高い時に買おうとは思いませんが。


    「リート」については、「理想配分を考える上での方向性」で書きましたが、
    >これまでは、J−リートは高嶺の花だったことと、不動産を持っているので、資産配分上不動産に偏るのは問題があると考えてきましたが、資産も増えてきてそのあたりの懸念も薄らいでいるし、J−リートの利回りが随分高くなっていることから、本気で取り組んでいく方針です。

    このような方針を考えています。
    サブプライムローン問題をきっかけに、不動産をめぐる市場環境は逆風が強い状態でこの状態は当面続くと思われます。
    長期的な視点で考えると、これまではリートは高すぎて買えなかった状況から一転して、地獄の様相となってわけで、思い腰をあげる環境が整いつつあるように思います。

    これまでの検討で
    ●安全資産(流動性資産+日本国債)=44.7%
    ●日本株の割合=20%×0.4=8%
    ●海外株の割合=20%×0.6=12%
    ●外国債券の割合=45%−12%=33%
    としました。

    単純計算でその他アセットクラスを計算して見ると、
    ●その他の割合=100−44.7−8−12−33=2.3%
    となります。

    7月末時点のその他アセットクラスの現況は、0.5%となっています。
    とりあえずの目標として、2.3%は悪く内容に思います。
    状況によっては、タクティカルアセットアロケーションを発動してあと2%上げるとか対応すればいいかもしれません。

    これまでの結果は、運用している感覚からしても概ね妥当ではないかと考えました。

     




  • はてなブックマーク - その他アセットクラスの配分について[2008-17]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 読む本や見るサイトがにてくる、だが…

    いただいたコメントです。
    >いつも思うのはうさみみさんのお読みになっている内容は私と重なるものが多いなぁ...って(*^。^*)

    投資の方向性が同じであれば、ぶつかる壁もにてきますし、同じサイトを読むってことは自然ですよね。
    投資をされている人は、本もたくさんよんでいるはずですが、にたような方向性の本を読むのも自然ですよね。
    そういう人たちが、相互リンクでつながっていくのも自然ですね。


    ですが、みんな同じスタンスとなるのかというとそうではないですね。

    例えば、澤上さんの本を読んで、影響を受けたとします。
    うさみみの場合は、「市場が低迷している時に断固買う」ということと、「タクティカルアセットアロケーション戦略」について影響を受けました。
    別の方は、「海外投資はせず、日本株に特化する」という影響を受けるわけです。


    岡崎良介さんの「フリーランチでいこう」を良書と紹介している人がいたとします。
    うさみみの場合は、「外国債券:株式(海外+日本)=7:3がバランスがいい」という部分を影響を受けてました。
    良書と紹介していても、株式中心に運用されている人もいます。


    株式と外国債券の割合がどちらが多いかなんてのは、アセットアロケーションでは大きな問題でしょう。
    投資の方向性が相当違うと思われます。

    ゆっくりじっくり投資をしていこうといっても、ほんと人それぞれであるし、どれが正解なのかは分からない世界なんですね。

    だからこそ、「ちょっとした悩み」とか「心の葛藤」とか、「失敗談」とか、そういう一見価値のなさそうな日記が、面白かったり、考えさせられたりするんですよね。

    教科書的なことは、みんなだいたい本を読んで勉強しているんですよね。
    自分の言葉で書いていないブログは、やはり、何かの本かサイトの引用だったり、教科書どおりだなって見透かされてしまうんだと思います。

    なかなか難しいんですよね。自分の言葉で書くってね(^^♪




    資産運用の話ではないので、興味ある方だけどうぞ(^^♪
    FC2で「退屈力」と「高度刺激社会」をUPしました。

    もうすぐ17万アクセスなんですが、今日中に行くのかどうか。。ドキドキ(笑)



  • はてなブックマーク - 読む本や見るサイトがにてくる、だが…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ブログを書いていて嬉しいと思うこと

    昨日の日記では、久々にアセットアロケーションの配分をUPしました。
    アセットアロケーション〜2008年7月末時点の配分
    本当は6月末の分をUPするつもりだったんですが、忘れていました(笑)


    >ほぼ毎日読みにきていますので、エントリー楽しみにしています(*^。^*)

