ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  2007年05月
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 株高祭り

    アジア株はそろって上昇しましたね。
    ちょっと動きが激しすぎて、あれって感じがします。


     日経平均  17875.75(+1.63%)
     TOPIX     1755.68(+1.26%)
     香港H株   10739.32(+3.23%)
     SENSEX  14544.46(+0.92%)
     先日のシカゴ日経平均先物  17715

     10年米国債利回り  4.87%



    日経平均の上げ幅が久々に大きかったですね。
    香港市場も活況でした。
    インドSENSEX指数も2月9日につけた最高値の1万4723.88まであと少し。


    いろんな要素があるでしょうけど、それは心に留めておきます。
    うさみみは予想で投資するより、想定でまちかまえるタイプなので、こういうときは無理に語らずでいきたいです。
    他の人がいろいろ語ってくれてると思うので。



    外国債券について書きたい記事をみつけたんですけど、これだけ株高だと株関係のことを書きます。こちらも気になるので(^^♪

    [東京 29日 ロイターより]
    ●米系大手運用会社のフィデリティは事業を効率化するため、日本株のトレーディング業務を東京から香港に移すことを決めた。


    [英ロンドンのシティーの金融センター競争力調査報告より]
    ●全世界金融センター都市ランキングの1位はロンドン、2位のニューヨーク、3位香港、4位シンガポール……9位東京、24位北京、36位上海
    <人材、商業環境、市場開放度、インフラ施設と総合競争力を採点>



    昔ロンドンは低迷していた時期もあったらしいけど、今は金融センターといえば「ロンドン」ですよね。
    NYだと思っていた人が多いかもしれません。


    気になる東京ですけど、9位です。
    香港、シンガポールに追いつくことは、なさそうです。
    そういう雰囲気というか意志は感じられないですね。


    証券取引所でも、ロンドン市場がいいと聞きますけど、うさみみはよく知りません。
    NY市場ですと、楽天証券から海外ETFなどで関わることもありそうです。
    香港市場は、いうまでもなく東証より付き合いが深いです。
    シンガポール市場は、うさみみもよく知らないです。


    cokaさんが、「(米国では)内需が伸びないのでM&A」ということをコメントで書いてくれていましたが、証券取引所でもM&Aが行われています。

    経済の世界では、国境ボーダレスというか、世界フラット化の時代を意識せざるを得ませんね。
    同時に、競争時代でもありますね。


    うさみみとしては、世界のよい商品が低コストで買えるなら、市場はどこでもよいです。

    海外口座は開きたいと思ったけど、トラブルや相続や税制のことなどを考えると、パスかなって気持になりつつあります。

    東証がダメでも、楽天証券を筆頭に、証券会社レベルでがんばってくれれば、いい環境になっていく実感もできてきたので(^^♪


    日本の個人資産を目当てに、これから金融先進国レベルの投資環境が整うといいな(^^♪


    スポンサーサイト
  • はてなブックマーク - 株高祭り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • こういう引締め策があるんですね。

    今日は、試合に向けて練習してきました。
    かなり、運動に体が慣れてきて、節々が痛いって感覚よりは、疲れたなぁって感覚の方が勝ってきた。
    帰りは、仲間とラーメンをいただきました。
    週末は大会ですので、がんばります。



     日経平均  17588.26(▼0.48%)
     TOPIX     1733.75(▼0.724%)
     香港H株   10403.44(▼2.00%)
     SENSEX  14411.38(▼0.67%)

     先日のシカゴ日経平均先物  17705
     10年米国債利回り  4.88%



    中国が、株価を直接抑える引締め策を講じてきましたね。
    昼休みまで、全然気付きませんでした(笑)


    今、かなり大きな仕事で、少々テンパリ気味で………って、どんなときも仕事してるときは投資のことなど考えてないですよ(笑)

    というより、本土株は調整して欲しかったし、そのためにH株も調整するならしかたないなって思っています。
    今は、CPも少しだけありますしね。(香港ドルが高くて補充はしんどい…)


    株価を直接抑える引締めが必要だって話も聞いたことがあるので、それだと「キャピタルゲインの税金を増やす」とかもありうるのかなって思っていました。
    印紙税ですか。そういうのもあるんですね。


    利上げでも凹まなかったのに、今回はA株もさげましたね。
    明日も軟調なら、成功というとこでしょうか。
    それこそ、株価を直接さわりに来るというインパクトは以外に大きいかもしれないですね。


    気になるのは、米国債利回りが再び4.9%に迫ってきてるということ。
    5%をうかがう動きとなれば、セオリーでは米株もあやしくなると思われますが…。

    今のところ米株よりは、ドルの方が気になります。


  • はてなブックマーク - こういう引締め策があるんですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ちょっと軟調気味な気分

    5月は、相場にはあまり参加しなかった感じで終わりそうです。
    IPOの方も全然当たりませんしね。
    何事もなく過ぎ去るのであれば、それはそれでいいのかもしれませんね。


     日経平均  17672.56(+0.48%)
     TOPIX     1737.90(+0.78%)
     香港H株   10615.45(▼0.27%)
     SENSEX  14508.21(+0.77%)

     先日のシカゴ日経平均先物  
     10年米国債利回り  


    結構、なにもしないことに慣れてきたとはいえ、暇ですな。
    といいつつ、指値はしてるんですけどね。
    なかなか、うさみみの思うストライクに入ってこないってとこですか。


    とりあえず、5月は円安だったので、月次ベースではマイナスにはなっていないと思うけど、中国株と、日本株だけはジリジリと足を引っ張りそうな感じもします。


    南アフリカの2007年第一四半期のGDP速報値がでましたね。
    前期比年率4.7%、対前年比5.4%ということです。
    これからの動きが注目ですね。


    ランド円の投資に参加して、南アフリカのことも勉強しつつあります。
    あまり細かいことではなく、マクロを中心に(^^♪


    何事も、その分野で先駆者がいるので、ゆっくりと学ばしていただいてます。
    経験上、1年から2年観察していると、いろんなことが見えてきます。

    その場だけの勉強ってのは、意味がないとは言わないけど、アンテナにもならないんですね。
    未来の自分の為に、南アフリカも2ヶ月前からウオッチしております。


  • はてなブックマーク - ちょっと軟調気味な気分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 今週の注目点

    仕事の打ち上げで遅くなりました。
    お酒飲んで眠いけど、ブログ更新は日課なので、がんばります。

     


     日経平均  17587.59(+0.61%)
     TOPIX     1724.38(+0.52%)
     香港H株   10643.66(▼0.06%)
     SENSEX  14397.89(+0.41%)
     先日のシカゴ日経平均先物  17545
     10年米国債利回り  4.86%



    今週は10年米国債利回りに注目したいです。
    先週は4.9%目前で跳ね返されましたけど、このところの利回り上昇はすごいですよね。

    米株が伸び悩んでいるのは、このことと無関係ではないと思っています。

    いろいろするべきことも出てくるような気がします。
    今日は、頭が痛いので何も考えられないけど、米は今日休みだよね。
    よかったです。

    とにかく、強引にブログを更新したという感じになりました(笑)


  • はてなブックマーク - 今週の注目点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 初心者本を読みました

    図書館から借りた「はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール」を読みました。

    基礎的なことが書かれていたけど、これを読むだけでFXで儲かるという印象はもてませんでした。
    「どうするかは人によってちがう」ということが書かれてあって、もちろん正しいです。


    どんな投資にも共通するけど、ある程度勉強したら、「無理のない範囲で実践」してみて、フィードバックしていくしかないですね。

    結局、積み重ねなんだなって思いました。


    目新しいことはなにもなかったのですけど、何か取り上げるとすれば…

    大切な「リスク許容度」の項目から、

    ●損をするのが耐えられない人
    ●全体の戦略の中である程度の損を許容できる人

    確かにこの2つに分かれますね。




    ●リスク許容度が少ない場合、逆張りの投資手法はかなり難しくなる


    上の前者は評価損を極端に嫌うわけですから、「逆張り」はあまりしない方がよいのかもしれないですね。
    逆張りは、トレンドが反転するまで当然「評価損」を抱えます。
    この当たり前のことが、意外に無視している人が多いのも事実ですよね。


