ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  2007年09月
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 競艇初体験と娘のリカク

    今日は職場の同期と競艇場にいきました。
    競馬は行ったことあるんだけど、ボートは初体験。
    なかなか見識が広がりましたね。

    成績は、プラマイゼロ。12レース中3レース取れました。
    みんなに、たこ焼き振舞って、マイナスでしたけど(笑)
    知り合いの関係で、ゲストルームだったので、非常に面白かったです。


    うさみみファンドにはみみ姫、うさ姫が投資してくれているのですけど、今月は「一部利益確定」されました。
    来月上げるかも知れへんでと言ったんですけど、
    「そんな連続してあげるはずがないと」

    へぇ、やっぱり親の会話聞いているんだなと思いました。



    スポンサーサイト
  • はてなブックマーク - 競艇初体験と娘のリカク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 今回の中間試験の検証について

    世界同時株安という局面は、終わったようです。
    すでに、米国景気減速(後退?)を前提にした、新たなテーマが何段階か進行しているので、また新たな気持ちでスタートです。

    うさみみは、世界同時株安を、「PFの中間試験」といっております。
    自分のPFの、「守備力はどうであったか」、「自分の心は強かったか」、「暴落の中の種まきが出来たか」が試されるのが、世界同時株安です。


    みなさんは、どうでしたか?

    検証は大事だと思います。
    厳しい局面に目をつぶっていては、進歩が遅れます。
    だれでも儲かる相場では差が出ませんけど、暴落局面では大きな差になります。
    それは、誰でも儲かる相場になるまで、影響し続けるからです。



    今回の中間試験の総評は、合格ラインが60点とすれば、70点くらいだったと思います。
    一応合格っす。



    大まかに書くと、

    ●守備力はどうであったか
     理想配分にはまだ遠いけど、期待通りの守備力でした。(減点なし)


    ●自分の心は強かったか
     8月18日の大底あたりでは、中長期投資ってほんとに意味あるのかと、妻と話していました。
     稼いだ利益が一瞬にして消え行く。しかも、投資規模が大きくなれば、変動幅も増える。
     アセットアロケーションでは、リスク許容度を計算して頭に入れていて、その半分未満の下落だったのに、そう思ったってのは、心が弱いのかもしれない。
     でも、その瞬間は底打ちはしていなく、無限の下落に恐怖したわけで、でも、投売りする(損切り)なんて、「一切考えなかった」わけですから、合格だったと思う。(減点5)


    ●暴落の中で種まきが出来たか
     正直、これは落第です。
     3月の世界同時株安では、上記2点は減点なし。これは、勇気が足らず仕込み量が少なかったことで減点10って感じでした。
     しかし、今回は、FXで暴落の初期に大幅に買い増ししてしまい、暴落は傷を広げないために見ているだけになってしまった。
     為替の変動を甘く見ていたといえば、タダの言い訳になる。
     自分に自制心がなかったというのが最大の原因。押し目買いと勇んだ結果だ。
     日本株も中途半端な段階での種まきとなってしまった。いまだ芽が出ていない。
     外国株については、過去の経験が生きて、香港H株も米株も結果的に最高のタイミングで発動できました。ただし、仕込み量は相変わらず少ないが。
     それが、9月末の成績にも影響を及ぼしています。
     だからこそ、暴落時に目をつぶってはいけないだと思います。
     FXと日本株は、目をつぶらざるを得ない状況を招いたわけですから(減点25)



    簡単な反省を書きました。
    暴落の間、ずっと検証していました。当然、全部書ききれません。
    (暴落中の日記にはいっぱい書いています。)

    また暴落のデータがとれましたね。
    最悪を体感することで、それ以下の下落は気にならなくなるし、それ以上の最悪が来ても、今回の為替変動の認識間違いを修正しているので、耐性ができてくる。


    これで、反省会は終わり。
    来年の戦略をつくっていくにあたり、国際分散投資の効果について、再点検して行こうと思う。



  • はてなブックマーク - 今回の中間試験の検証について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 運用成績から見えること(アセットアロケーション1)

    アセットアロケーションをやってみた感想を書いてみます。

    だれでも「退場せずに投資を楽しめる」というのが基本コンセプトです。
    うさみみは、親として、将来娘に伝えたいので、特殊な技能が必要な投資を目指してはいません。あくまでだれでもです。
    そういう思いから、ブログ⇒ホームページを通じて記録に残します。



    (アセアロを実践して思ったこと−1)

    まず、これまでのアセットアロケーション運用の検証をしてみます。
    それでは、本を読んだ知識から、実践を通じた生きた情報に変換ましょう。


    これまでの月末毎の投資成果から何が見えるか?

    まず、うさみみファンドが、マイナスだった月を抽出してみます。(数字は先月比)

    ●2007年8月末  ▼520,155円……サブプライム世界同時株安
    ●2007年7月末  ▼471,286円……サブプライム世界同時株安
    ●2007年2月末   ▼32,473円……上海発世界同時株安
    ●2006年5月末  ▼447,909円……世界同時株安
    ●2006年1月末  ▼730,581円……ライブドアショック

    ※時期によって投資規模が異っているし、月末集計なので嵐のピークではない点を注意してください。(数字の大小に意味はない)
    ※データの抽出元を詳しく見たい方は、フリーページ「リスク投資の成果」参照。



    抽出してみると、マイナス月は、何か名前のつくような調整局面とピッタリ重なります。
    ここ2年間の相場環境は、概ね右肩上がりだという前提にたって、ここから何が見えるのか考えてみると、


    ●「市場環境にあわせて動いている」ということになります。
    ●「市場の動向に対する連動性にブレが少ない」と思いました。
    ●「市場環境が良い時に、成績がマイナスにはなってない=心理的に楽」と感じました。

    逆に言えば、
    ●「市場が上げなのに、自分だけがついていけていない」という可能性が低いことを意味します。


    なんかインデックス投資の教科書にでてくるような結論ですね(笑)

    インデックス反対派の人から見れば、面白みのない投資だって印象になるね。


    うさみみとしては、まず娘に伝えることを踏まえれば、「心理的に追い詰められにくい」という点でアセットアロケーションは有効といえると思いました。


    みなさんはどう思われましたか?
    何か別の視点を見つけられたら、こそっと教えてください。
    我が愛娘の為に(^^♪


    また、次の機会に、別の角度から検証をして見たいと思います。
    (世界同時株安に対して、効果がない?じゃんってこと)



  • はてなブックマーク - 運用成績から見えること(アセットアロケーション1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 期待してたけど。。なんだかなぁ。。

    今日は、残念でならない。。。折角、良い流れがきていたはずなのに。


     日経平均  16785.69(▼0.28%)
     TOPIX    1616.62(+0.09%) 
     香港H株   17017.94(+2.24%)
     SENSEX  17291.10(+0.82%)
     先日のシカゴ日経平均先物  16960
     10年米国債利回り  4.57%  
     昨夜のVIX指数   17.56⇒17.02(ピーク37.4[17日])


    今日の日経平均は、シカゴを上回ることを期待していました。
    昨日は大幅続伸だから、仕方ないじゃんって言われそうですけど、うさみみにとっては、独自のアンテナがサインを出すかどうかだったので。

    そして、インドSENSEX指数、香港H株指数、日経平均株価が競うように上昇波動にのればいいなって期待していました。


    恐怖指数は、暴落前の17にもどっています。
    リスクをとる地合いになりつつあると、いろんな指数が語っています。

    日本株は秋がダメだってことをしっています。
    だからこそ、今日、売り方が踏みつけられるような相場がほしかった。
    中期投資家として、相場の勢いを知ることは、必須です。
    そのためには、いろんな指数を毎日見て、独自に考えてきました。

    まあ、12月から順当に上昇して行ってくれればいいはず。。期待しすぎたかも(笑)


    うれしいこともありました。
    昨日、北京国際空港が3倍達成。江西銅業が3倍まであと3%。
    湖南とペトロがもうすぐ2倍。

    香港H株はほんと、何を買っても上昇する。。アホアホ相場。。
    2005冬の日本の新興市場よりも強い相場だと思う。


    投資ってそんなものかもしれない。
    時期によってテーマが変わるということ。。
    そして、その差は1年くらいで見ると、絶大だということ。
    今日、9月末の成果を算出しますが、多分、ショッキングな結果になると思う。
    それは、初期投資額で日本株の半分くらいの、香港H株の方の評価が上回ったかもしれない…。

