ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  2006年11月
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 場を見れない投資家でもETF投資ならば


    昨夜のシカゴ日経平均先物は、反落の16220円。
    今日は、下げてもいいから16200円の下値を固めてほしいですね。
    この急な上昇だと個人投資家の押し目もなかっただろうしね。

    世界の資金の流れ、また微妙に変化しつつありますね。
    特に原油ははっきりとした流れになってます。
    中国株の指値が合えばいいんだけど、無理には追いかけないようにしないと。

    昨夜のシカゴの結果が物語るように、16200円の壁を突っつく流れになりました。
    外国人も大幅買越しと抜け目が無いですね。
    ブレイクしたみたいなので、クリスマスラリーの開始となってほしいです。
    短期派の人は、いい流れになってるんじゃないでしょうか。
    うらやましいです。仕事が無ければ‥イヤイヤ仕事は大事です(笑)



     日経平均  16274.33(+1.23%)
     TOPIX    1603.03(+1.45%)
     香港H株   8546.60(+1.72%)
     先日のシカゴ日経平均先物  16185
     10年米国債利回り 4.521%



    昨日のエントリーの続きです。

    インデックスファンドと似ているものに、ETF(上場投信)というものがあります。
    その価格がTOPIXや日経平均などの主な株価指数に連動するようにつくられ、上場されている商品です。
    「株」と同じように、証券取引所で売買が可能で、指値注文も成行注文もできます。
    だから、値動き幅(ボラリティ)は小さいものの、短期売買もできます。

    インデックスファンドに比べると、最低購入金額が高く17万円程度からで、ハードルが少し高いですけど、信託報酬は0.3%台と半分です。長期に持つにはメリットがあります。
    (目論見書の交付が免除されてる分、運営コストが安いのです。)

    ですが、株と同じく売買手数料がかかります。
    1単位ならば、丸三証券の活用すれば手数料無料も可能です。

    昨日は、インデックス投資は初心者向けと書きました。
    もう1つの利点は、「場を見れない投資家」向けでもあると思っています。

    場を見れないと、「指値を予想してあわせる」か、「寄付き成行き」しかできないんです。
    (携帯でもできるそうですけど、昼休みに注文しかできないです。)

    場中急落しようと、知るのは帰宅後です。正直、悔しい思いを何度もしております。
    指値が合わずイライラもたまります。場を見てる人には分からない感覚かも。

    場を見れなくても、インデックスだと、個別株リスクがほとんどないので、S安を食らうことも無く、リスク管理がしやすいと思うんです。
    また、動きが、日本相場全体の動きと連動するので、比較的指値があわせやすいメリットもあります。
    実際、流れが読みやすいんです。だから、全体の相場感覚を養うこともできます。


    こんな投資法もあるってことを紹介してみました。
    たぶん、パッとしないので、「あっそう?」だと思うんです(笑)
    でもまあ、「どのリスクを取るのか」、「どのリスクを制限するのか」を考えていくと、自分にあった投資を見つかったりします。

     
    スポンサーサイト
  • はてなブックマーク - 場を見れない投資家でもETF投資ならば
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    インデックスファンドって

     
    今日はシカゴ日経平均先物を大きく上回りましたね。
    シカゴを3日連続上回ったので、「陽の波動」入りと考えます。
    ぼくの今回の仕事は終わりました。
    12月のクリスマスラリーに素直に行けばいいね。


     日経平均  16076.20(+1.39%)
     TOPIX    1580.10(+1.61%)
     香港H株   8402.26(+3.30%)
     先日のシカゴ日経平均先物  15880
     10年米国債利回り 4.509%


    タイトルのインデックスファンドですけど、株の初心者向けの投資法です。
    ぼくのように、いきなり個別株から始める人も多いんですけど、意外なことにインデックスに勝ってる人はほとんどいません。

    そんなことない?って思いますよね。
    このことに気付いてる人は少ないのかもしれません。

    実際、プロの世界でもアクティブファンドがインデックスファンドに勝つのは困難です。
    なぜなら、指数って、優秀なファンドマネージャー達の運用成果の「結果」だからです。
    プロでも半数は指数以下の成績になります。あたりまえですよね。

    さらに、アクティブファンドには、ファンドマネージャーの人件費や、売買コストがのしかかります。
    これは個人投資家でも同じで、短期で投資する人の労力(コストはかからないが、時間がかかる)と取引手数料になりますか。
    逆に、インデックスは、指数に連動させるだけなので、運用コストが安く済みます。
    これを考えれば、アクティブがインデックスに勝つのは難しく、読みがかなり当たるしかないわけ。

    インデックスは低く見られがちですが、「平均というの魔法」により、値動きが小さいのも、初心者向けの理由です。こわいS安はありません。
    逆に言えば、短期売買には向いていないという事です。これも初心者にはいいこと。

    日本の代表的なインデックスファンドは、日経225連動型とTOPIX連動型です。
    それぞれ、日経平均とTOPIXという、日本を代表する指標に連動しています。
    だれもが毎日チェックする指標の動きをとらえるだけの単純な投資になるので、このあたりも初心者向けだといえます。(もちろん応用がありますけどね)

    インデックスファンドは、ノーロードがお勧め。信託手数料も0.7%台です。
    終値での売買になります。

    両者の差はちいさいのですが、あえて言うなら、日経225は国際優良株の動向に左右されやすく、TOPIXは小型株も含まれるので新興市場の動きとほんの少し連動するというのが、ぼくのイメージです。
    この辺はひとそれぞれですし、お好みで選べばいいって思います。

    ここでまで書いてきて、ずっこけなんですが…ぼくはインデックスファンドは買ったことありません。

    でも、初心者のぼくは、日本株はインデックスで勝負しています。
    もう1つのインデックスである、ETFといわれるものです。

     
  • はてなブックマーク - インデックスファンドって
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    失敗ばかりの投資から、進化できるのか?

     
    11月はかなり恐怖に支配されてます。
    ただ、ぼくたちのスタンスを信じるしかないから駆け抜けるだけ。

    過去の失敗で、授業料を払ってきた分、タダでは起きないと心に誓い、同じ大きなミスをしたら、「その分野は撤退するという背水の陣」だったりするわけですよ。

    過去の大きな失敗というと、まだチョコチョコ株をやってやころの話。
    株主優待を中心に中期投資をしてて、ソコソコ儲けてたんだけど、
    ある銘柄で引っかかったんよ。

    それは、トイザラスだったんだけど、子供のために商品券ほしくてね。
    でも、アメリカの本店が超不振で、日本も株価は低迷したんだ。
    ムキになって(=自分の失敗を認めたくなくて)ナンピンしたんだけど、傷を広げるだけだったな。

    <1>おまけに釣られて、銘柄をチャント選んでないことがダメだったことを学んだよ。
    幸い、これまでの儲けの7割を失う程度で済んだんだ。

    去年の12月頃だったかな。FXを初めてすぐ、痛い目に会ったんだ。
    外貨MMFや外国債券をやってたんだけど、スワップと為替手数料の安さにに目がくらんでね、ずっとやりたかったFXはじめたんだ。

