ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  2007年02月
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • どこでルーレットは止まるのか

    凄い下げでしたね。久々に見ました。
    正直、大打撃ですね。参りました。


     日経平均  17604.12(−2.85%)
     TOPIX    1752.74(−3.23%)
     香港H株   9283.67(−3.16%)
     先日のシカゴ日経平均先物  17460
     10年米国債利回り 4.513%



    世界同時株安はないと思っていたけど、香港H株は大幅続落なので、2週目に入っていくのかなぁ。

    世界1週で終わるのなら、ドカンと下げる方が反発も速いと思ったけど、2週目になると厳しいね。
    3周目ってことになると、どうでもいいやでしょうか?

    今日も香港H株は、6桁溶けました。
    おまけに日本株も6桁溶けたし、為替のほうも6桁溶けてるんじゃないかな。
    ここ2日間で、1ヶ月の給料くらい消えちゃったですね。


    こうなると買いに入るタイミングもむつかしいですね。
    為替、株どこから手をつけたらいいかってわかんないし。

    でも、悩んだところで、利益溶かしながらも利益確定するか、ほっといて、おちついてから安値を買い増しするかしかないですね。
    つなぎ売りなんかできるわけではないですし。


    ランドやドルスイスなんかは、大失敗でしたね。
    最も反省すべき点です。

    日本株も中国株も寄り付きで逃げるのが正解だったですけど
    (↑チャート確認したらどちらも付きが最悪でした〜訂正!)
    判断の甘さというか、このあたりは進歩がなく、多分なんどやっても、うさみみのダメな部分ですね。
    (↑既に手遅れだったってことだよ)

    流石にこんなの世界5週回ると含み益は全部溶けちゃうのですけど、それはそれで仕方がないといえばそれまで。

    今夜のアメリカ株がどうなるかです。
    あと、為替もどうなるかですね、
    起点は中国本土株でしょうけど、震源はアメリカとちがうのかって思いますけど、いい調整なのか、崩壊なのか、うさみみには判断がつかないです。


    イポの「イーギャランティ」当選しました。
    上場日までに、相場がもどっておいてほしいです。ささやかな願い(^^♪



    スポンサーサイト
  • はてなブックマーク - どこでルーレットは止まるのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • みごとなり〜大崩壊(インドETF加筆しました)

    今、背筋が凍ってる人もおおいかもしれないね。
    下げを待っていた人は期待をもって見てるんでしょうね。


     日経平均  18119.92(−0.52%)
     TOPIX    1811.33(−0.31%)
     香港H株   9586.23(−3.07%)
     先日のシカゴ日経平均先物  18235
     10年米国債利回り 4.631%




    中国株ですけど、本土A株が「大崩壊」しましたね。
    たぶん、ほとんどの銘柄がS安でしょう。指数が約10%マイナスなんだもん。
    香港H株も全面崩壊ですね。
    うさみみはというと、年明けの大崩壊と同レベル(6桁溶けた)喰らいましたね。


    インドもさげたんですけど、ここ1週間ほどのエマージング市場の下げ方は、結構警戒しておりました。
    (原因はなんとなくですけどね。)
    なので、インドの参戦はずっと控えておりました。
    (12月にはあっさりと参戦しましたが)
    でも、今日流れが見えてきたので、参戦の準備を始めようかと(^^♪
    円高も来てるので、香港ドルへの換金がしやすいので判断しやすいです。


    中国A株の大崩壊はいつかはおこることなので、早めに潰れた方がいいです。
    もちろん逃げ遅れたのは悔しいですけど(いつものことだし)、中国株に関しては、「ただ株」が作れるくらいしっかり成長させるって方針で固まっていたので、それなりに受け止めます。
    ここでどんどん崩壊するなら、うさみみもその程度だったということだし(^^♪

    とはいえ、そのタダ株第1号の北京国際空港は、大株主が全株放出したらしく、10%くらいおちましたが…



    今日の気になるニュース抜粋しておくと
    「円短期金利が上昇したことを受け、キャリートレード利用してレバレッジ取引を行っている中国の機関投資家に、追加証拠金がかかるリスクが膨らんだ」


    今の感覚だと、明日の日経平均も影響ある感じですかね。
    CMEが注目ですね。下げてますけどね。
    4日続落中の「米株が大注目」なのはいうまでもないですね。


    それなりに揺れる相場になるとしても、大崩壊するかどうかってのはうさみみにはわかんないですね。
    自分なりに考えていくしかないです。

    うさみみの場合は、いつも「ある程度の上げ」、「ある程度の下げ」の両方の対応を考えているので、今は慌てていないです。
    ただ、世界同時株安は想定してません。5月なら想定しますが…。


    1つは、崩壊があるのかってのは、注意していきます。
    (対策はほとんどないですけど)
    もう1つは、押し目の準備と方針をつめていきます。


    早朝に約定した「ドルスイス」ははやかったのかもしれないね。
    まあ、折角の円高ですからそれなりに対応したいですね。


    加筆しました。

    チャートは、インドSENSEXのETFです。
    最近下げてきるでしょ。RSIが40付近になってきたのでそろそろ熟成?
    ただ日銀の利上げの余波がもう少し影響するかもしれないね。

    為替はドル安なので、先ほど香港ドルを20万円分注文しました。
    約定が3月1日みたい。微妙です。
    ころあいを見て、このETF買いたいなと思うのですけどね。どうなりますかね(^_-)-☆



  • はてなブックマーク - みごとなり〜大崩壊(インドETF加筆しました)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ポジティブでいこう

    仕事も佳境に入ってきたので、大変です。ヘトヘトだよ
    今週から難関ポイントに突入で、怒られてばかり、神経を使いますね?
    でも、謝るのが仕事でもあり、それで飯食ってるんですからね
    家に帰って、妻やこどもの(^^♪見ると、のりきるぞとポジティブな気持になりますね?


