ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  (40s)つぶやき
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 40歳になって40歳のことを考えてみた

      
    40歳になってすぐに書いたエントリーを見つけましたので記録として転記します。
    40歳になってすぐに感じたのは、やはり「40歳は人生の中間点」だということです。
    言葉だけではなく実感として、人生の後半という意識が確実に芽生えました。



    <40歳になってみて(投資編)>

    投資の転機は、38歳の時にありました。
    リーマンショックの初期のある出来事が、これまで試行錯誤してきた部分の答えの実行の引き金になりました。
    40歳が人生の中間点であり、アラフォーが人生の1つの転換期であるのであれば、真っ先に転換が確定したのが投資に関してでした。
    次いで仕事ということになります。
    他のことは、まだまだ試行錯誤というか「もやもや」の中にあるようです。

    試行錯誤には迷いも含まれますが、迷走しているわけでもないようです。
    「ああでもなく、こうでもなく」といえば迷走っぽいのですが、方向性はほぼ決まっているので、着地点を探しているという感じです。
    40歳になる前に、迷走の部分は過ぎ去ったように思っています。
    ある意味、すっきりしてきているんだけど、「もやもや感」が残っているという感じです。

    その「もやもや感」は決めかねている部分を指すのが一番大きいようですが、決めた後の「ものさみしさ」も含まれているような気がしています。
    投資に関しては、人生の後半戦の戦い方が一番先に確定したと書きました。

    実際、「ああでもない、こうでもない」と試行錯誤している時が一番楽しかったように思います。
    もう恐らくは変わらない方向性が自分の中ではっきりしてしまうと、少しさみしさを感じます。
    そのさみしさも投資に関しては、ほぼなくなりつつあります。
    それは「習慣化」がもたらすことなのか、それとも意識の主流が他に移り、必要最小限のことしか考えなくなったからなのかはわかりません。
    今、さみしさを感じているのは、もうひとつ上の概念である「資産形成」のようです。

    メインブログを始めたころは、「投資」のことだけを書いていました。
    いつしか「投資より資産形成全般」を書くようになりました。
    テーマを壊すのはブログ管理上のセオリーに反することですが、私の場合は、「自然」に枠が移行していくようです。
    1つのテーマをとことん掘り下げるのではなく、自分の興味があることを自分の言葉で書いていった結果が、ブログの歴史となっています。

    「投資」に関しては、これからも方向性は変わらないでしょう。
    年齢的に少し早いと思いますが、出口戦略を模索していくことになります。
    あとは、娘たちのために投資に関して考えたことなどを残していくことです。




    <40歳になってみて(仕事編)>

    社会人としての転機は、39歳の時にありました。
    ここがステップアップするのかしないのかの境目となりました。
    割と多くの人が後者を選んでいく中で、私は前者を選びました。

    いままで経験していないタイプの重圧と責任の割には増えない給料の狭間で、それぞれが必ず一度は葛藤することでしょう。
    そういう転換期での判断というのは、重いと言えば重いし、さほどでもないといえばさほどでもないかもしれません。
    私はあくまで「自然」でいこうと思いました。

    耐えきれないと思えばステップアップしないということ。
    これにより、大きな責任を負う事はなくなります。
    ただ、やはり年を取るごとに責任は少しづつ増えていくものなのかなと思います。
    同じ役職の中でも経験者としてより頼られるという事です。

    ステップアップするというのは全く未知の世界に入るということ。
    「管理職」とか「マネージメント」という世界ですので、自分の吐いた言葉には常に「重い責任」がつきまといます。
    「判断」、「決断」も常に求められるという意味で、これまでとは全く別の世界なのかと想像していました。
    確かに求められるものは別物でした。

    1年目となる去年は、最前線にもでながら、初めてのマネージメントをするという状態で、充実感といそがしさを体験しました。
    それはそれでみんなに認めてもらいやすい形ではありましたが、やっていて分かったことがありました。
    最前線はまかせなければいけないということ。
    それは今の立場ではしてはいけないことではないけれども、やるべきではないと思いました。

    熟練者があと数年で全員いなくなり、受け継ぐ立場として筆頭の位置にいるので、最前線に立つよりもこれまでの英知のすべてを掌握することが自分の仕事であること。さらには、それらを部下にどんどん継承させていくということ。
    そうでなくては組織としてボロボロになることには途中から気が付いてきました。
    つまり、次世代でマネージメントが仕事の立場の人間が、現在のところ一人しかいないということを考えると、担わなければ行けない立場であるということ、避けては通れないということです。
    タイムリミットは迫っていますので、時間との戦いでもあるし、ここでそれから逃げればあとで何倍にもなって跳ね返るって来ると思います。