    FOMCで利上げが決まり、材料もありって思って、円安に行くと踏んで、計7万米ドルを買い込んだんだけど、今思えばレバも相当で、取引金額も凄かったよね。怖い。
    結果、ここ数日のようなドルの急落に見舞われて、ロスカットが入った。
    FX初めて3日ほどで約7万円が消えたんだ。

    <2>レバレッジの掛け方を凄く反省したよ。

    <3>でも、もっと反省すべきなのは、一気にポジションを作ったこと。
    これは自殺行為だった。
    株でもそうだけど、余力と時間分散の大切さを真剣に考えるきっかけになったよ。

    そして最大の反省ごとが、今年1月のできごと。
    去年の日本株のなんでもOKラリーで調子に乗って、挙句の果てにライブドアを700株も保有したから…結果は想像できるでしょ。
    ソフトバンク他も全部損切りしました。

    妻は、この全銘柄損切りのクリックは指が震えたと。
    このとき、アセットアロケーションの名の下に、資産配分したんだけど、日経平均が上昇するたびに増資したんだよね。
    結局、一番高値で投資額のピークを迎えたんだよね。

    <4>これで個別銘柄の選定能力と短期投資の才能が全くないことを確信したんだ。
    だから、日本株の銘柄選定は2回目の大失敗=よって即時撤退。
    このとき莫大な授業料を払ったんだけど、同時に3つの光を見つけることができたんだよね。

    これが今のスタンスの基礎になったと思ってる。

    あとは、今年5月からの世界同時株安での反省もあるのよ。
    あ〜ん!!ほとんど反省ばっかり…。

    3つの光のうちの1つ「インデックス戦略」は、ライブドア以降成功してたんだ。
    ライブドアショックの2番底をしっかりつかみ、量的緩和前の高値で売り抜けた。
    これは1つの成功体験だったけど、その後がまずかった。

    この失敗は今でも尾を引いてるんだ。
    日本株はすぐ反転する=乗り遅れるなって気持ちも多少あって、ETFのポジションがほとんどなかったので、買いを焦ってしまったのね。
    そして、あの暴落でしょ。

    余力は相当あったのに、買うと暴落の繰り返しってこともあって、積極的に買えなかった(=結局3口のみ)んだ。

    <5>自分の感覚で売買しだすと、市場の空気に支配されるんだ。
    でも、中期投資を目指すなら本当は逆なんだよね。高値圏では密かに売り抜け、安値圏では泣きながらも拾うしか道はないんだよ。銘柄選びを捨てたんだからね。

    <6>キャシュシュコントロールと同時に、株のポジションコントロールもしないといけないことに気づいたよ。持ち株が少ないと買いあせる。そういう状況にならないように、自分の位置をコントロールしないといけないって思った。

    やっぱり、この4つの大きな失敗から学んだことは結構多いって思う。
    まだ、失敗はするとは思うんですけど、「同じ大きな失敗をしたら撤退」って考えてる。

    かなり、シビアですけど、家族のすべての金融資産を運用してるんだから、アセットアロケーションの規模も大きいし、大きな失敗はやっぱ、笑って許されないんですよね。

    自分の恥をさらしてしまったんですけど…。
      
  • はてなブックマーク - 失敗ばかりの投資から、進化できるのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    11月の投資はいそがしい

     
    アノマリー的には10月11月は軟調な時期ですよね。
    10月は比較的良かったのは意外でしたが、11月はある意味予定通りって考える投資家も多いのでは。
    9月、10月はほどんど動かなかったから。
    こういう相場は、ぼくのような中長期スタンスだと忙しくなります。


     日経平均  15734.60(−1.13%)
     TOPIX    1538.04(−0.96%)
     香港H株   8591.09(−0.37%)
     先日のシカゴ日経平均先物  15800
     10年米国債利回り 4.568%


    今日は日経平均も軟調でしたね。円高が要因ですか?
    (新興はよかったみたいですね。日経<TOPIXだし)
    理由はともあれ続伸しないのであれば、弱いってことですね。

    今回の調整はRSIが30以下の期間が長いです。
    11月は貯金銘柄を4口プラスできました。
    11月はかなり動いてます。

    日経平均15600円辺りに5口目の買い指値をあわせています。
    そこより下に行くなら、崩れきるのを待ち、勝負にいくかも。
    12月なり3月なりに上げてればOKなので。

    中国株は、循環物色を信じて、3分の1を銘柄チェンジしました。
    6月頃の配当権利取り以来、全然動いていなかったけど、11月は高値圏ということで、利益確定売りと出遅れ株の物色です。
    これも11月に大きく動いています。

    為替のほうは大きく円高になってきました。
    今日は、トヨタアセットバンガードを1万円分買い付けました。
    外国株投信の場合、円高は買い増しのチャンスとなるので、これから忙しくなりそうです。

    ドル円は115円台突入。
    米国感謝祭の閑散を狙った仕掛け?だったら、来週はもどるか?
    ただ、このまま円キャリーの巻き返しに弾みがつくこともあるよね。
    115円を割れば、前回同様113円台だっていくか?


    FXに参戦してすぐの円高なので、昨日は悔しかったですけどね。
    今は、正直ワクワクしてます。
    ぼくのようなスタンスの方はきっと同じ気持ちじゃないかな?

    1年に数回しかない円高祭りか?
    スワップ派の人は、円高のポジション構築のチャンスですもんね。
    一旦それを構築すれば、かなりの期間枕高くして寝れますからね。
    11月は為替も忙しくなりそう。

     
  • はてなブックマーク - 11月の投資はいそがしい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    FXへの再挑戦と日本個人投資家の力


    ほぼ1年ぶりに、FXに再挑戦しました。
    基本ルールを定めて、その範囲内の運用をしていきます。

    とりあえず、セントラルさんのキャンペーンの「5000円キャッシュバック」と「為替王クオカード」をゲットってことになりますね。

    ●建玉:10000米ドル ロング116.82  レバレッジ3倍で設定

    この口座での運用は、年間20万円内の利益では確定申告が不要なので、スワップを1年貯めた場合の利益を逆算すると、3万通貨が上限になります。
    今回買ったので、時期分散の考えから、しばらくは放置ですが、ユーロが下がることがあれば買っていきたいですね。

    今日は面白いニュースを見つけました。やはりというべき内容です。

    (記事を下に転写しています)
    記事では、国際分散投資への着実な流れが明らかになっています。
    あと、個人マネーが機関投資家を上回る規模だという事実も注目です。
    ますます、アセットアロケーションが大事で注目されてきますね。

    これは、株の売買のタイミングより重要だってことですね。
    去年の終わりに日本株が「だれでも儲かったこと」を思い出すといいですけど、銘柄てきとう、タイミングてきとうでも儲かる市場に、「ある程度参加すること」の方が、投資成果にとっては大きいってことでしょうね。
    今は海外資産ってことでしょう。