     日経平均  18215.35(+0.15%)
     TOPIX     1816.97(+0.11%)
     香港H株   9889.47(−0.67%)
     先日のシカゴ日経平均先物  18205
     10年米国債利回り 4.678%


    昨日色々書きましたが、週末にもなるとあれだけのことを考えてますね。

    投資の方もポジティブで行動したものは、ほとんど成功していますね。
    そう、流れがいいんですよ。

    「良い流れに振り落とされない」、「乱れた波に乗っかってみる」、「出遅れている波に乗っかってみる」〜運が良かっただけではあるが、どれもポジティブにいけたものはGUになってる。

    ポジティブってのは無茶をするのと違って、自分の考え・直感に素直に「行動する」ってこと。


    日本株はがんばってるよね。まだ持っておきたいですね。

    H株は昨日の書いた通りとなったよ。
    H株指数は予想通り下げたけど、資源株が予想通り全面高でした。
    非鉄3銘柄(銅、金、亜鉛)が全て6〜9%の上昇

    自分の考えたことをポジティブに行こうと思う。
    勉強不足だけど、「ドルスイ」1口指値しました。

    CHF(スイスフラン)円は、98円ちょうどの上値抵抗を抜けてきたし、イラン情勢によってはドル売り、安全通過のCHF買いってこともあるので、約定するかも。


    会社貯金をおろしました。かあもさんももっと資金がほしいということなので。
    ホントは、うさみみが資金を無駄に投資するからと怒られたからです(^^♪


  • はてなブックマーク - ポジティブでいこう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ログ友から学んだこと

    投資って、対象は幅広く、投資法もメチャ多く、とてもすべてを戦うことはできないよね。
    投資家も「自分のスタンス」をしっかり持つってことが凄く大事なのは間違いない。

    「自分のスタンス」で一番大事なことってなんだろう。
    うさみみは、自分の儲けの「パターン」を持つということではないかと思う。

    戦場がどこか(個別株でも、投信でも、為替でも、債券でも…)ということは関係がなく、共通する考え方、やり方を持っているというのは強いです。

    例えば、昨日も書きましたが、今の日本株の上昇を見てみると、
    ●デイトレはいつでも参加できるので、戦いに参加
    ●中期(数ヶ月)や長期投資家もただHOLDしてるだけだが、恩恵にあずかっている。
    この2つはこんな感じだと思うが、

    短期派(短期に近い中期派を含む)はは2つに分かれると思う。
    ●積極的に回転を効かせるスタンスは、戦いに参加
    ●落ちてくるのを待ってるスタンスは、利益確定後、参加できていないが、損するリスクもない


    どのスタンスが一番よかったかっていうのは、6月頃にならないと分からない。

    何がいいたいかというと、どれがいいとかではなく、1つの考え方を持っていれば、「反省」と「修正」ができるということです。
    (1つだけに絞るのがいいのではなく、70%長期、30%中期でもOKだと)

    大切なのは、「稼げる時に稼げるスタンスであること」「12月末で負けていないこと(下げ相場の被害を少なくすること)」であるかどうかを、いつも点検することかな。

    いろんなログ友からさまざまなスタンスを垣間見て、刺激になりますね。
    でも、根底にあるうさみみスタンスは、あまり影響を受けていないと自己診断してます。


    でも、新たな投資対象については、めちゃ刺激を受けていますよ。
    ●積立………10年後のお楽しみ?
    ●ワラント……下げ相場のリスクヘッジにどうかな?
    ●英国債……イギリスの勉強しよかな
    ●米株………インデックスと比較中
    ●リート………参加準備中
    ●日経225ミニ……少し勉強はしたが
    ●金…………魅力はあるが、インフレには弱いようなので
    ●外国インデックス………調査中
    ●海外ETF………期待をもって勉強中
    ●ドルスイス……外貨でスワップをもらう
    ●香港での口座開設……夢

    的を絞るってことも大事なのはわかっているんですよ。
    だけど、投資歴が浅く、完全に頭がガチガチに固まる前に、いろんな挑戦をしておきたいんです。
    まだこどもが小さい「30歳台」だから可能なんですよ。

    自分のやってる以外の投資のことは、全然知らないで、「リスクが高いなど、やったこともないくせに能書きをたれる」ようになってしまうと、進化はないよね。

    「eワラント」確かにリスク高そう、「FXのレバレッジ」って危険だよって、なんかの本で読んだことを鵜呑みにするってのはなるべくないようにしたいなと、思考回路を豆腐のようにする努力をしています。難しいけどね。
    試してみるったって、タダではなくリスク支払うんですもんね。



    今やってる投資をおろそかにするようなことはやるつもりはないです。
    そこは積み重ねてきたものだもん。土台は崩さないよ。

    なので、積立で放置プレイをするとか、同じ考え方でいけるものを中心に、いろいろ研究中です。


    うさみみ家も、40歳台になれば、的を絞っていきます。
    それぞれを組み合わせもしていきます。
    投資配分もどかっと変えるかもしれません。

    あと3年で、「よちよち投資家」を卒業したいです。
    30歳台のうちは、ヒヨコでもいいので、いろいろチャレンジしていきたいです。

    今後とも、うさみみに刺激をくださいな。よろしくお願いしますぅ。




  • はてなブックマーク - ログ友から学んだこと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • いつもどおり売っておきました。

    昼間はセゾン投信の話題を書きましたが、買う気マンマンが「やや後退」してます。
    やはり、「債券50%」ってのが気になって、普通に債券って買えるもんな。
    ほしいのは、欧州とアメリカの株なんだよなと思い返しております。
    既に持ってるトヨタアセットバンガードの積立をして、チャンスにも仕込むっていう形が最良かな。



     日経平均  18188.42(+0.44%)
     TOPIX     1814.96(+0.67%)
     香港H株   9956.30(−0.59%)
     先日のシカゴ日経平均先物  18165
     10年米国債利回り 4.73%




    今日は、中国株は軟調で、H株指数は、ダウの時間足と同じ動き。
    昨日の上昇分の半分弱が消えた?a
    でも、マイナス株がプラ転し、とうとう10銘柄オール含み益となりました

    年始にヘッジファンドの破綻って噂があって、商品が急落したんですけど、そこで飛び乗った資源系のうち最も高値掴みした「江西銅業」が最近に急回復。
    やはり、「人の裏をいって我慢」ってのは性に合ってるのかも。
    って、うさみみは我慢ばかりしていますなぁ。


    でも、スパッと儲かることもあるのです。
    うさみみではなく、妻のかあもさんが、「TSテック」を初値売りです。
    (あとで、フリーページを更新しておきます)
    その後はS高みたいで残念でしたが、セカンダリーあっての初値ですから、プライマリー以外のリスクは取りたくないです。


    日経平均は続伸でしたね。
    「おや、売られないのぉ、なら上げるしかないね」って感じなのかな。

    流れが良くって、高値圏だからもう落ちてくるよって人は踏み上げられてる。
    うさみみもためし売りで相場の強さを感じてるので、思いのほかあげてもおかしくない波動と感じています。
    ただ落ちるのを待つのではなく、ためしに最低単位買ってみると、何か伝わってくるものがあるかもね。


    2月2週目も、日本人売越し、外国人買越しらしいですね。
    日本人が買越しに転じた瞬間が、最終局面というイメージを持っておきたい。
    それなりに、ためし玉の出し入れをしていきます。
    そういう経験は今しか出来ないことですし。


    為替のほうは、しばらく帰ってこなさそうです。
    残念ではありますが、米国債利回りが再び上昇しつつあるので、楽しみがゼロではなさそうです。




  • はてなブックマーク - いつもどおり売っておきました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 検討〜セゾン投信

