ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  □資産運用・投資
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ランド円でFXトラリピ運用成績検証~2014年は2年目に挑戦中

     
    2012年11月からランド円でトラリピ(買い)を自分なりの設定で運用をはじめています。
    2013年と同じ設定で臨みます。
    私のトラリピの設定の考え方については、下記エントリーを読んでください。

    (関係するエントリー)FXランド円でトラリピ検証する(戦略、設定、大損する危険性)

    【FX手動トラリピ ランド円仕掛けの設定】
    ・設定レンジ ランド円8.00~11.00円(買いトラリピ)
    ・取引通貨量:1,000通貨
    ・仕掛け幅:0.05円毎
    ・利益確定幅:200円
    ・最大ポジション量:61,000
    ・最大含み損額:91,500円
    ・設定下限(ランド円8円)におけるレバレッジ:3倍
    ・当初証拠金額:160,000円



       ランド円トラリピ設定-1
       ランド円トラリピ設定-2


    一定の運用ルールを続けることができた時、どういう効果があるのかを知りたいです。
    1リピートが200円ですからどうなろうと大したことにはなりませんが、だからこそ続けられるはずなんですけどね。
    メンドクサイのは手動トラリピだという点で、買えた場合は自動的に+200円で売り注文が出ますが、売れた時は再度い普段注文が必要です。

    利点といえば、メールで約定通知が来るのでそれで為替の変化に気が付きます。
    だからといって特に何かをするわけではないのですが。


    最近は市場を全く見てないし投資成績の算出も3か月に1回に減らしてしまったので、10月末の約定の嵐にはびっくりしました。
    ドル円もすごく円安になっていて、いつの間にって感じですね。


    【FX手動トラリピ ランド円リピート回数】
    1月  4回リピート
    2月 10回リピート
    3月  9回リピート
    4月  2回リピート
    5月  3回リピート
    6月  1回リピート
    7月  1回リピート
    8月  3回リピート
    9月  2回リピート
    10月  14回リピート




    ■5月~7月のトラリピ
    5月~7月はあまり為替の動きがなかったようです。
    逆に言えばもみあっているとすれば、これから上に行くか下に行くかわかりませんが、相場の力が蓄積されているのかもしれません。

    ■4月のトラリピ
    4月は、上旬に決済売り約定が2回だけで、その分の買い戻しが下旬に2回あっただけでした。
    なんとも変化がなく力が貯まっている様子で、この力がどちらに放たれるのでしょうか。
    別にどっちでもいいですけど。

    ■3月のトラリピ
    3月は、上旬と下旬に集中的にリピートしていました。
    ランド円10円に向かうのかな。

    ■2月のトラリピ
    2月は、1月の円高の反動で円安に傾き約定数が増えたような感じでした。
    おかげで含み損も随分と減りました。

    ■1月のトラリピ
    2014年1月はNISAのスタートでしたが、為替の急落もあり散々なスタートみたいですね。
    まだ私はNISA口座を開設してないので、そろそろどこにするか考えようと思います。

    1月に入って新興国通貨危機って感じでトルコリラが大暴落?したのをきっかけにロシアルーブルや南アフリカランドも対ドルで金融危機以来の水準に下落しましたよね。
    あの日は、約定メールが2ケタ(ランド円だけではない)来ましたよ。
    下がるときは一気にですから約定数がやたら多いときは為替が急落したことが想像できます。

    翌日、トルコや南アフリカで緊急に政策金利を大幅に上げてきたのを受けて、また約定メールがくるという感じです。
    なんかみんな右往左往だなみたいな感覚になりますね。1月の始めはほとんど変動はなく約定メールがきませんでした。
    200円と言っても2%の変動ですから普段からそうあるわけではないです。
    でも1月後半の新興国通貨危機は一気に約定しました。
    あの程度のことで通貨危機と言っていいのかは疑問のところもあるのですが、新興国の当局が通貨防衛に動いたことを考えれば、新興国通貨の先行きは暗そうです。