    とりあえず、2005冬の大相場から、いくつか学んだこと。。生かしていきたい。


    目立たないけど、インドが騰勢です。香港H株に引けを取りませんよ。

    これら3指数が競い合ってあげていくようになればいいなって思う。



  • はてなブックマーク - 期待してたけど。。なんだかなぁ。。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 2007年9月末の投資成績


    9月末の投資成績です。
    7月・8月と連続して大幅マイナスだったので、3連チャンは避けたかった。
    というのは、3回続けば立派なトレンドとなると思うからです。
    つまり、だめだめトレンドになるか、踏ん張るかの瀬戸際だった。


    <9月末現在のリスク資産の成果>

    9月の損益   +2,236,219円
    下半期損益  +1,244,718円  目標0
    年初来損益  +3,614,806円  目標180万円

    ●日本株アセットクラス   +6
    ●外国株アセットクラス   +164
    ●外国債券アセットクラス +54

    下半期の目標を「ゼロ」にして、先月は正直無理っぽいと書いていました。
    依然として、サブプライム問題は大きな懸念ではあり、厳しいんですけど、アメリカの利下げを引き出したことが、市場の新たなテーマを生み出すきっかけになりました。

    金融緩和は景気が落ちていく証拠でもありますが、株価が上がりやすくなること、さらには将来何かのバブルの温床となることなど、いろいろ研究してみると面白いなって感じがします。
    あくまで、危険な土壌であることは忘れてはいけません。

    しんじられないけど、今月は過去最高の大幅プラス。
    ただ、香港H株とインド株が暴騰しただけなんだけど、投資って世界同時株安もあれば、こういうこともあるんだなって改めて思いました。

    年間目標の2倍を達成しちゃっているので、今後の目標は、「下半期目標0」を改めて、「第4四半期(10月〜年末)0」にします。
    あげすぎたものは消え行く可能性が高いので、厳しい目標になると思います。
     
  • はてなブックマーク - 2007年9月末の投資成績
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    今日はいい事ばかり

    今日は、ゴロがいい。
    昨日の555日記めで、70000アクセス達成しました。。
    ご訪問いただいた方々ありがとうございます。


     日経平均  16832.22(+2.41%)
     TOPIX    1615.15(+2.48%) 
     香港H株   16644.49(+2.35%)
     SENSEX  17140.15(+1.29%)
     先日のシカゴ日経平均先物  16605

     10年米国債利回り  4.62%  
     昨夜のVIX指数   18.51⇒17.56(ピーク37.4[17日])


    今日の日経平均は、シカゴを大幅に上回りました。
    昨日書いたとおり、3日連続流れが来ているので、陽の波動入りしたかもしれないね。
    明日、下げてもシカゴより上で終われば、「陽の波動」でしょう。
    (アイノマリーでは10月上げ11月下げのシナリオが順当ですが)
    明日は、お化粧買いを期待したいね。

    これで8月末終値を上回りました。
    うさみみにとっては、明日踏ん張れば先月比プラスなんだよね。


    クロス円は大幅高だよね。
    豪ドルが102円直前、ユーロ円163円台なんて信じられないな。
    これも先月比プラスになりそう。


    外国株は、既に力強く上昇しているし、種まいた分が即効で芽が出ているので、これも先月比プラスは確実かな。


    今日でなんかすごく楽になったと思う。
    たぶん、みなさんも同じ気持ちでしょう。
    明日があるけど、無難にいって欲しいね。

    昨日に引き続き。。。念。。念
    。。。念


  • はてなブックマーク - 今日はいい事ばかり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 雰囲気よくなって欲しいね(加筆しました)

    今日は、穏やかに上昇という感じで、うれしいですね。
    クロス円もあげていました。びっくりっす。。。


     日経平均  16435.74(+0.21%)
     TOPIX    1576.02(+0.59%) 
     香港H株   16262.84(休場)

     SENSEX  16942.90(+0.26%)

     先日のシカゴ日経平均先物  16400
     10年米国債利回り  4.63%  
     昨夜のVIX指数   18.37⇒18.51(ピーク37.4[17日])



    日本株ですけど、昨日は権利落ちの割りに、強いなという印象でした。
    今日は、シカゴ日経平均先物より終値が上でした。
    この傾向があと2日連続で来ると、「陽の波動」入りすると。。。是非そうなれ!

    月末なので、いつもどおり、お化粧買いを期待したいです。

    できれば8月末終値より上げてぇぇぇ
    ●TOPIX   1608      あと26円
    ●日経平均 16569   あと134円

    ちょっと、厳しいけど。。。念。。念
    。。念


    (加筆しました)
    ずっと、報告忘れていたんですけど、ここ2週間は、米株が下げた日に、
    「トヨタアセットバンガード」をせこせこ買い集めていました。
    約定日が、注文日とずれるので、下げてる日に注文しても、安く買えるわけではないんだけど、なんとなく上げてる日に注文するのってしゃくなもんですから。



  • はてなブックマーク - 雰囲気よくなって欲しいね(加筆しました)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 揺れる中で大事かもしれないこと

    クロス円の変調。。。いや、ただの下ぶれですかね。
    24日のIMFのレポートがどういう風に吸収されるのかですね。
    やはり、当面は下ですかね。


     日経平均  16401.73(+0.55%)
     TOPIX    1566.83(+0.95%) 
     香港H株   16262.84(▼0.87%)
     SENSEX  16899.54(+0.32%)
     先日のシカゴ日経平均先物  16415
     10年米国債利回り  4.63% 
     
     昨夜のVIX指数   18.77⇒18.37(ピーク37.4[17日])



    日経平均は、9月権利落ちの割りによかったですね。
    昨日、休場の分があるからですかね。

    昨日の香港とインドの大幅上昇って、なんだったんだろって思ってたけど、IMFのレポートですかね。

    「エマージングはあまり影響を受けないだろう」ってことだけど、それは市場見ていれば想像できることだけど、改めて材料視されたのかもしれませんね。

    よ〜く考えてみたら、先進国より新興国がリスクが少ないっていう形で、市場が動くってこと過去にあったんだろうかなって思ってしまった。

    そのあたり詳しい人がいたら教えて欲しいな。よろしくね(^^♪



    楽観ポイ雰囲気が出ると、引き摺り下ろされるような雰囲気が出てくるのかな。
    最近は、イギリスが揺れているけど、やはり、まずい状況なんだって再認識しますね。


    今日、雑誌立ち読みしたんだけど、
    2005年の日本株上げ上げ相場から、株式投資を始めた人ってのは、悲惨な成績の人が多いって書かれていました。
    なんでも、下げ相場の対処の方法を知らないからって書かれてた。
    ミトコンドリアでも儲かる相場しか知らないからみないな感じで書かれていた。


    うさみみは、日経平均11000円〜12000円のBOX相場のときに始めたけど、下げ相場なんて知らないぞ。
    いや、新興市場の崩壊は見てきたから知ってるかぁ。


    それが正しいなら、FXでも同じ運命をたどる人が出てくる可能性もある。
    だれでも儲かった、「円安ウホウホ相場の復活」を願って、意地を張っていると、しっぺがえしをくらうかもしれないね。


    少なくとも、7月以前と、8月以降が何もかもが同じになるような状態ではない。

    「そういう部分に敏感になる」=「意地を張らずに新しいテーマを受け入れる」
    っていうのって、結構大切なのかもしれない。


    甘い蜜を忘れられなければ、深みにはまるかもしれないという教訓なのかもしれない。


    また、簡単に取り返せそうという焦りが敵となるって教訓なのかもしれない。


  • はてなブックマーク - 揺れる中で大事かもしれないこと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 慎重なリスクマネーの行方

    これまでの流れを単純化して整理してみる。
    いまのところ、ドルの崩落イメージに沿った流れになっている。

    サブプライム問題の沈静化の兆しを感じて、「サブプライム問題から遠いリスク資産」⇒ドルの崩落をイメージして「リスクの少ない資産」に極端に買いが集っている。


    第1段階:
    「サブプライム問題から遠いリスク資産」というのは、新興国株式で、ナイスな8月の米公定歩合の下げをきっかけに、V字回復し、さらに倍返しの様相である。


    第2段階:
    9月の米FFレートの大幅利下げを受けて、第1段階でも進んでいた商品市況に資金が流入していった。原油や金の高値更新をみればわかる。
    ドルの崩落をイメージした動きと考えられる。


    第3段階:
    ここからはいくつかの想定をみんなしているのではないか。。。
    ●ドルの崩落のスピードはどうなのか?
    ●米経済は立ち直れるのか?
    ●米利下げはインフレを加速させるのか?
    ●新興国はバブル化したか?