    「順張り」と「逆張り」どちらがいいのかは、よくわかりません。
    好みなんですよね。


    ただ、「逆張り」の人が注意すべきと思うのが、「利を伸ばす我慢」は必要だということ。
    折角、評価損に耐えて反転してるのに、その評価損に心を蝕まれて、あるいは何度も買値付近で反落されて心を蝕まれて、「薄利で売るパターン」はちょっと勝てる気がしません。

    マイナス方向のリスクは存分にとるけど、プラス方向のリスクは少なくなるってのは、本当はしたくない方法のはず。
    己の性格やメンタル面、戦略に組み入れないといけないですね。



    うさみみは、「順張り」はあまりしないですけど、注意すべき点といえば、「意に反し下げた時のリスクが大きい」ということですね。
    「損を限定させる我慢」が大切だと思います。
    これはうさみみが苦手な我慢です。


    損切りが出来ないから、うさみみは「逆張り派」ってことですかね。
    少々情けないですけど…。



    あら、本に書いてることを書こうとしたけど、ほとんどがうさみみの暴走になっちゃった。


    なんにしても、「損小利大」であれば、勝つ可能性がある戦略だってことで、どんな投資でも共通のことですね。
    逆に「損小利大」を意識しなければ、長期的には負けやすいということですかね。



    初心者本は意外に、投資の本質が書かれているんですよね。

    最初は読んでも分からない(=言葉で分かった風になってるだけ)
    多分今でも本質的には分かっていない(=実践で経験しなければ核心部分は真に理解できない)。


    当たり前の言葉でも、実践の中で経験したことで自分なりに、何度もフィードバックして考えるってことやってると、意外にいろんなことが頭に浮かびますね。
    たまに、こういう本もいいですね。


  • はてなブックマーク - 初心者本を読みました
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 携帯電話水没事件

    水曜日のことです。

    仕事中、おなかが痛くなってトイレに…。

    もちろん、スッキリして、立ち上がった瞬間です。




    「ポチャ!」??

    ???



    何が起こったのかと思えば、和式トイレの水溜りに、携帯電話が入ってた


    慌てて拾って、トイレットペーパーで拭いて…

    「電源きれてないぃぃ!よかった」


    と、のほほーんと、仕事に没頭。


    30分後、気になって携帯みたら、電源ついてない。

    血の気が引いたのを感じた?a




    電池外してみてもう一度電源入れてみたら、振動はしたけど画面がつかない。
    (↑実は最悪の行動でした。)


    うるる。うるる。


    ネットで対処法を調べたら、
    ●とにかくスグにパッテリーとメモリカードを外せ
    ●回りをよく拭いて、3日ぐらい乾かせ

    ということだった。
    スグに電源を入れると、「純水」でない場合は電気を通すので、ショートしちゃって、回路が壊れたらアウトだって……。

    もちろん「純水」じゃないよね。おもいっきり汚れてるよね……。


    2重でショックでした…。



    水濡れは、無料修理はしてくれないのね。シールが反応しちゃったし。

    買って、1ヶ月でいきなり、壊れちゃったってことで、当然、かあもさんに怒られた。



    最後の方法は、うさみみが思いつく最高の手段。

    とにかく、たくさんのシリカゲルと一緒に、カンカンの中で3日間眠らせること。


    それしかない。それでだめなら、今日auショップにいかなきゃ。



    かあもさんと祈る思いで、電源オン……


    ……反応が……

    10秒ほどの間 

     


    かなりあきらめたけど…あら、ついた(^^♪


    でも、ダウンロードがはじまって、また、画面が消滅……

    ん? 


    必死でボタンを押したら、ついたよ!! かなり感動。
    (↑必死になるなよ)


    データも残っていました。




    少々気になる匂い。多分気のせいでしょう。やはり気になりますが…。


    基盤がさびてだめになることもあるらしいので、なんともいえないけど、とりあえず、においつき??で生還しました。


    なんか、アルコールで拭きたいけど、壊れたらやだし、我慢します。。




  • はてなブックマーク - 携帯電話水没事件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 興味深い相場

    昨夜から今日については、興味深い相場になったと思います。
    今夜もどうなるのか、来週は……興味が尽きませんね。


     日経平均  17481.21(▼1.22%)
     TOPIX     1715.54(▼1.30%)
     香港H株   10649.84(▼2.07)

     SENSEX  14338.45(+0.85%)
     先日のシカゴ日経平均先物  17540
     10年米国債利回り  4.84%




    円高だと思えば、ドル高だったりいそがしいですね。
    「北朝鮮が日本海にミサイル発射」〜なんて、たまりませんね。


    興味深いのは、
    上海B株は、約▼6%下げてから最後は約+9%です。
    これって、S安からS高ってことですよね。

    最近のA株はなだらかに右肩上がりを決め込んでいます。
    今日のH株は大幅下落です。

    中国(=A株)はバブルといっていた、外国人がB株で踊っているのを見ると、結局みんな儲けたいんだなっていうことかな。
    テーマを見極めて(今はAB格差ですかね)それに早めに乗っている人もいれば、その人たちの売りを買いで迎える人もいるわけですから、相場を知っている人が生き残るのは当たり前なんでしょうね。

    日本の新興バブルと同様、たくさんの退場者と5%の勝利者にいずれ別れるのでしょうか?
    うさみみは、どちらにも入らない位置にいるつもりでも、渦の中にいるのかもしれないです。
    どのみち生き残るには、経験を積むしかないですね。


    日本株もおもしろいです。
    日経平均は大幅下落なのに、ジャスダックは上昇ですね。


    うさみみは、香港H株、日経平均、TOPIXがメインなので、今日は「6桁の評価下落」になってるとおもう。
    いちいち算出しないないけど、だいたい分かります。
    単純な投資なもんですから(笑)

    日々の増減にはなれてきたというか、相場の波にいるのだから、あたりまえって感覚になってると思う。

    世界同時株安みたく、トータルで7桁の下落を喰らうときは、やはりブルブル震えが来る時がありますね。落ち着かないというか。
    ただ、底打ちっぽい兆しが出れば、震えは消えちゃいますけど。

    ライブドアショック、去年5月、今年3月と過去3回とも同程度の7桁下落を喰らいましたけど、だんだん麻痺してる気がします。


    今でも生き残っているのは、世界全体で好景気だからであって、運なんだよね。
    好景気が長続きするためなら、時に大幅下落もよいのではないですかね。
    大崩壊で退場させられたら、もう2度と立ち直れそうもないですからね。




  • はてなブックマーク - 興味深い相場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 貯蓄力がさがっていく?

    上海B株は▼8%で半数近くの銘柄がストップ安を付けた。
    深センBは▼4.4%でした。


     日経平均  17696.97(▼0.05%)
     TOPIX     1738.11(▼0.11%)

     香港H株   休場
     SENSEX  14218.11(▼1.01%)
     先日のシカゴ日経平均先物  17710

     10年米国債利回り  4.85%



    市県民税の特別徴収税額の決定通知書の税額ですけど、びっくりですね。
    所得税が減って、負担率はかわらないらしいが…。

    いろんな控除額が不利になるような感じがする。
    調べずに言ってはいけないのだけどね。


    年収が増えるどころか減る状態で、税金もあがり、数年後には介護保険とくれば、世間が賃上げという雰囲気と我家は程遠い。

    節約力は、もうこれ以上上げられないどころか、子供が大きくなって必要なお金は徐々に増えてきてる気がする。

    今は、給料天引きの金額も減らすことなく、人生資金計画以上のペースで貯蓄できている。
    天引きしたあと、家計がマイナスになる時がもしきたら、そこが「人生の節目」になるのかなって思う。


    最近は、かあもさんも仕事にいっているので、収入としては上がっているけど、これはかあもさんが好きなものを買えばいいと思う。
    ネットオークションで、いろいろ買っていて、生き生きしているのでよいこと。
    なので、プラスとして考える必要もない。


    収入が減り、節約力が落ちれば、貯蓄力が落ちていくしかない。
    家計簿を作っているわけでなく、月末に資産集計をするだけで、投資の成果も入ってしまうので、貯蓄力の微妙な増減は全くわからない。


    景気が回復し、うさみみの給料が上がる日はくるのでしょうか。


  • はてなブックマーク - 貯蓄力がさがっていく?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ちょっと、足元確認してみよか

    今日は、試合に向けて「にわか練習」で汗を流してきました。
    何の練習かははずかしいので‥‥一応、スポーツです。

    これまで子育てであまり自分の時間ってのを考えてこなかったこともあり、今日は楽しかったです。
    かなりヘトヘトで、明日筋肉痛必至です…いや、あさってかな(笑)



     日経平均  17705.12(+0.14%)
     TOPIX     1740.08(+0.49%)
     香港H株   10874.38(+0.33%)

     SENSEX  14363.26(▼0.63%)
     先日のシカゴ日経平均先物  17670

     10年米国債利回り  4.82%

     

    最近、よく寝てるのにちょっと疲れが取れない感じです。
    仕事でPCを使う時期なので、目が疲れてるんだと思います。

    あまり家でもPCを使わないように、ちょっと現状認識。。というか頭の整理!



