ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  2008年04月
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 「気になる他人の財布は?」のデータ更新+期待資産額は日本で使えるのか?

    うさみみのホームページの「気になる他人の財布は?」のデータをH17のものから、H18のものに更新しました。

    日本の家計調査のデータとリンクしてますので、ご参考になればと紹介します。



    実は、今朝の日記「期待資産額の計算式についての記事訂正」のコメントに書いているんですけど、

    期待資産額の公式は、日本でも成り立つのかという検証をしてました。
    それで、総務省統計局のデータが更新されていたのを知ったのですが(笑)

    いろいろ手をつくそうとしているのですけど、年齢別年収と年齢と純資産のデータを探すのに四苦八苦してました。


    実は、年収500万円以上の細かい検証をした方が成績が悪いという結果に…。
    ちょっと訳わかんなくなってます。

    ただ、正しい分析をしようとする必要もなく、概ね当てはまるかどうかってことでさくっとした検証だけ記録しておきます。


    上記のうさみみのHPにあるデータから、
    ●平均年収:52.6万円×12=631万円
    ●世帯主年齢:45.4歳
    ●平均貯蓄残高:1728万円


    期待資産額=年齢×0.112×所得=45.4×0.112×631=3314万円

    3314万円の半分が1657万円ですから、平均的日本人は蓄財劣等性という結果です。


    ただし、この公式の使い方に、「自宅評価を入れるのか」とか「日本の統計の貯蓄額には相続分が含まれていると思われる」など正式な検証ではありません。
    厳密な検証をする必要性があるとは思ってませんが、何か良いデータをお持ちの方は教えてくださいね。


    「60歳1億円」を目指す立場としては、うさみみにとって、自分が蓄財優等生を目標の1つにすることに意味を感じられるかどうかを自分で判断したいだけです。

    そして、読んでいただいた方も同様に、「期待資産額を目指す」とか、「蓄財優等生を目指す」価値があると思えるなら、目標の1つに考えるのもいいかもしれません。


    この件については、現在、資料作りをしています。
    最終的に、うさみみなりにまとめる予定です。



    スポンサーサイト
  • はてなブックマーク - 「気になる他人の財布は?」のデータ更新+期待資産額は日本で使えるのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 定期預金の満期

    ある銀行の5年定期預金(年利0.7%)が満期になりました。
    100万円元本で、利息が35,591円で、税金を引かれて28,474円でした。

    このブログに来られる人は、投資をされている人が多いので、よく5年も預けたなぁぁぁと思われるでしょうね。

    5年前のうさみみは、定期貯金しか知らなかったし、外貨投資の勉強をようやく始めたころだったと思います。

    年利0.7%と利回りも悪かったんですけど、当時はゼロ金利でした。
    コアCPIを見ると、物価上昇率と遜色ないのでラッキィでした。

    3月末時点のアセットアロケーションを見ると、我が家では、定期預金などが38.5%の配分で主力になってます。
    この数字を多いと思うか、少ないと思うか。。。それそれでしょうね。

    この満期金ですけど、全部回収して、とりあえず流動性資産に入れておきます。
    使途はまだ不明です。

     
  • はてなブックマーク - 定期預金の満期
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 期待資産額の計算式についての記事訂正

    以前ご紹介した、期待資産額の計算式 について、誤りがありましたので訂正します。

    期待資産額=年齢×0.112×所得

    これより上が「蓄財優等生」で、下が「蓄財劣等性」だそうです。

    期待資産額の2倍の資産を持っている場合⇒「蓄財優等生」
    期待資産額の半分の資産しかない場合⇒「蓄財劣等性」


    ということでした。



    この公式は、『となりの億万長者』の著者、トマス・J・スタンリー氏が『なぜ、この人たちはお金持ちになったのか』で書かれていたものです。

    いろいろ調べているうちに、間違いに気がつきました。
    お詫びして訂正いたします。


    最初はなんでもないと思ったこの公式ですが、人生設計の5つの要素を説明するにはいいかもしれないと思いました。
    おいおい、更に掘り下げて、考えていくつもりです。




  • はてなブックマーク - 期待資産額の計算式についての記事訂正
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 登山へGo

    今日は、家族4人でで登山にいきました。
    登山っていっても、374mの山、有馬富士です。

    朝9:30、兵庫県立有馬富士公園から出発です。
    山頂までは、約50分です。


    有馬富士2008 001-2.jpg



    福島大池の脇の登山道からしばらくは、舗装路でした。
    うさ姫は、「山登りやのに!」って文句言ってました。
    でも、山頂近くになると、岩場を登る感じになります。ようやく登山らしいっす。


    有馬富士2008 023-2.jpg



    うさみみにとっては、リハビリのつもりでした。
    1日9kmはなんなくあるけるけど、足を上げるとかふんばる力はまだまだとおもったから。

    写真の通り、みみ姫はドンドンのぼっていきます。
    彼女は4歳の時に、既に、武田尾の桜の庭の上の方まで登ったことがあります。

    うさ姫は小さいのもあるけど、赤ちゃんのときに股関節脱臼のおそれがあって、矯正していたのもあって、体力があまりない。
    うさ姫にとっての自信になればと思ったから。