    いろいろあると思う。中期と長期で見方が分かれる面があるのでは。


    第2段階までは、リスクに対して慎重だからこそ、安全ポイところから先回りしようと動いてきた結果なんだろう。


    第3段階に関しては、いろんなレポートが出ています。
    サブプライム問題前では、考えられないようなシナリオも書かれていたり。

    こうなると、自分が求める答が載っているレポートを信じたくなるはず。

    みんな、それぞれ投資期間のイメージが違うので、同じテーマでも答が変わってくる。

    それに、もともとここに書いてることも含めて、個人の勝手な妄想(連想ゲーム)である。

    たくさんの情報の中で、惑わされないようにしたいけど、自分自身に確固たる知識があるわけでない。

    迷える子羊の心のつぶやき。。。




    「怖いけど覚悟を決めるしかない。。。最後は自分のスタンスを信じること」


    今日は、子供が運動会の代休なので、うさみみは午前中休みさ。。




  • はてなブックマーク - 慎重なリスクマネーの行方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 静かに見守る

    福田総理が誕生するようですね。頑張って欲しいです。
    ヤル人であることを祈ります。
    安倍さんもお疲れ様でした。ゆっくり静養してください。


     日経平均  16312.61(21日終値)
     TOPIX    1552.07(21日終値) 
     香港H株   16406.04(+4.54%)
     SENSEX  16845.83(+1.70%)
     先日のシカゴ日経平均先物  16400
     10年米国債利回り  4.62%  

     昨夜のVIX指数   20.51⇒18.77(ピーク37.4[17日])



    前の日記で書いた、お遊びが今日実現しちゃいました。

    正直、異常な流れだと思います。
    飲まれるか、割り切って見れるか。。分かりません。。
    どうなろうと自己責任なので、納得のいくことをしていきたい。


    恐怖指数は20を割りました。15が1つの目安といえますね。
    3月の同時株安以降はだいたい15よりやや下に推移。
    そのあたりが、サブプライム問題がありつつも、リスク投資が活発な状態なんではなかろうか。

    今は、米株は回復してきているけど、それはある効果のため。
    基本的には、懸念が蔓延。。クロス円も乱高下。。。


    主観的な分析より、今は客観的な分析を意識していきたい。
    今は、1つの流れの途中。。変化が見られるまで、静かに見守りたい。
    複数の想定毎に、行動は決めています。



  • はてなブックマーク - 静かに見守る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 投資をはじめたきっかけは

    うさみみが投資を始めたのは、2004年2月9日。
    米ドル建外貨MMFを買ったんだよね。

    だれにでも投資をはじめたきっかけってあるよね。
    うさみみは、「資産を円だけで持ってるのはまずいよね」ってことだった。

    勉強したね。学生時代みたいに一生懸命ね。危機感を感じたもんね。
    外貨MMFと外貨預金の比較しましたね。

    今でも、外貨投資をしているし、外貨MMFも持っています。

    まだ、アセットアロケーションも、国際分散投資も、株式投資も知らない男が、投資の世界の門をたたいた。

    それから、3年半。。。。今でも投資を続けている。
    そして、「資産を円だけで持っているのはまずいよね」ってのは、今でもうさみみ投資の原点だ。

    みなさんの、投資を始めたきっかけとか、初めての投資ってどんなんだった?




  • はてなブックマーク - 投資をはじめたきっかけは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • みなさん、大変お世話になりました。。。

    去年の9月24日に、ブログを開設して、今日で1年が終わります。
    リンクさせていただいている方々。ご訪問いただいた方々に感謝しております。

    2004年2月9日に、米ドル建外貨MMFを1ドル106.1円で10万円分購入してから、うさみみの投資は始まりました。
    もう、投資生活が3年半になります。

    その3年半の中で、「資金規模」、「投資範囲」、「リスク変動幅」どれをとっても、最大の1年間でした。


    いろんな方の投資をブログを通じてみせていただき、いろんな影響をいただきました。
    その影響の全てを、自分の考えに組み込んで、「全て自分の意志で納得した投資ができた1年」であったなと思っています。

    おかげ様で、この1年が過去最高の利益を得ることができたと思っています。


    明日から、楽天ブログ生活2年目。。。
    また、うさみみの、素直な気持ちと、考えを書いて行きたいと思います。
    今後ともよろしくおねがいします。


        感謝っす!!


  • はてなブックマーク - みなさん、大変お世話になりました。。。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • いろいろな変化が楽しい?苦しい?

    投資をやっていると苦しいこと、嬉しいこと、いろんな感情が入り混じりますよね。

    その中で、暴落ってのは底に至る瞬間。。無限の地獄のような感覚。。。
    必死で買いに入ったものが下げて。。。。高値掴みかと、自分の至らなさを後悔し。。。。。

    でも、底から這い上がり始めた時。。。。
    大底での損失から、回復していくあの感覚が。。。。。警戒しつつも、回復していく感覚がなんか好き。。。。。。


    もうスグ9月末です。
    8月が底となり、回復を実感できるかどうか、楽しみです。
    日本も回復が実感できることを祈りたいですね。



    そして過去と同様、暴落を経験した後に、もう1段上にいくことを信じてます。


  • はてなブックマーク - いろいろな変化が楽しい?苦しい?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • FXはまだ厳しい

    今日は、娘達の運動会です。たのしみだなぁ。


    なんか、クロス円が戻してきているので、FXどうなってんだろって計算してみたんだけど、やっぱまだマイナスだった。

    まあ、スワップっていっても、ちょっぴりだし(笑)

    トータル損益では7月末の状態まであと▼5万円、6月末の状態まで▼30万円。
    8月末の状態からは+24万円

    っなところで、気分がだいぶ楽になった。

    8月18日時点に比べれば、なんでも気楽だす。。。。

    トータルプラ転の人も多いようでうらやましいです。

    でもまあ、8月末より特に豪ドルが回復しているので、外国債券の評価が急回復しているはずなので、月末の集計が楽しみになってきたな。

    先月大幅マイナスだったので、幾分か回復していると期待。皮算用。
    あと1週間、嵐が来ないことを祈ろう。



  • はてなブックマーク - FXはまだ厳しい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • どう波及していくのだろうか

    同じことを3日も書いてしまったので、気持ちを切り換えたいと思います。

    原油と金を中心に商品市況が活況になっていますが、上昇速度は速すぎるので、先々を織り込み過ぎのような気がします。
    それは成行きを見守るしかないんですけど。

    商品の活況は、「ドル安の先安感」と、「米利下げによる下値不安の低下」でしょう。
    ドルユーロを見ても同じことが言えそうです。
    もちろん、資源系通貨や欧州通貨の持ち直しも同じです。


    ドルが下げるのは自然ですけど、「米国債が売られる(利回り上昇)」状態があるの?って感じます。
    昨夜、大幅に売られました。


    ドル資産を持つのは怖いけど、「ドル安+米国債利回り高」の組み合わせは、珍しく米国債投資のチャンスかもしれません。
    もちろん、日本の投資家にとってです。
    状況を見ながら、お得感があれば、FXの米ドル⇒米国債へのシフトもいいかも。
    さらなる利下げの前に。


    安全資産の米国債が売られるというのは、どういうことなんでしょうか?
    ドル資産からの逃避を意味しているのでしょうか?