    日本株は、中途半端な位置でしばらく放置。

    インド株、米株、欧州株は上げ上げで放置。(売るつもりがないので)

    為替はドル高が高水準域に入ってきているので、売り指値を検討。

    中国株の保有分は放置。
    ただし、ドル高に伴い、金価格の軟調というおきまりサイクルに入りつつあるので、金関係株の買い増し時期を検討。

    外国債券は、今月分購入済みで、来月まではお休み。
    ただし、米国債利回りは注意しておく。
    ドル決済時に利回りが高水準だった場合は、ゼロクーポン債を中心に一気にスライドさせるシナリオも想定しておく。

    一応原油高の動向は注意しておく。北海ブランドはすごい高値ですよね。

    想定の確認はそんなところですか‥‥ね。


    これらそれぞれは別の投資だけど、実は複雑にからんでるんだよね。
    まあ、それはおいといて。



    ふむ、ストライクを待つのは、ドルロングの決済と、紫金鉱業の買い増し時期ですね。
    余計な情報を探さないように注意しよっと。
    目を休める生活をしないといけないですからね。




  • はてなブックマーク - ちょっと、足元確認してみよか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 上海B株大幅安にインドは堅調

    TOPIXが大きく上げましたね。
    先週は、今週買い場になると想像してたけど、ストライク寸前で逃げられました。



     日経平均  17680.05(+0.70%)
     TOPIX     1731.54(+1.22%)

     香港H株   10838.36(▼0.43%)
     SENSEX  14458.72(+0.24%)
     先日のシカゴ日経平均先物  17570

     10年米国債利回り  4.78%




    上海B株指数は前日比6.89%の大幅安ですね。
    中国株も香港株も目が離せないですね。

    最近の注目は、インドの強さです。
    インドとアメリカの関係を考えれば分かりやすい展開ではありますが、かなり低調だったときを思えば、すごいなっておもいます。

    やはり、RSI30割れってのは買いなんですよね。
    もすこし買いたかった。
    もう買い増しなどできる状態ではないですね。


    相場が好転してきてるので、しばらく暇ですかね。

    円安も高い水準になったので、外国人が動き出すのでしょうか。
    日本株もあげるといいですね。




  • はてなブックマーク - 上海B株大幅安にインドは堅調
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 買い基準

    ドルが強くなっていますね。
    あと、インドが強いわほんま!


     日経平均  17556.87(+0.90%)
     TOPIX     1710.67(+0.88%)
     香港H株   10885.51(+0.24%)
     SENSEX  14418.60(+0.81%)
     先日のシカゴ日経平均先物  17500
     10年米国債利回り  4.80%



    今日はチョットなんだかお疲れモードです。
    なんでかなぁ。よく分かりません。
    昨日のプールのせいかなぁ。


    今日、TMCCNZD債(06/11発行)の利金 27.03 NZDを頂きました。
    チョビットとはいえ、うれしいっす!


    日本株の騰落レシオです。77.52%  前日比△2.94%
    ちょっと上げましたか。
    この指標は、使ってる人が多いみたいですね。

    うさみみは、実践では使ったことがないけど、半年前からじっと見ています。
    確かに、小型株の動向には確かに向いているなと思います。

    うさみみの場合、年数回の下げた時を狙うので、オシレーター系の指標を参考にします。
    通常使うのは、RSIとボリンジャーバンドなんですけどね。


    なもんで、ジャスダック指数のRSIが30で、ボリンジャーバンド−2σにかかりそうだったので、金曜日「Jオープン」を買いました。

    単純極まりない基準ですわ。ほんと。
    RSIって、だましも多いんじゃない? って思う人も多いと思います。

    別にだまされたらいいんじゃないかって程度に考えてもいいのではと思います。
    下げればまた買えばいいといえば、アホかと思われますね。
    アホでいいです(笑)


    別に一度に資金を入れるわけではなく、初動は「試し買い」ですし。
    これから、「下げるごとに指値をする」か、「数日あけて適当に買うか」どちらにしても、逆張りというのは買って下げるのが当たり前だからです。

    まあ、トレードとしてはアホですけどね。
    数ヵ月後、短期的なアホなんて忘れてる(=誤差の範囲)ことが多いんです。


    あら、こんな話しのつもりではなかったのだけど、
    TOPIXはストライクゾーンに入る前に、逃げちゃいましたってことが書きたかった。
    上げてくれるのもうれしいですけどね。。



    今日の注目は、ドル高ですね。
    19時ごろからなんだか上げてます。

    きょうは、かあもさんの機嫌がいいのはこのせいかな(笑)
    ドルスイスの悪い方のポジがプラ転して、オール含み益になったからだったようですね。
    多分ですけど(^^♪

    かあも口座は気を使います……ほんとに(^^♪



  • はてなブックマーク - 買い基準
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 海外ETFについて

    今日は、温水プールにいってきました。
    みみ姫がチョット泳げるようになったみたいで、うさみみに見て欲しかったみたい。
    3mほどしか泳げなかったけど、息継ぎを教えたら、10mくらいに伸びました。
    こどもはこちらから教えても覚えないけど、学びたいという気持ちがある時は一気に伸びますね。

    見た目に一生懸命、娘に指導している親もいました。
    親だけの空回りだと、子供によっては自信をなくす場合があるのが子育ての難しいところです。
    (その親子がどうかわからないけど、うさみみは以前それで失敗したことが…)

    株もそうだけど、頃合を待つってのも、意外に大事なんですよね。



    今日2回目の更新です。

    うさみみも、今は勉強する意欲が満ちてきているので、結構たのしいです。

    以前は、香港の海外口座を開設するのが夢だと考えていました。
    5年連続利益が出せれば、挑戦しようかとも考えていました。
    海外ETFや中国株IPOの参加など、夢を感じたし、オフショア天国というイメージが先行していたんですよね。


    いろいろ調べていくと、メリットばかりではないことが分かってきました。

    楽天証券の海外ETFの取扱が増えてきてたけど、手数料が高いと思っていました。
    ですが、香港の証券会社でも最低20ドルかかるようです。
    (アメリカのある証券会社は最低8ドルです。)

    だとしたら、31.5ドルの楽天証券も悪くはないのではと思う。


    よくよく調べもせずに、イメージだけで判断していた自分がちょっと情けなく感じました。


    いろいろメリットデメリットがあるなかで、ゆっくりうさみみにあった方法をみつけていきたいですね。


    ちなみに楽天証券の海外ETFですけど、
    ●S&P500連動型(信託報酬年率0.09%)
    ●米国以外の先進国株( 〃 0.35%)
    ●ブラジル株( 〃  0.70%)
    ●南アフリカ( 〃 0.70%)
    ●豪。香港。シンガポール。NZなど太平洋地域株( 〃 0.35%)

    などが気になります。
    他にも、韓国株ETF、台湾株ETF、新興国株ETF、ナスダックETFなどもあります。


    香港やインドのETFは、現在の松井証券でOKですね。



    また、時間のあるときにいろいろ調べて、「来るべき時に備えて準備」したいとこですね。
    かなり時間がありそうなので、ゆっくりといきたいです(^^♪




  • はてなブックマーク - 海外ETFについて
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 外貨調達(セントラル短資での外貨調達ってどうなんですか?)