    気になっていたセゾン投信を調べてみました。
    コストの安いファンドを作ったとあって、その心意気で応援したくなりますね。

    うさみみはインデックスは大好きだし、ましてやあのバンガードでしょ。
    いいですね。
    トヨタアセットバンガードでは欧州株を組み入れているノーロードファンドということで、去年の世界同時株安前後に買ったのですけど、動きがまったりなんですよね。


    日本株のみのファンドもあるようですが、そっちはETFでいいとおもうので、世界株式の方を見てみますと、


    <セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド>

    投資国:米国約44%、欧州約37%、日本約15%、新興国約4%
    販売手数料:ノーロード
    信託報酬:バンガードファンド分を含めて0.78%
    信託財産保留額:0.1%
    最低積立額:5,000円以上1,000円単位


    ETFよりはコストがかかるものの、欧州の割合が多いのがいいですね。
    もちろんバンガードオンリーってのが素敵ですね。
    バンガードの絡むファンドは、これまで以下の3本ですけど、一番よいのかもしれませんね

    ちょっと日本株だけ外してよって気がしなくはないですけどね。

    バンガード・スモ-ルキヤツプ・インデックス・ファンド
    バンガード・ト-タル・ストツク・マ-ケツト・ インデックス・ファンド
    トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド



    かあもさんに話してみたんですけど、やったらええやんといつもどおりの回答でした。
    早速、資料請求をしておきました。


    それまで悩んでおかねば、
    ●積立額は、月1万円か2万円か?

    そうか、悩むのはそれだけしかないってことやな。
    この前のJリートインデックスと同じく、積立でいいでしょ。
    多分60歳まで手をつけないでしょ。

    先月に、人生資金計画で、1つの節目を超えたと書きました。
    現在のリスク投資分を除いた、流動性資金と日本債券のアセットクラスの合計で、こどもの教育資金として必要な資金の準備がほぼ整ったんです。
    あくまで見込みですから、「ほぼ」ですが。

    積立形式の投資を始めるのは、これから貯めていくお金ってのは、老後の資金にターゲットを絞れてきてるからってのが大きいですね。
    うさみみ家も、本当の長期投資を考えていく時期に来たのかなとおもいます。




  • はてなブックマーク - 検討〜セゾン投信
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • さてどう向き合っていこうか

    日経平均は6年ぶりの水準になりましたね。
    香港H株は、指数はあまりあげてないけど、資源株が反発してくれてMyポートフォーリオは、日本株以上の上昇でした。
    でも、今日は日本株のことを書きますね。
    なんせ、6年ぶりの水準ですもんね。


     日経平均  18108.79(+1.09%)
     TOPIX     1802.90(+0.88%)
     香港H株  10015.09(+0.19%)
     先日のシカゴ日経平均先物  17980
     10年米国債利回り 4.692%




    1月以降どう向き合ってきたら「結果的によかったのかな?」と考えていました。

    結果論で行けば、積極的に買うべきだったって誰もが思っちゃいますよね。
    その瞬間瞬間で積極的に買えるかというと、答えは厳しいよねって感じで‥‥調整を待って買うって思いつつ‥‥ずるずるとここまで踏み上げられたって人が多いんじゃないかなと思います。
    ぼくもその1人です?
    ここでバカスカ買込んで暴落をくらうってのは最悪なので、避けたいですからね。


    つまり「この思考回路を持つ人」は、上場相場が続く限り永遠にそういう感覚がつきまとうってことです。
    そんなことないですか?
    ぼくは抜けれなかったですね。


    相場というのは残酷なまでに上げていく場合があります。
    とくに1月から3月はアイノマリー的にも海外の機関投資家が積極的に買ってくる時期ですからね。
    今のうちに稼いどけってのは、自然な考えなのかもね。

    「調整を待って買うと考えてる」ということは上げ相場を見ているわけです。
    仮にだけど、次の調整が暴落だったらどうでしょうか?
    一生懸命買わずにきたことが裏目に出ちゃうってリスクは増えてきてますね。
    波に乗れてないという「自覚」が日に日にあせりにつながってくるのね。


    短期ができる環境の人は積極的にいけてるみたいで(ヤバければすぐに逃げれるから)、ブログでも毎日利益確定って書いてありますよね。
    中期派の人は、調整を待って買いますと書くしかないわけです。

    2月下旬に突入してきた「結果論」で物申せばそういう感じじゃないかな。
    みなさんはどうだったでしょうか?


    結局、うさみみはチキンでしたって結論になるわけでした?a
    お粗末な結論だわФ
    この結論をもとに考えてみてもやはり、うさみみの方針は同じなわけだしФ


    今後どうするかですけど、

    「買い」については、隙をとらえて買うしかないよね。
    「売り」については、とにかく振り落とされないように成長を待つしかないよね。



    買いを抑えてる分、バランスとしては「売りを控える忍耐」しかないよね。

    売って安く買い戻すという相場ではなかったので、HOLD作戦は0点ではなかったと思います。
    買戻しが困難な相場だったと思うので、タダ持ってるだけのほうがリターンが高いって可能性だってあるわけで。
    それなりに成果はあると思いたいです。思うだけですけど…。


    さて2月も後半です。
    頑張っていきましょい?


  • はてなブックマーク - さてどう向き合っていこうか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 豪ドル債券を購入

    やっとこさ利上げしましたね。
    これで日銀の最低限の面子が立ちましたね。
    つまり仮に景気が悪くなっても1回利下げしてもゼロ金利にもどらないということが大事なんです。
    参議院選挙が近づくとうるさいので、この辺でということですかね。
    まあ、素人の私にはわからないですけどね。



     日経平均  17913.21(−0.14%)
     TOPIX     1787.23(+0.25%)
     香港H株   9996.49(+0.39%)

     先日のシカゴ日経平均先物  17945
     10年米国債利回り 4.68%




    うさみみは、4月までに利上げが出来ないようだと、日本株から撤退するかもって、以前書いてたので、撤退は回避できました(笑)
    利上げが可能なくらい景気が回復してないなら、日本株なんて4月に全部売ってやるって気持ちは確かにあったのは事実です。


    為替は円安にふれたんですね。
    別に意外だとは思いません。

    今日は確定申告に行きましたが、別に今日でなくてもいいのに今日にしたのは、日銀政策決定会合2日目の今日が、豪ドル債券の発売開始日だったからなんです。
    前日から注文できると踏んでいたのですけど、今日の9時からしか注文が出来ないとわかって、かあもさんが仕事ということもあり、急遽午前中ぼくが休んだんです。

    利上げがあろうとなかろうと、その発表前に1つでも買っておくこと。
    これは、時期分散の知恵であると同時に、過去の経験からここで買っておくってのがGUだって感じるからです。