    昨日のコメントに書いていただいたのですが、ブログを書いていて何が一番嬉しいかっていうと「コメントをいただく」のが嬉しいです。感謝です(^^♪

    正直言って、うさみみのブログは、「最新情報もない」し、「どれかの投資分野に特化しているわけでもない」ので、どういうところを見てくれているのかは非常に気になります。

    あっ、毎日更新しているのがこのブログの売りかもしれません。
    家にいない時以外は、更新するのが日課です。
    忙しい時はどうしているかというと、書き溜めているものをUPしています。


    うさみみが思うに、このブログは、「投資」だけでなく、「人生設計」、「支出のコントロール」といったお金の事を書いているわけですが、「うさみみの経験とかやってること、考えていること」を書いている自分勝手なブログなだけに、「書くネタが尽きない」のだろうと思います。

    今日は、ネタがないなんて思ったことは1度もないんですよね。
    それだけに、一貫性がないかもしれません。

    うさみみは楽しくやれればよいなって思っています。
    時に意見が合わないってこともあるんですが、「人それぞれ環境も考え方も違うというあたりまえのことを意識しだしてからは、すごくいろんな意見が楽しく読めるようになりました」
    そうなんです、みんな違って当然なんですよね。


    うさみみもいろんなブログのお邪魔して、いろんな考え方に触れることが楽しみです。
    特に、「そこでしか読めない情報」であったり、「自分の考え方をしっかり書かれる」ブログに心を打たれます。
    そういったブロガーさんに、相互リンクをお願いするのですが、遊びにいきやすくなるのがいいですね。

    こうして、世界を広げつつあるわけですが、やはり、いろんな心地よい刺激を感じます。
    うさみみ以上に勉強されて、実践されている人たちばかりですものね。
    長くブログを続けるというのは、なかなか大変であり、だからこそみんなに読まれるんでしょうね。
    うさみみもそういうブログを書いていきたいと思います。


    このブログも最近になってアクセス数が増えてきました。
    ずっと1日200人台だったのに、少し前に300人台が定着したと思えば、400人台が定着し、最近は500人台の日の方が多くなってきました。
    3日は653アクセス、昨日は643アクセスと半年前に比べて倍以上に増えています。

    相互リンクが増えている過渡期ですので一過性のものなんでしょうが、一過性ではなく定着していただけるように頑張っていきたいと思います。
    特に、コメントをいただけるとうれしいです。励みになります。

    相互リンクも募集しています→→→相互リンクについて
    うさみみのブログに興味をもっていただいている方、大歓迎です(^^♪


    そうそう、「うさみみへの質問」も引き続き募集しています。


    セカンドブログFC2の方でも週数回の更新をやっています。
    更新情報はこのブログでもできるだけ書いていきます。昨日の日記は→不安をもたないことはないはずだ
    こちらもよろしくおねがいします(^^♪







  • はてなブックマーク - ブログを書いていて嬉しいと思うこと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 外国株と日本株の割合をどう決めるか[2008-16]

    株式資産の割合を20%と決定したとしても、外国株と日本株の割合をどうすればいいかを決める必要があります。

    うさみみとしては、海外資産重視という風に考えていますが、日本株と外国債券の相性はよいとされていることもあり、日本株をゼロにするという考えは持っていません。

    去年は、外国株:日本株=6:4にしていました。
    やや外国株重視ということでした。
    運用する中では、この配分で特に問題はなかったので、特に買える必要を感じていません。


    山崎元 ホンネの投資教室の第七十回 ETFを使った個人資産運用〜簡便法〜において、

    「上場ファンドTOPIX(1308)」と「iShares MSCI−KOKUSAI(TOK)」をどの配分で組み合わせるか理想的かの検討が書かれています。

    (抜粋引用開始)
    >投資配分の決定は、理屈に忠実に行うなら、リスクとリターンの関係を勘案して決まる。リスクについては、大本に帰ると、リスク資産への配分額の決定に当たっても重要なので、具体的なデータに当たってみることにしよう。
    >リスクの推計方法については、「これが正しい」と一意的に言える方法があるわけではない。そもそも、将来は過去の単純な延長ではないし、過去のデータを使うとしても、何年のデータを使うのがいいのかは、分析者の判断によるとしか言いようがない。...(中略)...
    >簡単すぎて拍子抜けするかも知れないが、TOPIX連動のETFとMSCI-KOKUSAIに連動するETFに、4:6或いは5:5程度に投資すると、簡便法としてはそれなりに合理的なポートフォリオができる。

    http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/investment/yamazaki/in05_report_yamazaki_20080118.html