    有馬富士2008 028-2.jpg


    最初は調子のよかったうさ姫も、「いつつくの?」って何度も何度も聞いてきます。
    「山頂ってのは一番高いところだから周りにもう高いところがないとこまでだよ」
    言葉でいってもこどもは分からないんだよね。
    見たことない世界は、見せてやるのが一番早いです。

    うさみみもちょっときついなっておもいつつ山頂に着きました。
    写真は証拠の水準点です。
    山頂では、キヨミタンゴールをいただきました。一気に疲れが飛びます。


    有馬富士2008 029-2.jpg


    山頂近くからの福島大池です。
    下りは、初心者向けロッククライミングのような岩場を下りました。
    うさみみは、最初だからあえてロッククライミングコースを避けたんだけど、いくというのんだから。


    有馬富士2008 030-2.jpg


    写真では、分かりにくいですが、手を使わなければおりていけません。
    でも、これは娘達にとってはいい経験だったかも。。。


    このあと、ある生き物を捕まえたんですけど、長くなったのでその話は今度に。




  • はてなブックマーク - 登山へGo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 投資にはスケールメリットがあるのか

    昨日、図書館で日経マネー6月号を読んで、優良投資家の貯蓄率と金融資産のアンケート結果を見ながら思い出しました。


    そういえば、紙魚さんのブログでのコメントのやりとりで、「投資にスケールメリットがあるのかどうか気になる」という、話題になったのを思い出しました。


    結論を言ってしまえば、スケールメリットはあるの一言ですが、いろいろ考えると面白い話題かなと思います。


    なにか、スケールメリットについて思うことってありますか?




  • はてなブックマーク - 投資にはスケールメリットがあるのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ユークスの株主優待が届きました。

    あれ、うさみみが株主優待?って思う人いませんでしたかぁ。

    個別株は、NTTとユークスだけ持っているんですよ。ずっと。

    ユークスの去年の優待は、なんと「バスタオル…」
    そんなのいるかぁぁって報告もしませんでした。


    今回は、おぉぉぉぉぉDSのゲームだぁぁぁ。

    4000円相当の「ハメコミ」ってゲームでした。。。まあまあいいじゃん(^^♪



  • はてなブックマーク - ユークスの株主優待が届きました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • こいつら、どんだけ〜本読むつもりやねん…。。

    今日は、病院に行って1か月分の薬をもらってきました。
    1ヵ月後、ピロリ菌の検査をして、全滅しているか確認します。

    そのまま図書館にいったんですけど、開館の30分前についちゃったので、返す本を読んで待ちました。

    図書館では、日経マネー6月号とエコノミストを読みました。

    日経マネーは海外ETFの特集で、最近うさみみがおじゃましている「かえるさん」がコメントを書かれていました。
    有名どころと同等の扱いです。大役ご苦労様でした(笑)

    うさみみも海外ETFは気にしてますけど、まだ、シフトするだけのポジションは無いし、もっともっと競争するまで待っていようと思います。


    うさみみが気になったのは、
    投資家の貯蓄率と金融資産のアンケートでした。
    このアンケート結果は、全部メモしてきました。
    うさみみの研究にも使えそうで、ラッキイでした。


    貧乏人のデイトレ金持ちのインベストメント(北村慶)があったので、懐かしさのあまり借りました。
    あと5冊借りようとしたんですけど、

    貸し出しできないといわれました…。
    なんと、予約してるので借りる枠がのこってないってことみたい。
    家族4人分のカード×6の24冊借りれるはずなのに、3冊しか借りれないって…。

    予約の本がどんと来てたので、それも重い思いをして持って帰りました。

    みみ姫が、自分でいって予約してきた本もありました。
    もう、親がついていなくても、友達といろんなとこでいろんなことができるんだなと感じました。

    かあもさんも、最近、金融本や金持ち本を熱心に読み始めているんですけど、何冊か来ていました。

    そうそう、お勧めいただいた「となりの億万長者」もきてました。
    うさみみもそのうち読みたいと思います。
    それにしても、15冊ほどあるけど、みんなほんまに読むんかいなぁ。。。



  • はてなブックマーク - こいつら、どんだけ〜本読むつもりやねん…。。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ピロリ菌の除菌完了?

    先週の土曜日から1週間、忘れずに抗生物質をのみつづけました。

    薬を飲み始めて日曜日は、下痢になりました。
    いっきに除菌したのかな。
    月曜日はちょっと緩めでしたが、火曜日から問題なし。

    ちゃんと除菌できてるといいなぁ。
    明日、病院に行くんだけど、もう薬はのまなくていいのかなぁ。




  • はてなブックマーク - ピロリ菌の除菌完了?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ブログやホームページをまとめていくことの難しさ

    このブログの記事も900件を超えてきました。
    件数ほどの内容があるのかは別として、まとまりが無くなってきました。

    それにも増して、ホームページの方は3年前からほとんど手付かずです…

    社会勉強ではじめた、ホームページづくりとはいえ、途中でやめるのはイヤです。
    こういうことも1つのスキルだと思うし。


    ブログってやはり手軽ですね。
    それに比べて、ホームページの更新はものすごく大変です。
    作業もややこしいのですが、文書の精査、レイアウトなどとても大変です。
    あと、ストーリー性も必要ですし。


    うさみみのホームページがあるって、知ってる人はあまりいないですよね。
    訪れる人は、ブログの方が圧倒的に多いし。

    ただ、だんだん放置できないと日々感じてきてます。

    3年前は、アセットアロケーションなんて珍しい方だったのか分かりませんが、うさみみのホームページの一部を見ている人は、まあまあいるのではという推測があります。
    メインページではないのが残念ですが…。
    (アクセスカウンターをつけてみました。24549)

    その理由は、
    「アセットアロケーション」のキーワードで、グーグルで検索してみると、
    今日だと5番目に表示されるホームページがあります。
    そのリンクを下にコピペしました。

    アセットアロケーションを勉強しよう(日本株、日本債券、外国株、外国 ...