    実際、豪ドルの交換レートは94.9円(手数料込み)でできましたし、今現在だと95.9円ですから、1円差です。1円って意外に大きいですよ。

    あと2つ予約していますが、状況を見て無理に買う必要もないかなと思ってます。
    あと1つくらいは買いたいですけどね。


    今日はTOPIXは反発でした。
    ためし売りした分は買い戻せましたが、「ためし売り」ってのは結構面白いです。
    実際売買することで相場の感じ方が何倍も違うってことなのかな。
    相場の余りの強さに、自分の感覚のズレをビビッと感じたわけですけど、あの日の日記は後で読むと笑ってしまうくらい凹んでましたね。
    ご心配をおかけしましたワン(^^♪


    中国株のPFも、自己最高値を更新したようなので、GUです。
    少し失敗だったなと思うのは、香港ドルに換えとけばよかったなってことかな。

    でも、ドル円118円中盤で動くつもりだったので、そこまで下げなかったから、無理な話でしたね。
    その分、ランドを買ってるので0点ではなかったですかね。

     




  • はてなブックマーク - 豪ドル債券を購入
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 早くギブアップしたほうが負けなんです。

    アメリカも香港も休場だとさみしいですね。
    明日は日銀さんどうでるのでしょうか。
    それにしても、今回は静かですね。気になりますね。


     日経平均  17939.12(−0.01%)
     TOPIX     1782.73(+0.16%)
     香港H株   休場
     先日のシカゴ日経平均先物  休場
     10年米国債利回り 休場



    1306買戻しました。
    昨日は1テック差でしたので、今日は買い戻すことを主体でいきました。
    売値よりもたった2円だけ下での買い戻しですが、ミス?をカバーできてよかった。



    利率決定です。
    トヨタモータークレジットコーポレーション2010年2月満期 ユーロ豪ドル建社債
    [利率] 年5.83%(税引前・豪ドル建て)
    まあまあではないでしょうか(^^♪

    さて、明日は日銀の会議前に1000豪ドル買います。
    あとは、状況次第ということかな(^^♪
    数ヶ月ぶりの買付けになるよ。楽しみですね。



    今は、新谷先生の「病気にならない生き方」をよんでいます。
    なるほどね、かあもさんが浄水器にこだわった理由が理解できました。
    いい本なので、たくさんメモしないとね。もう少しで読破です。

    健康本で投資本ではないのですけど、
    「何事もそうですが、早くギブアップしたほうが負けなのです。」って言葉が気になりました。

    90%の投資家が消えるといわれる厳しい投資の世界ですけど、
    生き残っている人でも、一度は地獄をみているとおもいます。

    ぼくは生き残ってるといえるほど投資歴はないけど、去年地獄をみました。
    以前はヤフーブログでしたが、多くのブロガーが消えていきました。
    「ギブアップ」した人が非常に多かったんですね。

    地獄の中でしか得られないものってのがあって、そこでギブアップせずに踏ん張ったことで自分のスタンスを見つけられるってこともあると思います。

    地獄を味わった方法を貫き通すというのではないです。そこはギブアップすべき。
    ダメだと思うものはキッパリ辞めるべきです。
    失敗から学んで、取るべきリスクを絞ったり、別のリスクをとったりするのはOKです。

    たぶんですけど、
    「ダメなスタンス」が固まる前に、「真剣に考えて」いろいろやってみるべきです。
    いくら儲けるとかという目標もいいですけど、マイナスにならないように「ギブアップせず投資を続けていく」って目標ってのも、悪くないと思います。

    今は相場がいいです。利益を取れる相場です。
    でも、いつか90%を振り落とすような波動がくるのも相場です。
    ぼくも生き残れる投資家を目指します。




  • はてなブックマーク - 早くギブアップしたほうが負けなんです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 三菱UFJ証券の外国債券

    先ほどの外債の利金のエントリーを書きながら、三菱UFJ証券のHPを見ていました。

    昨日気がついたんですけど、債券のラインナップがかなり表示されるようになりました
    以前は極一部しかでていなくて、あきらかに取扱が少ないって印象でした?a?

    でも、電話で担当者と話していると、たくさんあるっていうか、取り次いで買うわけですから、なんでもあるわけで、HPがお粗末だっただけなんですよね

    ぼくが「既発」の外国債券の購入先に、この証券会社を選んだ理由は、
    償還金と利金を外貨MMFで再投資できるシステムがある証券会社で、既発債が買えて口座管理手数料が取られない証券会社だからです。


    パワーアップした既発債のラインナップをみると、
    ●米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、ポンド、加ドル、ランド、メキシコペソと国別表示
    ●米ドルのラインナップが、149件…これだけ表示されればGUでしょう。

    最高格付けでみると、
    ●米ドル 残8年程度で5.2%
    ●ユーロ 残8年程度で4.4%
    ってな感じですね。

    豪ドルやNZドルは、まだ利上げもあるだろうから、現段階では、期間の短い新規債をトヨタFSで買えばいいと思います。
    ちょうど21日から豪ドル債の買い付けが出来ます。

    既発債で狙うのは、「米ドル」オンリーです。
    他の通貨は、目に見えて利上げ局面です。
    先ほどのエントリーにも書きましたが、債券は利上げに弱いです。
    だが、利下げには強いです。

    アメリカはご存知の通り、「利上げか利下げか微妙なとこ」です。
    長期債を買うなら、今は米ドルくらいしかないです。
    他の通貨は短期で運用しつつ、利下げ局面を待つのが得策ですね。


    気にしてみてるのは、利回りでは、
    ●米州開発銀行 2018/5/29償還 額面利率1.0% 税引き前複利利回り5.275%

    償還期限の長いものは、
    ●米国財務省証券 2031/2/15償還 ゼロクーポン債 税引き前複利利回り4.724%●米国財務省証券 2030/5/15償還 額面利率6.25% 税引き前複利利回り4.753%

    このあたりですかね。
    前回購入時よりは分が悪そうなので、円高がすすめばってことでしょうか。
    なかなかいいタイミングは難しいですね?