     

    うさみみがこれを再検証する術がないので、この分析結果を参考にするのは自己責任となる。さらに、TOKとうさみみの海外株式の配分は異なる点もちがう。
    そういうことを考えたとしても、たまたまこれまで「外国株:日本株=6:4」でやってきたわけですから、その理屈として悪くないと言えそうなので、当面この考え方をしていきたいと思う。


    さて、ここで条件を整理してみると、
    ●外国資産の組み入れ率:45%
    ●株式資産の組み入れ率:20%
    ●「外国株:日本株=6:4」

    となる。

    ここから計算すると、
    ●日本株の割合=20%×0.4=8%
    ●海外株の割合=20%×0.6=12%
    ●外国債券の割合=45%−12%=33%
    ということになる。去年と変化はないがこれでいいと思う。

    これまでは、その他アセットクラスについては一切検討してこなかった。
    ここをどう考えるかが最後の課題となる。




  • はてなブックマーク - 外国株と日本株の割合をどう決めるか[2008-16]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • アセットアロケーション〜2008年7月末時点の配分

    うさみみファンドの7月末のアセットアロケーションです。


    200807配分.gif 200803配分.gif


    <3月末の投資配分⇒7月末の投資配分>
     ●流動性資産     [10.2%]⇒[27.4%]    
     ●日本債券       [38.5%]⇒[32.0%]
     ●日本株        [ 7.6%]⇒[ 7.4%]
     ●外国株               [10.3%]⇒[ 9.7%]
     ●外国債券            [33.3%]⇒[23.0%]
     ●その他資産          [ 0.1%]⇒[  0.5%]

    ■外国資産割合        [43.6%]⇒[32.7%]
    ■株式資産割合      [17.9%]⇒[17.1%]
    ■リスク資産割合    [51.3%]⇒[40.6%]


    3月末から大きくリスク資産を減らしています。
    理由は、外国債券のうちのFXのポジションを手仕舞いしたからです。

    うさみみの投資では、長期投資を基本にしていますが、3割を上限に中期での売却もやっていく方針で運用しています。
    その中期投機枠をすべて手仕舞いした状態となっています。

    この間、トヨタアセットバンガード、J−リート、インドSENSEXETFを7月に買い増ししました。
    現在の状況は、投資余力がありあまっている状態といえます。


    もう少し積極的にいっても良かった気がしますが、ポジションが減っていることに対して以前のようなあせりを感じないので、これでいいんだと思います。
    また、買い基準に入れば、機械的に買って行きたいと思っています。

    ●見捨てられているセクターである「J−リート」を1つ狙っていく
    ○トヨタアセットバンガード、1306ETFは買い基準に入れば淡々と買う
    ●ドル以外の外貨を買い戻す

    方向としてはこの3つだと思っています。
    とにかく、買い基準に入れば躊躇なく機械的に買い増ししていくのはもちろんですが、余力を切らさないようなペース配分をしていきたいです。
    7月の買い増しの水準よりやや多めにくらいがいいのかなって思っています。





  • はてなブックマーク - アセットアロケーション〜2008年7月末時点の配分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • すき家の牛丼を食べました

    北京オリンピックから目が話せません。
    ウエイトリフティング女子48キロ級の三宅宏実さんが6位入賞、大城みさきさんが8位入賞ですね。 おめでとうございます(^^♪
    男子柔道60キロ級の平岡拓晃さんは初戦で敗れ残念!
    あとは、女子柔道48キロ級のやわらちゃんの応援です。

    妻と子供達はトランポリンにいっています。


    今日は、昼ご飯にすき家の牛丼をいただきました。

             
    昼前に届いて早速いただいたんですが、あっさりと美味しかったです。
    妻はどこかのサイトでずいぶん安く買ったようです。
    普通は10パック3000円くらいらしいが、2000円だったようです。