    でも、この記事を見ると、世界的な投機資金の流れの後追いって感じがします。
    早く動いている人は、この日本投信の買いで、さらに儲けてるので、加速度的に買い増される段階まではいいけど、買いのスピードが遅くなった瞬間、売り逃げていくわけですから、高値に取り残されないか心配になります。

    資金流出してる日本株は逆にチャンスということもあるわけです。
    そうならば、また資金が還流してくることで、後追いの人は途中儲けても、高値に取り残され、利益を吐き出す結果になるのが常です。

    そうならないように、世界の資金の動きに注意しておくことを忘れないようにしたいですね

    先週から、来年のアセットアロケーションの戦略を考えてますけど、もっともっと研究していかないといけないですね。
    いろいろアドバイスいただければうれしいですね。


     
  • はてなブックマーク - FXへの再挑戦と日本個人投資家の力
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    IPOシステムインテグレータ当選とホリデートレードは失敗

    今日は、お出掛けする予定が、こどもの中耳炎で家の中。
    これが、幸か不幸か、ホリデートレードにかりたてるのである。
    そして、いつもどおり、不満の残るトレードとなったのだ。


     日経平均  休場
     TOPIX   休場
     香港H株   8622.88(+0.15%)
     先日のシカゴ日経平均先物  15800
     10年米国債利回り 4.568%



    昨夜のドルの暴落の気配を確認して、朝起きると116.8円付近でした。
    FXを始めるにはいい水準と思い、成行きで1万米ドル買いました。

    けど今は116.2円ですか~というか、下にぐんぐん伸びますね。
    すでにセントラルさんの、5000円キャッシュバックが消えました。
    為替王さんのクオカードプレゼントも消えました。

    こうして、FXへの参戦が始まったわけです。まあ、こんなもんでしょ。
    不思議なのは、FXをするとレートが気になりますね。
    外貨MMFや外国債券ではあんまきにならんし、暴落歓迎でしたけどぉ。

    買い付け単価を覚えてるから?単位が1万通貨(=約120万円)とでかいから?
    不思議です。慣れるまでは、しゃあないですかね。
    スタンスはこれまでどおり、ロングで


    失敗の第2弾は中国株。
    ここ数日、買い指値が合わずに来たので、強引に買いに行ったからな。
    キャッシュがかなり余っておりましたのであせり(禁物だよね)。

    H株指数は、仕込んだ時間帯は+1.5%だったのに、引けでは+0.15%だよ。

    江西銅業(0358)2000株と中国工商銀行(1398)4000株を買い付け。
    いつも見てる銘柄から、まだ上がりきってない銘柄を強引に買いつけ。
    やっぱり、中国工商銀行は早買いでしたね。いつもどおりの失敗。

    たいがい、場を見たトレードをすると、うまくは行かないですね。
    ドルもこのまま落ちていくかもしれませんけど、ドルが増えたことは嬉しいんです。
    タイミングを図ることは下手なんですけど、外貨を着実に増やす意志はしっかり持っていたいですね。

    トヨタの豪ドル債券を予約しました。12月はえらい早く発行するんですね。
    年末だからかな?

    あと、IPOのシステムインテグレータがマネックスさんで当選しました。
    59配分のうちの1つということで、幸運です。
    このまま、幸運つづきで初値上昇を期待したいとこですが、この地合い〜かなり不安です。

     
  • はてなブックマーク - IPOシステムインテグレータ当選とホリデートレードは失敗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    IPOエレコム無事に売却

     
    IPOも公募価格を上回ればラッキィって感じになってしまいましたね。
    最近は公募数が多いやつは、けっこう当選しちゃうけど、公募割れの恐怖がついてくるので、期待より不安が大きいですね。


     日経平均  15914.23(+1.14%)
     TOPIX    1552.87(+1.30%)
     香港H株   8610.04(+3.42%)
     先日のシカゴ日経平均先物  15775
     10年米国債利回り 4.578%


    今日はエレコムをなんとか無事売却できました。
    ほんと良かったです。
    とにかく公募価格を上回れば何でもOKです。
    こういう相場ですけど、銘柄選別をしっかりしながら、どんどん抽選には参加していきたいですね。

    日経平均がシカゴを大幅に上回りました。16675での反発ですね。
    16500円を割ると怖いから、このあたりで反発してくれるといいのですが。
    昨日の買いが底値であってほしいところです。
    ただ、ぼくは警戒は怠りません。下値では買い指値をしていく予定です。

    金曜日にシカゴを上回れるかどうかが大切になります。
    さらに、月曜日も上回るようだと、「陽の波動」になると考えています。
    前回のGDPでは失敗してます。

    実は、日曜日に娘が、柿取りなどを手伝いをしたお小遣いを、わがファンドに増資してくれたんです。
    株主ですから、最近の状況を説明をした上でね。
    で、月曜日の日本株暴落だったから、かわいそうだなって思ったんですけどね。
    一応、そう話したら、「そう?」だけでした。

    「かえせ?」って反応するかと思ってましたが。
    そういうこともあって、ぼくも反発して欲しいなって気持ちがこのエントリーにも出てるのかもね。
    いつもよりは熱いですかね。

    中国株は指数で3%以上も上げて、さながらS高祭りみたいです。
    売ってしまったものも、あげてるのでくやしいですね。
    あと、米ドル建て外貨MMFを1万円分買っておきました。

    うさ姫が高熱です。
    今日は、御座候の回転焼を買って帰ったんですけど、「にこっ」とはしてくれたけど、半分しか手をつけませんでした。
    今は薬が効いたのか、しゃべってくれてます。
    明日は出かける予定でしたが、雨で、娘も高熱なので、家で遊びます。
     
     
  • はてなブックマーク - IPOエレコム無事に売却
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    マネックス世界銀行豪ドル建て外債の注文

    マネックス証券の、外債も外貨MMFとのリンクするとのことですね。
    ちょっと、注文してみました。


     日経平均  15734.14(+0.05%)
     TOPIX    1532.95(−0.06%)
     香港H株   8325.33(+0.47%)
     先日のシカゴ日経平均先物  15810
     10年米国債利回り 4.595%


    日経平均は、相変わらずシカゴ以下です。
    弱いとしかコメントできないですね。

    妻の報告によると、1306を拾ったそうです。
    IPOのために手数料落としもかねてるけど、成功して欲しいね。
    ぼくは、日経平均が15600円割れの水準で指値を張っております。
    底が見えないけど、折角バーゲンしてるんだから、買っておきたい局面だよね。

    中国株では、昨日売った北京北辰が+11%…全く読めてません。
    日本株の不調分を取り返すにはここしかないのですが…。

    気を取り直して、マネックス世銀債いちばで初注文です。
    結局、一番利率のいい豪ドルで決まりそうな感じです。
    正直言えば、米ドルがほしいけどね。

    マネックスは、為替手数料が、米ドル25銭、豪ドル70銭。
    トヨタFXは米ドル25銭(ネット)、豪ドル35銭(ネット)。
    だから、豪ドルには魅力ないのよ。利回りもマネックスは低いんだ。