    外国債券と外貨MMFのコラボは普通ですけど、
    外国債券とFXとのコラボ技も状況次第では可能かなと思っています


  • はてなブックマーク - 三菱UFJ証券の外国債券
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • トレジャリーノートの利金

    米国債のトレジャリーノートの利金が入ってきました。
    実験的に買ったものですけど、うれしいインカムです

    この債券、金利4.5%で、2月15日と8月15日に利払いがあります。
    利金は外貨MMFに入るようにしているので、複利運用に近いものがあります。
    満期は、2016年2月15日なのであと9年ですね。

    先月は、欧州投資銀行の債券の利金が入りましたが、これは年利0.5%と利回りはかなり低いです。
    ただ、かわりに債券価格が安く買えるので、実質利回りが4%以上です。
    満期は、2013年1月30日です。

    あと、利金がもらえないストリープス債も持ってます。
    ゼロクーポン債(割引債)という名前でなじみがあるかもしれませんね。
    これは、満期が2020年2月15日ですね。


    いずれも既発債券なんですけど、短期的なパフォーマンスはFXに劣ると思います。

    長期外国債券は、長期にわたり利回りが保証されるのですけど、円高、インフレや政策金利上昇にはメチャ弱いです。
    でも、円安、景気下降、政策金利下降の局面では、メチャ強いですね。

    10年、20年先の予想は出来ませんが、数年後から見たら、今がひょっとしたら長期米国債の買い時であったといわれてるかもしれません。


    FXの勢いは凄いですが、日銀が利上げすればスワップは減るんです。
    両国の「金利差」だからです。
    でも、外国債券、外貨MMFは減りません。
    「対象国の金利」だからです。
    今がFXが有利でも、数年後は分からない世界なのです。

    例えば、外貨MMFとFXの比較ですけど、キャピタルゲインに対して、外貨MMFは非課税です。
    利幅や所得税率の関係で、FXがいつも有利とは言い切れません。
    20%の税率の人で、FXで大幅な差益を利益確定した場合は、外貨MMFの方が有利だったってこともあります。

    FXは、他の雑所得とあわせて20万円以下だと確定申告不要で、実質無税なので使える部分ではありますね。

    長期投資家であるほど、FXと外貨MMFと外国債券の商品性の差をしっかり理解しておかないと、10年後には多少差がでているってことはあるのかもしれないね。


    2月は他にも、外国債券の利金が入ってくる予定です。
    たいした額ではないのですが、どれも外貨MMFに再投資されますので、外貨が増えるのは、ギガウレシスですФ



  • はてなブックマーク - トレジャリーノートの利金
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 動けば失敗ばかり?

    かなり円高です。
    なんか動けば失敗ばかりという気がします。


     日経平均  17875.65(−0.12%)
     TOPIX     1774.53(−0.12%)
     香港H株   9957.76(+0.80%)
     先日のシカゴ日経平均先物  17880
     10年米国債利回り 4.706%




    中国株はあげるも、うさみみPFはさげてるしぃ…
    しかも、
    中国人民銀行(中央銀行)は16日、2月25日付で預金準備率を0.5%引き上げ、10.0%にすると発表した。
    人民銀は「これまでの金融政策は一定の効果を見せたものの、国際収支の不均衡が依然突出しているほか、貸付の増加圧力が高まっているため、引き上げを決定した」としている。
    あ〜あ、また来週下がるわ


    今日は、円高が急速に進んだので、TOPIXを1つ寄り付きで売りました。
    でも、思ったほど下げず…トホホ?
    読み違えですな。


    ランドの指値もHITし、これで5万ランドのポジションに。
    でも、この円高傾向…もっとまっとけばよかったかも?

    これでスワップが月1万円体制になった。Jリートの積立資金にあてる。
    ここからは、慎重に円高で仕込んでいきたいよね。


    なんか動けばいつも失敗してる感じのうさみみです
    長いスパンで見れば、失敗ではないというのが多いのですが…やはり、短期の才能はゼロどころか、マイマスだよ…気付いちゃいるが凹みます。



    来週の予定だけど、めげずに狙っていきます。

    21日から、豪ドル債券の購入だけど、円高はいい流れだよね。
    円高が大きければ、香港ドルを少し増やして、インドETF用資金を補充したい。
    あと、できればユーロを仕込みたいが、ちょっと怖いな。
    ドルでもいいと思ってます。
    TOPIX落ちれば、ETFを買い戻します。期待薄だけど。


  • はてなブックマーク - 動けば失敗ばかり?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • チキンレースは続いていく

    今日は、どこも上げてますね。
    為替の方はやや円高で、米国債利回りは下げましたね。
    香港H株も上昇し、この前の暴落を埋める感じでした。

     


     日経平均  17897.23(+0.81%)
     TOPIX     1776.71(+0.65%)
     香港H株   9878.44(+1.35%)
     先日のシカゴ日経平均先物  17950

     10年米国債利回り 4.73%

     


    日本のGDPがよかったですね。個人消費の改善らしいね。
    いよいよ日本株も、「チキンレース」が本格化してくるのかもね。


    チキンレースってのは、もちろん崖っぷちまで耐える度胸試しですよね。
    そこから先は崖ですよってとこまで「忍耐してHOLD」できるか?。
    そういう側面もあります。

    欲との戦いなので、早期に利益を取ってしまうというのもありですよね。

    でも、チキンレースのもう1つの側面は、
    売ってしまったら買い戻すことができないかもってレースです。
    こっちの方が、深刻かもしれません。

    なぜなら、崖から落ちても早めに気づくことができたらやはりセーフだからです。


    あと、売った後上手く買えたとして、そういうことを繰り返していけても、やはり崖から落ちてたら、高値掴みの完成です。
    それでも早めに気づけばセーフです。
    怖いのは、それまでの過程の成功で天狗になってたら、たぶん終わりでしょう。
    去年そういう経験を多くの人がしたはずです。
    チキンレースというのはそういうレースなのかなって思います。


    中国株が既にチキンレース第2ラウンドになっています。
    ミニバブルから、調整か暴落かという段階です。

    日本株は、去年の教訓からミニバブルのような雰囲気はありません。
    でも、ぼくがかつて経験した事のない「高値」であることは紛れもない事実です。

    上昇気流に乗ることが利益の早道でもある。だけどいつまでもあがらない。
    微妙なとこですよね。


    中期や長期投資家は、今週の上抜けは、「心の中でガッツ」でしょう。
    去年の秋に仕込んだものがようやく、はっきり成長してきたんですから。

    だが同時に、チキンレースの中の、「忍耐というストレス」が今まで以上に襲い掛かってくるんじゃないかなぁ。
    調整時に仕込む方が、気楽だっておもる人も多いと思うんです。


    それなりに対応していかなければいけないですね。
    こういう経験が将来役に立つと思います。
    たとえ崩壊に巻き込まれてしまったとしても、「自分で判断」していきます。




  • はてなブックマーク - チキンレースは続いていく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • DKA J-REITインデックスファンド(毎月決算型)

    カブドットコム証券さんで、ノーロードのJリートのファンドを、「積立」することにしました。


    積立は初めてなんですよ。(あるブロガーさん達の影響をうけたかもぉ)
    Jリートは気になってたんだけど、高値で入る隙がなかったんですよね。

    投資の幅を広げていくにあたって、「手をかけるもの」と「手をかけないもの」を分けていかないと、メンテができないもん。


    そういうわけで、「ドルコスト平均法」で長期積立を採用しようかと。
    積立は、高値圏でも参加しやすいです。どうせ60歳まで放置するんですからね。
    下げた時はたくさん買い付けてくれるわけですし。