    こういうのもたまにはいいですね。

    妻がアルバイトにいくと、結構、いろんなものが食べられますね。
    うさみみの給料が低いから……(笑)
    自分で稼いだお金だと気兼ねなく使えるというのがあるようです。
    生活にいつもと違う潤いがあるのもいいものです(^^♪





  • はてなブックマーク - すき家の牛丼を食べました
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 理想配分を考えるためにまず決めること[2008-15]

    理想配分を考える上で基本にしているのは、この2つです。
    ●外国資産の組み入れ率を決めてください。
    ●株式資産の組み入れ率を決めてください。

    ちなみに現在の理想配分の考え方は、
    ●外国資産の組み入れ率:45%
    ●株式資産の組み入れ率:20% としています。
    これで、リスク許容度が全資産の▼10%と想定しています。

    今回の見直しでは、この部分については、いじる必要性を感じないのでそのままにしておく予定です。

    今後の方向性ですが、外国資産をに徐々に引き上げていく、株式資産を徐々に引き上げていく方向になると思います。

    株式の割合が20%と低いわけですが、仮に安全資産を除いた場合で考えると、
    20%÷0.55=36%ということになります。
    これでもおとなしいですね(笑)
    うさみみ家は、外国債券が中心で考えています。

    「60歳1億円」という目標を達成する上で、投資の成果は考慮していません。
    投資の役目はもちろん資産形成のためですが、最低ラインとして、インフレによる通貨円の目減り分を補えればよいと考えています。
    つまり、期待リターンは年3%程度あればよいと考えています。
    ですので、比較的リスクの少ない(=変動幅の小さい)外国債券が中心の戦略をとっております。




  • はてなブックマーク - 理想配分を考えるためにまず決めること[2008-15]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • マネックス証券での外国債券の売却金について

    先日書いた日記、ちょっと考え中です。(加筆しました)で、検討していました、 マネックス証券販売の、豪ドル建てディスカウント債ですが、購入を断念しました。

    豪ドル債券の取扱はどこもすくなく今回はなかなかいい債券であったし、利回りも申し分なく、豪ドルも下がってきている〜買い条件がそろっていたのですが…。
    以下の理由で断念しました。


    (マネックス証券にメールで確認したことの抜粋)
    大変恐れ入りますが、現状といたしましては外貨建てMMFで受け取り可能となるのは利金と償還金のみのとさせていただいており、ご売却(中途換金)の際の売却代金は、全て日本円での受け取りとなります。


    うさみみとしては、売却金が外貨決済できるようにと要望を出しておきました。

    もう1点、マネックス証券が売却の時にどういう対応となるのかも少し心配です。
    債券を多く取り扱っている大手に比べて不利な条件での売却となるのかどうかも心配です。


    売却金を外貨決済できないのは、うさみみとしては致命的で、もっと早く調べておくべきでした。
    同様の問い合わせを三菱UFJさんにもしております。


    それにしても、豪ドルが下がってきています。
    うさみみとしては、97円あたりで買い戻しをしたいと考えています。
    くりっく365か外貨MMFかどちらかで。



  • はてなブックマーク - マネックス証券での外国債券の売却金について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 震撼

    今日上場のIPOはどちらも公募割れということのようです。
    他の方のブログで知りました。

    ●ベンチャーリパブリック、初値2,800円(-6.66%)終値は2,760円
    ●トライステージ、3,000円の売り気配値付かず。公開価格は4,000円

    初日で割れ方向で値がつかないというのは、うさみみは初めて聞きました。
    これは震撼です。
    ただ、明日、上げ方向で気配がつく可能性がないわけではないですね。

    妻は全部はずれだったのですが、IPOというのは確率的には儲けやいものの、運次第なんだなって改めて思いました。
    そして、あくまでセカンダリーが儲かるからこそ初値が上がるということです。
    市場環境がよければ、いい初値がついたかもしれません。

    市場環境が悪く公募割れが続くことも去年くらいからありましたし、秋はだいたいそんな感じのようにも思います。(まだ夏ですが)
    こういうことも今後の当選確率に響いてきます。諦める人が増えればそれだけ当たる確立も上がるのかもしれません。