    実はこれは、うさみみのホームページの一部です

    グーグルの検索って企業も競うほどの激戦だと聞いています。
    しかも、10番目までに表示されるって大変なことじゃないかなと。

    去年は20から30番目の表示でした。
    ここ半年の間に、10番目表示に顔を出すこともあり、最近は10番以内から外れていないようです。

    なんでこうなるのか分からないけど、クリックしてくれる人がいるからでしょうか?

    こうなると、放置してきたことが気になって仕方ないです。
    うさみみだって、3年間のうちに考え方も変わって、経験も積んで進化しているもん。。。一応、進化と書きました。


    まあ、アセットアロケーションなんて、Web界全体ではマイナーでしょうけど。
    でも、これからの時代、このキーワードが重要視されないとも限りません。
    はっきり言って、増えてきてます。
    アセットアロケーションを実践している人は。


    思い腰をあげようと必死に考えています。
    ●この検索ページを、準メインページに作り変えようか?
    ●人生設計のページもつくりリンクを飛ばそうか?
    ●アセットアロケーションの考え方が変わってきているので、見直しは絶対必要だ。

    究極には、どんな独自性を出すのか、までボケッと考えてます。

    ホームページもブログも、「自分の考えを主張する」道具だと思ってきました。
    最近は、それだけでなく、うさみみのオリジナルは何かを考えて、ブログを書いています。

    他の人が体験していないできごとは、だれでも持っていると思います。

    うさみみにとっての「オリジナル」は、「人生設計と投資の融合」のような「投資戦略」を考えていくことではないかと考えて、最近のブログは、それに沿った形にしていっています。

    それに、うさみみ家のデータもいままで以上に公開してきています。

    さらに、楽天ブログ以外にも目を向け、先日、PALCOMさんとの相互リンクが実現しました。

    アセットアロケーションや人生設計、投資戦略といった大きなテーマを扱っておられるブロガーさんたちとの交流も積極的に踏み出していくつもりです。


    うさみみにしか経験したことの無い世界があるわけですから、それをどうまとめていくか、なかなか大仕事です。



  • はてなブックマーク - ブログやホームページをまとめていくことの難しさ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 「まずは資産の一覧表をつくろう」の内容を修正しました

    以前書いた、「資産の一覧表をつくる」のタイトルを、「まず資産の一覧表をつくろう」
    に修正し、文章を少しいじりました。

    意図や伝えたいことは変えてないつもりです。

    さらに、上の図を補足資料として付け加えました。
    少し分かりやすくなったでしょうか。

    本来であれば、読んでいただいた方々への礼儀を考えれば、正誤表的な修正をするべきなんですが、もうしわけありません…。

    ある意図があって、みやすくする必要がありました。
    ですので、こういう形でUPさせていただきました。
    他の記事も順次見直していくかもしれません。。。。



    今回修正した日記はこちら⇒⇒「まず資産の一覧表をつくろう」




  • はてなブックマーク - 「まずは資産の一覧表をつくろう」の内容を修正しました
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 予定の行動をしていく

    回復局面ですけど、周期的にこのピークは4月28日ごろと考えて行動してきました。

    前回の円高時にユーロ建外貨MMFを購入していました。
    狙いは、フランス国債のゼロクーポン債。

    ある債券の利回りを追っていますが、
    3月12日 4.61%
    3月17日 4.60%
    4月3日  4.62%
    4月23日 4.74%

    株高、円安は、債券安となるため、
    この回復局面での仕事は、
    ●FXは段階的決済(中期分)
    ●債券は買い(超長期分)
    という計画でした。

    やっぱ、ここにきてどうしようかなんて考えちゃうのですが、前回暴落時からの計画なので、予定通り進めるべき。
    コロコロかえるのはやめることを決意して、今年は行動しているから。
    そうでないと、この方針が正しいのかどうか見えてこない。
    失敗なら失敗で、今後生かせる失敗がしたい。

    来週月曜日は、病院に行くため、仕事を休むので、注文しようとおもう。



  • はてなブックマーク - 予定の行動をしていく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 期待資産額の計算式

    今読んでる本に、期待資産額の計算式がありました。

    期待資産額=年齢×0.112×所得

    ということのようです。
    どういう風に導き出されたのかサッパリ分かりません。

    これより上が「蓄財優等生」で、下が「蓄財劣等性」だそうです。

    期待資産額の2倍の資産を持っている場合⇒「蓄財優等生」
    期待資産額の半分の資産しかない場合⇒「蓄財劣等性」
    だそうです。


    蓄財優等生がどうの、確か、うさみみの日記のコメントに書かれていた方がおられた記憶があります。
    当時、なんのことかサッパリわかんなかったのですが、このことでしょうか?



