ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  □金融危機メモ
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • TOPIXが乱降下 投資ブログで損したことを書く人は少ない

     
    2012年秋までのTOPIXは700p台だったのですが、アベノミクス相場とかクロノミクス相場と言われるほどの上昇相場があって5月末には1300p近くまで上昇していました。
    半年間で2倍近くの上昇となって、証券会社に新規口座を開設する人が増え、新たな投資ブログも誕生してきました。

    TOPIX250607.jpg

    5月下旬に日経平均が1日で1000p以上下落した時には、過去のニュースをわざわざ持ち出してと現在起こっている暴落だとは思っていなかったので、しっかり読んでみると事実なのかと驚きました。
    ブログネタに書こうかなと思ったんですが、まあ、もっと下がってから書けばいいかなと思いなおして今に至っています。

    ここのところの日本株のボラティリティはかなり大きいようでいちいち記憶していませんが、下がる時は一気にさがるものですよね。
    このTOPIXのチャートを見てもわかるように、アベノミクス相場と言われた上昇相場であってもじわじわ上がっていくイメージなのに対し、暴落となると一気に下がるんです。
    何度か経験していることなので、特に驚かなくなりましたが、初めての人は暴落のスピードに驚くはずです。

    「信じられない…」とパニックになっている人も多いでしょう。

    「いつかは暴落が来るはずだけど自分だけは(市場をしっかりウオッチしているから)逃げられる」と核心的に思っていた人は、いつのまにか「これはただの一時的な調整ですぐにまた上昇していくはず」に変わっている人も多いと思います。

    それが当たるかどうかは、私にはわかりません。

    ■チャート的には節目に近づきつつあるので、ここで反転して大きめの調整だったねと更なる上昇相場に突入していくのかもしれません。
    ■反転してある程度上がっていってやっぱりただの調整だったと思わせておいて、そこからが長期的な大暴落のはじまりとなるかもしれません。(よくあるパターン)
    ■チャートの節目を下抜けて更に暴落が続くとなるかもしれません。

    ピークから20%近く下げてきているけれどもまだまだそんなレベルの段階なんだと思います。




    <損するパターン>


    「いつかは暴落が来るはずだけど自分だけは(市場をしっかりウオッチしているから)逃げられる」についてもう少し深く掘り下げてみます。

    投資で退場に至る典型的なパターンは、こうした上昇相場の中で、最初はこわごわ、半信半疑で投資をして儲かっていく経験を積み重ねていく中で、己を過信しすぎていく場合に起こります。
    投資を始めたばかりの人は、この己への過信に陥るのはまず避けられないと考えてよいと思います。

    だれでも儲かる相場なのに、自分の投資力によるものと過信してしまうのはだれしも通る道です。
    いずれ暴落が来ることも頭ではわかっています。
    でも自分よりバカな奴はいっぱいいると思ってしまう状態は、己を過信した人の典型パターンです。

    己への過信が進むにつれ、いつか暴落するという危機感が薄くなり、この流れにもっと乗っからないといけない、もっと資金効率をあげなければと考え始めます。
    投資額が大きく膨らんだ時にどっかんと暴落を食らうダメージは、経験した者にしか分からないと思います。
    私も投資額がある程度大きくなった時にそういう経験をしましたが、運良く総金融資産でみればまだそれほど大きな割合ではなかったのが幸いしました。
    それでも1年間で年収をはるかに超える変動を経験したわけで、暗い気持ちが続いた数年間はこれからも忘れないと思います。

    投資で退場に至る典型的なパターンはそんな感じじゃないでしょうか。
    己への過信からのリスクの取り過ぎです。
    今の暴落程度では、単に4月に戻っただけなので退場者はほとんどいないと思います。
    これからどうなっていくんでしょうね。