    うさみみは、自分で考えた中期的なシナリオとして、
    商品の上昇(ドル安にからみ)⇒株の上昇(利下げ継続効果)

    を考えていました。
    もちろん、「継続利下げ期待」による、リスク投資の増加が前提です。


    タイムリーに、今日のヤフーニュース「ドル資産のトリプル安懸念広がる、FRB大幅利下げで(ロイター)」が目に留まり…。

    米株も売られることを連想している記事がこんなに早く出たんだって思わず考えてしまいました。


    インフレ懸念は確かにあると思います。
    現実的な話となれば、大きなジレンマです。
    利下げがインフレを助長する効果があるのはもちろんのことです。


    先日うさみみが、利下げ(=お金ジャブジャブ)はどこかでミニバブルを産むんじゃないの?って書きましたけど。。。うーん。。。


    ●インフレ気味⇒どこかでミニバブル(株?)
    ●インフレ加速+企業収益減速⇒ドルの急落⇒……??


    どうなんだろと考えた。
    成行きを見ながら、そういうシナリオもあるのか意識しておこうかな。


    感覚的には、トリプル安懸念ってのは、中期より長い話のような気がする。
    ん、考えても分からん。。
    とりあえず、中期的には、米株高かな。。なので今日米株下げれば、少し押し目買いっす。
    株高といっても、「2進1退」とか「3進2退」のカメペース。。。
    徐々に、商品からおこぼれをもらうってイメージで。。。


    インフレは警戒すべき。
    日本でも、食品とか値上がりしてきているもの。
    株には、よいと思うのだけど、感覚まちがってるかな?
    アセットアロケーションを変えるつもりはないので、どうなろうと成行きまかせでしかないのだけど。


    あと、日本株のことだけど、「円」ってどこが妥当なのって感じです。
    日本株も秋は厳しいけど、がまんしていれば、上げてくるようなイメージをもっているのだけど。。。とりあえず12月まで我慢。。。



  • はてなブックマーク - どう波及していくのだろうか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • そろそろ危うい?「3連騰」

    連日同じ話題ですみません。
    書こうと思ったことは週末にまとめて書きたいと思います。


     日経平均  16312.61(▼0.62%)
     TOPIX    1552.07(▼0.94%) 

     香港H株   15693.66(+0.91%)
     SENSEX  16564.23(+1.32%)
     先日のシカゴ日経平均先物  16215
     10年米国債利回り  4.70% 
     
     昨夜のVIX指数   20.05⇒20.51(ピーク37.4[17日])


    今日のアジア株は、まちまちでした。
    日本株は軟調でしたけど、インド株は後場に大幅上昇。
    中国株(本土)は軟調でしたけど、香港H株は3連騰の続伸。

    うさみみの保有株も、昨日と同じくらいの上昇となりました。

    中国株の中で、H株が好調なのは、2年以上前からやっている人には当たり前のこというなと怒られると思うんですけど、資源系の株が中心だったからなんです。

    中国建設銀行のIPOを始めに工商銀行のIPOまでにより、香港H株の性質は、金融という柱が加わりました。
    そこでハンセン指数に、香港H株の大型株が組み入れられ、ハンセン指数の性格も変わりました。

    脱線しましたけど、香港H株は資源系の株の割合が多いということなんです。
    (もちろん、上に書いたように金融も多いです。)
    だから、原油と金などの非鉄が上げると、上げやすくなるのです。

    あと、材料もあります。ペトロチャイナのA株上場審査あたりの話題です。
    H株とA株では、同じ株でも格差がありますので、H株からみれば、A株に高値がつくことでペトロチャイナの力が増すので、引っ張りあげられるという期待があります。

    反対に、中国株(本土)が軟調なのは、CPI上ブレによる引締め懸念もあるだろうけど、今は、中国建設銀行など複数の大型企業のIPOを来週に控えているから、需給悪化懸念が高まっているのであろうとおもいます。


    中国建設銀行が、香港H株に上昇した時は、この需給悪化で大きく下げましたが、工商銀行が上場した時はむしろ大きく下げることはなく、ただの押し目買いのチャンスでした。

    (これらのIPOは、今の日本のIPOと同じ感覚でみると勘違いします。三菱UFJやみずほが上場するのに匹敵するくらいの感覚です。ちなみに、銀行の時価総額世界1は、アメリカの銀行ではありません。実は、工商銀行なのです。)

    (ちなみにペトロチャイナは、トヨタとアジア1位の純利益を競うほどの、高利益の企業です。)

    本土がこれらのIPOを無難にこなすかどうかですけど、うさみみは楽観に賭けています。
    この需給悪化懸念のうちに、AH格差最大の、ダーダンパワーを仕込んでおけば、いずれAH格差縮小の流れがくるのではないかに賭けてみたんです。

    思惑通りにはいかないとおもうけど、いろんなことが重なって、香港3連騰したんだろうとおもいます。

    主因は、もちろん
    「原油の史上最高値」、「国際金相場が28年ぶりに高値を更新」です。


    そろそろ、頭を冷やさないといけないような気がします。
    週末は、そのあたり書きたいと思います。
    キーワードは多分「米国債」になるか? 今夜見ます。。

    こどもの運動会楽しみです(^_-)-☆



  • はてなブックマーク - そろそろ危うい?「3連騰」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 金の行き先。。。

    ドル円を中心に、クロス円が軟調になってきましたね。

    このあたりの壁を越えるのは、かなりのエネルギーがいるのかな。
    ドル円はちがうけど、だいたい金融不安前の水準に近いもん。
    やはり重いんだよね。


    アメリカ利下げを受けて、ドルが売られているんだけど、一体、「円」ってのはどのあたりが妥当なんでしょうか。
    全然わかんないなぁ。


    ドルが弱いと、金が上がる。この流れは変わらないね。
    「金先物、LDN市場で27年ぶりの730.51ドルまで上昇」ってニュースがありました。

    以前書いたんだけど、金価格ってのは、同時多発テロ以降上昇傾向にある。
    しかし、27年ぶりってのには驚きました。

    大証で金ETFを取り扱い始めた初日に買った、金ETFがいつの間にか含み益でした。

    うさみみはドルベース資産も割合が高いけど、逆相関である、金など非鉄系の銘柄も持っているので、しんどさだけではなく、楽しみもはある。


    「金融不安+ドル安」は、米国債よりも「金」に行きやすいって想像すると合点が行く。
    ドル安だけなら米国債だろうけど。。

    この流れ、一番注目しています。
    どこまでいくのか。

    信用不安が解消されない段階で、金さえも売られる局面がきた時は、逃げろ。

    こういうのはありかもしれないから。



  • はてなブックマーク - 金の行き先。。。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ダダダァァァン〜パワーっす

    今日は本気で嬉しいあげ方でしたね。
    歴史的な高騰の後の、連騰ってのは、やはり際立ちます。きましたね。


     日経平均  16413.89(+0.20%)
     TOPIX     1566.84(▼0.05%) 
     香港H株   15552.23(+1.95%)
     SENSEX  16347.95(+0.15%)
     先日のシカゴ日経平均先物  16480
     10年米国債利回り  4.54% 
     
     昨夜のVIX指数   20.43⇒20.05(ピーク37.4[17日])



    今日の主役は、昨夜の米株と、今日の香港H株でしょう。
    うーん、しびれました。

    昨日書いた格言なんですけど、
     「上昇相場は、悲観の中で生まれ、懐疑の内に育ち、楽観とともに成熟し、幸福感のうちに消えていく」

    米株は、「悲観の中で生まれ」かどうかを確認していきたいです。
    香港H株は、「懐疑の内に育ち」を超えつつあるのか確認していきたいです。

    どこかで勝負をするとしたら、どこなのかってのは難しいんだけど、結局は、どこかで博打を打つってことなんだろうね。


    FRBの0.5%利下げを見て、今後利下げが何度か繰り返されるだろうし、アメリカ経済も膿もどんどんでてくると思う。
    だけど、これまで利上げで貯めてきた利下げ余地ってのは、大きいと思う。
    長期的には分からないけど、中期的には株にユーフォリアを産むのではと。

    であれば下げを待っていても…できるだけ初期段階でいくべきか…。


    博打です。今日香港H株用の余力を全部使って、
    大唐国際発電(ダタンパワー)を買いました。
    寄り付きで指値HITしたみたい。

    今チョット軟調なAH差をテーマがいずれまたくると信じているのと、やはり北京五輪銘柄であり、配当はまあまあよいので。
    いきなりの▼5000円ですけど、気にしていません。