    うさみみも計算してみました。答は非公開です。

    お遊びの公式なんでしょうが、
    この公式から考えると、若いうちにこのラインを抜くと、よほどのことがない限り下回ることはないでしょう。

    仕事で稼いだお金を、いかに残し、運用するかってことを測る公式ですかね。



    「60歳1億円」って目標から逆算してみますと、年収1500万円相当になります。蓄財優等生の場合は、年収750万円相当になります。
    うさみみの年収は、60歳になっても、全然、全く及びそうにありませんね…。
    それだけのスキルアップしてみたいものですが、今のとこでは…。



  • はてなブックマーク - 期待資産額の計算式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 投資ブログは活気がない?

    最近の回復局面でも、投資系のブログになんか活気があるような気がしません。
    更新が途絶えたり、投資ネタ以外のネタだけになったり。

    昨年8月、今年3月のピークでは、更新がほとんどなくなるってのは、あったんだけど、これだけ回復してきてもってのは、何か原因があるのかなと思う。

    逆に言えば、その間、淡々と同じペースで更新しているブログにいいヒントがあるということだ。


    淡々と同じペースで更新しているブログにうさみみが感じるのは、

    ●リスク管理に強く言及しているブログが多い。



    あとなんだろ。。。。考えてみる価値が充分にあると思う。

    気付いたことがあれば教えてくださいね。



  • はてなブックマーク - 投資ブログは活気がない?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 健康管理0421+ピロリ菌除去

    退院して初めての報告になりますね。
    退院直後は、BMIが24と達成目標に達しましたけど、今は24〜25の間です。

    入院時の絶食や病院食、絶対安静で一気にBMIが24まで減りました。
    イレギュラーな出来事とはいえ、体重が減ったのはラッキィです。

    しっかりリバウンドを抑えたいところですが、
    筋力低下した分は、リハビリで体重が増えてくるのは仕方ないですが、最近また減りつつあります。

    運動量が回復してきたからだと思います。
    もう通勤で平日9km歩くのは全く問題ありません。
    ただ、駆け足はまだできないです。
    身体活動量は、目標の28Exをなんとかクリアしています。


    土曜日の夜からピロリ菌の除去で抗生物質を飲み始めました。
    昨日は、副作用として心配された下痢になっちゃった。
    今日は、大丈夫でした。
    仕事は問題なくこなせたので、あと4日間、薬を忘れずに飲むことだね。



  • はてなブックマーク - 健康管理0421+ピロリ菌除去
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 薬の副作用

    昨日は、病歴のある方と思わず長話をしてしまいました。
    やはり、症状がでても病気だとは思わないって恐ろしいと思いました。
    うさみみも同じだったから。
    自分の体は自分が分かっているってのは、自分が病気してからはそうだけど、健康なうちはそうではないってことだね。


    今、ピロリ菌除去のための、抗生物質を呑んでます。
    コメントいただいた方は、運良く副作用がなかったとらしいですが…うさみみは…





    おもいっきり、下痢です…。。。




  • はてなブックマーク - 薬の副作用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 1万円×2ゲットと売買報告

    4月14日に、セントラルさんから1万円の入金がありました。

    3月中旬に100万円入金し、取引をしたのでキャンペーンの条件をクリアしてました。

    2週間で1万円ゲットは、ものすごい利回りでした
    うさみみ口座とかあも口座の両方ですので、ダブルゲットです。

    入金した分は、4月に入ってとっとと出金しました。‥‥セントラルさんごめんね!





    先週の金曜日は、ユーロ円が決済されていました。
    指値を下げたのでHITでした。
    回復局面の最終局面に入ってきた感もありますので、指値を変えなければよかったかなと思うんですけど、中期投資ってのは欲張りは禁物だ。

    これにより、セントラル口座から、資金の大半を引き上げました。
    残ポジションは、ランド円2枚で、あとランド円1枚を買えるだけの余力は残しています。
    ランド円のスワップ分で、インターネットの経費の一部を計上するためです。
    今後は、暴落時にランド円を1枚買い付ければ「封印口座」の完成です。

    しかも今回で、投資元本+1万円を回収したので、「タダ口座」でもあります。
    今後どうなろうと、スワップさえ入ってくればよい状態です。



    ※うさみみの投資スタンスは、概ね長期:中期=8:2〜9:1です。投資と投棄の両方をやります。




  • はてなブックマーク - 1万円×2ゲットと売買報告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ピロリ菌退治開始  +報告

    退院してから40日たって、ようやくピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)の除去が始まります。

    今日、抗生物質を7日分いただきました。
    医師の注意点は、
    ●絶対に忘れないように飲むこと
    ●特に下痢の副作用が強く出る場合があるが、下痢くらいでは薬を飲むことはやめないこと
    ●どうしてもしんどい時は、勝手に判断せず相談すること。

    です。かなり強調されていました。


    何故かは、うさみみには分かっています。
    これでも、大学の専攻は農芸化学ですからね(^^♪
    中途半端になると、全滅させられないだけでなく、耐性ができてくるはずです。
    しんどければ、会社休んででも、やりきるぞぉぉ。

    除去の成功率は、70〜80%だそうです。
    ちゃんと、除去できるといいんですけど。

    副作用も気になりますから、それだけに体調を整えないとね(^_-)-☆



  • はてなブックマーク - ピロリ菌退治開始  +報告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 突然倒れた