  • はてなブックマーク - 震撼
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 理想配分を考える上での方向性[2008-14]

    これまでの検討を踏まえて、理想配分を決めていきます。
    去年の検討から考え方に変化はありませんが、1つの挑戦として「J−リート」への配分を本格的に検討しようと思います。

    これまでは、J−リートは高嶺の花だったことと、不動産を持っているので、資産配分上不動産に偏るのは問題があると考えてきましたが、資産も増えてきてそのあたりの懸念も薄らいでいるし、J−リートの利回りが随分高くなっていることから、本気で取り組んでいく方針です。
    これが今回の検討の中心になります。

    いずれ詳しく書きたいと思っていますが、うさみみの考えるアセットアロケーションは、一旦配分を決めたらほとんど変化させずに積み上げていくという感覚とは少し違います。

    原則として逆張りの発想で、資産配分を緩やかに変化させるという発想をもっています。
    「どのアセットクラスにどれだけ配分するか投資の成果のほとんどを決めると言われています」が、そういうことに投資検討の時間を費やしていきたいと思っています。
    世界経済の状況に応じてうさみみ自身が考えて変化させていくということです。

    例えば、
    ●金利が高い時に金利低下を想定するなら、債券の配分を増やしたり、外貨MMF(変動金利)を外国債券(固定金利)にするといった、タクティカルアセットアロケーション(TAA)戦略を考える
    ●株の低迷期にはより安く買える株式の配分を増やす、リートの利回りが上がればリートの配分を増やすといったように、通常のリバランス以上の変化をつける。
    など、そういうことに頭を使っていきたいと思っています。

    TAAといっても、20%の配分のものを30%にしたりとかの極端なものではなく、20%を23%にするとかという程度のものです。
    うさみみの場合は、以前のエントリーで、リスク許容度を導き出すためにつかった、「外国資産の組み入れ率」と「株式資産の組み入れ率」から決めていくようにしています。

     




  • はてなブックマーク - 理想配分を考える上での方向性[2008-14]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • マネックス証券 内藤忍さんのメッセージが聴けますよ。

    先日の日記でご紹介させていただきましたセゾン投信さんからの熱いメッセージに引き続き、「やさしい株の始め方の管理人ひっき〜さん」が、マネックス証券本社に取材をされ、あの内藤忍さんに直接取材された、レポートがUPされました。

    内藤忍さんといえば、うさみみにとっては今の投資スタンスに直接影響を受けた、尊敬する人の1人ですので、楽しく読ませていただきました。
    うさみみのブログで現在アセットアロケーションの検討をしています(→アセットアロケーションを決めよう(2008))が、投資の戦略部分の骨格なんですよね。

    そのあたりのことは、うさみみのHPアセットアロケーションを勉強しように書いています。

    ※うさみみのHPは投資を始めた頃から放置状態です。ひっき〜さんを見習ってシッカリ書いていかなければと思うのですが、なかなか…でも、いつかやります(^^♪



    【マネックス証券への取材内容】
    マネックス証券に取材
    みなさんへのメッセージ
    みなさんへのプレゼント


    ある程度、投資を経験し、内藤忍さんの著書を読まれている人には、目新しいことはないかもしれませんが、内藤忍さんからの音声メッセージは必聴ですよ〜★
    そして、投資をこれから始める、もしくははじめたばかりの方は、内藤忍さんの発する言葉1つ1つに耳を傾ける価値があります(^^♪

    プレゼントも内藤忍ファンにはお宝です(笑)


    ひっき〜さんのブログはこちら↓
    株初心者入門ブログ たまごの投資日記




  • はてなブックマーク - マネックス証券 内藤忍さんのメッセージが聴けますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • リスク許容度を想定しておく[2008-13]

    「家計のリスク許容度」と「心のリスク許容度」を考えながら、うさみみ家のリスク許容度を検討していきます。

    この点に関しては、去年検討したことと全く変化はありません。
    ですので、去年書いた日記を整理していきたいと思います。


    ●資産運用する場合に、まず最初にどこまで損しても良いか(=リスク許容度)から考えていきます。

    リスクという言葉の定義ですけど、金融の世界では、「リスク=予測可能性の尺度」であり、プラス方向とマイナス方向の両方があります。

    ●うさみみの許容できるマイナス方向のリスクは、「1年間で▼10%〜▼12%」に設定しています。
    ●運用してみるとあらかじめ想定していたリスク許容度より、精神的な不安に対する心のリスク許容度の方が小さくなる瞬間があります。