    セントラル短資FXさんでは、「1万ドルロング」⇒「1万ドル相当分の円入金」⇒「外貨調達の申しつけ(手数料1000円)」⇒「銀行外貨口座へドルで出金」ができますよね。


    これって、実際やった人いるんでしょうね。


    これ、例えばです。
    トヨタFS証券とか、楽天証券では、外貨入金も受け付けているけど、そういう証券会社でも可能なんでしょうか?


    もし可能で、この1000円以外、どこからも手数料がかからないのなら結構面白いなと思ったんですけど、無理かなぁ。


    トヨタFS証券では外国債券、楽天証券では海外ETFを購入する場合、ひょっとして、外貨調達の手段として有利か??って考えたけどどうかなぁ。
    仕事休みの時に調べてみようかなぁ。


    「まず外貨MMFを買い付ける」しか頭になかったけど、他に有利な外貨調達法ってのを知ってたら教えてください。

    是非、よろしくお願いします




  • はてなブックマーク - 外貨調達(セントラル短資での外貨調達ってどうなんですか?)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • くりっく365の口座を開設してみよう

    為替動いていますね。日銀の利上げ観測が後退したのかなぁ。
    モミモミで貯めた力は、円安方向に放たれたということですかね。
    よーわかりませんが…。


    FXの方は、雑所得20万円の範囲で始めていたんだけど、年後半から少しポジ増やしてみようかと、準備として「クリック365」の口座を開こうと思いました。

    三貴商事さんにしようとおもって準備中。

    どうなんでしょうね。どこがいいんだろ。


    ドルスイスが上がれば、ランド円が下がる。
    ドルがあがれば、金が下がる。

    結構、教科書どおりなんだぁって思いました。どっちに行っても、うさみみはあまり変化がないというか、そういう気がします。
    スワップだけいただければよいですね。
    ドルが上がれば外貨資産が増えて、金関係株が下がる。
    こういう地合いがどんどん進めば、金関係銘柄を買い増しすればよいですね。そんな感じで(^^♪


  • はてなブックマーク - くりっく365の口座を開設してみよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 樹海へ向かう道をいっているのか?

    今日はインドが頑張りましたね。
    香港市場も、日経平均も落ち着いています。
    だけど、ジャスダック指数はとうとう、年初来最安値となりました。


     日経平均  17529.00(+0.09%)
     TOPIX     1711.89(▼0.04%)
     香港H株   10949.57(+0.52%)
     SENSEX  14127.31(+1.42%)

     先日のシカゴ日経平均先物  17535
     10年米国債利回り  4.72%



    新興市場が、再び年初来最安値を更新!!
    いろんな理由があるのだろうが、この状況で理由を考えても意味があるんだろうか?

    笑われるかもしれないけど、単に「注目を浴びている」、「注目を浴びていない」という色分けの方が単純でよい。
    再び注目を集めるときまで踏ん張るのかどうかという戦いと思う方が簡単。
    それがいつ来るか分からないから、「樹海へGoという心境」だ。


    普段は、新興市場はチェック対象外なので、こういう状況はブログで知ることが多い。

    うさみみも、「Jオープン」という小型株のノーロードファンドを持っている。
    去年の春から、最安値更新を聞けば、2万円づつ買い進めてきた。

    去年の11月頃なんかは、「これが最後の買い付けになるかな」って期待してた部分もあったけど、今年に入って、無感情に機械的に買い付けている。


    樹海へ向かう道のようだけど、なぜ、続けようと思うのかですが、
    半分は「意地」だと思う。
    こう書けば、アホだと思われるだろうが、実際心の中にある気持ちだ。
    うそは書くつもりはない。(そういう気持ちがあるってことも記録しておきます。)


    あとの半分は、はずかしいから書かない。
    「あくなき探究心」とだけ書いておきます。


    自分が考えて描く戦略を、持続できるのか、実行できるのか、そして心の動きはどうだったか、こういう相場だからこそ体験できるものもあるだろう。


    (えらそうにいろいろ書いていますが、主力の投資ではないし、資金も極一部です…)


  • はてなブックマーク - 樹海へ向かう道をいっているのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ぼくらは受難の世代か‥…

    「受難の世代か‥」

    30歳代は世間では「そういう言われ方をしてるのか」と改めて思った。
    確かに30歳代後半のうさみみは、最後のバブル期入社で、次の年から新入社員数がどんどん減ってきたのを記憶している。
    そう、うさみみはラッキィ組だし、アホ組ともいえる‥‥自分で言うなってね(笑)

    ストレスの原因かぁ。
    年収でいえば、増えないどころか、年々減っている‥‥。
    会社の先行きは確かに不安‥‥つぶれられたら正直どうしたらいいかわからん。
    アホ組みなので、再就職ってのは期待できそうもないし。

    ただ、投資を始めてみて、半年先の株価も読めないと同じように、自分の会社のこと気にして仕方ないって気持ちもでてきたんだよね。
    不安感は消えないけどね。
    いろいろあるけど、結局はお金の不安だったりするんだよね。
    悲しいかな、「お金に縛られている人生」を歩んでいるんだよね。

    投資は、うさみみに何か変化をもたらすんだろうか?それも読めないですね。

    なんせ「受難の世代」だからね(笑)

    (5月14日読売新聞)
    年功序列制度の崩壊と成果主義の導入など労働環境の大きな変化にさらされ、「受難の世代」と言われる30歳代を対象に実施した、読売新聞社のインターネット調査で、「仕事の将来に不安を感じている」人は「大いに」「多少は」を合わせて82%に上った。
    また、「仕事でストレスを感じている」人も計82%を占めた。
    ストレスの原因(複数回答)は、
    〈1〉「収入が増えない」(64%)
    〈2〉「会社や業界の将来性、安定性に不安」(34%)
    〈3〉「人間関係がうまくいかない」(30%)--の順だった。
    30歳代は主に前半が就職氷河期組、後半がバブル期入社組とされ、所得などの格差が顕著だと言われるが、「正社員」と「派遣・契約社員など非正規社員」との間の所得格差を「現在、感じている」という人は計76%に上った。



     
  • はてなブックマーク - ぼくらは受難の世代か‥…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    手間を省くために

    短期売買に自分の才能のなさを見てからは、マクロと指数を中心とした中期投資に頭を悩ませながら、長期投資との融合を模索している。

    中期と長期を資金で分ければいいって単純に考えたけど、なかなかそうもいかない。
    本当は単純に割り切るだけでいいのだけど、やはり、「効率的な投資」ってのを考えてしまう。

    効率的な投資といっても、金融資産を、利益が取るために効率よく回していくということではない。
    それは諸刃の剣と言ってしまえばそこで説明が終わるんだけど、もっと深く言えば、自分の精神力の弱さで、諸刃の健にすらならなくて、一方的な敗北の可能性のほうが高いと思うからです。


    では、効率的っていうのは何かというと、「市場平均に勝とうとする欲望と挑戦心」です。
    自分は結構いけるんじゃないかって錯覚の大部分は破壊されて入るものの、いまだ、調子のよい部分ってのはある。
    それは、今の自分のスタンスということになるのだが、逆説的に言えば、とにかく精神的に追い込まれるまで行ってないから、そういう欲望がある。

    それはそれで、常にアンテナを広げるという意味で、一番大切な部分だと思う。
    向上心というレベルでコントロールされればだ。


    そういう気持ちと裏腹に、投資に時間をかけるのはなんかもったいないという気持ちが出てきた。
    そりゃ利益が取れれば楽しいけど、投資にたくさん時間を割いて、クオリティオブライフ(生活の質)を削った上での話しだとすると、なんか割り切れない部分がある。

    ただしかけをしていれば、効率的ではなくても、市場平均程度に資産が増えるのであれば、それでいいんじゃないかという気持ち。


    それにマクロ的に考えて、ある程度強制的に、外貨や株にシフトさせる必要があると思っている。
    日本の長期金利は低いままだけど、近いうちに上昇が起こりそうな感じがする。
    うさみみ個人的な感覚では、「円」に対する懸念は、広がるばかり…。