    突然のことだったけど、緊急事態が発生した。

    通勤電車の帰り、とある駅に停車中、ドアが開いた状態。
    うさみみは、ドアの真横に座っていた。

    突然「ドサッという大きい音と、ゴチンという大きい音」がした。
    振り帰ると、白髪の老人が仰向けに倒れていた。

    一斉に7人ほどが電車を飛び出す。
    倒れた老人に近いドアからでた3〜4人が駆け寄る。

    うさみみは、1つ離れたドアからでた。ただ事ではない。
    電車を発進させちゃダメだ。。と考える。

    1人が緊急停止ボタンを押したのを見て、うさみみは運転士のところに走って知らせに行った。
    まだ、入院の影響で走ることもできなかったうさみみだけど、こういうときは走れるもんだ。

    運転士から車掌に連絡が行って、車掌が走ってくるのが見えた。
    現場にもどると、既に携帯電話で救急車の手配をしてくれた人が見え、駅員さんを呼びにエスカレーターを駆け上がる人も見えた。

    倒れた老人のそばにいた人は、意識のもどった老人を、「この方が楽だから」と横向けに寝かす。
    「大丈夫ですから」と老人声が聞こえたので、意識ははっきりしている。
    もちろん、頭から血を流しているんだから、大丈夫なわけけない。

    すると、駅員さんが駆け下りてきた。
    その時点で既に救急車の手配は最終段階だ。既に救急車は発進しているだろう。

    ほんの一瞬で、それぞれが1つづつ行動を起こした。
    運良く、老人も意識をもどした。

    もし、誰もいないところで倒れていたら…こういうのは運命なんだだろう。


    多分大丈夫だと思うが、大事に至らないことを祈る。
      
  • はてなブックマーク - 突然倒れた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    1つ1つの目標も本質的には人生設計と言えると思う。

     
    いただいたコメントに「人生設計をたてたのは35歳だけど、住宅ローンを10年以内に返すという目標をたてた。なので人生設計をたてたのは31歳になるかもしれない?」と書かれていました。

    疑問符がついていることからも、住宅ローンをいつまでに返すという設定は、ライフイベントの1つに限定されているので、人生設計という言葉の意味合いから考えると、恐らく人生設計とは呼べないかもしれません。

    ですけど、それは人生の大イベントの1つであり、人生設計を立てる意味合いと全く同じ考え方での設計であることは間違いないと思います。
    言葉としてはちがっても、「本質的には人生設計と思っていい」と考えています。

    前回の日記の最後に、「‥ではそれまで、人生設計について何もしてこなかったかといえば、そうではなく‥。」と書きました。
    前回のつづきとして、我が家の歩みを書きたいとおもいます。

    こういう風に歩んできました。
    ●18歳で大学生:一人暮らし生活を経験する(妻も同様)
    ●22歳で就職:就職時点から「結婚のための貯蓄」を行う。
    ●24歳で結婚:DINKs時代。旅行を楽しむ。妻の収入内での生活。「将来のこどもための貯蓄」を行う。
    ●27歳で妻妊娠:持ち家を検討する。「頭金づくりの貯蓄」に変化する。
    ●28歳でみみ姫誕生:持ち家を購入。日々うみだす貯蓄は「繰上げ返済に」。
    ●30歳でうさ姫誕生:第3子はつくらない。「繰り上げ返済に全力を注ぐ」。
    ●33歳で住宅ローン完済:「こどもの教育費のための貯蓄」に変化する。
    ●35歳で投資:老後までの人生設計をたてる。「教育費のための貯蓄」と、「老後のための投資(投棄)」に振り分ける

    ※全てのライフイベントに対して、タイムスケジュールと目標設定は一応ありました。


    このように、人生の節目で「目先の目的」に合わせて(=変化させて)、貯蓄を行ってきました。
    貯蓄の目的が大きなライフイベントにより、コロコロ変化しています。
    これは人生設計と呼べないけど、「本質的には今の人生設計と変わりない」のではないか。
    今、振り返るとそう思えてなりません。

    大きな力となるのは、「早くから備える」ことだと思うんです。
    長い時間を見方にすることは、ものすごく有利だったと感じます。

    投資を始めた人がよく言います。
    「もっとはやく投資(=お金)の勉強しておけばよかった」と。
    お金の勉強をすると、時間の効果がいかに大切か直感的に分かるということではないでしょうか。


  • はてなブックマーク - 1つ1つの目標も本質的には人生設計と言えると思う。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    人生設計〜「ゼロか100」かではないバランス


    たくさんのコメントありがとうございました。びっくりでした(^^♪

    しつこくつづけます。ひきつづき教えてください。
    人生設計(ライフプラン)をたてていますか?

    ●たてている人は、何歳ごろにたてられましたか?
    ●どんな感じの人生設計をたてれられましたか?