    今日の、香港H株のうさみみ保有株は、昨日以上の伸びで超感激しております。



  • はてなブックマーク - ダダダァァァン〜パワーっす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 日本株というもの(加筆しました)

    今夜はいよいよFOMCですね。
    っていっても明朝だから起きていてもしかたないですね。


     日経平均  15801.80(▼2.02%)
     TOPIX     1510.95(▼2.19%) 
     香港H株   14733.62(+0.39%)
     SENSEX  15669.12(+1.06%)
     先日のシカゴ日経平均先物  16005
     10年米国債利回り  4.46% 
     
     昨夜のVIX指数   24.82⇒26.45(ピーク37.4[17日])



    今日は、主力の湖南有色金属が大幅上昇で、過去最高値だったので、しぶとくHOLDしてて良かったなって思いました。
    中長期投資ってのは、含み益を育ててナンボってところがありますね。


    日本株ETFの方は、すっかり含み益も消えちゃいました。
    元気のない理由は、たくさん上げられるんだけど、単純に行きましょう。

    単純に、アイノマリー的に、秋は日本株は軟調だってことだよ。
    シンプルイズベスト。。。これでいいじゃん。。。

    去年の9月思い出してみぃ。。。
    海外株式に全くついていけない状況は同じだったよね。
    みんながアメリカ株を気にしてるって時は、どんなに期待しても軟調ってのが、過去指数を比較してみてきた結論。

    単純に、秋はだめなんだ。。。むしろ仕込みどきだって感じで構えておく方が気分はラクになるよ。「最低」12月まで待つことっす。


    秋に入ったので仕込みたいけど、今回はアメリカ株・欧州株が安くなって+円高なので、そっちを主に行きたい。
    日本株は意識から消えそう。でもかすかに意識しております。


    そんな日本株ですけど、アメリカ株の動向を無視して調子のいい時期もあるんです。もうわすれましたか?
    そして、何年かに一度、忘れた頃にハイテンションになるのも、日本株だとおもうんです。


    そんな気難しい日本株に飽きた人は、米株なんかがいいかも。
    NYダウの長期チャートをじっくり眺めてみたら、過去大暴落ってほんとにあったのってくらい、綺麗な右肩上がり。
    一方、日本株の長期チャートをじっくり眺めてみたら、気難しいイメージがある。
    あの、エベレストのような天井を見ると、まさにエマージングのチャート。

    逆に言えば、突然勢い欲上げちゃうってことだと思うのだけど、ここで浮気して、日本株がラリーになっちゃうと悔しいから、やっぱ日本株で粘るのがいいのかな。


    そう考えれば、国際分散しておけば気楽ではありますね。


    (加筆しました〜22:00)
    いやぁ。早く寝ようと思ったら、びっくらポン。
    リーマンブラザースの決算内容が、アナリスト予想を上回ったみたいですな。
    ドル円が116円マジカまで。。。ユーロ円160円台だす。。。

    素直に、よろこんでおこう。。。(^_-)-☆


     






  • はてなブックマーク - 日本株というもの(加筆しました)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 老後の生活費

    昨日は、「我家の資産設計と夢」を1年前と比較してみました。

    資産設計している人も、投資をしている人も、「1億円」を目標にしている人が多いです。
    クリアした人はその上を目指されてますけど。

    なぜ「1億円」となるのかを考えると、「キリがいいから」が分かりやすいけれども、「老後を豊かに暮らす」ために必要とされているのがその金額というデータが有名だからではないかと思います。


    多くで引用されているデータで考えてみると、
    このような感じで、1億円が算出されるわけです。

    では1億円貯めないといけないのかというと、そうでもありません。
    ●公的年金
    ●退職金
    ●個人年金

    などがもらえることが期待できる人は、差し引くことができるはずです。
    以前、いろんな調査を調べましたけど、2〜3000万円ほどためれば、そこそこの老後の生活はできるようです。
    (うさみみの時代では違うと思うので、真剣に検証したわけではないです。)



    こう考えると、50歳代後半の人は、余裕のゴールが見えているはずです。

    ですが、以前、紹介した
    新聞記事を見ると、そうでもなさそうな現実もチラホラ見えます。
    (この新聞記事は、投資を煽っている部分もある感じがしますので、割り引いてくださいね。あと、データ古いかも。)

    年金もそこそこもらえ、退職金もそこそこもらえそうな50歳代でも、マネープランは考えていない人が55%ということのようです。
    それが実態なんですね。なんでも自己責任の時代です。


    上記で上げた、「公的年金」と「退職金」については、うさみみたち30代では、黄色信号だという認識の人が多いと思うので、上記のデータは、ただただ、うらやましい世界として思ってしまいますね。


    うさみみは、「ライフプランを立てる」ことの不思議な魔力を体感することが出来れば、30代からでも間に合うと思います。

    ライフプラン自体が大事ではなく、「それを作るプロセス」を経験して、「夫婦の夢を確認しあうこと」と「家族のライフワークを再見直しすること」そして「そのための勉強」と「実行していく過程」が大事だと思います。


    本気で取り組めば、自然にそうなります。
    目標が大きくても、苦しいものではないです。それが不思議な魔力です。
    一歩近づくだけでも気分が代わります。
    プロセスを楽しめるようになれれば最高です。
    とにかく、やってみることだと思います。
    失敗しても、勉強したことは消えませんから(^_-)-☆



  • はてなブックマーク - 老後の生活費
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 審判の週がはじまる。

    今日はゆっくりさせていただきました。
    いよいよ、明日の夜からが大変になってきますね。



     日経平均 
     TOPIX     
     香港H株   14676.39(▼0.91%)
     SENSEX  15504.43(▼0.64%)
     先日のシカゴ日経平均先物  16130
     10年米国債利回り  4.46% 
     
     昨夜のVIX指数   24.84⇒24.82(ピーク37.4[17日])



    中国の金融引締めの影響があるかと思ったんですけど、本土株は上げましたね。
    結局、CPI発表時に大幅に下げただけか。

    香港H株が売られたみたいだけど、保有株は上げてくれていますね。
    とにかく信用不安があると、資源系にきてくれる傾向があるみたいで。


    FOMCや米金融系の決算が集中してくるので、今週が1つの山場だね。

    米雇用統計あたりで、FX系と日本株で退場者が、また、増えたようです。
    とにかく生き残ろうよ。



  • はてなブックマーク - 審判の週がはじまる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 「心の葛藤」と「含み益」とどうつきあうのか。

    最近、ブログを徘徊していると、様々な心の葛藤を垣間見ます。
    ぼくの日記でも、ありのまま書いているし、同じだ(笑)
    相場が低迷してくると、調子のよい時には気にすることもなかったことが、噴出して、いろんな想いが出てきますよね。


    そして、自分の投資スタンスに自信を失いかけてしまいます。
    うさみみも、揺らがなかったかといえば嘘になる。
    いろんな妄想が頭をよぎるし、葛藤もある。それは日記で書いてきたとおり。
    でも、初志貫徹、当初の方針に従った行動から逸脱はしていない。

    「信じるとか信じないとかではなく、それでだめなら、投資をやめるしかないものね。」

    あらかじめとれるリスクを考えて、その範囲内で投資をしている以上、将来の下落リスクを想像して心が折れてしまうなら、投資を続けることはできるはずがないもんね。




    よく、「あの時利益確定しておけばよかった」という反省を目にします。
    ぼくもしょっちゅうですわ(笑)

    これ、短期投資の方には絶対的な反省だと思うんだけど。
    中期や長期投資の場合は、時間軸のとり方によるけど、反省しても意味がないことかもしれないんですよね。よくよくかんがえればね。


    「確定利益」と「含み益」では、確定利益がよいという主張の意味はわかります。
    妻がやっているIPO投資なんかは、「当選⇒初値売り」という超短期投資で、初値が手数料分以上に上げれば利益確定です。
    その時点で、もう消えることのない利益となります。


    一方、「含み益」というのは、消えてしまうこともシバシバあります。
    単純に考えれば、含み益が伸びるのも、減るのも確率は半分って考えてもよいと思うんです。

    それは、将来のことはだれにもわからないからであり、そういう中で投資をしていて、「含み益が突然消えてしまうことも有るし、含み益が増えていくこと」もあるわけです。


    結果を見てからの、あの時売っておけばという反省は、大事ではあるとは思うけども、結果を見た上での理想の売買と比較しても、全戦全敗(たまに引き分け)って決まっているわけですから、むしろそういう反省は、「行き過ぎれば毒」だとも思えます。