    積立額は、月1万円の最低額です。
    でもね、月2000円で22歳から始めた年金財形が、今40万円になってるんだよ。
    これは流石にビックリです。(解約しようかとまよってるんだけどね…笑)
    Jリートも60歳時で280万円+αになるんだよね。バカに出来んよね。


    積立資金は、FXのスワップを流用しようと思っています。
    「1万ドル+5万ランド」相当のスワップでいける計算です。
    あと2万ランド仕込まなければ。

    実際、資金を動かすのではなく、考え方だけなんですけどね。
    だけど、投資を決断するには、こういう考え方の部分は大事なんです。



    DKA J-REITインデックスファンド(毎月決算型)
    (愛称:ビルオーナー):追加型株式投資信託/ファンドオブファンズ

    ●東証REIT指数(配当込み)の動きに連動する投資成果を目指します。  
    ●原則として、毎月安定した収益分配(原則として毎月15日)を行うことを目指します。
    ●主要投資対象:DKA J-REITマザーファンド受益証券
    ●主なリスク:不動産投資信託証券の価格変動リスク、流動性リスクなど

    投信会社

    第一勧業アセットマネジメント

    商品分類

    追加型 証券投資信託 ファンド・オブ・ファンズ

    信託期限

    無期限

    お申込単位

    一般コース1万口単位です。

    自動けいぞく投資コース1万円以上1円単位です。

    お申込価額

    取得申し込み日の基準価額

    お申込手数料

    なし(ノーロード)

    決算日

    毎月15日
    ※ただし、休業日の場合は、翌日以降の最初の営業日

    信託報酬

    日々の純資産総額に対して年率0.65%(税込 年率0.6825%)

    信託財産留保額

    解約請求受付日の基準価額の0.3%




  • はてなブックマーク - DKA J-REITインデックスファンド(毎月決算型)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • あちゃ、大幅下落かよ

    日経平均は好調でしたね。新興株はいまいちのようです。
    中国株は、大暴落でした…。
    昨日はホリデートレードできたのに、全く相場は見ず。想定外だよ!


     日経平均  17621.45(+0.67%)
     TOPIX     1755.90(+0.62%)
     香港H株   9711.12(−2.24%)
     先日のシカゴ日経平均先物  17430

     10年米国債利回り 4.804%



    香港市場は全面安。
    ぼくの保有株も1勝9負と、日経平均の上げ分の倍以上失ったよ
    旧正月の大型連休を週末に控え、利益確定の売りが広がったらしいが…。

    ぼくは、先週末のアメリカ株ででた懸念が、昨夜に広がったことの方が気になってます。
    今夜のNYに感心があるけど、早めに寝ますФ


    21日からトヨタの豪ドル債券の発売開始ですね。
    今回は、豪ドルが下げ貴重なので、是非あと1週間豪ドル安でおねがいしますわ。
    3000豪ドルの予約です。
    為替手数料が半額ということがいいですよね。


  • はてなブックマーク - あちゃ、大幅下落かよ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 世の中確定的なものは何もない?〜外貨投資の内訳

    昨日書いた個人年金も、リスクがゼロとはいえないね。
    書面に書かれた契約が履行されるか、チェックしないといけないとしたら、リスク投資とかわんないって考えたほうがいいかも。


    人生設計を考えて、投資を始めてみて、わかることは、「確定的なものはなにもない」ということかもしれないね?

    未来を予想することがどんなに困難かということが嫌と言うほどわかる。


    なんか悲観的な言い方になってしまったが、別に悲観してるわけではないです。
    ここ2年間で、こういうことに気がついたということは、きっとプラスになる?
    そして、ぼくたちの行動が、うさみみ家の未来を切り開くのかもしれないんだ。


    たかだか2年で、えらそうなことはいえませんが。
    3年生なりに考えたことをやってみて、1段でも高く上がっていければいい。
    それなりにプレッシャーを感じ、楽しめるくらいのリスクをとっていければ。

    幾度となく書いてきたけど、「人生資金計画」が計画図なら、「アセットアロケーション」がその設計図という感じですね。




    うさみみ家の外貨投資ってのは、「外貨MMF」、「外国債券」、「FX」そして「外国株」になります。

    フリーページにあるように、
    1月末で、「外国株は7.9%」、「外国債券は10.1%」の外貨資産を保有しています。

    当面はこれを25%にしたいのですが、最終的には「40〜50%」かなと思ってます。


    外貨資産の場合は、株系か債券系かも大事ですけど、投資国の把握もしていかねば。

     


      <中国>     33.0% (株式33.0%、債券0%)
      <アメリカ>   31.2% (株式2.3%、債券28.9%)
      <豪>      19.0% (株式0%、債券19.0%)
      <ベトナム>    5.7% (株式5.7%、債券0%)
      <NZ>       4.5% (株式0%、債券0%)
      <南ア>      3.8% (株式0%、債券0%)
      <インド>     1.2% (株式1.2%、債券0%)
      <欧州>      1.1% (株式1.1%、債券0%)
      <ブラジル>    0.4% (株式0.4%、債券0%)
         計     100.0% (株式43.8%、債券56.2%)

     



    「中国:アメリカ:その他=1:1:1」になってますね。
    米、ユーロ、豪、NZを先進国とすると、55.8%が先進国ですね。

    とくにどれをいくらにしようという予定はないです。
    1つ1つの国や通貨を勉強しながら、チャンスをみてって感じです。

    あえていうならば、ユーロが欲しいなとおもいます。
    考えているようで、何も考えずにやってきたってのが本音ですね。

    だって、FXで1万ユーロ買ったら、こんな比率いっぺんに変わっちゃうもん。
    少額投資家のつらいとこですね。

    これからどうしようか??
    まあ、適当にバランスを取りながら、外貨増やしていこうよってな感じで、のんびり行こうと思います。

    こんな結論なら、ここまで整理する必要はなかったかもしれない?
    でもまあ、今は、ガチガチいかずに、適当でもいいかなって思う?
    外貨資産を増やすって方向だけあってれば




  • はてなブックマーク - 世の中確定的なものは何もない?〜外貨投資の内訳
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 捨てることも大事ですね。

    藤商事は公募割れしなかったものの、手数料分損でした。
    今年のIPOのスタートはいきなりの洗礼
    でも、がんばってBB参加していきますよ。かあもさんがね。


     日経平均  17504.33(+1.23%)
     TOPIX     1745.09(+1.45%)

     香港H株   9915.36(−0.29%)
     先日のシカゴ日経平均先物  17275
     10年米国債利回り 4.730%




    日経平均は、シカゴの終値に比べれて、逆行の大幅高でしたね。
    SQ通過であか抜けですか?
    指値はしてましたが、そこまでは落ちてこない1週間でした。
    要は、自分の思うより相場が強いということです。それはそれでGUです。

    NTTは今日も上げてます。やはりなにかありましたか?
    どうせ売らないのですが、ひょっとして最後の大型株といわれたNTTさんの快進撃がはじまるのかな?