    前回の日記のつづきを書きたいと思います。

    自分が35歳の時だったから、そう思うのですが(笑)
    老後までの人生設計をたてるのは、30歳台〜〜あえていうなら「35歳」あたりがポイントではないでしょうか。

    (コメントを読ませていただいて、さらに確信しつつあります。)

    30歳台あたりで考え始めて、計画と現実とのギャップをすり合わせしていく感じでしょうか。

    では、それまでは何もしなくていいのかですが、
    ●どういう人生をおくるかわからないので楽しくすごせば良い
    ●どういう人生をおくるかわからないから、なにか準備をはじめておこう
    に分かれていると思われます。

    人生設計というのは、長期になればなるほど見込みどおりにはいかないので、前者に考え方もでてこようかと思います。
    ですが、こういう「ゼロか100か」の考え方では、発展していく余地がなさそうです。
    その点、後者の考え方は、今は50点でも、60点、70点へ発展する余地があります。
    将来が不確定なら不確定なりに考えることも大切だと思うんです。

    将来のため、今を楽しむためのバランスを考えることも大切だと思います。

    「まだ、人生設計なんてたててないよ」って人もいると思います。
    安心してください。本格的な人生設計を立てていないから「何もしてないということではない」はずです。

    私が「いつまでにいくら」という形の、老後までの人生設計たてたのは、35歳です。
    寄せていただいたコメントの中では遅い方です。

    ではそれまで、人生設計について何もしてこなかったかといえば、そうではなく。
    (結局、前回と同じくだりで終わっちゃった。。。)
    次回につづく。ドテ!!

    (すみません、健康第一で寝ます。)

     
  • はてなブックマーク - 人生設計〜「ゼロか100」かではないバランス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    本格的な人生設計をたてられるのは30歳台あたりかな


    ひきつづき教えてください。
    人生設計(ライフプラン)をたてていますか?

    ●たてている人は、何歳ごろにたてられましたか?
    ●どんな感じの人生設計をたてれられましたか?

    私のことを書きますと、「いつまでにいくら」の人生設計をたてたのは35歳です。
    人生設計を意識している人は、30歳台あたりで立てられる場合が多いのではないかと思います。

    それは、
    ●どんな仕事に就くのか
    ●結婚するかどうか
    ●こどもをつくるかどうか  こどもは何人つくるか
    ●家をもつのかもたないのか

    がはっきりしないと、人生設計がみえてこないからです。

    私の場合、35歳ですけど、そのあたりが確定しているから、最終目標を考えられるようになったと思います。
    では、35歳までなにもしなかったかといえば、実はそうではないんですよね。
    人生設計全体がみえていなくても、それに準じることは多くの人はやっているはずです。
    だから、まだ人生設計たてていない人も、これからじっくり考えていけばいいと思います。

     
  • はてなブックマーク - 本格的な人生設計をたてられるのは30歳台あたりかな
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    人生設計たててます?


    突然ですが、人生設計(ライフプラン)をたてていますか?

    ●たてている人は、何歳ごろにたてられましたか?
    ●どんな感じの人生設計をたてれられましたか?
    ●たてていない人は、なぜですか?
    ●この先も立てられる予定はないのですか?

    以前書いた日記、「なんか切なさが消えません」にたくさんのコメントをいただきました。

    ●他人事ではない
    (ほんとそうです。人生何が起こるかわからない。)

    ●稼ぎより出費を抑えるという一番基本的な部分がくずれる事の怖さを感じました
     (見得などで抑えられない支出のために働かざるを得ないという思考回路から抜け出せないことは本当に恐ろしいです。)

    ●高収入=金持ちではない。低収入でも守りのしっかりしている人が金持ちになるのだ
    (支出のコントロールが出来る人は、人生のコントロールする力も高いと思います。)

    ●日本はファイナンシャルリテラシーをちゃんと教えてこなかったから
    (確かに教えられた記憶はありませんよね。親が知らない可能性もありますよね。)

    ●自分も子供が生まれて、今後の戦略を今以上に「とほほ」なプランに変えていかないといざというときに余力が無くなる
    (戦略=人生設計をもっているからこそ、早めの修正が可能ですよね)

    ●身の丈にあった生活が大事ですね。
    (見栄やしがらみをどう上手くコントロールするか。何かを我慢しなければいけませんよね)


    コメントありがとうございます(^^♪


    人生設計ってのは、何のために必要なんでしょうね?


    考えることって大事だよね。

  • はてなブックマーク - 人生設計たててます?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    「5」の年は人生設計の分かれ道!

    うさみみが35歳の時、ホームページづくりをやりました。
    今は、あまり更新してないのですが、そろそろ自分のスタイルをまとめて記録したいと思っています。

    当時書いた「
    人生設計いろいろ」、「5年毎の人生のステージ」は、人生設計をアバウトにイメージしたもので、内容はスカスカですね…。

    計画レベルってのは、そんなもんですね。方向性ですから。


    当時参考にしたのは、
    「5」の年は人生設計の分かれ道![35歳編] です。

    2003年02月20日にオールアバウトに掲載されていた分なのですが、「人生設計」でググルと2位に位置しています。

    すごいですね。5年も前のものなのにね。
    当時、ものすごくいいなと思っていた記事が、今でも読んでる人が多いってことで、実践的な内容だってことの証明かもしれないね。


    改めて、読んでみると、
    35歳までには、定年退職するまでの自分の人生設計をイメージしておく必要があります。結婚、子どもの有無や人数、住宅購入の有無、親のサポート、その他・・・。特に多額の資金ニーズが伴いますので、早めにイメージを描く必要があります。収入を左右するビジネスプランについても見極めておきたいもの。…など盛りだくさん。


    振り返ってみますと、
    この記事にであって、人生設計について研究しようと思ったことと
    投資戦略の発想法に出会って、投資に出会ったことが、
    うさみみ家の35歳からの30歳台後半(第3ステージ)に大きな影響を受けたなって思いました。