    それが分かって、自分がどうあるべきかとの葛藤の中で、「自然に身を任せる」というスタイルでいくことが自分の中で一番しっくりきています。
    だから、自然に身を任せて、いろんなことを受け入れていくだけ。
    難しい事も考える事もあるけど、自然に受け入れるということで、あとはなるようになるし、なるようにおさめていくということ。そういう方向性は大事ですね。

    子育てもちょうど同じような段階に差しかかってきていて、自分ががむしゃらにやるというのではなく、部下を育てる(子どもを育てる)ということが中心となっていきます。
    任せるということは、私が最後はケツをふくという覚悟のセットだし、指示のすべては責が伴うということ。
    そういった方向性とか方針みたいなものができてくると、あとは自然に身を任すという感じ。

    これが、新たな段階の入り口で感じた事です。
    今後どうなるかはわかりませんが、社会人はまだ続けていくんだから、どうせなら今まで経験してない道を歩もうと心に誓っています。
    そういう意味で、40歳あたりが社会人としての後半戦のスタートなんだなって思います。
    これから手探りがはじまります。




    <2008年5月の時点>

    若いうちはみんな同じような感じで歩いてきても、40歳になると様々な人生となっていますよね。
    人生80年とすると、「40歳は人生の中間点」になります。
    20歳までは子供で、60歳までは社会人時代とすれば、その社会人時代も中間点にさしかかったことになります。

    健康面では、生活習慣病の発症は40歳代から急速に増加します。
    40歳以上に限ると、男性では2人に1人、女性でも5人に1人が、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が強く疑われる人・予備群だそうです。
    40歳代からは人生のうちでも支出がかさみ、仕事でも家庭でも重圧が大きくなり、忙しさでまいりがちな時期です。
    教育費や住宅ローンなどの支出がかさみ、稼げる範囲も分かってくるだけに辛目の人生設計が必要となりそうです。
    40歳からは、介護保険料も払わなければなりませんしね。

    ブログを見ていると、30歳代から40歳代の人は、自分の老後の生活をも考慮した人生設計を真剣に考えている人が結構います。
    年金が当てにならないからこそ、自己責任を意識した世代、意識せざるを得ない世代といえると思います。

    暗い話ばかりもつまらないので、
    自己責任を自覚した人は、こどもも大きくなってくる40歳代は挑戦の時かもしれません。
    30歳代をしっかり歩いてきた人であれば、「40歳とは夢の実現させるスタートになる年」なのではないでしょうか?
    自らの可能性を否定するのか、挑戦するのかの分かれ道となるかもしれません。
    いずれにしても、後悔しない生き方をしたいものです。

    私は、もうすぐ39歳になりますが、人生の折り返し地点を目の前にし、ここでいったん頭の中をゼロベースにしてこれまでのことを振り返り、さらにステップアップしたこれからの新たな人生の計画を立てようと思っています。
    立ち止まって自分の人生を、家族のこれからを見つめなおしていきたいと思います。
      




    このエントリーは、2010年7月10日に追記したものを修正しています。
    このエントリーは、2008年5月21日にUPしたものに追記しています。
     
    スポンサーサイト
  • はてなブックマーク - 40歳になって40歳のことを考えてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    いよいよ確定申告書をつくらないと

     
    証券会社からどんどんと「株式特定口座年間取引報告書」が送られてきています。
    今回から取引がなかったら送られてこない証券会社が多くなっていると思われます。

    (関連するエントリー)株式特定口座年間取引報告書(確定申告用)2012年度・平成24年度分(郵送、電子交付)

    とりあえず医療費の集計を終えて、第一段階が終了しました。
    あと、先物取引の申告分離課税分も入力できました。
    この時期は確定申告でどうしても忙しくなってしまいます。

    配当所得と株式譲渡益は、証券会社から書類が全部とどくまで待たないとできないですもんね。
    取引がない特定口座の期限切れもいつくかあって、一般口座になっているので、こういうのもチェックして手続きを進めています。

    ブログの方も、確定申告関係のエントリーを1年ぶりに修正していってます。
    そういうブログエントリーは、早め早めに更新していかないと意味がないのでバタバタしてます。

    面倒ですけど、払いすぎた税金はとりかえしましょう。

     

  • はてなブックマーク - いよいよ確定申告書をつくらないと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    うさみみハリケーンってなんなの?

     
    「うさみみハリケーン」ってなんなんでしょう?