    いろんな思いが交錯して、何が何か分からなくなるってことは、常にあると思う。
    だけど、自分のやろうとしていたことを途中で出来なくなったってことは、大いに反省すべきであり、それを今後に生かしていけばよいんです。


    想定外のこと、特別なことが起こったと感じた人も、投資をしていればそういうことは起こりうるし、逆に、円安株高の時に苦しんでいた人も少数派ながらいたはずです。投資はさまざまですから。

    そういうのは、「経験を積む」か、「リスク管理におけるマイナス方向の想定値を、多めにとっておく」ことでしか、対応はできないわけで。




    ぼくは、「確定利益」も「含み益」同じ利益だと思っているかもしれない。
    だって、時価総額評価を、月末に算出するけど、そこに「確定利益」と「含み益」の色分けなんてしない。
    ただ、「時価総額評価額−投入金額」で算出するだけだもの。
    この計算では、色分けなんてないし、確定利益がいくらなのかも全く知らない。


    実現したいスタイルに「損小利大の考え方」がある。
    これは、含み益と上手く付き合わなければ、絶対に実現できない。
    まだ、投資3年で上手くやろうと思う必要はないというか、むしろ「含み益」とどうつきあうかってのが、一番大事なんじゃないのって思う。
    (例えば利益確定の基準とか、こういう状態になれば利益確定するとか)


    「含み益」のあるうちに売ってしまえば、いつでも「確定利益」となるわけですからね。

    「含み益」を口座いっぱいにしている時ってのは、ものすごいパワーがあると同時にいつしぼむかという恐怖を味わう。

    そういう「自分との駆け引き」を経験するってのも、投資を続けていく上で大事なんではないかと思うんです。

    あそこで、利益確定していればってあとになっての反省も大事だけど、それよりも以前の、「含み益とどう付き合うのか」ってことを事前に、悩む方がよいと思っています。



  • はてなブックマーク - 「心の葛藤」と「含み益」とどうつきあうのか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • リスク許容度の盲点???

    今日は久し振りに温泉に行ってきました。やはり、癒されるね。


    今日、歯医者行った後、妻と子供がトランポリンに行っている間、マネックスユニバーの投資講座を見ていたんですけど、アセットアロケーションで理想配分ってのが、最後のテスト問題に出ていました。


    仮の理想配分といっておきながら、なんでそんな仮もんが最後の問題にだすのかはちょっと疑問でした。(笑)
    理想配分って皆違うはずなのにね。。
    まあ、そんなことはどうでもいいのですけど(笑)


    その理想配分ってのは、リスク許容度で年間最大▼20%を想定していました。
    これだけ読めば、損失は20%までかってことになるんだけど、果たしてそうなんでしょうか?

    「1年間で最大▼20%」というのは、何年投資しても▼20%で済むという意味ではないように思います。
    2年連続大幅マイナスってあまりないのかもしれないけど、なくはないでしょう。

    この視点は、内藤忍さんの資産設計塾にも、明確に書かれていないので、自信はないけども、大事なことではないかと思うんです。


    独自でアセットアロケーションを設計するとき、▼20%までなら、気分的に耐えれそうな数字だと思うけど、ほんとのところはそれでは済まないかもしれないってことを考えておく必要があると思うんです。


    そして、もう1点。
    例えば、その年の途中で▼30%下落して、年末に▼20%で収まるって場合もあると思うんです。


    (ぼくの解釈は極端ところがあるかもしれません。一般的には長期になるほどボラリティは小さくなる傾向があるようなので。)


    つまり、年間最大損失は▼20%で投資設計をしても、
    ●1年の間でも、最大瞬間風速で▼20%以上になる場合
    ●数年間で、相場が不調で、▼20%以上になる場合

    これありうりませんか?


    ちなみにうさみみのアセットアロケーションの年間リスク許容度は▼11%です。
    理想?とされる配分に比べて、「極めてチキンな配分」となっています。
    でも、以上の理由から、数年間嵐が来ても▼20%程度で収まると想定して設定しているんです。

    もし、子供が大学を卒業したら、リスクをとらない資産はほとんど必要なくなるので、感じが変わってくると思うけど。


    8月18日に、あっ、あっ、あっと下げていきましたけど、結果的に、あれは自分が想定していた許容リスクに収まったかどうか、以前検証してみたんだ。

    ●年初からですと、▼3%くらい。
    ●7月中旬のピークからですと、▼9%くらい。

    この両者、かなりのギャップがあると思いませんか?

    最大瞬間風速で我を忘れて、恐怖のあまり、大底で投げた人もいたと思うんです。その時点で底はわからないんだから、決して笑える話ではない。


    ちなみに、8月末時点でいえば、前者はプラスですし、後者もマイナス幅が半分くらいだと思います。時点を変えれば、全然数字が変わってきます。
    最大瞬間風速は、無視できないよ。


    ちょっと、訳わかんなくなってきましたけど、リスク許容度の設定ってのは、違った側面からも見ておいた方が安全だなってことです。

    うさみみは、過去何度かの暴落でデータを取ってきていますので、アセットアロケーションでの設計には、少し反映させています。

    そういう意味で、▼11%の設計とはいえ、最大▼20%を失う覚悟をして投資してるということなんです。

    「▼11%程度しか我慢できんのか」、うさみみってチキン過ぎと思う人いると思います。
    でもですよ。アセットアロケーションには、変動のない安全資産も含まれます。
    それらも含めて▼11%ということは、リスク資産の変動はそんなもんではないということです。

    「日本株▼41,5%、外国株式▼32.4%、外国債券▼25.9%」
    これ以上の年間における下落が、約5%の確率で起こるという前提なんです。


    日本株で▼40%なんて、厳しいですよ。
    まあ、相性のいい外国債券と組合すことで、トータルでのリスク軽減を狙うのが、アセットアロケーションの基本なので、個別の変動幅を語ってもしかたないけど、リスクに対する意識としては、持っておいて損はないよね。




  • はてなブックマーク - リスク許容度の盲点???
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • だいぶ寂しくなったね

    楽天ブログのお友達も、更新がほとんどなくなった人が多くなっちゃいましたね。
    なんか、火が消えたような感じがしますね。


    うさみみにとってショックなのが、楽天ブログではないんですけど、「カテキン」さんのホームページが閉鎖されちゃったみたいです。

    ※(追記)閉鎖の原因はよくわかんないけど、投資がだめになったとかではないです。むしろガンガン利益をあげておられます(ぼくらと2桁違うもの)。掲示板が荒れたみたいなんだけど、掲示板ほとんど見ないのでわかんないです。


    そのホームページ自体はあまりみないんだけど、「日記」は毎日欠かさず読ませていただいております。


    右も左も分からない中国株のことを勉強させていただいていました。
    もう3年になるのかな。。
    中国株だけでなく、投資全体の考え方というか、もっともっと広い部分で影響を受けています。

    投資歴がすごく長くて、常に利益をあげている方のブログっていうのは、本当に参考になるんですよね。

    「世界のお金の流れの見方」、「投資に対する考え方」など、そしてなにより、「リスク管理」

    うさみみが影響を受けた人、ベスト5に入る方の日記が読めなくなるのはつらいなぁ。
    多分、路頭に迷う人が多いんではないかな。


    うさみみは、銘柄情報は参考にしたことは一度もないけど、「投資に対する考え方」を楽しみにしていました。
    日記だけでも、続けて欲しいです。(祈)
    もともと日記しか見てないし(笑)

    1年前くらいは、有名株式評論家のブログとかも見ていましたけど、おっしゃってることに一貫性がなく、見るのを止めました。

    「自分の投資スタンスを確立」している人の一言一言ってのは、深いんです。
    もちろん、長年にわたり実績を伴っている人。。
    今、毎日欠かさず読ませていただいているのは、そういう方々。

    その一言の意味を理解するために、いろいろ勉強する意欲も湧いてくるんですよね。

    そうすることで、本来なら経験しないとわかんないことも、吸収できる(つもりになっているだけかもしれませんが)んだって思う。

    別の形で登場するかもってことなので、それに期待しよ(^^♪




  • はてなブックマーク - だいぶ寂しくなったね
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 節約本