  • はてなブックマーク - 「5」の年は人生設計の分かれ道!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 投資家になるための準備編〜まとめ

    11回にわたって書いてきたのは、「投資家になるための準備編」についてです。


    「投資戦略の発想法(木村剛)」が他の投資本と一線を画している1点として、個人投資家になるための条件を厳しく指摘している点にあります。

    とにかく投資がしたい人には非常にキツイ表現がなされています。
    (だからこそ、一線を画す良書たるゆえんなのですが…)

    「生活防衛資金は投資家になるための必要条件だ」ということです。



    うさみみは、支出のコントロールで30歳台前半まで歩んできてから、この本に出会ったので、2年分以上の生活費はあったので、「投資したいのに生活防衛資金ためろって言われても」という葛藤がありませんでした。


    それに、昔から人生設計をたてて行動してきていて、投資にであったのは4年前なので、もともと「投資は人生設計の実現の1つの手段に過ぎない」と考えていましたから、木村剛さんの考えにもともと近かったんです。



    世界同時株安の去年8月と、今の時期を見ると、
    ●余裕資金で投資しなかった(必要資金を投資に裂いてしまった)
    ●余裕資金の認識が甘かった
    (特にレバレッジをかけた投資では、証拠金ベースでの把握しかせず、実際のポジションが余裕資金だけでなく、純資産をも超えた人がいたのではと思えます。)


    残念ながら退場された方というのは、「投資法が誤っていた」とか「タイミングを間違えた」という自己分析をされている場合が多かったのですが、もっと、根本的な部分に視点を持っていくと、上記2つが原因です。


    なぜなら、余裕資金でやっている限り、退場することはないからです。
    もともと、ある程度失ってもいい資金が余裕資金だから。


    ですので、投資法の研究やタイミングの研究より先に、
    「どんなことがあっても投資がつづけられる体制を作ってから、本格的に投資を始めなさい」とこの本は書いているのです。


    このことに対してのうさみみの答えが、これまで11回にわたり書いてきたことです。

    それぞれの答があると思います。
    こういう視点がなかった人は、是非、自分の答を探してみてください。
    (必ず本の通りする必要はありません。自己責任の世界ですから)

    いまさらこんな初歩的なことをと思われた人も、再点検してはいかがでしょうか?

    そして、お互い、できるだけ安全に投資を成功させましょうよ(^^♪




    11回とも読んでいただいた人、感謝します(^^♪



    (関連したブログ:投資家になるための準備編)

    うさみみ家の「いのち金」のとらえかた

    こどもの教育費も「いのち金」です。

    繰上げ返済資金は、「いのち金」である。

    生活防衛資金と生活費の重要な関係

    「生活防衛資金なんて」という考え方

    生活防衛資金とは?

    人生設計と個人投資家としてのリスク許容度

    家計簿は苦手です...

    資産形成のベースをつくろう

    将来の危機管理という視点

    資産の一覧表をつくる




  • はてなブックマーク - 投資家になるための準備編〜まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    早起き

    入院事件以降、だいたい10時には寝ています。

    いつもは7時に起きるんだけど、それって9時間も布団の中ってことだよね。

    実際は、布団の中でうだうだしているだけ。

    思い切って、うだうだをやめて早起きしています。
    まだ2日だけど、気持ちよいね。

    寝る前のパソコンをやめるように心がけているので、寝つきがいいですね。
    やっぱ、ネットサーフィンってやっぱ不安と期待の裏返しだなと感じますね。
    そして、必要のない情報を寝る前にインプットして、寝つきが悪くなる。
    去年なんか、結構、そういう生活だったななんて。

    早起きっていっても、
    何時に起きないといけないって感覚じゃないんだよね。
    そういうガチガチなのはしんどい。

    自然に目覚める時間に起きよっと。




  • はてなブックマーク - 早起き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • うさみみ家のいのち金のとらえ方

    前回の日記は、こども教育費をとりあげました。


    繰り返しですが、うさみみの考える「いのち金」とは以下のとおりです。

    ●生活防衛資金 ○年分の生活費
    ●住宅ローンの繰り上げ返済資金
    ●こどもの教育費(こどもの基本生活費は生活防衛資金に含まれる)


     

    うさみみの場合、現段階では、上の娘分の教育費を「いのち金」として取り分けています。
    つまり、安全資産としてキープしています。

    あと、10年かけて下の娘の分の教育費をゆっくりとりわけていけばいいと思います。

    そうすることで、キャッシュフローから、教育費と投資に平行して回していけます。


    「いのち金」とは考え方1つで、家庭ごとに違うものです。
    自分たちがどういう人生を送りたいか、そしてそれに必要な資金をいつどのくらい取り分けるか。

    うさみみ家は、「いのち金」は、リスクをとらない姿勢です。。。
    多くの人が遠回りと思うであろうこの考え方は、実は、どの投資本にもかかれているであろう、「投資は余裕資金で」という意味と解釈しています。

    「投資は余裕資金でやれ」というのは、これら「いのち金に手をつけるな」と同じことを言っているはずです。投資の原則です。


    この「いのち金」の自己流定義を、考えてみるのも面白いです。

    大切なのは、どういう人生を送りたいか、必要なお金をどう見込み、どう準備するかです。
    安全側に準備するのか、リスク嗜好でいくのか、どういう判断をしても自己責任です。