    このブログのアクセス解析を見ているとたまに「うさみみハリケーン」というキーワードで訪問してくれる方をたまに見かけます。
    パートナーに聞いてみると、なんかのキャラクターかなという感じです。
    私もそんな感じで思っていました。
    さすがに知らないのもモヤモヤしてきたので、調べてみることにしました。

    あっ、ちなみに私のハンドルネームである「うさみみ」と「うさみみハリケーン」とは全く関係がないので、訪問してくれた人はすぐに他にいったことでしょう。



    <うさみみハリケーンとは?>


    「うさみみハリケーン」のグーグル検索で調べてみると、どうやら何かのダウンロードソフトみたいですね。

    □うさみみハリケーン
    ・うさぴょんさんが開発したフリーソフト
    ・ソフトの概要:プログラム開発/解析用の多機能な汎用プロセスメモリエディタ兼デバッガ
    ・Vectorでの「2012年 年間総合ダウンロードランキング(Windows)」で人気投票2012最終決戦投票でノミネートされるほどの人気のあるソフト
    ・ゲームの改造有名なソフト


    使い方としては「ゲーム改造」によく使われているようで、個人的には好意は持てませんでした。
    これ以上調べるのはやめておきます。

  • はてなブックマーク - うさみみハリケーンってなんなの?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    テストの花道で花道の先輩で人気だった天明麻衣子さんがNHK仙台のキャスターに

     
    娘がもうすぐ高校受験という事で2年前からテストの花道を見るようにしています。
    テストの花道で、花道の先輩として人気のあった天明麻衣子さんは、NHK仙台でキャスターをしているんですね。
    NHK仙台放送局契約キャスターなんだそうです。

    そういえば、テストの花道もNHKの番組ですしね。

    【天明 麻衣子】2013年 アナウンサー・キャスターからの年賀状
    【天明 麻衣子】1月5日放送「サバトセーラ東北」

     
  • はてなブックマーク - テストの花道で花道の先輩で人気だった天明麻衣子さんがNHK仙台のキャスターに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    インフレターゲットのインパクト

     
    自民党の安倍総裁がインフレターゲットを主張しています。
    2%とか3%とかのインフレは一見たいしたことがない印象に思えますが、それだけのインフレというのは私にとってはかなりのインパクトがあります。

    (関連するエントリー)コアCPIの推移(日本の消費者物価指数CPI、コアコアCPI)
    (関連するエントリー)マネープランとインフレ率(インフレ率計算)


    もし2%のインフレターゲットが実現すれば、私の資産形成の目標や実際の資産形成はどうなるのかを考えると、少なくとも目標は遠のくと考えています。
    私のスタイルでは、投資や預金による収益見込みについては資産形成の計画には反映していないので、インフレでお金の価値が低下する分だけ目標は遠のきます。
    実際、インフレでお金の価値が下がって目標が遠のいても、実際にそれ以上の運用ができればいいのですけどね。


    最近、仕事辞めたらどうなるのかなということ、つまり早期リタイアのことをよく考えています。
    実際、少なくとも娘たちが大学を卒業するまではやめられないので、早くても52歳早期リタイアということですが、本気で考えるとなかなか難しいなと思っています。

    山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」の「第34回 夢のアーリーリタイアメントのための運用計画」を読んでみました。

    早期リタイアが大変な理由として、
    ・早期退職年齢と標準のリタイア年齢との年数差は無収入になる
    ・早期退職するほど、その後法律改正が生じる期間も長くなる
     (30年後の消費税は?、30年後の医療費等の自己負担は?、30年後の年金制度は?など)
    ・早期退職後に厚生年金保険料を納めない分、公的年金収入ダウンもある
    があげられています。


    投資ブログを見に来るような方々が聞くと鼻で笑われそうですが、早期リタイアをすればその分の公的年金が少なくなるというインパクトは案外大きなというのが、最近の私の印象です。
    公的年金をあてにしないために、投資で資産形成するんじゃないのと叱られそうですね。
    私は、正直言って今はそこまで投資のあてにはしていません。

    もし投資でプラスの結果が得られたとすれば、それはうれしいおまけというか、うれしい誤算というかそんな感じで考えているんです。
    そういう風に考えると、公的年金は大きいですし、長生きリスクにとっても重要な武器になります。

    それと、インフレの影響がどうなるかもかなり大きい話です。
    2%のインフレとは、20年後の物価が1.5倍になるという事です。
    60歳1億円の目標も1.5倍ということです。

    山崎俊輔さんは、無職で過ごす期間の生活コストを年600万円としていますが、我が家はさすがにそこまでかからないと思っています。
    でも、2%インフレを踏まえると現在の物価水準で年400万円~500万円となるわけですから、インフレの度合いによっては安全方向で見ておくには全く的外れでもない気もします。

    どのみち、あと10年は仕事をやめれないから、踏ん張っていくしかないということです。
    トホホ…。
     
     
  • はてなブックマーク - インフレターゲットのインパクト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。