    今回は試しにってことで、300豪ドル注文てみました。
    利率が合わなければ、だめなようですけどね。ややこしいですね。
    さてどうなるでしょうか。

    うさ姫は今日は学校休んだけど、今はちょっと元気に絵を描いています。
    心配だけど、大丈夫だよね。

      
  • はてなブックマーク - マネックス世界銀行豪ドル建て外債の注文
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    来年のアセットアロケーションに向けて


    少し時間が出来たので、現在のアセットアロケーションを分析してみようと思う。
    先月と今月は、外貨投資を結構増やす感じになった。
    11月末で現状を確認して、来月、来年の計画を立てるときの参考にするつもり。


      {アセットクラス}    (H18.9末)   {理想配分}
      1 流動性資産      39.1%    21.1%
      2 日本の株         8.9%    14.0%
      3 日本の債券      39.8%    44.6%
      4 外国の株         5.3%     7.0%
      5 外国の債券      76.1%    12.6%
      6 その他          0.8%     0.7%


    今年のうちに、理想配分には、多分ならないでしょ。
    でも、まあ、急ぐことはないって思ってる。
    だって、急いでもろくなことはないし、さっきのエントリーに書いたようにルールで運用してるわけだから、ある条件にならないと、動かないので、そんな簡単に変化するわけがない。

    理想配分っていっても、アセットクラス1と3の安全資産で、65%なんで、リスクは取れていない。(9月末では79%だしね。)
    ライブドアショック前に比べたら、安全運転すぎますね。
    1つの理由としては、流動性資産を使って、IPO抽選に参加してることもあるけどね。


    今のバランスは、教育資金を配慮したものなんだけど、織り込んでしまいつつあるので、今後新たに貯蓄される資金は、リスクマネーが主になってくる。
    簡単に言えば、今後加速度的にリスク投資額が増えてくるという計算になる。

    超長期的(定年前)には、「外貨を4割〜5割」ということを念頭においている。
    つまり、株よりも外貨をより増やすってイメージで、今月もそういう気持ちでやってる。

    外貨投資って、「円高か債券利回り高」を待つ必要があるので、今の流れは結構動くべき局面なので、既発外国債券に挑戦したのもその流れになる。
    アメリカの利上げは休止してるので、米債券も買いの局面だし、欧州やオーストラリアは利上げ局面なので、外貨MMFなどでプールしながら、債券を狙う局面って感じがする。

    景気が下降局面になれば、債券高になっちゃうので、やはり動かないといけないです。
    ここで、高利回り長期債のポジションを増やすことができれば、外貨ベースだけど毎年4%以上の利回りが長期間約束されるので大切だよ。

    この流れは、来年もつづくだろうし、そう簡単には崩れないと思ってるけど、買いのテンポは速くしていきたいですね。

    外国株は、もう上げすぎているかも知れないので、資金をどんどん増やすような感じにはしにくい。現有戦力でも戦えるだろうし、円高が来れば援軍を送る感じでいい。
    無理をする必要はない。

    日本株は、インデックスのみにしているので、今までどおり、RSI30以下の安値圏で仕込んで、RSI70以上の高値圏になれば、仕込んだ分の半分くらいを売る感じで、ポジションをゆっくり増やしていく感じでいく。
    株貯金の感覚で、まさに「貯金銘柄ちゃん」って感じ。

    我家のアセットアロケーションでは、日本株については、株資金○○万円で資金枠を決めるのではなく、実際の保有目標。
    来年の方向性案を整理してみると、こんな感じ。

    ■外国債券投資(アセットクラス5)をかなり積極的にすすめる。
    ■中国株へは、円高になれば追加資金を送る。
    ■ノーロードの外国株式ファンドを抽出し、いいものがあれば投資する。
    ■日本株はいままでどおりゆっくり貯株する。
    ■IPO抽選のための資金は現状を維持する。

    また月曜から、市場ですよね。また、がんばりましょうね。
     
     
  • はてなブックマーク - 来年のアセットアロケーションに向けて
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    長期投資?中期投資?短期投資?

     
    12月になると、来年のアセットアロケーションを検討し始めないといけないな。
    今の自分の投資を確認しておこうかなって思っちゃった。
    書く事で、いろいろ頭の中が整理できちゃうって寸法ですわ。

    で、今回は、投資期間を考えてみる。

    ●独自区分してみると、
     超長期…バイアンドホールド(めったに売らない)
     長期……大きな波動を捕らえる(半年から数年)
     中期……小さな波動を捕らえる(3ヶ月から半年程度:RSI30以上⇔RSI70以上)
     短期……細かい動きを捕らえる(数日から2週間程度)
     超短期…デイトレード(夜越株をもたない)
    てな感じで、イメージしてます。それぞれちゃうけどね。


    去年は、日本株=短期中期、中国株=中期、外貨=中期長期って感じでした。
    でも、短期といっても、損切りできなければ、中期だったって、最悪の言い訳をして死んでました。

    1月に、投資スタンスがフラフラしてると、失敗しても反省できないことに気付いたんだ。
    結局、何が悪かったかわかんないんだよね。自分が悪いのに、相場のせいにしたり…。
    ライブドアショックからは、日本株=中期、中国株=中期、外貨=長期を徹底している。

    リスクを限定させ、勝つことより負けにくいことを主眼においたんだ。
    だから、ぼくの投資は、ぜんぜん面白くないってみんな思うはず。
    今まで、この方針はぶれてないよ。たまに1口だけ短期ってこともあるけど。

    投資スタンスを固定すると、「自分の感覚だけの判断」がいかに危ういか分かってきた。
    「ぼくの能力が低いって自覚」したんだ。
    でも、個人投資家の95%は負けてるらしいから、ぼくだけじゃないはず。
    上昇相場で取れても、その倍くらい下降相場で吐き出してるのが大半だよ。

    だからこそ、勝つことよりも、だれでも負けにくい戦略を目指すようになった。
    リターンを中心に見ると、リスクを忘れてしまう。
    一瞬でも間違えば大怪我の情け容赦ないのが相場…ゲームのようにリセットはない。

    自分の感覚だけだと、情報の中で、自分の都合のいいとこだけを読もうとするってことに気がついたので、指標をベースに「独自の客観的判断基準」を設定してみた。
    情報の扱いって恐ろしいよ。指標だけで判断した方がましな気がしたよ。
    指標は事実だから。

    投資スタンスを固定することで、その「守るべき判断基準」の改良点(←改良してると信じてるが…)が明確になるってことは、大発見だと思ったよ。ポジティブサプライズ。
    今のとこ、はっきりとプラス方向って感じがないんだけど、マイナス方向って部分がだいぶ減った感じがしてる。目的に近づいてる感じはする。
    もちろん、リターンも貯まっていってほしいけど、今はこれで満足してる。

    実験はまだまだ続けないといけないので、来年もこの方向性は変えないってことで締めくくります。
    結論、「日本株=中期、中国株=中期、外貨=長期」の方針で来年も行く。
     
     
  • はてなブックマーク - 長期投資?中期投資?短期投資?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    バリューグロス、大型株小型株の周期