    「積立」をJリートで始めたけど、そういう部分を増やしていくべきか。
    市場平均に乗りながら、一定ペースでシフトさせる形も考えて行きたい。








  • はてなブックマーク - 手間を省くために
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • FXスワップと外貨MMF利回り比較

    FXのスワップと、外貨MMFの利回りを比較してみます。


    <FXスワップ金利:セントラル投信 5月12日5:59現在>
    ●ドル円 156円×365/120.15/10000=4.74%
    ●ユーロ円 142円×365/162.51/10000=3.19%
    ●豪ドル円 152円×365/99.88/10000=5.55%
    ●NZD円 176円×365/88.09/10000=7.29%
    ●ランド円 38円×365/17.25/10000=8.04%
    ●香港ドル円 12円×365/15.36/10000=2.85%



    <外貨MMF利回り:トヨタFS証券HPより>
    ●米ドル建てMMF 4.68% (5月7日〜13日、モルガンスタンレー)
    ●ユーロ建てMMF 2.91% (5月7日〜13日、モルガンスタンレー)
    ●豪ドル建てMMF 5.66% (5月7日〜11日、日興)
    ●NZドルMMF   6.91% (5月7日〜11日、日興)


    FX会社や外貨MMFの商品によって違う面があるとは思うけど、うさみみのメインのもので比較しています。

    うさみみの印象では、あまり差がないですね。


    ●FXの方が、レバレッジ効果を得られ、為替手数料などコストが安い、豊富な通貨ペア
    ●外貨MMFは、差益が非課税、配当が外貨なので複利効果
    ●税金は所得によってケースバイケース(クリック365を除く)


    長期にインカムゲイン狙いの人からすると、外貨MMFも悪くない面がある。
    差益非課税は、かなり魅力的な視点だ。
    割高な為替手数料も、長期なら希釈されるし。

    外貨MMFは、外国債券や外国株、海外ETFの受け皿にもなるので、投資スタンスによっては活用している人もいます。


    将来は、日本と外国の金利差が縮小すると、インカムゲインは外貨MMFが有利になりやすい。

    米ドルMMFだと、手数料20銭ってとこもあるので、こういう会社がでてくると、選ぶ方も楽しくなるね。


    ランドに関しては、外貨MMFは確かないです。
    ランド債は、利金受け取り時や償還時の為替の影響があるので博打みたいな気がするのはうさみみだけ?
    ランドはFXを選んでいます。というかそれしか…。

    FXはドルスイスなどの円の絡まない取引もできるのが面白いですね。
    この場合は、スワップ受取は売り通貨、つまりスイスフランってのが面白い。


    米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドルなんかは、証券会社によって、外国債券の受け皿として使えます。
    外貨決済って視点は、相当重要だと思うんですよね。
    慣れていないだけで、これからそういうのが当たり前になってくる。
    日本が遅れれているだけの気がします。

    利回りだけで迷わされないように、勉強しておきたいね。


    いずれ、FXが進化して外国株の買付けに使えたりすることや、外貨MMFのネット化が進んで為替手数料が大幅にさがることを期待したいですね。


    少し外貨MMFをわざとひいき目に書いてみました。
    どちらか言えば、FXの方が少しだけ取り組みやすいなぁとうさみみは思ってます。
    でもどちらもやってて、やりたいことや状況で選んでいるんです。




  • はてなブックマーク - FXスワップと外貨MMF利回り比較
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 証券会社からの電話

    今日は昼休みに、トヨタFS証券から電話がありました。
    なかなか対応に好感をもてました。


     日経平均  17553.72(−1.03%)
     TOPIX     1723.09(−0.80%)
     香港H株   10392.01(−1.65%)

     SENSEX  13796.16(+0.18%)
     先日のシカゴ日経平均先物  17530
     10年米国債利回り  4.64%




    先日の日記で書きましたが、豪ドル建て債券を売った分を外貨MMFを買い付けるための注文のため、証券会社から電話がありました。

    昼休みに入ってすぐだったので、さすが配慮してくれてるなと思いました。

    三○UFJ証券も対面取引をしたことがあるけど、それ以上にしっかりした対応でした。

    とりあえず、外貨決済で、外貨MMFを買い付けることができました。

    外貨決済をしていて、口座管理手数料を取らない証券会社は少ないんだよね。

    もっと、小金持ちなら、野○證券と取引したいとこです。
    義姉が日本ではここがピカ1と教えてくれたので。

    うさみみは、95%がネット取引なので、あまりお世話になることはなさそうですが。



    今日は、「中国の利上げ観測」が噂になったようですけど、米株と同様、日経平均も中国株も大きく下げましたね。

    中国株は売りたい分は全部売ったので、下げても対応できるかな(^^♪


    為替の方は、やや円高ってとこですね。
    ランド円は、先日売った時がピークで、やや円高。
    ドルスイスは、欧州軟調を受けて、上昇傾向です。
    この2つ、逆相関っていうのかな。動きが逆になりやすい。


    そうそう、楽天証券で、海外ETFが増えてきてますね。
    ブラジル、南アフリカ、台湾、韓国にも投資できるようになったみたい。
    最低手数料31.5米ドルってハードルが高いのが難点。
    エマージングにまとまった金額を投資しちゃうと、バランス悪くなるしなぁ。
    どのみち、円高+株安にならねばどうしようもないですね。


  • はてなブックマーク - 証券会社からの電話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 5月相場ってこうなるのか

    5月相場は、アイノマリー的に警戒してきたけど、ここまであまりに順調です。

    うさみみは、去年のトラウマで弱気なのだが、流石にここまでくるとビックリ。

    ここまでというのは、NYダウのこと。

    香港H株も最高値付近でアップアップしているのに、A株やB株が高騰。

    ここに来て、日本株も上昇かな?って雰囲気になってきた。



    とにかく世界的に強気に株が上げている。

    そろそろ、いろんなニュースの論調が強気一色に変わるか見ておきたい。

    とにかく、いまはいろんな意味でがまんかなぁ。


  • はてなブックマーク - 5月相場ってこうなるのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • はじめての外国債券売却

    今日は、以前から検討していた、外国債券の売却をやりました。
    はじめてなので、1つ1つ確認しながらだったけど、トヨタFS証券のお姉さまにやさしく教えてもらいました。


    外国債券の売却なんて、楽天ブログでは見かけないので、いろいろ勉強した結果、5回目の利金をもらったら売ろうと思いました。

    売却で再確認しておく点といえば、
    ●売却金額が、円転せず外貨MMFへ移行できるか。
    ●売却すれば、差益が非課税になるか。
    ●売買手数料のようなコストはかかるか。
    ●売却金額はいくらになるのか。


    この4点でした。上2つは事前にメールで確認済みだったけど、念のため。
    下2つは、やはり気になるのでちゃんと確認しておかねばね。

    1つ目については、金曜か月曜に外貨MMFの買い付けの注文を出さないといけないらしく、お姉さまが案内の電話をくれるようにしてもらった。

    うさみみは、「世界銀行(国際復興開発銀行)2010年5月24日満期豪ドル建債券」を3000豪ドル予約していたので、「売却された分で、買付けますかぁ?」なんて…さすが証券会社…いきなりそうくるかと少々焦りました。

    レートがよければ円貨決済にしたいので、聞くと、円貨決済と外貨決済の併用もOKのようだが、円貨決済の場合はネットでないと為替手数料半額にならないですよってこと。

    本当は、外貨決済にしても、利率を見て決めたかったけど、予約してて利率を見て決めますとは言えず……購入の案内の電話をしましょうかといってくれたので、少々複雑な気持ちでOKと言いました(笑)


    豪ドル建てMMFは、5.66%くらいでまわっているので、
    それ以上というか、前の債券が5.8%くらいだったので、それ以上なら文句はないのですが、世界銀ってのが少々不安です。


    話しが少しそれましたが、
    今回なんで売却することにしたのかってのは、2番目に関係することです。

    利付き外国債券は、満期までもつと、差益が雑所得になります。
    今回は、差益が18万円から19万円なので、これだけでは確定申告は不要ですが、FXで今年の運用益20万円以下の範囲を狙っているし、他の外国債券のこともあって、売却損がでることを覚悟して売らないといけなかったということです。