    そのくらいの急落は未経験ではないしそれが続くという経験もあるので、あの程度という表現にしました。
    ちなみに豪ドル円(1000通貨単位買い1%変動トラリピ)の方は、5回約定していました。
     


      
      
    スポンサーサイト
  • はてなブックマーク - ランド円でFXトラリピ運用成績検証~2014年は2年目に挑戦中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    インフレに対する予想値を理論的に計算する(ブレーク・イーブン・インフレ率の推移)

      
    私が投資を始めた頃に出会ってとても大きな影響をうけた投資本が「資産設計塾(実践編) 内藤忍」です。
    この資産設計塾(実践編)の中でインフレに対する予想値を日本の国債を使って理論的に計算しようという試みを2007年4月21日に行っていました。

    「今持っている100万円と10年後の100万円は同じ価値か?」というのは、将来の生活や資産形成にとって非常に大きな影響を与えます。


    【資産防衛の天敵:10年後のインフレ率は理論的に○%】

    (資産形成の)目標はインフレによって補正しないといけないが、全国消費者物価指数(CPI)をみても、今はインフレとはいえない状態です。

    ■CPI総合指数(H19.2分)は、H17を100とし99.5で、前年同月比0.2%の下落

    「資産設計塾(実践編)」によると、インフレに対する予想値は、日本の国債を使って理論的に計算できるそうです。
    10年国債と10年物価連動国債の金利差は、物価上昇に対する期待値であるとして計算してみます。

    ・10年物価連動国債(4月10日発行分) 表面利率は年1.2%、最高落札利回り1.270%
    ・10年利付国債(4月20日発行分) 表面利率は年1.7%、4月21日の10年日本国債利回り、1.685%
    ・表面利率の金利差0.5% (市場での金利差約0.4%)

    このデータから、10年間に日本の消費者物価が上昇する平均予想値が約5%ということが計算できます。
    ちなみに、資産設計塾のデータでは、約1年半前で約7%みたいです。




    2007年から2013年の約7年間に実際どれだけ全国消費者物価指数(CPI)が変動したかを確認してみます。

    CPI推移ー1

    ・全国消費者物価指数(CPI)2007年が100.9から2013年100へ

    2007年に比べると2013年では物価は下がっていますので、2007年からの10年間でCPIが5%ほど上昇するかどうかは微妙ですね。




    <ブレーク・イーブン・インフレ率>


    財務省のホームページを見ているとブレーク・イーブン・インフレ率のグラフがありました。

    CPI推移ー2
    財務省のページ「ブレーク・イーブン・インフレ率の推移

    【ブレーク・イーブン・インフレ率】
    ブレーク・イーブン・インフレ率は、「BEI率(BEI)」とも言い、普通国債(利付国債)と物価連動国債(物価に連動して元本が増減する国債)の流通利回りの差(利付国債の利回り-物価連動国債の利回り)をいう。これは、物価が将来どれくらい変動するとマーケットが見ているかを示すもの(将来の予想物価上昇率)で、この値がプラスなら「インフレ」、マイナスなら「デフレ」を市場が予想(推測)していることを意味する。



    ブレーク・イーブン・インフレ率の説明を読んでいると、資産設計塾(実践編)に書いてあったインフレに対する予想値を計算する方法と同じかなと思いました。
    予想インフレ率というのは、実際のインフレ率と連動する傾向だけでなく、先行して動く傾向があるそうで、参考にしている中央銀行もあるそうです。

    2014年初めの時点のブレーク・イーブン・インフレ率は約1.2%程度となっていますね。
    定期金利の金利では追いつかなくなっていくのかもしれません。

      
     
      
       
  • はてなブックマーク - インフレに対する予想値を理論的に計算する(ブレーク・イーブン・インフレ率の推移)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    紫金鉱業(02899)の分割・配当情報と配当利回り

    紫金鉱業は、とにかく株式分割を頻繁にすることで有名で、比較的配当率が高い銘柄でも知られています。
    最近は、金価格と同様に株価も低迷していて、配当利回りが高くなっているかなと思いましたので確認してみます。