     
    参考にさせてもらっているブログに、バリューの3年サイクルってレスがありました。

    今年2006年は、大型優良株が良くて、小型株やバリュー株が低調なのがはっきりしてきたので、どこまでこの流れなのかおおよその見当をつけときたいと思ってました。
    ぼくには、バリューとグロスってのは分かりにくいのですけどね。

    以前、4月ごろかな、(記事をどこかにのこしておけばよかったのですけど、)大型株と小型株にもサイクルがあって、サイクル的に大型株にシフトするって書かれてた記憶があります。
    8月にはその流れがはっきりチャートに表れたので、やっぱそういうサイクルってあるのかなって。(8月には日経平均反発も、新興は沈んだまま)

    で、今回そういうレスが出てきたので、元データを見てみたんですけど、チンプンカンプンで検証できない…自分で検証したら自分の確固たる知識になるのですけど…データの探し方がわかんない…ギブアップですわ。
    まあ、今後、そういう記事が出れば、注意しておきたいですね。

    もし、そんなデータやレスをみつけたら、是非、ご一報を。お願いね。

    3年サイクルが正しいと、あと2年くらいはこんな感じって事になるんだよね。
    ファンドマネージャーは、売りを仕掛けるんでしょうか?
    外資のソフトバンクや楽天のレーティング下げを見ると、ただ事ではないって思いますが…。
    ここまで下げて、まだ下げるのかっていうのも、ちょっと信じられないんだけどね。

    まあ、よくわからんけど、あと1年か2年ほどは小型株の復活はがあればラッキイって思ってるほうがショックは少ないのかもしれません。
    結局、情報不足で結論も何も出ないのですけど、記録として残しておくと後々、生きてくるかなって思うので、書いておきました。

     
  • はてなブックマーク - バリューグロス、大型株小型株の周期
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    決断の売却ラッシュ


    1306は再びRSI30以下になったよん。
    仕込みどきに入ったが、買い指値にはとどかず。
    買い戻し叶わず。(自己株による空売りの買戻しがしたい。)

    日本株はじりさげの展開だけど、こういうのはやる気がそがれる。
    じりさげは結局は大崩れする場合も多く、下げ始めがじりさげして粘った分だけ下になるので、早めに崩れて下値を固めた方がいいのだけど…。



     日経平均  16091.73(−0.45%)
     TOPIX    1573.54(−0.54%)
     香港H株   8321.33(+0.11%)
     先日のシカゴ日経平均先物  16240
     10年米国債利回り 4.655%



    10年米国債利回りの上昇は心強いですね。
    そうなると何故かドル高になるので、チャンスは遠いけどね。
    迷っていたけど、中国株は短期で爆発した銘柄を徐々に売っています。
    今日は、湖南有色金属(2626)を売りました。

    ニュース総評でも、利確売りという言葉がでていきているに関わらず、連日の続伸なので、たぶんどんどんあがるんだと思うのだけど……相場ってスイッチ入るとそういうもんだし。
    中期投資家としては、相当前から仕込んでいて、小さな利益は無視してきたのだけど、いざこういう局面になると、「売り」というのは本当に難しいですね。

    アンガンが7.5HKDで喜んで利益確定(20%利益)したのに、2週間もたたぬうちに10HKD目前(50%利益)まで来ているように、売ったそばから上げるのを見てるので、ほんと過熱相場には思考がついていかないです。
    おととい売った中国建設銀行は、今日は利益確定売りで値を下げてますが、おそらくすぐに切り返すかもしれません。でも、いつ暴落して高値で取り残されるかと思うと、指値が慎重になり波に乗れないって感じです。

    だからといって、去年の日本株のようにとことんおっかけると、いつかは高値に取り残されることになる。
    そんな感じで、慎重な買い指値はあわず、短期で過熱した株は売っているので、キャッシュが増えてきました。
    いつか相場がくずれるとは思うのですが、それでも確実に中国はレベルアップしてきてるのを感じます。
    インド、ブラジルも中国株のように個別株を買えるようになれば、必ず参戦します。
    中期投資家にとっては、やりやすい市場なのは間違いないです。

    中国株って難しいように思いますが、初めての株が中国株って人は多いんです。
    情報が少ない分、短期売買がむつかしく、優良株中心の中期売買になっちゃうところが、初心者でも取り組み易い部分なのかもしれません。
    日本株は情報が簡単に手に入りますが、結局、情報を選別しないといけなく、情報に惑わされれ使えないって気がします。

     
  • はてなブックマーク - 決断の売却ラッシュ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    うっかり忘れてた(笑)+日本以外は買われてる状況

     
    インド、香港ともに上昇。米国債も買われ、ドルも買われた。
    日経平均は一時16000割れ、日本(円も)のみが売られているようです。


     日経平均  16022.49(−0.56%)
     TOPIX    1568.76(−0.80%)
     香港H株   8064.12(+1.89%)
     先日のシカゴ日経平均先物  16090
     10年米国債利回り 4.586%


    1306を買いました。
    日足を見ると、あっさり飲み込まれたようでした。
    簡単に買えるのは弱い証拠。よく言われることですね。

    日経平均のRSIは17まで下がり、買いはルールどおりだが、日本だけが売られるのに、気持ちは恐怖を覚える。
    ぼくは外貨投資もするので、外国人の気持ちを考えると、なにもこんな日本を買わなくても、インド、香港にいっとけって。

    実際、香港H株の上がり方は異常です。インドもそう。
    おそらくカテキンさんの指摘するところと思うが、香港H株は、ぼくらみたく在来プレイヤーのほかに、明らかな新参組がポンポン買ってくる状態。
    しかも買い方が、あまりに適当で、とにかくH株上位銘柄を買っとけって感じ。

    ぼくなりに調べても答えは同じで、これは、日本ではなく、欧米の買い手のようです。
    もし買い手が日本ならこの局面は最終局面だが、欧米なら長引く可能性が高いと判断しています。

    話は戻して、日本株ですが、明日の、7−9GDPによっては、更に売り込まれる可能性が高いんですよね。
    ここからの買いは、ルールどおり段階的にいきます。

    そうそう。すっかり忘れてたんですけど、NZ債券明日が最終日だった。
    今日は、かあもさんが1000NZドル買ってくれてました。〜ありがと
    明日も、今日より円高ならきっと買ってくれるでしょう。

    例によって、米ドル建て外貨MMFを1万円買いつけしてくれてました。
    ドル円については、今の時間大きく円安になってますね。
    シカゴIMM通貨先物市場の建玉統計で円ショートが減っているとの見方が強いらしい。
    そんなに円売りを仕掛けたいのですかね?