    連休中の日記に書いた、義姉の場合は、野○證券の方がその辺も言わずともちゃんとやってくれるので、現在のようにものすごい円安になっている今は、そういうパターンが多くなるね。

    自分で投資してる人は、忘れたら、大変なことになる場合もある。
    うさみみの場合、FXもからんでくるので、下手をすれば5万円くらい損することになる。
    今回の売却差損は1%程度なので、比較にならないよね。


    3つ目のことですが、売却手数料はかかりませんでした。
    でも、多分、店頭価格に織り込まれてると思います。
    実際、ネットで表示されてる評価より、売却金額が低いですし。たぶんですけどね。


    参考までにデータを下に記録しています。
    豪ドルベースで8.8%の運用益ってことです。2年7ヶ月でね。

    売却損がなければ、9.9%だったわけですので、債券投資としては失敗!
    これが利下げ局面だと売却益ってことになるんだよね。


    さて、これで外国債券と外貨MMFとの循環投資の輪が始まったって事。
    うさみみの目指す1つの形でもある。ようやくスタートするんだ。


    また、債券投資という側面でいえば、豪政策金利をにらまないといけない。
    ただ、そんなの読めないんだよね。
    理屈では、金利上昇局面では外貨MMF、金利下降局面では外国債券です。
    まあ、機関投資家でないので、その辺は出来る範囲でいいかなぁ。


    政策金利関係で言えば、「FX」と「外貨MMF」と「外国債券」のインカムゲインの優越にも影響あるんだよね。
    日本の利上げが外国より速いペースになれば、FXのスワップ神話は崩れるなんてね。
    さてどうなるか面白いですね。




    (今回売却した外国債券のデータ)
    ●トヨタファイナンスオーストラリアリミテッド 2007年10月満期 ユーロ豪ドル建社債
    ●年4.93%(税引前・豪ドルベース)
    ●保有期間:2年7ヶ月
    ●購入:10000豪ドル⇒売却:9896.17豪ドル
    ●総受取利金:5回 988.29豪ドル



  • はてなブックマーク - はじめての外国債券売却
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 新たな挑戦:DKA J-REITインデックス

    うさみみも、小さくだけど新たな挑戦のスタートを切った。

    あまり勉強していない分野だけど「Jリート」の積立を始めました。

    (概要だけ勉強して、マクロだけをみてるけど、本格的な勉強はしてないんだよね……また、うさみみのアホアホ投資が増えてしまったが…)


    チャンスを待つ投資を中心にやってきたけど、、自分の守備範囲ってのは時間の関係でなかなか広げることができないってことで、「積立」に初挑戦することにしました。


    「積立」ってのは、投資の王道なのでいつかは始めたいなと思っていて、積立は2月に申し込んでいたんだけど、カブコム証券では、MRFから引き落としではなく、銀行口座から引き落としで3月は×でした。

    4月は、口座にお金を入れ忘れて×……なにやってんだか(笑)

    ってことで、5月7日にやっと初買付けとなりました。


    月1万円だけなんだけどね。
    他にJリートやワールドリートのノーロードファンドでいいのがあれば、少しづつ積立していきたいとおもっています。

    是非いいのがあれば教えて下さいね。



    (ファンドデータ)
    DKA J-REITインデックスF(毎月決算型) 『愛称 : ビルオーナー』

    ●ファンドオブファンズ方式
    ●東京証券取引所に上場している不動産投資信託証券を主要投資対象とし、東証REIT指数(配当込み)の動きに連動する投資成果を目指す。
    ●ベンチマークは、東証REIT指数(配当込み)。
    ●毎月15日決算。
    ●純資産総額に対して 年0.6878%
    ●シャープレシオ 1年=2.49 3年=2.01(H19.4.30計算)


    (ファンドデータ)
    DKA J-REITインデックスF(毎月決算型) 『愛称 : ビルオーナー』

    ●ファンドオブファンズ方式
    ●東京証券取引所に上場している不動産投資信託証券を主要投資対象とし、東証REIT指数(配当込み)の動きに連動する投資成果を目指す。
    ●ベンチマークは、東証REIT指数(配当込み)。
    ●毎月15日決算。
    ●純資産総額に対して 年0.6878%
    ●シャープレシオ 1年=2.49 3年=2.01(H19.4.30計算)

     


    (ファンドデータ)
    DKA J-REITインデックスF(毎月決算型) 『愛称 : ビルオーナー』

    ●ファンドオブファンズ方式
    ●東京証券取引所に上場している不動産投資信託証券を主要投資対象とし、東証REIT指数(配当込み)の動きに連動する投資成果を目指す。
    ●ベンチマークは、東証REIT指数(配当込み)。
    ●毎月15日決算。
    ●純資産総額に対して 年0.6878%
    ●シャープレシオ 1年=2.49 3年=2.01(H19.4.30計算)


  • はてなブックマーク - 新たな挑戦:DKA J-REITインデックス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 売りと3つの心の葛藤

    昨日いただいたコメントで、ちゃんと答えられなかったかなって思ったこと。
    いくつかの心の葛藤があって、すっきりしない部分だったりする。

    中国人民銀行は8日、外貨預金準備率を現行の4%から5%に引き上げることを銀行各行に通達したみたい(5月15日から実施)。
    さて、影響はいかに。。。。利上げじゃないのね。


     日経平均  17656.84(−0.07%)
     TOPIX     1732.63(−0.02%)
     香港H株   10447.72(−0.46%)
     SENSEX  13765.46(−0.82%)

     先日のシカゴ日経平均先物  17675
     10年米国債利回り  4.64%




    うさみみの投資には、2つの人格がある。
    インベストメント(長期投資)を目指す「インベ君」と、中期トレード(=年数回の波動を狙う)を目指す「中トレ君」です。

    「インベ君」は、超円安やインフレから資産を守るため、長期的な国際分散投資を目指しています。
    「中トレ君」は、市場に生じた歓喜と悲観の投資家の心のひずみを見つけて、そこを攻めて、市場に勝つ投資を目指しています。

    この2つの人格は、「買い」に関しては、うさみみの場合タイミングも考え方も同じで、「深押し、調整、暴落、セリングクライマックス、悲観」という言葉が大好きです。


    でも、「売り」関しては、異なった考え方をします。
    「インベ君」は、株や外貨の資産を一定割合持つことで、現有資産の目減りを防ぎたいと思っているのですから、ポジションを崩すことを良しとしません。
    「中トレ君」は、せっかく安く買ったのに、高値になったら利益を確定しないのは、お馬鹿だと主張します。


    「インベ君」はもっとあげたら買い戻せないぞと脅しを掛け、「中トレ君」は確定利益だったら実益だが、含み益なんて下げちゃえば「ただの泡」じゃんと反論します。


    こういう心の葛藤はだれでもあるんじゃないでしょうか。
    「売り」というものが、取引の終了と考えれば、こういう感じで迷いが生じるのは仕方ないと思います。
    ランド円を利益確定させても、なんだかうれしさが半減しているというか、せつなさを感じるのは、こういう部分からきてると思います。


    だからこそ、「売りの数値的基準」を決める前に、この葛藤の折り合いをつけるために「長期:中期=7:3」という目安を儲ける必要があるわけです。


    これは、別に2:1でも、8:2でもいいのですが、1年くらいは継続してやってみて修正していけばいいものです。あくまで、「インベ君」を中心に据えるって方針ははっきりしていますので。


    今年に入ってすこし変わった人格が現れはじめました。
    それは「インベ君」にも少し配慮しながら、「中トレ君」のスタンスも生かす人格です。
    その「掛け橋君」は、「高騰、天井、有頂天、高値圏」って言葉が大好きです。


    「掛け橋君」は保有分を高値で売って、安くなったときに買って市場に勝とうとすると同時に、「インベ君」と「中トレ君」が両方大好きな「買い」の原資をつくるという意思ももっています。
    ややこしく書いたけど、「掛け橋君」は、自分の保有分を借りて空売りして安く買い戻すことで、「インベ君」対して売りの利点を説く役割を担います。