    香港H株は下げたけど、ぼくのPFは続伸。
    とうとう投資額×1.5を達成した模様です。
    いつ消えてもおかしくない幻かもですけどね。



    投資を博打にしない方法を教えてください。

    このテーマで3日目になりますね。


    投資では、捨てることも大事じゃないかなって感じます。
    損切りってことではないです。それは昨日かいてみました。

    投資資金が湯水のようにある億万長者ならまだしも、それを目指してはいるが道遠き、うさみみ家では、投資対象を絞るって大事だって思ってます。

    ブログなんか見てると、他人の芝生が青く見えたりしませんか?
    それぞれ得意分野に挑戦してると思うのですけど、見てるほうからしたら、あれも儲かりそう、ああいう投資もあるのか、ああ考えればいいのかと情報が錯綜します。

    ネタとして損切りも書いてたりしますけど、やはり、利益の方をたくさんかきますよね。
    だれもが儲かってそうで、「ぼくは追いてかれちゃってる」と思ってしまいます。

    この感覚がひどくなると、まともな思考にはなりそうもないです。
    あんまり、人の投資の成果を見て影響を受けても多くの場合は、悪影響とちがうかなぁ。

    だって、投資ってありとあらゆるパターンがあるわけです。
    だからこそ、自分にあったものを見つけたいと「自分の投資をみつける旅に出る」わけでしょ。

    うさみみは、常に旅しております。あたらな世界の模索もしております。

    だけど、いろんな情報の大部分を、シャットアウトしております。
    極力材料情報はみません。株式ニュースもほとんど見ません。
    見るのは指数と、イベントがほとんどです。あっ、為替ニュース見ます。
    ただ、週末に読むコラムなどには影響をうけてるかも。

    日本株では、個別株はやってません。バッサリ捨てております。

    中国株では、個別株をやっていますが、A株、B株、H株、GEM、レッドチップとあるうち、H株の約20銘柄以外はバッサリ捨てております。

    うさみみはこんな感じですけど、みんなそうでしょ。
    自分の良く知ってる世界で戦う方が、有利です。

    他をバッサリ捨てても、自分の世界で勝てるようになったら、その利益で手を広げればいいって考えれば、いいって思います。

    うさみみの支えは、最初に始めた「為替」です。
    ロングポジションの為替は、ブログネタとしてあまりにつまらないので書かないけど、日本株で大負けしても、為替の利益があるから耐えれたわけなんです。

    得意だからって調子に乗れば、やられます。
    でも、そのことをよく知ってるから、得意っていえるんでしょうね。
    (うさみみの場合は、得意って言うのは言い過ぎです…たいした利益ではありません)

    うさみみは、こんなことを考えて投資をやっております。
    情報のかなに儲け話をさがしてしまうと、カモにされちゃうとおもいます。


  • はてなブックマーク - 捨てることも大事ですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • うさみみPF最大銘柄上昇〜中国株再び飛翔か?

    今日は、日本株は大きく下げました。
    そんなに下げるのなら指値しておくべきでした…。
    日本株のこといろいろ書く予定でしたが、今日はちがうことを書きます。


     日経平均  17292.32(−0.66%)
     TOPIX     1728.36(−0.23%)

     香港H株   9839.95(+2.27%)
     先日のシカゴ日経平均先物  17345
     10年米国債利回り 4.765%


    昨日いただいたのコメントで、「為替は50:50の確率」と書いていただいてます。
    実は、ぼくも「上げ下げ50%」信者なのです。

    どんなに詳しい分析を行っても、上げる確率は50%と考えています。
    そう考えるのは、過去の経験からです。

    仮に60%で当たる方法があったとします。
    さすれば、その1人の為に「確実に市場は崩壊させられる」はずです。
    (60%あたる指標を複数採用すれば、60%×60%=36%になるし。)


    では、投資は博打か?ということになりますが、投資は●●だと思います…って書こうと帰りの電車で考えてました(笑)



    でも、今日の中国株を見て嬉しさのあまり、その辺ぶっ飛びました。


    (ニュースより抜粋)
     人民元レートは為替改革以来の最高値を連日で更新した。
     資源・素材セクターが上昇。非鉄金属の江西銅業(358/HK)、中国アルミ(チャルコ:2600/HK)、紫金鉱業集団(2899/HK) が買い進まれ、湖南有色金属(フーナン・ノンフェラスメタルズ:2626/HK)が12.0%と急伸した。中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)、中国海洋石油(CNOOC:883/HK)など主力の石油セクターも小高く引け、広州富力地産(広州R&Fプロパティーズ:2777/HK)、中国海外発展(688/HK)など国内の不動産セクターも高値追いとなっている。こうしたなか業績期待も広がる。本決算の発表を明日に控える東亜銀行(23/HK)が2.2%高で取引を終えた。
     中国の金融セクターもしっかり。前日に続いて業績拡大の期待が先行するなか、本土マーケットの底入れムードも支援材料となり、建設銀行(939/HK)、交通銀行(3328/HK)、平安保険(2318/HK)など銀行・保険株が上昇した。主力の中国人寿保険(チャイナライフ:2628/HK)と工商銀行(1398/HK)も続伸




    香港ドルのキャッシュポジションのすべてを、調整中だったH株の仕込みに使っていたため、正直上げてもらうしかなかったのですけど、今日は、「あほみたいに上げました」。助かりましたぁ。

    G7の為替の議題で、「円」と「人民元」が槍玉ですけど、「円」が議題になると日本株にはネガティブですが、「人民元」は中国株にポジティブなんです。

    特に、PFの主力の、湖南有色金属は12%の続伸。
    ひさびさにしびれました。


    明日は反動があるでしょうけど、でも、やはりうれしくて、つい書いてしまいました。

    日本株は、明日、買い指値しておきます。



  • はてなブックマーク - うさみみPF最大銘柄上昇〜中国株再び飛翔か?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • じわりと円高なのです

    昨日の急落の理由を教えていただいてありがとうでした。
    いろんな目線があるんだなって思いました。


     日経平均  17406.86(+0.36%)
     TOPIX     1732.42(+0.94%)
     香港H株   9621.15(+0.16%)
     先日のシカゴ日経平均先物  17385

     10年米国債利回り 4.808%


    いろんな理由の中から、為替に着目してみてみますと、
    「じわりと円高だけなの?」、それとも「一気に円高来ちゃうわけ?」ってなところではなかろうか。
    騰落レシオなど指数の過熱は利益確定売りの理由にはなるが、急激な円高は「逃げの理由」になりうると考えています。