    あと少し注目しておきたいのが、今週以降、外債の償還は15日(620億円)、16日(600億円)、24日(650億円)、30日(950億円)と、総額2820億円に及ぶ。
    再投資に向かうかどうか、本邦機関投資家次第だそうです。

    日本株は下落していますが、今一度、「自分のリスク許容度をチェック」する機会だとおもいます。
    今日までの下落で、寝れなくなるのであれば、リスクを取りすぎです。
    今後、すぐに上げる保障はなく、更なる下落もありうります。
    相場の先行きなど誰にも分からないのです。
    相場が戻り、また買いやすい相場がきた時、今回チェックしたリスク許容度が生きてくると思います。

     
  • はてなブックマーク - うっかり忘れてた(笑)+日本以外は買われてる状況
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    改めて分散投資を考える

     
    最近は、分散投資って言葉がはやっている気がします。
    投資で成功するのに分散投資がいいって、本もあります。
    でもそれは、何をもって投資の成功とするかによると思います。

    短期間に1億円って考える人は、集中投資しないと難しいとおもう。
    もちろんリスクは絶大で、ポイントがずれてれば…。
    20年とか長い時間をかけても、大金を手にするのは難しいでしょ。
    投資で○億円稼いだ人は、やはり相当なリスクを犯してるはず。

    そもそも、分散投資というのは、リスクを減らす手法です。
    (リスク減=期待リターン減)
    だから、分散投資=投資の成功ではなく、長く投資をつづけるための、負けにくい戦略ってことだとおもいます。

    投資で一気にもうけたいという意識をもっている人からすれば、たいくつ極まりない戦略ですね。いつも我慢してないといけない。
    利益など、目に見えてとれないんですから。


    ぼくは分散投資派ですけど、やっぱり「ドンと勝つ」ことはありません。
    ただ、始めてから3年、退場せず投資活動を続けられています。

    最近、既発外国債券の取引をスタートさせました。
    新たな分野への挑戦です。

    外貨、[日本株個別]、中国株個別、新規外国債券、[FX]、日本株インデックス、投資信託(日本、ブラジル、米、欧州)、既発外国債券の順に分野を広げてきました。
    ※[  ]内は現在休止中

    <これまで自分を考えると、いくつもの失敗を重ねる毎に、失敗を恐れる投資家になりつつも、新たな挑戦を忘れない部分も持ってるチキン投資家って感じでしょうか。

    でも、いろいろはみ出したこともあるけど、当初から「変わらぬ心」があります。
    それは、やはり「資産を目減りさせない方法の追及と実践」です。
    完成は程遠く、日々、実技研修って感じですが。

    ●外貨に投資するのは、「大幅な円安に備えて」って心は変わんない。
    ●株式に投資するのは、「大幅なインフレに備えて」って心は変わんない。

    この心が変わんない限り、基本的に中長期投資になってしまいます。
    (もちろん、短期投資もしますが、ごく一部です。)

    この2つの心を満たすには、どうしても避けて通れない部分があるからです。
    それは、保有リスクをもたないといけないってことです。
    (リスクか?って思うけど、今はデイトレーダーがいう持ち越しリスクってのもあると思うので。)

    資産が500万円でも、1000万円でも、3000万円でも、5000万円でも、1億円でも、毎日変化する評価額の変化に耐えないといけません。
    資産が増えてくれば、自分の1ヶ月の給料くらい、数日で変化したりすると思うけど、それに耐えないといけません。
    1日数十万円も、評価額が減るのに耐えないといけませんしね。
    1億円の資産だと、数百万円ってことにもなりますしね。
    (そんなドキドキ味わってみたいですが)

    結局、今は積極的にリスクは取れても、資産が増えれば同じ投資方法が出来なくなってことは、意識して投資を考えないといけないって思ってます。
    そうはいっても、リスクをとるワクワク感って、どうしようもなく求めちゃうんですよね。
    そういう意味で、ハイリスクな中国株をやっててるし、自分のがまんのはけ口かもしれません。
    (アセットアロケーションを徹底してれば、被害は想定の範囲)
    こんな微妙なバランスを保ちながら、10年後も投資を続けてたらいいなって思います。

     
  • はてなブックマーク - 改めて分散投資を考える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    忙しくなる株式相場 天と地と

     
    中期投資家にとっては株式市場は忙しくなってるのでは。
    日本株プレーヤーでも、今はNY株のチェックをしないという人は少ないので、NYダウが史上最高値を更新していることは知ってるだろうし、ニュースにも出てくる。
    一方で、日本株はあまりにも弱いと嘆く声も多い。


     日経平均  16198.57(−0.11%)
     TOPIX    1589.06(−0.53%)
     香港H株   7911.28(+2.12%)
     先日のシカゴ日経平均先物  16275
     10年米国債利回り 4.633%


    世界の株式指標のチャートを見てみると「天と地」が見えてくる。
    もう、ほとんどの人が意識するくらいはっきりしている。

    世界の株式指標なんかは、独自の株価ボードを作っても面白い。


    アメリカや中国、インド、欧州の株に投資してる人は、撒いた種の成長を見ながら、刈り取る時期を探ることを考えてるんだと思う。
    年初来高値や史上最高値がおどっている。
    心躍らせながらも、原油のように、いつ暴落するかビクビクしているかもしれない。

    日本は底値圏に突入したと思うが、底がぬけてるかどうかわからない。
    特にTOPIXなどは叩き売られ、週足は雲の中でRSIは50付近だけど、日足は雲の中に突入し、RSI14は32だけど、RSI9はなんと6になった。

    TOPIXの大バーゲンは明日のSQで終わる可能性が高い気がするが、日本株全体は、バーゲンセールなのか、落ちていくナイフなのか定かでない。
    ぼくのように気の早い中期投資家は、仕込んで種を撒くことを考えてるだろうし、じっくりと様子見している人もいるでしょう。

    何で「天と地」になるのかって、個人個人で考えがあるとは思うけど、事実そうなっているのだから、個人の希望もへったくれもなく、受け入れるしかない。

    少しシビアな文章になってしまったですね。
    たぶん、変化が大きすぎて、戸惑う気持ちが表れてる気がします。
    書く事で心や考えを整理しているんだと思います。

    だって、信じられるのは、結局、自分の精神力と投資スタンスだけしかないのですから。
    隙のないレスになっちゃったですね。
    自分で読み返しても正直つまらんです(笑)

     
  • はてなブックマーク - 忙しくなる株式相場 天と地と
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ひさびさに市場を見てます

     
    仕事が忙しくなる前に、休みをとりました。
    いつもは休みでも市場はほとんどみないのですけど、なんか今日はやる気があってみてました。
    日本株のMY株価ボードを眺めてると、シカゴが横ばいだったので、今日は様子見かなって思ってました。退屈だったので、すぐに見るのやめました。

    9:50分から中国市場のプレが始まるので、見ていました。
    昨夜のNYの中国株ADRの結果から、やや買いでのスタートかと思いました。
    余力が2銘柄分あったので、本命を「中国銀行(3988)」、無理だろうけど銘柄として「復地(2337)」をチェックしてました。
    一応、指値をしておきました。

    11:00から、かあもさんと株式ニュースを見ていたら、日経平均が1%弱下落しているのに気がつきました。
    米中間選挙の態勢が決したのかなって思いましたが、まだみたいでした。
    後場に入って、「貯金銘柄1306」がRSI30付近なので、買おうか迷って、指値を換えようとした次の瞬間、少し反転していきました。
    やっぱ、板を見ての取引は下手やなって思いました(笑)