    「安く買って高く売る」のと「保有分を高く売って、安く買い戻して、ポジションをもとにもどす」のとどちらがうれしいのかな?
    感覚的には株は前者、外貨は後者のような気がします。


    利益確定もうれしいし、高く売ったものを安く買い戻すのはもっとうれしいかな。
    そういうことばかりであってほしいものですね。



    追記:
    こういう発想は、投資対象を絞った場合に、特異にでてくる葛藤だと思います。
    個別株のように、対象を次々かえれるような投資の場合、利益確定したら、チャンスと思われる別の銘柄を買えばいいじゃんってことで、「なにアホなこと悩んでんだ」ってことになると思います。
     ただ、外貨投資をしている人は、そういう気持ちを持ちやすいと思うんです。
    それは、ターゲットが少ないので、「高値の次の日に底値ってことがない」から「チャンスを待つ必要があること」、そして、高金利でのインカムゲインが期待できるからじゃないかなぁ。
     もちろん、投資に対する時間の取り方によっても違うと思います。


  • はてなブックマーク - 売りと3つの心の葛藤
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • あのバフェットさんがね…驚きです。

     [6日 ロイター] 米著名投資家のウォーレン・バフェット氏は6日、自分は依然として主要市場の株価指数をアウトパフォームできると考えているが、「大半の投資家は低コストのインデックスファンドに投資する方が賢明だ」との認識を示した。
     バフェット氏は、‥(途中略)‥「コストが非常に低いインデックスは、アマチュアが運用する資金や専門家が運用する資金の大半に勝るだろう」と語った。
     また、投資家は人気が高まっているヘッジファンドに集中すべきではないとも指摘。「グロスでのパフォーマンスはそれなりだが、手数料が利益のかなりのパーセンテージを食う」とした上で、「運用成績の良いマネジャーに多くの手数料を支払うが、成績のあまり良くない人にも多くの手数料を支払うことになる」と述べた。



    今日、こんなニュースを見かけた。
    最初に断っておきたいんですけど、うさみみはバフェットさんの本をまともに読んだことはないのですが、偉大なバリュー投資家か成長株投資家のイメージを持っています。まちがってたらすみません。これを前提に書きますね。



    「 」内のことは、投資の世界では通説に近いものであると思ってるのでなんとも思わないけど、言った人が、あのバフェットさんってのは、驚きです。


    「普通の人には、私のような投資は無理なんじゃ‥。」ともとれる言葉だけに、複雑な思いで読んだ人もいるのではないでしょうか。


    だけど、言ってることはさっきも書いたけど、一般論で目新しいわけではない。
    いくつもある投資法の中で、確固たる地位を持つ「一つの投資法」と言ってもそんなにおかしくないと思う。


    うさみみは、自分が普通の人未満だとある時自覚させられたので、そう言われてもなんとも思わないし、実際、インデックス投資もやっている。
    だから、バフェットさんの話は、うなずきしかありません。


    もちろん、「できれば市場に勝ちたい」っていう気持ちがないわけではないよ。
    でもね、まず、「負けないこと」が先に考えただけ。それができないのに、市場に勝てるはずもない。


    インデックス投資って見下されたイメージがあるけど、ほんとのとこは最低1年くらいやってみなければわからないはず。どんな投資もそうですけどね。
    本に載ってるから、バフェットさんが言ったからって、猿真似で簡単にできることではない。なんども痛い思いをしなければ……ね。


    銘柄選別の力が無い人でも投資ができるってのが、インデックス投資ではあるけど、「これはこれで奥が深いんですけどね」ってなことも言ってほしいとこですが‥‥。


    そこまで聞く新聞記者はいないか‥‥(笑)
    とはいえ、どういう話の流れでこういう話になったのか、前後も聞きたいです。
    ただ、こういう発言をするように仕向けられたとか、発言の一部を強調しているのかもしれない。


    バフェット流投資とインデックス投資は、対極に近いと思っていただけに、本当に驚きでした。

    まあ、どんな投資でも、自分が決断して、やっていけばいいと思う。
    バフェットさんがいったからって、それはそれってこと。


  • はてなブックマーク - あのバフェットさんがね…驚きです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 初期の未来計画書

    先ほどの日記(懐かしいデータから)の続きですけど、

    エクセルのファイル名が、「うさみみ家未来計画書」ってなっています。
    なんだか懐かしいです。

    経過グラフってのがあって、プレゼンテーションのようですね(笑)
    あくまで現状を書いているだけで、未来の金融資産の計画を書いているとこはありませんでした。
    なんの未来計画だったのか?
    きっと、何かをしようと思ったけど、飽きちゃったんだぁ。


    未来計画書のシートもあって、そこには、娘の年齢を時系列にとって、教育費のシュミレーションをしていました。
    データの根拠までちゃんとついています。
    我ながら、いい仕事してますねって感心しちゃいました(笑)
    (進歩してねえってことだけど…)

    その教育費の合計金額ですけど、娘2人で5,780万円になっていました。
    今、うさみみのHPで引用しているデータは、2人で4,740万円ですから、意識のハードルが高かったんだね。


    当時は、漠然と貯金目標を出すだけでよかったのでそれでも良かったんだね。


    この金融資産の記録は平成16年1月で終わっています。
    多分、手帳に書いていたのは、もう少し書いていたような気がします。
    このあたりで1つの節目があったってことですね。


    別のエクセルファイルには、「ローン計算書」ってのもありました。
    とにかく、とにかく、「繰上げ返済」という戦いの記録が残っていました。
    25年返済だから、最初は25×12=300行あったはずです。
    とにかく目の敵にしてやってたので、だいぶ行数が減ってシンプルな表で終わっています。
    税金の還付額や総支払込額も全てある、戦いの記録ですね。


  • はてなブックマーク - 初期の未来計画書
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 懐かしいデータから

    連休最後の日は雨ですかね。
    お出かけは無理そうなので、ゲーム大会と、PC内の整理をしようかな。

    懐かしいデータもでてきてるので、これまでのことを少しまとめてみようかな。


    懐かしいデータの1つ目ってのは、平成9年3月から始まる、「うさみみ家の総金融資産額の表」です。

    毎月末に、定期預金○円、養老保険○円、会社貯金○円、普通預金○円を足して、金融資産合計○円
    支出欄にその月の大きな出費項目○円も書いていました。

    平成9年10月からは、住宅ローンの負債額を記入してて、最後に実質貯金マイナス○円ってな構成になっています。

    貯蓄の記録だけのやつは、大きな手帳に線を引いて、もっと以前から作成していたような気がするのだけど、現物はどこにいったのかな?
    でてこないや。


    かれこれ、10年以上も前から、うさみみ家の金融資産の記録を毎月とっていたということになるね。


    こういうのが好きな人や嫌いな人もいると思います。
    ファイナンシャルプランの本を読んで作ったわけではなく、自分で必要なものを組み上げたらこうなったっていう、シンプルで幼稚なものだけど、意味はあったと思います。

    これは、うさみみが勝手にはじめて、勝手につけていたんですけど、いつしかかあもさんを巻き込んでいました。
    途中からはかあもさんが、書き込んでくれるようになったんですよね。

    最初は現状の記録という単純なものであっても、数字がどんどん増えていくことに楽しみを覚えたんだろうね。
    そして、月1回必ず、家の金融資産の事を夫婦がお互い話をするためのツールにもなっていたというのが、意外と効果が高かったんじゃないかって、今では思います。


    ブログやホームページの中、人生設計研究所ってことで、勝手に好きなことを書いていますけど、「計画的な妻に、家計に無関心な旦那」とか、夫婦の片方が関心が高くて、一方が無関心って家庭が以外に多いような印象です。

    夫の方は、こういうめんどうなことはしないって人が多いのかもしれないね。
    妻の方が関心がある場合は、参加させるのに苦労しているようです。あきらめてる人が多いけど。

    でも、夫婦で人生設計なんかについて、「なんでもいいから月1回くらい話をする時間って大事」だと思う。
    週1回では多すぎる気がしますけどね。
    うさみみ家では、もはや共同作業。分担しているイベントのようなもの。