    現在、ドル円のRSIは45、ユーロ円は46、豪ドルは42、NZドルは37ということで、「じわり円高」が進行しております。
    「円ショートが積みあがっていた+G7警戒」と理由がはっきりしているだけに、もう少し円高もあるかもとおもいます。

    ただ、「急激な円高はないよ」って思ってますので、ドル円119円台、ユーロ円154円台あたりでRSIが30台となので、1つ拾う作戦を立てております。

    (いくらG7で欧州がうるさく言っても、為替介入するわけがないので、結局、円ショートの積み上げが減れば、1ヶ月もしたら円安にいくだろう、日経平均だって下げて過熱感を減らせばまたあげるよって、安易に考えちゃってるわけです)

    そうなれば、日経平均もややしびれる可能性があるので、指値をしてみたいです。

    そこから更に円高になれば、円高が止まった段階で、「成行き」で、ドルかユーロを買ってみようかと思います。
    12月でしたことと同じことをしようかと思うのです。

    「そこからもっともっと円高になれば?どうするの?」

    「ふふふ」



    「それは、しばらく地獄が待ってるってことですよ」


  • はてなブックマーク - じわりと円高なのです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 2007アセットアロケーション

    去年11月に検討した、アセットアロケーション戦略を再度みながら、2007年のスタンスを検討しました。


    まずは、2006年度の検証から、

    去年は、中期・長期投資を基本に、「安全資産からリスクマネーへ」の「のんびりシフト」だったとおもいます。

    アセットアロケーション理想比率は一応もっておりますけど、金銭感覚が「リスクの増大」についていかないので、ゆっくりとシフトさせました。
    (急激にやると働く意味すら失う可能性もありそう)

    具体的には、「中期波動(数ヶ月)」を活用して、「調整時に買増し」という「市場の流れに逆らわないやりかた」でポジションを増やしたということです。

     {アセットクラス}   (H18.3末)  (H19.1末)    (増減)
     1 流動性資産     21.8%⇒  35.4%   +13.6%
     2 日本の株        5.2%⇒   9.1%    +3.9%
     3 日本の債券     58.5%⇒  37.6%   ▼20.9%
     4 外国の株        6.3%⇒   7.9%    +1.6% 
     5 外国の債券      7.1%⇒  10.1%    +3.0% 
     6 その他            0%⇒     0%      0.0%


     ●リスク資産(アセットクラス2・4・5)は、18.6%⇒27.1%に増えました。
     ●外国資産(アセットクラス4・5)は、13.5%⇒18.8%に増えました。
     ●キャッシュポジションコントロール重視で、流動性資産が増えました。



    昨年は、「貯金中心」から、「投資体質」へと踏み出した年だったと思います。
    まさに、リスクを取り出したうさみみ家ということです?

    まだ、初心者で過渡期ということで、内藤忍さんの勧めるガチッとした、アセットアロケーションには程遠いですね。
    まあ、自由度がある方が好きですけど。

    新規資金はリバランス的に、「逆張り買いの成長待ちスタンス」なので、リターンは少ないけどリスクも少ない感じです。

    (ただ去年の発見なんですが、短期でやってたよりもはるかに利益が大きい気がします。リスクは小さいと思います。CPコントロールや精神安定がキーワードかも。)




    2007年の目標配分について


    ひきつづき、金銭感覚が麻痺しないレベルでゆったりシフトです
    そのため、理想配分と現況の中間的なものとして「目標配分」を決めています。


    ●「日本債券クラス」は、2015年までに「教育資金」を確保すればよいので、配分利率を毎年減らしていく。
    ●円安リスクに備えて、「外国債券クラス」、「外国株クラス」の資産を約25%にまで増やす。
    ●円インフレに備え、インデックス投資の利点を生かしながら、「日本株クラス」の資産を約15%にまで増やす。
    ●資産運用の観点と上記のことから、リスク資産(日本株、外国債券、外国株クラス)のリスク資産を約40%にまで増やす。


    リスク資産を、「1.5倍」にするということですから、3年から5年かけてという感じで。


    <2007年〜アセットアロケーション目標配分>
     {アセットクラス}  (H19.1末)  (目標配分)    (差)
     1 流動性資産     35.4%⇒  22.7%   ▼12.7%
     2 日本の株        9.1%⇒  14.6%    +5.5%
     3 日本の債券     37.6%⇒  36.9%    ▼0.7%
     4 外国の株        7.9%⇒  10.0%    +2.1% 
     5 外国の債券     10.1%⇒  14.6%    +4.5% 
     6 その他(金など)      0%⇒   1.2%    +1.2%



    教育費は、資産運用上は活躍しないので、出遅れ感もありますけど、精神安定剤と思えばいいかなって。

    投資ってのはメインではなく、あくまで、
    ●将来うさみみ家のやりたいことへの資金準備を早めるため
    ●現金融資産のガード(円安、インフレ対策)のため
    ●大投資時代を生き抜くノウハウを探すため

    です。だから、必死にするというより、無理なく心穏やかにやっていきたいね


  • はてなブックマーク - 2007アセットアロケーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 2007年1月末投資成果と人生資金計画結果

     
    1月末の集計が終わりました。とはいっても、正確には2月2日付けですけどね。
    次の日が休日でなければ、時間的に集計ができないのです。

    正直、予想では、「日本株はインデックス投資なので+」、「外国債券は円安でやや+」でGUとおもってましたが、1月は中国株に調整(H株指数で▼12%)が入ったので、12月末からの反動で大幅マイナスを覚悟していましたが、意外な結果でした。
    うれしい誤算!

    1月末の結果、+304,848円でした。

    日本株は、+12。(指数上昇と守護神NTTの上昇など)
    外国債券は、+6。(FXの健闘と若干円安の進行)
    外国株は、+12。(外国株健闘。うち中国株は+10と予想外の健闘)

    懸念だった中国株は、正月明けの暴落で逃げてればGUでしたが、大部分が直撃を喰らいました。
    でも、スイングした株がテーマ株に変化した分が相当貢献したのかもしれません。

    去年の1月はライブドアショック前は+25で、ショック後が▼73だっただけに、今年は+30とできすぎのスタートです。
    ただ、1月はアイノマリー的に好調なのであって、実力でもなんでもなく、単に運が良かっただけであり、今後相場が冷えた時に相当持っていかれるということも知っているので、そのあたり上手くさばかねばと思っています。

    人生資金計画の方ですが、今月は車検等相当出費でしたが、計画通りの進行でした。
    最終目標に対しての、1つの節目をクリアできたので、うれしいです。
    また、マイペースでがんばっていきます。

     
  • はてなブックマーク - 2007年1月末投資成果と人生資金計画結果
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。