    クロス円が少し回復して、ドル以外は8月末の水準にもどりつつあるかも。
    あとは、日本株だけだす。


     日経平均  15821.19(+0.15%)
     TOPIX     1522.87(▼0.35%)
     香港H株   14439.70(▼0.08%)

     SENSEX  15614.44(+0.70%)
     先日のシカゴ日経平均先物  15890
     10年米国債利回り  4.41%  

     昨夜のVIX指数   25.30⇒25.36(ピーク37.4[17日])



    図書館で借りた節約本を読んでいるんですけど、節約本ってどれも同じだなって思いました。
    ちょっと違う目線でもあればと、探しているけどなさそうですね。


    「明るい節約」とか「ケチと節約の違い」だとか。
    ケチと節約の違いって、人の主観で異なるので、何を節約して何を贅沢するのかってのはそれぞれだと思うんだけど。
    本として書くとなると、決め付けなければネタにならないってことだよね。


    ○○歳でいくら貯めたとか、○○歳で家を買ったとか、筆者の自慢話が出てきますけど、節約の基本的なことを実践している人って、だいたいそうだと思うんです。
    多少、早いか遅いかだけで。


    うさみみ家のように普通のサラリーマン家庭なら、
    節約が先ではなくて、「どんな人生を送りたいかってのが先」にあって、決まった収入の中から、優先順位を決めて、計画的に遣っていくってことなんだよね。

    やりたいことの目標が見えていれば、自然に節約できると思います。
    家が欲しけりゃ節約しないといけないし、投資したければ種銭ためないと。


    その際、「必要なもんを削るのではなく」、目標を延ばすとかいろいろ考えるのが人生資金計画なんですよね。


    今では、投資という段階に発展してきたうさみみ家。
    たぶん、最終段階だと思うんです。
    うさみみ家では、家と教育費は貯蓄でつむぎ、老後や将来の楽しみは投資でつむぐって考え方です。

    ですので、投資に子供の教育費は使いません。どんなにチャンスに見えても(^^♪

    今年上手く利益を得られれば、何割かは楽しみに遣いたいと思います。
    そうなるよう、がんばれ「うさみみポートフォーリオ」!!



  • はてなブックマーク - 節約本
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • いろいろ知らないことがでてくる(追記)

    みみ姫が熱を出したので、今日は半休みを取るつもりです。
    正直、仕事はいそがしいけど、仕方がない。
    そう、あせっても仕方がないんです。


    昨夜は恐怖指数が上昇、原油、金が上昇という感じでした。


    いつも参考にさせてもらっているブログから、
    「郵貯の日本株・外国株・外国債売り」って紹介がありました。
    1年前残高6兆円⇒7月で2兆円!!!
    なにやら、民営化の過程でこれらは法律で認められないからだとか……。
    10月以降は、新たに獲得した預貯金は、その法律の適用外なので、新たな運用となるようですが……。
    (以上は、独自で検証しておりません。もうしわけないですが、調べる時間がもったいないので。言い換えれば一時的な売り圧力がでていたってことだけだから。)


    しかし、政府って、上げ潮路路線だとか、経済成長だとかいってても、わけ分からん法律を作って、売り圧力をつくるなんて……。

    日銀の保有株を放出が10月からだったような気がする。。。

    株価をコントロールせよとはいわないけど、景気が過熱しているときにすべきことを、なんで景気が回復軌道に乗るかどうかという時に、なぜそういうことするかなぁ。


    かなり、感情論が入っちゃいました。
    政府や日銀の真意はしらないので、ごめんなさい。
    (真意などはなく、自己の都合ってことだと思うけど…)

    事前に知っていたからって、多分、売ってないし、この段階にいたっては、どうでもよいですけどね。
    そういうことを知らなかった僕がおばかであり、そういう情報をつかんだ人(事前にもらった人)は生かしているのかもしれない。



    FXの方では、昨日の下げで退場者がまたでているようですね。
    先月の嵐以降、更新がほとんどされないブログが何割か…ある…。

    ぼくも日本株で痛い目にあって、日本株の個別株取引から「退場した人間」です。
    人事ではないです…。
    (追記:今回退場という風にとれちゃいますね。ライブドア強制捜査から2週間ほどで退場したんだ。
    でも、この判断は結果的に正解だったと思う。
    少額投資家だと小型株中心になるけど、今までやっていたらその時の損害の5倍くらいは行かれてたとおもう。
    そこからだよね。それまで考えてきたことをやってみようと思ったのは。
    1つの退場が、新たなものを見させてくれたんだとおもう。
    でも、その時に反省は生かせていないかも。
    FXのポジの増やし方は明らかに早すぎた。
    ポジを急激に増やしてしまう状況はかなり危険。相場の雰囲気がそうさせる面もあるし、自分の欲望とかコントロール外しつつあるってこと。
    反省は、生かされなかった。いや、生かされていたけど、一瞬ハメを外したというべきで、神様はそこを見逃さず、鉄槌を喰らってしまったってことだ…)




    でも、将来もっともっと調子に乗った時に、しでかすともっとひどいんじゃないでしょうか。

    「退場」を自分で決める時の切なさと、そこにいたる数日の自分の情けなさってのは体験した人しかわからないと思うんです。

    ですが、投資をやっていれば、退場とはいかなくても、大幅打撃は何度か経験すると思うんです。
    欲望のコントロールというのは、簡単ではないし、心を砕くほどの経験をしなければ、「欲望の抑制」をしようとは思わないからです。

    ただ、反省が出来ないと、やはり同じ過ちを繰り返します。
    うさみみ自身に課すと限定すれば、基本的に、(心を砕くほどの)同じ過ちを繰り返せば、退場すべきと思っています。

    ぼくが日本株の個別株取引を再開する日は、あるのかどうかわかりません。
    退場したことを撤回するほど、やりたいとは思わないし、そんなことに時間を費やすなら、今やってることに時間を使いたいです。




  • はてなブックマーク - いろいろ知らないことがでてくる(追記)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • それぞれの動き方

    今日の市場の動きってのは、悪くないなと思いました。
    今夜はどうなるかわかりませんが。
    また、アメリカの利下げがあるかないかはメチャ大きいね。


     日経平均  15764.97(▼2.22%)
     TOPIX     1525.22(▼2.04%)
     香港H株   14410.94(▼0.54%)
     SENSEX  15596.83(+0.04%)
     先日のシカゴ日経平均先物  15805
     10年米国債利回り  4.38%  

     昨夜のVIX指数   23.93⇒26.66(ピーク37.4[17日])


    今日のアジア株も、最低2%以上は売られると思っていました。
    クロス円もさらに崩れる可能性もあるなって思っていました。
    大きく売られたのは、朝だけだったね。


    まず、ドル円が112円台になったけど、買い戻されて一安心です。
    香港H株も、寄り付きは売られたけども、後場にはだいぶ回復しました。
    インドはプラス引けでしたしね。
    日経平均は、ややもどしたものの、戻りはほとんどありませんでした。


    日本株では大幅にやられたものの、それ以上に香港H株が上げてくれたので今日のところは助かりました。
    種明かしをすると、上げたのは9銘柄中たった3つだけなんですけど、それは「非鉄系3銘柄」
    紫金鉱業と、湖南有色金属がそれぞれ10%上昇でした。


    ドルもユーロもそうなんですけど、通貨不安って言うのが、金相場をあげているんでしょうね。
    本来ならば、米国債のように利の付くものが買われるけども、金のような利のつかないものも買われるのは特殊な事情になってるんだとおもう。

    長期的に見れば、同時多発テロ以降、「金相場」ってのは上昇傾向にあります。
    基本的には、ドル安に関係しているんだろうと思っています。

    アセットアロケーションでは、例えばドルを買えば、相性のいい金を少し買うとか、逆相関関係で重ねることにより、長期的にHOLDする際、下方向のリスクを減らすことが基本的な考えかたです。