    201212期末配は、利落ち日は2013年6月10日で1単位当たり金額が0.1254元でした。
    私がもらった配当金の支払通知書によると、現地基準日は2013年6月11日で株価は1.82HKD、分配通貨は香港ドルで、1単位当たり金額が0.112883HKDでした。
    税金や手数料が引かれた実際の入金ベースでは、1単位当たり金額が0.101342HKDでした。

    ■支給額ベースの配当利回り
    0.112883HKD÷1.82HKD×100=6.2%

    ■受取額ベースの配当利回り
    0.101342 HKD÷1.82HKD×100=5.6%




    <紫金鉱業(02899)の分割・配当情報>


    02899 分割・配当情報
    決算年度詳細(注)  現金配当株配/分割/併合権利落ち日
    201212期末配0.12542013/06/10
    201112期末配0.12292012/06/08
    201012期末配0.1192011/04/28
    200912期末配0.1142010/04/22
    200812期末配0.1132009/04/09
    200712期末配0.1022008/07/03
    200612期末配0.09132007/03/29
    200512期末配0.0782006/04/12
    200512株式配当01:22006/04/12
    200412株式配当010:202005/04/26
    200412期末配0.0952005/04/26
    200312株式配当010:202004/04/26
    200312期末配0.1422004/04/26


     
  • はてなブックマーク - 紫金鉱業(02899)の分割・配当情報と配当利回り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    上場株式等の譲渡所得等及び配当所得に係る10%軽減税率の特例措置の廃止がじわり

     
    個人的には「上場株式等の譲渡所得等及び配当所得に係る10%軽減税率の特例措置」には反対というか、投資を加速するためのこういう特例措置を導入したことを良く思っていませんでしたので、この特例措置がなくなることは賛成です。
    こう書くと多くの個人投資家から非難されそるでしょうが本心でした。


    でも「10%軽減税率の特例措置の廃止」がじわりじわりと響くなという実感を感じてしまいます。

    実感したのはツレからのメールでした。
    「アキュセラインク(4589)の初値が2300円で付いた」というメールが届き、ホッとして「プラス○○円だね。おめでとう。」と返事を書いたのです。
    すると「税金で2割引きの金額だよ」という趣旨の返事が来たんですね。
    数字にすると「そんなに削られるのか」影響が大きいなと実感しました。
    いままで10%軽減税率の特例措置にならされすぎていたようです。

    昨年から今年にかけて年1.7%の定期預金の満期ラッシュがあり、その時は約2割引の利息が入るという頭の中の計算で何の違和感もなかったのに、今回の株式譲渡益だとすごく違和感がありました。

    所得税の子どもの扶養控除廃止の代わりの子ども手当増額とか、10%軽減税率の特例措置の廃止の代わりのNISA制度開始とか、国民が文句を言いにくいやり方が物事を複雑にしてしまいます。
    特に今回のNISA口座は、下手をすれば投資スタンスにも影響してしまう制度ですし。


    株式関係だけ優遇してきた片寄った状況から、預金と同等になったことでバランスは取れているなと思います。
    所得税や住民税と比べてもバランスが良くなったと思います。

    税金は取れるところから取るみたいなところがありますが、それは必要なことのために税金を取るという意味である程度構わないと思うんですが、政治の人気取りに税金が使われるのだけは嫌悪感を感じます。
    なんか制度が変わる度に「あっちをいじめるかわりに、こっちをプラスして」というような、「いろんな人に配慮したかこうなりました」みたいな感じが多いです。


    「10%軽減税率の特例措置」の導入時は、確か引き換えに何かがあったような記憶はありませんが、国を挙げて投資してという空気をにじませていました。
    そしてその波に飲まれた多くの方の中に私もいました。
    今度はNISAという波に多くの人が飲まれることでしょう。

    大量の投資初心者の参加にほくそ笑む方もおられると思います。
    こうした波は、うまく乗れる人と、はじかれる人、おぼれてしまう人、信じられないほど高みにける人など数年から10年くらい先に選別されることでしょう。