    <損したことを書く人は少ない>


    投資ブログをそれなりにやっているとあることに気がつきます。

    ■○○○円儲かったと毎日のように報告していた人が、ピタッと報告をやめてしまう。

    儲かった話はするけれども、損した話はしない。
    競馬やパチンコをやっている人の話がまさにそうですよね。

    投資ブログを見ているとみんな儲かっているのに、なぜか投資で成功したといえる人はほとんどいないというのも、「儲かった話はするけれども、損した話はしない」ということにつきます。
    損した話はしないだけならまだいいですが、投資ブログそのものが消えてしまうこともしばしばです。

    私も昔々のブログを始めたころは、今日はいくら儲かったと書くこともありましたが、今運営しているブログでは書かなくなりました。
    やはり儲かった事は書きやすいけど、損したことは書きにくいものなんです。

    損したことを自虐ネタにする場合以外は、書く気がしないというのがホントのところです。
    儲かった時は、儲かったこと以上に自分の投資理論が正しかったことを強調したくなります。
    逆に損した時は自分の過ちを認めたくない気持ちが生まれます。
    損したことを書くのが嫌というより、自分の考えや投資スタンスが誤りであったと書くのが嫌というのもあるんじゃないでしょうか。

    私は毎月末に金融資産を集計するのにあわせて、投資成績の集計を行っています。
    カテゴリ分類の「■投資成績」を見ていただければ、過去の月次投資成績が表示されます。

    最初のうちは投資成績がプラスの傾向だったので嬉々として報告していました。
    しかしリーマンショック時にはマイナスの報告ばかりになりました。
    吹っ切れるまでは、結構つらかったです。
    当時のコメントを見てもらえばわかるように、いろんな方からお説教をもらいました。
    やはりネガティブなコメントをもらうと更に凹みます。
    それでも月次の投資成績はUPし続けて今に至ります。
    いいことだけを書くブログにはしたくないと思うんです。

    景気の良かった時にあこがれたブログも損したことは書かないブログだとしたら、読む価値があるのかどうかわかりません。
    私は、日々の投資成績を公開してるエントリーを読むことは全くなくなって、そういうエントリーだと感じた時はスルーするようになりました。
    あまり他人の芝生を気にしても意味がないし、私にとっては毒にしかならないからです。
    それにそんな話につきあう時間ももったいないです。

    一方で、月次の投資成績については目を通します。
    きちんとした定時報告だからです。
    その管理人さんの冷静な分析と出会えることが多いので、とても勉強になります。


    こうした暴落時期というのは、投資ブログの運営スタイルが問われる時期です。
    私にとっては「儲かった話はするけれども、損した話はしない」ブログなんて読む価値を感じません。
    常に勝ち続ける人なんていないのですから。
     
     
    スポンサーサイト
  • はてなブックマーク - TOPIXが乱降下 投資ブログで損したことを書く人は少ない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    サーキットブレーカーが1日2回も発動(東証、国債先物市場)

     
    時折「サーキットブレーカー」という言葉をニュースなどで見ることがあります。
    2013年4月5日の国債市場では、日銀が前日に打ち出した大胆な金融政策を受けて相場が乱高下したわけですが、このサーキットブレーカーが2回も発動して取引が一時中断になったんだそうです。

    4月5日(ブルームバーグ):東京証券取引所は国債先物市場で売買を一時停止するサーキットブレーカーを2回発動した。
    東証は先物中心限月の6月物が前日比1円下げたことから、午後1時8分ごろにサーキットブレーカーを発動。取引再開後に2円安まで急落したことから午後1時39分に2回目を発動した。その後、取引再開後には一時2円94銭安まで急落している。
    国債先物取引では取引値幅が1円に達した場合、サーキットブレーカーが発動される。前回発動されたのは2008年10月14日で、その時は2円07銭下落した。






    <サーキットブレーカーとは?>


    そもそもサーキットブレーカーとは何なのでしょうか。

    サーキットブレーカーとは -東証ホームページより】
    ■サーキット・ブレーカーとは?
    中心限月取引において、次に掲げる発動基準に該当した場合は、中心限月取引だけでなく他の取引限月を含むすべての限月取引において速やかに一定時間取引を中断します。
    ■サーキット・ブレーカーの発動基準
    中心限月取引において、呼値の制限値幅の上限(下限)値段に買(売)呼値が提示された(当該値段で取引が成立した場合を含む)後、当該値段以外で5分間取引が成立しない場合
    ■取引の一時中断時間
    上述の発動基準に該当した場合は、10分間取引を中断します。