    追いかけるのはやめて、月曜に買った値段で指値しておきました。
    今見ると、1617円で約定していました。その間15分くらい。
    (こうなるから、追いかけるのはだめなんだよな。助かったよ。)

    もともと1610円で指してたので、ここまで下がると、仕事休まん方がよかったってなるんですけど、結構そういうの多いんです。
    日頃、「1330」、「1306」のみしか取引しないので、仕事行く前にこういう軟調な局面では、買い指値するんですけど、指値の精度のほうが、実際板をみるよりも高いことがおおいんですよね。
    だから、いつも、「あほや、仕事休んだらろくなことないねん」って言われるんだよ(笑)
    まあ、もう板を見なくてよくなったし。

    ちなみに、1306を最低単位買う場合は、丸三証券では20万円以下で手数料無料になります。
    よって、TOPIXインデックスファンドのように、ノーロードで信託報酬が半分以下になるので、ぼくとしてはお勧めです。
    夫婦の口座を使えば、2口いけますしね。

    中国株の方の指値は変えないでいきます。
    極端に割安でもなく、平均移動線より少ししたくらいなので、<指値をあげるのはよくないし、無理にキャッシュ減らすのもまずいし。
    ちょこちょこ、板を覗いては見ます。

    ドル円の方も米中間選挙待ちでしょうか?
    117.6円付近で動きませんね。
    外貨MMFの2万円買いつけの条件がそろいそうなので注文します。
      117.6+手数料0.2円=117.8円
    たぶん、3時のレートでも117円台でしょうから。

    何時ごろに米中間選挙の結果出るんでしょうね。
    おっと、為替ニュースだ。
     各種報道によると、米中間選挙は民主党有利の結果に傾いている。全435議席が改選される下院は前評判通りに当確251議席中、民主党が131議席、共和党120議席を確保して民主党がリード。
     接戦が伝えられている上院では、改選33議席のうち民主党が18議席、共和党が6議席、無所属が2議席を確保。これにより現時点の議席総数は民主党が45議席、共和党が46議席となっている。もし残りの7議席のうち民主が6議席を確保すれば、過半数の確保に必要な水準である51議席に達し、上下院での多数党逆転が起こることになる。(了)

    うわ、どうなるんでしょうね。
    下院は確定ポイけど、上院で民主党勝つんでしょうか?

    少し前のニュースは、
     東京午後も落ち着いた相場となる可能性が高そうだ。しかし、現在開票が行なわれている米中間選挙で共和党が上院過半数を維持するといった予想外の事態となれば、動意付くことも考えられる。

    民主党勝利は織り込み済みかのようなニュース。
    今週、日本株が軟調だもんね。ありうる。ありうる。

    さてどうなる。
    答えは、いずれ、為替相場と株式相場に反映されるでしょう。
    待つしかありませんね(^^♪
    では、また、夕方に。元気出していきましょう(^^♪


    (加筆しました)

    結局、貯金銘柄ちゃんは、最安値1611で終わりました。
    1610では買えず、1617では高すぎって、これってどうなの?
      
     
  • はてなブックマーク - ひさびさに市場を見てます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    続・老後の資産運用について

     
    前回のエントリー「老後の資産運用について」で紹介した新聞記事には続きがあります。

    img78377079w4xygf.jpgこめ
    ※日本経済新聞 2004/9/12付(サムネイル)


    実は、前回分はマネープランを立てる必要性について書きたかったのでUPしたんだけど、半分だけ出さないのもどうかと思いました。
    2004年と古い意識調査ですので、参考程度に。


    記事を読んでた私のの勝手な妄想を書いてみます。
    世の中が投資って雰囲気が、2004年より今の方が強いんじゃないかな。
    投資信託の売れ行きも好調のようだし。

    退職後の人生で、実際、自分で運用を始めた人もいると思うけど、個人投資家の95%は負けているとも言われているので、去年の冬に笑い、今年の夏にやられた人は多いかも。
    株なんて簡単ジャンっていう妄想が一気に崩された今年の夏。
    ぼくは1月に授業料を払った分、日経平均ETFのみに切り換えたので、夏の下落幅は新興市場の1/3で済んだし、すでに日経平均は回復した。

    投資はだれもが必ず厳しい試練にあうものなんだと実感したんだけど、退職金を手にした人が、ビギナーズラックで加減が分からず、退職金の大部分が市場に飲み込まれたって人もいそうです。
    大半の人は、運用先がわからず、投資信託の方に流れている気がします。
    証券会社主催のセミナーには高齢者がたくさんつめかけてるようですし、自分がわからなければ、「プロ」にってのは自然な考え方ですもん。

    もうすぐ、2007年問題ってことですけど、退職金を目当てに証券会社も必死の競争が繰り広げられていますよね。
    これも、時代は投資信託への流れの源流になると感じます。
    なぜなら、投資信託を売るだけで、3%もの利益が証券会社に転がるんですから、勧めるに決まっていますよ。

    もちろん、選ぶ人の自己責任ですので、利益も損も投資家に帰属します。
    投信も銘柄選びと同じで、ブームにのってるだけの粗悪もあります。
    心配しても仕方がないのですが。

    ぼくは、この流れを利用できないかって考えてきたけど、今の相場の流れは、「大型株>中型株>小型株」ってのははっきりしてるので、投信ブームを利用した投資は、今のとこ的はずれではないって思います。
    投信は大口運用しますから、どうしても大型株やインデックス買いになってしまう。

    小型株が復権するかって考えたのですが、投信ブームの間は正直難しい気がします。
    今の新興市場は、短期資金が渦巻いていだけで、中期的に買いあがる人はいなければ。
    ただ、仕込みどきかもです。1年でも2年でも待てるのなら。

    退職金の動向はすごく気になります。
    もし、そんな記事を見つけたら、是非教えてください。
    大きなお金の流れをつかむ努力はきっと報われると思います。
    長文、おつきあいいただきありがとうございました。
     
     
  • はてなブックマーク - 続・老後の資産運用について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    老後の資産運用について

    imgb0dc61f0vqz39o.jpg

    ※日本経済新聞 2004/9/12付


    老後に資産運用についての調査結果が書かかれています。


    このブログの趣旨は、本当はね、将来資金計画ってのが主テーマです。
    投資のことはその一部だけど、どうしても投資のことばかりになってしまいますね。

    この記事を読んでみて思った事。
    「老後のマネープランって、みんな立てないんだな?」ということ。

    住宅や教育資金は立てると思う???のですけどね。
    年金を期待してるのか?