    だからこそ、どのアセットクラス(どの商品)に、どのくらい配分するのかという、組み合わせを真剣に考えるだよね。

    そういう意味では、その基本がちゃんと動いているということなんでしょうね。


    今のような相場だと、日本人投資家にとっては、円高株安ってことで、ロング派の人はことごとくやられているとおもいます。
    うさみみも同様です。
    ですが、6月までは、どちらもウインウインだったんですよね。
    歯車がいい方にだけ、回るとはかぎらないね。寂しいけど…。

    外国人から見れば、対円で言えば自国通貨安になっているわけですから、対日輸出業者はいい環境になっているかもしれません。

    中国の景気は過熱していますけど、アメリカが調子悪くなると、かえって行き過ぎ分くらいが冷やされて、いい影響になるかもしれません。

    アメリカ株ですけど、利下げによってサポートされるだけでなく、不動産や訳の分からん債券から流出した資金が、株に向かうかもしれません。商品市場にも。
    アメリカなど世界の国は、たくさんの利下げが出来る余裕があります。

    アメリカの利下げがあれば、かなり香港系株(レッドチップなど)が恩恵を受けます。おいしいはずです。

    日本は、2回0.25%利下げすると、もうさげることができません。
    助け舟は、ナイに等しいです。
    なぜなら、ゼロ金利にもどるというのは、デフレにもどるも同義と外国人から思われるでしょうから。


    各国が打つ手によって、いろいろ考えれることはあります。
    でも、どうなるかはわかりません。
    ただ感じるのは、それぞれの投資先に行き先が見えてきているということ。

    怖いのは、流動性を失うことと、アメリカがリセッションを起こすこと。
    なにもかもが、嵐のように売られる状態ってのは、ホントに怖いと思う。

    そういう意味では、アメリカ株ももちろんだけど、金相場はウオッチやりがいがある。
    金までも売られるときは、嵐の前触れになるかもしれないから。



  • はてなブックマーク - それぞれの動き方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 世界三国志

    今日のハイQは、僕自身も感じていることが書かれていた。

    「アメリカ中心の世界経済がこれからアジアとヨーロッパと三つに分かれる。
    つまり統一のあとの三国志とお考えいただくのがいいと思います。」



    どうしてもユーロが欲しくなってたまらなくなり、FXをはじめて、今苦しい思いをしているうさみみです。

    欧州が強くなると予感しつつ、ユーロは高いと決め付けて、取り組んでこなかった反動が高値掴みさせる原動力となったんだとおもうけど、後悔はしていない。

    失敗としては厳しいもので、昨夜の円高で、また大きな含み損となっている。

    でも、まあ、しゃあない。もう、どうしようもないんだもん(笑)
    思いっきり言い訳ですけど、インカムゲインが高利回りなら、今は沈んでいてもよいもの。



    三国志の話にもどるんですけど、中国の三国志の話はうさみみ大好きです。
    GDPでいえば、アメリカより欧州の方が確か上だったとおもうし、アジアも中国・インド・日本など魅力が増えてきている。
    軍事力はアメリカの一人がちだけど、アジアも力をつけてきている(比較にならないけど…)。
    人口は、アジアの圧勝です。


    うさみみ現状は、
    株式投資は、アジア中心。
    外貨投資は、アメリカ、欧州中心+豪ドル


    「この3国+資源国」への投資。。。。これらのバランスを考えるのがうさみみの仕事です。
    今は、辛抱しています。




  • はてなブックマーク - 世界三国志
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 金の上昇と日本売り

    きましたね。金がね。
    COMEXゴールド12月限:704.6(+13.9)
    ひさびさの700p抜けっす。


     日経平均  16122.16(▼0.83%)
     TOPIX     1557.02(▼0.73%)
     香港H株   14489.40(+0.46%)
     SENSEX  15590.42(▼0.17%)
     先日のシカゴ日経平均先物  16195
     10年米国債利回り  4.51%  
     昨夜のVIX指数   24.82⇒23.93(ピーク37.4[17日])


    ここ1年間は、毎日金価格をチェックしていました。
    この嵐の回復の中、地道にあげようとしていたけど、ここ数日で大幅高。

    ユーロドルとの連動、中国インドの所得上昇(アジアは金が好き)、質への逃避
    いろいろ示唆する点はあると思います。

    最近買い増しした、紫金鉱業は、以前から買い増しを狙っていただけだけど、この流れに完全に乗った銘柄だったので、ラッキィ。
    18日間で70%UPはラッキイすぎる。
    弱小投資家で1単位しか買い増しできないので、金額的にはたいしたことはないんだけどね…。

    Q先生からいただいた知恵を生かすためには、あと20%の上昇が必要だけど、そうなれば実行したいと思っている。
    思いっきり皮算用だけど、成行きにまかせていきたいです。



    ロイターの記事が目に留まりました。
    海外勢に日本株見送りの声、安倍政権弱体化も拍車

    日本株の悪材料を上げればキリがないんだけど、

    「海外の投資家の中には、サブプライムローン問題に端を発した世界的な市場の混乱で、投資の優先順位をこれまで以上に明確にしてきており、日本株は新興国の株式よりも優先順位を下げられている

    正しいかどうかは、それぞれが考えることとして、↑が一番しっくりきてしまう。


    流動性の秩序を失った18日嵐以降の、もどりというのは、次のテーマを示唆する部分が大きいので、この段階での動きは気になるよね。

    個別株をしている人でも、もどりのいい株を押し目したくてうずうずしてるのでは?
    それと同じ考えなんだよね。

    取り残されれば割安感から買い戻されるって、期待感がそうおもわせるけど、裏切られる可能性はあるかもしれない。

    というのは、アセットアロケーションで日本株の比率を下げてきているのは想像できる。
    割安なだけでは、日本株比率をあげるということにはならないのでは?
    比率が上がらなければ、短期はおろか、中期的にも新興国をアウトパフォフォームできないってことでしょう。

    遅れを取り戻して、上げても、相対的に日本株の方がよくなるのは、だいぶ先になる可能性を意識しておく必要があるかも知れない。



  • はてなブックマーク - 金の上昇と日本売り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 漠然とした未来の想像

    今日も市場が荒れている感じです。
    でも、今はこれが普通なんでしょうね。


     日経平均  16257.00(+0.61%)
     TOPIX     1568.52(▼0.06%)
     香港H株   14423.13(+0.95%)
     SENSEX  15616.31(+1.10%)

     先日のシカゴ日経平均先物  16105
     10年米国債利回り  4.47%  

     昨夜のVIX指数   22.56⇒24.82(ピーク37.4[17日])


    最近、短期的な相場観を持ってみていないので、何を書こうかネタを探すのに苦労しだしています。

    いろいろ考えると、いらぬ皮算用をし始めます。
    皮算用の度が過ぎると、痛い目に会う確率が高いことが分かってしまった。
    できるだけ避けたいところです。


    さて、中国が動きましたね。
    ●中国人民銀行は、預金準備率を0.5%ポイント引き上げます。
    ●9月25日から大手銀行の預金準備率は12.5%となります。

    世界が流動性を失いつつあることで苦しんでいるのを横目に、「銀行システムの流動性管理を強化し、過度に急速な信用の伸びを抑制することが目的だ」と説明されています。



    一方、気になったニュースとしては、
    ●豪準備銀行(RBA)は6日、レポ・オペレーションにおける受け入れ担保証券の枠を拡大。
    ●10月8日から、投資適格級の豪ドル・モーゲージ担保証券(RMBS)と豪ドル・資産担保CP(ABCP)まで担保受け入れを拡大するらしい。

    なぜか、
    ●これから問題のABCPやRMBSが満期を迎える時期、および投資銀行の四半期決算が9月から10月に集中する。
    ●各国中銀が流動性リスクに対して臨戦態勢に入ったと言えよう。
    (為替ニュースから引用)



    対照的なニュースだなって思ってしまいました。
    短期的な視点は捨てて、今の厳しい状態の行き着く先(もしくは落ち着いたあとの次のテーマ)を探すことに絞って考える癖をつけようと、意識しています。


    今後の株(日本株以外)はどうなるんだろうってのが、最大の関心ごとです。
    アメリカの不動産の下落が止まらないのであれば、世界の余剰資金は、どこにいくのだろうか。
    お金の通り道は、どこに付くのだろうか。漠然とした想像ですね。




  • はてなブックマーク - 漠然とした未来の想像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。