    サーキットブレーカー制度(Circuit Breaker)とは、ちょっと難しい言葉が並んではいますが、「先物取引において先物価格が一定以上の変動を起こした場合に、相場の安定化のために発動する措置」のことです。
    市場がパニック状態になると行き過ぎが起こってしまうので、取引を中断するからちょっと冷静になってね的な措置なんだろうなと思います。

    東京証券取引所・大阪証券取引所では、1994年2月14日から導入されていて、「株価指数先物取引」と「債券先物取引」が対象になっていますが、今回は債券先物取引の方で1日2度も発動したということです。
    このサーキットブレーカーは、2008年10月のリーマンショック時にも発動していて、うっすら記憶に残っているんですが、1日2回も発動するなんて相当パニック状態になったんでしょうね。
    株の方ではなく、債券の方だということで、債券でもこんなことがあるんだと思いました。

    原因は、日銀が前日に打ち出した大胆な金融緩和策ということです。

    「朝方は国債を買う投資家が殺到」→債券価格が急上昇して利回りは急落しました。
    新発10年債の利回りは一時0.315%まで下がって過去最低を更新して、それから今度は急激な相場上昇に警戒感が広がってパニック的な国債売りが広がり、利回りは一時、約3週間ぶりに0.6%台に急上昇したそうです。
    終値利回りは前日より0.095%高い0.530%ということで、一時的にものすごい債券買いがあったんですね。


    金融政策1つで大きく動くものなんだなと思いつつ、定期預金の利回りはめちゃめちゃ低い水準を維持しそうなので、夏の定期預金の利回りは期待できそうもありませんね。
    5年前の金融危機の時に年利1.5%~2.0%あたりの5年定期預金の満期がこれからむかえるわけですけど、預け先が困りますね。
    選択肢は変動金利の個人向け国債かリスク投資か普通預金にプールかくらいかなと思うんですけど、我が家の場合はリスク投資はないので、どうするか悩みどころです。
     
      
  • はてなブックマーク - サーキットブレーカーが1日2回も発動(東証、国債先物市場)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    キプロス問題の経過(銀行・預金封鎖・支援問題)

    2013年に発生したキプロス問題の経過について、特に預金者・個人投資家の立場側のことを記録しておこうと思います。
    キプロスは欧州の中でも小国で、面積は四国の約半分、人口は約86万人、国内総生産(GDP)がユーロ圏全体に占める比率は0.2%です。

    キプロス問題が発生して最初の段階では、預金保険で保護されるべき10万ユーロ以下の預金者に対してもヘアカット(元本削減)するような救済案が示されていました。

    キプロス銀行、預金の損失は最大60%か AP通信報道
     【ロンドン=共同】欧州連合(EU)ユーロ圏諸国による救済が決まったキプロスで、大手銀行2行のうち、存続するキプロス銀行の大口預金の損失割合が最大60%に達する見通しであることが30日、分かった。AP通信がキプロス中央銀行や財務省当局者の話として報じた。
     キプロス銀行の大口預金はこれまで、最大40%程度がカットされると見込まれていたが、従来の予想を大幅に上回る見通しが出てきたことで、預金者の反発が強まりそうだ。
     当局者は、損失割合は少なくとも37.5%になるとの見通しを示した。カットの対象となるのは、預金保護の対象外である10万ユーロ(約1200万円)超の預金で、カット分は強制的にキプロス銀行の株式に転換される。
     大手2行のうち、破綻処理に入っているライキ銀行の大口預金について、キプロス当局は損失割合が80%程度に上る可能性があるとの認識を示している。


  • はてなブックマーク - キプロス問題の経過(銀行・預金封鎖・支援問題)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。