    「投資は余裕資金で」を取り違えると、投資での崩壊スピードは早いということは絶対意識しておくべきです。
    それは、程度が大きければ、生活の破綻を意味するのです。




    (関連したブログ)
    こどもの教育費も「いのち金」です。
    繰上げ返済資金は、「いのち金」である。
    生活防衛資金と生活費の重要な関係

    「生活防衛資金なんて」という考え方
    生活防衛資金とは?
    人生設計と個人投資家としてのリスク許容度
    家計簿は苦手です...
    資産形成のベースをつくろう
    将来の危機管理という視点
    資産の一覧表をつくる




  • はてなブックマーク - うさみみ家のいのち金のとらえ方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 1億5000万円は先進国共通のターゲット

    今読んでる本は、なかなか面白いです。
    そこで、気になる数字をメモ。


    「世界的に見て、特に先進国のリタイヤライフでは、1億円〜1億5000万円辺りが常識的ラインのようです」

    だそうです。

    まとまった数字を見ると怖くなりますね(笑)
    はたして、うさみみのような標準的家庭で達成できるのでしょうか?


    関係ないけど、今日は異常にアクセス数が多いね!



  • はてなブックマーク - 1億5000万円は先進国共通のターゲット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 昔は足りなかったかもしれない死亡保障

    前回のシュミレーションの結果から考えると、次女が生まれた段階で、うさみみが死亡していたら大変なことになっていたかもしれない。


    当時は、家のローンを返済開始から2年がたっているのだが、だんしんの保険金で「住宅ローン+繰り上げ返済分」は相殺されるけども、金融資産残高は繰上げ返済した分だけしかない状態となる。


    一方、こどもの教育資金は、現在以上に必要なことから、3000万円の生命保険では圧倒的に不足していたと思われる。
    そうかんがえれば、身の丈より少ない保証と保険料でしのげたことは、ラッキイだった。


    生命保険は、結婚したり、子供が増えたり、ダブルインカムからシングルインカムヘ、またその逆になった時に、変化するものなんですよね。今更だけどね。

    現在はどうかについては、書けませんけど、保険料は年を取るごとに上がっていきます。
    41歳で保険料が、跳ね上がるので、見直し作業をしているのです。

    こどもの成長に合わせて、保証額をコントロールしていきたいと思っているのです。



    1つ難しい問題があります。

    「うさみみが死ぬかもしれない」という状況を経験してしまったことで、妻としては余裕をいくら見込んでも不安は消えないということです。
    いくらそろばんで合理的な保証額を算出しても、残されたものが不安に思えば、答えとして正解とはいえないものです。


    でも、41歳で補償額を落とし始めることは、妻も理解しているようです。

    徐々に、保険料負担は減っていきます。
    よく、ここまで頑張れたなと思います(^^♪



  • はてなブックマーク - 昔は足りなかったかもしれない死亡保障
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 取引報告と中国の躍進

    昨日は、豪ドル円が売れていました。
    約定するともう少し欲張っても良かったなっていつも思ってしまうんだけど、これはホント良くない考えですね。
    目標を達成したから売るのであって、上がりそうだからって欲張って何度失敗したことか(笑)


    さて、今のリバウンド局面はどうなりますか。
    周期的には、4月25日あたりでピークとなるかなと考えています。
    だとすれば、もう1段高があるのかなと想像しています。


    ただ、ユーロ円や株を見ているとこの辺りでおかしくなる可能性もあるなと思ったので、豪ドル円を1つ逃がしました。
    やはり暴落したときに、買える資金があると気楽ですから。


    中期分として、あといくつか売れればいいなと考えていますが、どうなることやら。
    別にだめでもかまいません。


    17日にはメリルリンチ、18日にはシティグループが1─3月期決算を発表する予定なので波乱があるかどうか。
    そんなことも大事ですけど、何も関係なく、ただ、周期的な部分を見ています。




    中国が名目GDP(国内総生産)で数年後に日本を追い抜き、米国に次ぐ世界2位の規模に躍り出る可能性が出てきたそうですね。
    特に意外とは思いません。
    もはや、経済成長スピードも、通貨の強さも比較できないわけですから。

    新時代はもうすぐそこにきているのかもしれませんね。
    新興国が台頭したとき、世界経済はいままでのような成長を享受できるのか?
    これからは、変化についていける人が生き残れるんでしょうね(笑)



  • はてなブックマーク - 取引報告と中国の躍進
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • やってはいけないことのツケを払う

    先月、ドルスイスを腹切りして、大幅な損失を確定させました。
    その口座では、今年もらえる見込みのスワップを超える大きな損失でした。

    そして、マイナスになっていたスイスフランを精算しました。

    やってはいけないことをやった報いですね。痛いです。


    腹切りしたときに、同時に買った豪ドル円の売り時を探っています。
    雇用統計時に裁こうかと思ったけど、売れませんでした。

    また、上げてきているので、どこでいくかを考えないと。
    波動からいえば、4月27日ごろが転換点ぽいので、その前に売ります。
    そのときが、本当のドルスイスの損切り完了です…。


    残りの豪ドル円2枚とユーロ円を1枚も売れればいいなぁ。
    そしたらFXはその分縮小して、次の暴落は外貨MMFで買い付けたいなぁなんて。
    次の暴落は、4月末あたりなのでしょうか?




  • はてなブックマーク - やってはいけないことのツケを払う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。