    お金のことを考えるのはかっこ悪いっていう人もいるようですけど。

    老後のマネープランを立てなかった人は55%
    50歳台で24%、40歳代で15%、ぼくたち30歳代以下はわずか3%なんだね。

    50歳台の人はまだ、年金も期待できなくないですけど、ぼくらの時代はね。
    40代になると介護保険なるものの負担しないといけないし。

    「いつごろ、いくらくらいの資産が要るのか」気にしなくてもいい時代とは到底思えないので、ぼくは、計画は作った方がいいと思うんですよ。

    30歳台だからって、早いってことはないよ。
    ネット上でもやってる人はしっかりと歩んでます(文書見れば感じます)


    新聞記事では、筆者が投資を早く始めないとってテーマで、ちょっと意図的にあおっちゃってない?って感じはありますけど、「老後の資金をもっと早くから準備しておけば…」とか「勉強しておけば運用で失敗しなかったのににってのは本音だと思うよ。
    投資ははじめてみると、ほぼ全員が、もっと早く始めればって思うもん。

    娘には、学校の勉強よりそっちの処世術を教えて生きたいと思います。
    そのためには、ぼく達も実践して背中を見せていかないといけないんだよね。


    話を戻して、少しマジメに書くと、
    投資の勉強なんていつからでも遅くはないと思うし、投資に頼らずとも、シンプルに生活していけば充分、満足のいく老後はおくれると思うんです。

    でも、老後の準備というか、人生資金設計は完璧なものでなくても、早めに持っておいたほうがいいと思うんです。
    なぜかというと、「意識すること」が非常に大事だからです。

     
  • はてなブックマーク - 老後の資産運用について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    2006年10月末の投資成績


    月末恒例の、10月末現在の集計がおわりました。
    この作業…苦痛ながらも、月1回確認しておかないと、証券会社が間違ってもチェックできないので大切ですね。


    将来資金計画については、
    「順調」そのものでしたこれ以上の節約も必要ないし、シンプルな生活を継続でOK。

    リスク資産の投資成果については、先月比+19万円でした。
      日本株 +2
      外貨投資(中国株以外) +7.5
      中国株 +9.5

    単に10月は相場がよかっただけですね。
    ●日本株はIPO分くらいがプラス…運だけ。
    ●外貨投資は、利金が半分、豪ドル高が半分って感じ…半分は運。
    ●中国株は、日本以外の世界株高の恩恵+利益確定+中間配当…半分は運。
    相変わらず運に助けられています。

    ぼくは中期投資家なので保有資産が相場でどうなるかで、成果はどうにでも変わるので、運に頼る感じになります。
    そうはいっても、1月の大失敗の授業料100万円を取り返すことができました。
    失敗から学んだことから、ぼくたち独自のスタンスを作り上げたこと。
    その中でも失敗の繰り返しで、満足なトレードは数回でしたが、スタンスはぶれなかったのだけは満足しています。

    今月から、新しい取り組みも始めます。
    相場が悪そうなので、また、年初来損益はマイ転でしょうが、なんとかなるでしょう
    かなり、変な取引スタンスですが、今後ともよろしくお願いします。

     
  • はてなブックマーク - 2006年10月末の投資成績
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    タクティカルアセットアロケーションと澤上さん


    今日は日経平均が強かったですね。
    あくまで、シカゴに比べてですが、ぼくにとっては+1です。
    買うつもりでTOPIXを指値してたのですが、下げなかった。


    日経平均  16350.02(−0.15%)
     TOPIX    1619.02(−0.22%)
     香港H株   7621.93(+0.71%)
     先日のシカゴ日経平均先物  16260
     10年米国債利回り 4.561%


    今日も、米ドル建て外貨MMFを2万円分買付けしました。
    ドルはまた急落してますが、もうすぐ米雇用統計でもありますね。

    一番気になるのは「米10年債利回りの低下」です。
    ぼく、ほんとに後手後手にまわっているんです。

    澤上さんの「優雅な長期投資」という本があります。
    読んだ人も多いんじゃないかな?

    内藤忍さんとはニュアンスの違った、アセットアロケーション手法が紹介されています。
    ぼくは、基本形は内藤さん流ですけど、思考は澤上さん流をめざしています。

    内藤さんのアセアロは、少々窮屈な面があるし、遊び(余力)が不足してる気がします。
    ぼくは、キャッシュポジションを考えた投資をしていきたいんです。

    ただ、今回言いたいのはそういうことでなく、澤上さんのいう、「株から債券へのシフト」的なことを実践でやっていきたいんです。

    ドル円が下落しているのは、市場がアメリカの利下げを織り込もうとしてるからですけど、同時に債券が買われているんです。
    利上げの止まったアメリカでは、株も金利上昇の重石がはずれ、先日、最高値を更新しましたよね。
    同時に債券も、利上げが止まった頃から、利回りが急低下しています。

    債券投資を重視するタイミングはいつなのか、実践で体験できる好機でもあると思ってます。
    これはアメリカの景気動向次第ですけど、今、揺れてますよね。

    本で読んでも全然感覚がわかんないんです。ぼく、バカだから。
    だから、損してでも、実際にやってみたいんです。

    実際わけわかんないし、もう、タイミングを逸してるのかもしてません。
    (ただ、感覚的にすぐにアメリカが沈むとは思ってませんので、チャンスはあると思ってますが)

    もし、将来日本でもこういう局面が来たら、キャッシュポジコントロールを組み合わせたタクティカルアセットアロケーションを積極的に採用していきたいと思ってます。
    今のアメリカは、その試金石になればいいのですけど。

    今から、少々遅れたけど、10月末の資産状況と投資成果の整理をします。
     
  • はてなブックマーク - タクティカルアセットアロケーションと澤上さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    為替がおもしろい局面に

     
    TOPIXを買い指値してましたが、そこまでは下げませんでした。
    下げ渋るのはいいことですよね。
    ただ波動には反転の兆しはまだないので、下値で指値継続です。


    日経平均  16375.26(−0.15%)
     TOPIX    1622.51(+0.03%)
     香港H株   7568.19(+1.12%)
     先日のシカゴ日経平均先物  16365
     10年米国債利回り 4.606%


    ドル円は現在のレンジの下限にいますね。
    はて、ここから円高?円安?分からんないな。
    レンジの下限なので昨日から動いています。

    もし、円高方向へブレイクすれば、いずれ為替ニュースでレンジが変更(例:115−118)されると思います。
    (米10年債利回り低下の意味するとことは?)

    かあもさんには、ドル円が118円未満なら、毎日2万円分のドル建外貨MMF買付けをお願いしています。
    この買付けは短期間に終わる(円安になる)とは思うのですが、運良く長期化すると、かあもさんがこの作戦に疑問をもつと思います。

    しかし、更に円高になれば、毎日3万円買付けを考えています。
    かあもさんに誤解のないように説明しないといけないですが、こんな感じの説明はどうかな?

    円高をずっと待っていたからこそ、ここで動いたわけです。
    FXでは、1回に1万ドル(約120万円)買付けですが、それは毎日2万円の買い付けをしても、60営業日かかるんですよ。
    毎日3万円でも40営業日です。
    つまり、2ヶ月〜3ヶ月遊べるというわけです。

    為替の動きは予測できないから、決め打ちしては長生きできないよね。
    この作戦は、余力を余しながら少しづつ攻める「チキン作戦」なんです。
    これで説得できるかな?

    ただし、この作戦には状況によっては続きがありますが‥‥。
    あと、香港ドルを20万円分買い付けました。
    もちろん中国株の援軍資金です。

     
  • はてなブックマーク - 為替がおもしろい局面に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。