    前回の波に私も翻弄されました。
    私の場合は、ただただ生き残っただけという結果です。
    他の生き残っている方の投資成績と比較しても、残念ながら私の成績は話になりません。
    生き残っただけましだと思っています。
    今度はもう少し安定して翻弄されたいなと思います。
      
         
  • はてなブックマーク - 上場株式等の譲渡所得等及び配当所得に係る10%軽減税率の特例措置の廃止がじわり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    FXで適正なレバレッジの検討にこだわるのは危険かもしれない

      
        
    2007年6月16日のエントリー「(FXの)口座封印か?」を振り返ってみます。
    我ながらおはずかしいのですが、「FXの適正レバレッジ」という議論そのものが危ないかもしれないとさえ思いました。

    適正レバレッジについてのコメントで、「通常は3倍から6倍くらいで安眠できるレバレッジ」という感じですね。
    私の感覚と同じで、びっくりしました。
    というより、そのあたりでないと、長く利益を積み重ねることができないってことかな



    リーマンショック以前は、FXのブームもあり適正レバレッジについての意見が飛び交っていました。
    私のブログでも頻繁に意見交換をしたものです。
    題材はいろいろとしても投資ブログでは比較的多くみられる意見交換という行為は、今は控えるようにしています。

    なぜかというと「特に意味がないから」ということになります。

    意味がないと言ってしまうと語弊がありますので補足すると、このブログで議論しても個人のスタンス同士のぶつかり合いになることが多いからです。
    そこで議論して答えが出てまとめたとしても、それが本当の答えになることがあるのかなという風に思います。
    同じスタンスの人同士の意見がまとまることはありますが、だからといって個人投資家全員の共通認識になるわけではありません。
    個人投資家全員の共通認識になるような話はもともと議論になる事柄ではないわけですし。

    実際、ブログ上で展開される議論は見ている分には面白いですし、とても勉強になります。
    でもブログ管理人としては別に議論したいわけではなく、議論に巻き込まれることが多いです。

    ブログ上の議論はともかく、当時のこのエントリーはいただいたコメントをまとめて「通常は3倍から6倍くらいで安眠できるレバレッジ」という答え?を書いて何の意味があったかを振り返ると何もなかったと感じます。
    実際その後のリーマンショックで安眠できなかったです。



    資金40万円で2006年12月に再開したFXですが、最初はドル円1口をHOLDし、あと1口を中期的に売り買いする計画で、初期費用40万円って決めてたことを思い出しました。
    通常レバを3倍、ピーク時レバを6倍ってことでした。
    スワップで考えると、155円×365日×2口=約11万円くらいを期待してました。

    世界同時株安での変動の経験、ランド円、ドルスイス、ドルカナダ、ユーロ円を経験したこと、タイミングの取り方などFXに慣れてきた分、気を引き締めないとと思って、勉強とシュミレーションをして何もしなくても20万円手前まで確定利益(含み益、含み損は含みません)が積み重なってしまうことに気がつきました。
    いた。
    途中の利益確定もしたけど、含み益の状態で持っているので安心していたけど、今後もらえるスワップを考えると、そうなってしまいます。さらに、現在のポジを維持すると、金利状態が変わらない場合、来年はスワップゲットが20万円を超えてくることにも気がつきました。



    意味が伝わらないと思いますが、当時はスワップにかなり期待していました。
    当時のランド円のポジションが手が付けられないままにいまだに残っていることを考えると、スワップがもらえるよりも、通貨の変動の方がはるかに大きいインパクトがあるということです。
    スワップがもらえるということは、それだけ将来通貨が下がることは一応理解していましたが、通貨が大きく変動することが理解できていませんでした。


    これは、「FXで適正なレバレッジを検討」したことで安心したことが招いたことだと思います。






    このエントリーは、2007年6月16日にUPしたものを修正・加筆しています。
      
  • はてなブックマーク - FXで適正なレバレッジの検討にこだわるのは危険かもしれない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。