    これまでの経験で「心が折れない」のはどの位の下落かを考えると、▼12%くらいならなんとか許容の範囲でしょう。

    安全資産の割合を45%とするわけですから、全体資産の▼12%の下落というのは、リスク資産に限って考えると▼22%〜24%くらいかな。安全資産は通常元本割れしないからね。

    ここで考えておきたいのは、リスク許容度として考えた「▼10%〜▼12%」というのは1年間の最大下落であって、2年連続そうなっても耐えれるかくらいは検討しておく必要があると考えます。

    たとえ年間▼12%となっても、うさみみ家の場合は「支出のコントロール→貯蓄」というキャッシュフローがあるので、なんとか対応していけると考えます。


    リスク許容度をどう考えるかが、それぞれ家庭の事情があるので人それぞれですよね。







  • はてなブックマーク - リスク許容度を想定しておく[2008-13]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • オーブン陶芸に初挑戦

    昨日は地元の花火大会に行きました。
    なんか、数が少ないような気がして、景気悪いんだなって思っちゃいました(^^♪

    娘は以前いっしょに花火を見たことを忘れているようで、遊びにつれていったことも結構忘れてるんですよね。
    東京ディズニーリゾートもそのうち忘れちゃうんでしょうか(笑)


    今日は、陶芸にいそしんでいました。
    本を見てやったのですが、相当苦戦。。。ハムスターのお家は断念しました(~_~;)
    でもやっぱ、粘土をいじるのっていいですよね。
    段々楽しくなってきました。。。ただ、最後の片付けがめんどい。。。

    1週間乾燥させて、オーブンで焼くと完成です。
    ちょっとやばいものもありますが、なんとかなるでしょう。

    市の広報に、陶芸教室の案内がありました。行きたいけど仕事やすまないといけない。
    やっぱ無理かな。。。とりあえず仕事次第です。


    FC2の方は、うさみみ家の家の購入について書きました。
    戸建て住宅を買うという決断

    しばらくはこのシリーズを進めていきたいと思っています(^^♪




  • はてなブックマーク - オーブン陶芸に初挑戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 「心のリスク許容度」を考えるからこそ[2008-12]

    前回の日記、「心のリスク許容度」も考えるようにしよう[2008-11]のつづきです。

    アセットアロケーションの理想配分の検討には関係ない脱線話なんですが、話の流れで書いておきたいことがあります。

    以前の日記で、
    >関連するブログに書いているのですが、去年11月と今年3月にかけてのリスク投資の評価減は、うさみみの心に大きな影響を与えました。
    と書きました。

    はずかしながら、「何のために投資をやってきたのかという脱力感」を感じました。
    一方で、妻のやっているIPO投資は、揺るぎのない確定利益が残っている。。。この大きな差に対する動揺がありました。

    でも、今は、リスクを取るってそういうことなんだなって思うんです。
    そして、上がれば上がったで、下がれば下がったで、心がかき乱されるんだなって。

    みなさんも、同じような気持ちになったことがあるんじゃないかな。
    全戦全勝でない限りね(笑)


    今の市場は軟調ですが、3月と同じような気持ちの人もいるかもしれません。
    うさみみも場合は、外国債券アセットクラスの割合が多いので、円高になっていない分3月よりましですが、海外株式の配分の多い人はしんどいかもしれません。
    このように配分によっても受け止め方が変わってきそうです。


    3月の時の気持ちを裏返せば、高い時に買ったものが足を引っ張っているわけですが、はっきり言って日本株とFXでした。
    その他はしっかりと概ね低い水準で拾ってきてることもはっきり認識できるわけです。

    つまり今すべきことは、所定のルールに従って機械的に買い増しすることであり、同時に余力を切らさないような投入の仕方をあせらずにすることだと思います。




  • はてなブックマーク - 「心のリスク許容度」を考えるからこそ[2008-12]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。