    もっぱら計画的なものはうさみみが好きな分野なので、適当に作って、かあもさんが追認?いやあきらめ?って感じでしょうか。
  • はてなブックマーク - 懐かしいデータから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    GWもあとわずかですね

    GWも今日を入れてあと2日ですね。
    どんなGWを過ごされましたか?仕事の方は残念ですねぇ。

    連休前半は、近場のイベントに子供たちと参加しておりました。

    昨日は、「姫路セントラルパーク」に行って来ました。
    テーマパークはこどもが小さいうちってのもあるけど、倒産しないうちになんてのも最近では考えるほど、テーマパーク潰れてますよね。


    そんな心配はありませぇぇんってほど、「姫セン」は混んでおりました。
    とにかく朝早く出るでってことで、6:30に出発(予定は7時だったが)、7:30には到着しました。
    開園1時間前でも、入園券を買う列が……
    おまえら早すぎ……ってうさみみ家もだけど(笑)

    しかし、うさみみは前売り入園券を買っているので、「オバカにも」入門ゲートの一番前に陣取りました。


    きっと、入門ゲートのお姉さんに「こいつらオバカ」と思われてるだろっておもいつつ、
    彼女達の打ち合わせの話を聞いてると、45分を待つのには苦労をしませんでした。




    早々にフリーパスを購入し、人気アトラクションの初乗り先頭をGET…

    「やはりオバカだ」

    …しかも3回連続乗りという感じで、楽しめました。

    臆病な小2のうさ姫にしては、宙返りコースターを乗っただけでも、意外でしたが。
    恐怖で引きつる顔は、結構おもろかったりする。


    9:00とかはあまり混雑している感じはなかったけど、10:00ごろでジェットコースターの上から回りをみたら、とんでもない渋滞でした。

    これって、遊園地エリアから、サファリエリアに行くのだけでも、○時間?というおろそしい想像をしたくらい、渋滞していました。


    「これ、ノンビリきてたら、子供に責められるとこだったね。」

    ふふ、伊達に親を9年もやっておりませんってことですね。
    なんでも1歩先に動くのが一番です。


    とはいえ、サファリへの移動はあせりました。完全に出遅れでしたので…。

    とにかく、早目に行こうってことで、サファリゾーンへ移動したけど、思ったよりは早く移動できました。

    ドライブスルーサファリは、見事なほどの渋滞だったけど、渋滞も苦にならないですね。
    ストレスがあるとすれば、横の車が、写真撮るのに邪魔ってことくらいかなぁ。

    ドライブスルーサファリから、駐車場に止めるのが一番大変でした。
    この渋滞はストレスたまりした。



    うちの娘は大の動物好き、動物とふれあえるところでは、いくらでも遊んでいますね。
    親の僕たちも好きなのですけど、そこまでは…ってくらい。

    肌寒くなってきた位で大体全部まわれました。4時間くらいはいたかなぁ。

    再び遊園地エリアに戻ってみると、ライトアップがはじまりつつありました。
    そんなに派手なものではないけど、「夜の遊園地の雰囲気」ってなんか、また別世界なんですよね。

    なんか、アトラクションを楽しむというより、「一緒にいる時間を楽しむ」という雰囲気なんですよね。うさみみは好きなんです。


    結局、いつもどおり、閉園時間いっぱいまでいました。
    娘が小さい時は、途中で寝てしまい抱っこが大変でしたが、成長したよね。
    ほんとラクですわ。

    家族で、遊園地なんてあと数年で終わりだろうと思うんですよね。
    そうなれば、家族旅行とかになるのか、娘は娘の世界になるのか分からないけど、今は、親の好みを娘に押し付けるというより、子供の成長に合わせて行く先を選ぶってことでいいかなって思います。


    「姫路セントラルパーク」で一番印象に残った写真はこれです。





    あんたあまりに可愛いすぎ〜



    キリンちゃん(^^♪




  • はてなブックマーク - GWもあとわずかですね
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 香港H株がキタァ!

    香港H株+2.5%ですね。
    日経平均で言えば400円超の上げの相当するのでかなりの上げ。

    正直、なぜかはよーわからんですわ。
    利上げ懸念が消えた?QD2?
    流れが来てるのは雰囲気で分かるけど、米株の影響でしょうか?


    おどろきなのが、中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)が13.90%高と急騰です。これほどの大型株が、売られていたとはいえ、こんな上げ方をするとは。


    今日は「姫路セントラルパーク」で遊園地とサファリたのしんできたよぉ。
    相当おつかれモードなので、コメントの返事もできていないけど、時間のあるときにゆっくり書きます。ごめんなさい。


  • はてなブックマーク - 香港H株がキタァ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 長期:中期=7:3の視点から

    先日書いたアセットアロケーションの外国債券の配分は目標配分に達していんですよね。

    長期:中期=7:3という考え方を持っているんですけど、全部中期にすると買い焦っちゃうんですよね。追いていかれる焦りだよね。

    全部長期ってのも、悪くはないんだけど、下げても買えないのなら、市場ウオッチはいらないわけですし。
    それなりに「安く買って高く売りたい」って欲望もあるので。(いや、欲望の塊かもですが)


    上昇相場で深追いしないためには多めポジが必要だし、下げ相場で拾うためには余力も必要だし、その辺のバランスが7:3くらいかなって。


    現在8万ランドのポジがあり、RSI9=71あたりとくれば、1口だけRSI=75あたりで売り指値をかけてみた。
    売れなければいいし、もっと上げるようならあと1口売ればいい。


    アセットアロケーション上の資産配分で、外国債券だけが目標配分を超えているので(理想配分まではいってませんが)、そろそろ買いだけでなく、売りも意識してやっていかないといけない。

    あくまで買いも売りもルールを守って、機械的にです。


    とりあえず、そういう感じで、指値をしてみました。
    そこまであげるかどうかは?どちらでもいいです(^^♪




  • はてなブックマーク - 長期:中期=7:3の視点から
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 投資の心得(メモ)

    5月はあまりすることがなさそうなので、日記のネタも大変そうな感じ。
    少しネタの材料になりそうなものがあったので、抜粋してメモしておきます。


    田中泰輔さんのFX Clairvoyance(為替透視鏡)は、難解だけど面白い(相当頭が痛いが…)。
    読むにはうさみみレベルでは、歯が立たないが、全部理解する必要はないでしょ。
    暗記する必要もないしね。

    ほとんどのエントリーが理解不能……というかぱっと見て、興味なければパス。


    投資の心得の3つのエントリーだけは面白そうなので、全部読んでみた。
    読んでみれば、ウンウンと納得する部分、正直何いっとるねん?という部分、いろいろありますね。でも、文書上手いと流石に得だなって感心します。(専門家だからあたりまえかぁ)


    最近は、細かいノウハウより、こういう基本的な考え方みたいなものを「ボケっ」と考えてみよかなって感じです。

    気が向けばこれをネタに自分で考えてみようと思う。
    これ読んだから何かが変わるというわけではなかったけど、自分の考えに補強というか裏づけができた部分ってのはあったかもしれない(^^♪



    以下、田中さんのエントリーより引用

    <投資の心得>
    (1)一攫千金ではなく、自己制御の妙を追求。
    (2)金勘定しない(市場は自己の都合とは無関係)。
    (3)こだわるべきは、投資対象ではなく、投資のプロセス。
    (4)理解できる対象に絞り、分散しない。
    (5)投資基準に合う対象を精査し、基準に合わない誘惑に乗らない。
    (6)敬意を払える情報源のみから聞く(「耳寄り情報」には距離を置く)。
    (7)時機を待つ忍耐を貫き、基準に合う場合の行動は果断に。
    (8)自ら検証した手法を固守・反復(未検証の他人の手法に目移りしない)。
    (9)利がのったポジションを長く保持する意志と工夫。
    (10)負けない投資に徹する(リスク管理と敗戦処理にこそ真価)。
    (11)成功への負け方を考える。



    (相場雑感)
    今日は香港市場が動いていました。
    最初から最後まで好調でしたね。
    指値してたものは買えませんでした。
    明日はテーマパークへGOです。



  • はてなブックマーク - 投資の心得(メモ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。