ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  資産目標・期待資産額
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 「60歳1億円」という目標の未来の価値と「60歳1億円」を目指した本音

     
    我が家が資産形成を意識して投資を始めていく中で、自然に生まれた目標が「60歳1億円」でした。
    このブログで人生設計をテーマにし始めた段階で「60歳1億円」というのは夢でもなんでもなく、行きつく目標という形を示した人生資金計画は、これまで計画以上のペースで資産形成が進んでいることを記録し続けてきました。

    40代前半のステージでは、「60歳1億円は本当に必要なのか?」という問いに一定の答えを持つようになりましたが、改めて「60歳1億円」の目標を立てた経緯について、過去のエントリーの記録を整理してみます。

    (関連するエントリー)60歳で1億円は本当に必要なのか?



    【2008年4月23日 1億円を目標にする人が多いのはなぜ?】

    サラリーマン家庭の中の個人投資家では、「金融資産1億円」を目標としている人が結構います。
    1億円に不動産を含むか含まないかの差はあっても「目標か夢」としてあげている人が多いです。
    私もその一人であり、これまで「60歳1億円」という禁断のテーマを扱ってきました。

    それにしても「なぜ1億円という目標を目指す人が多いんでしょうね?」
    我が家の理由も、なんか変化してきている気がします。



    2008年ごろのブログ運営スタイルは、問いかけが多かったように思います。
    現在は、自分の考えやその変化の記録としてブログをとらえているので淡々と運営していますが、当時は交流重視でコメントを重視していました。
    正直に言えばコメント交流型のスタイルが面倒になったということが一番なのですが、やはり投資との距離感が相当遠くなったからこそ、投資や資産形成にかける時間があまりにもったいないということなのなかと思います。
    手間も時間もほとんどかからない我が家なりの投資スタイルを確立したのに、投資ブログに時間をかけるのは本末転倒という意識が強くなっているんですね。

    さて、当時頂いたコメントを抜粋してみます。

    ■億という桁が現実から遠いところにあるからかもしれない
    ■現在の資産に年間貯蓄額加えて、60歳まで資産運用すると計算上1億円になったから
    ■「億万長者」「ミリオネラー」という言葉の響きではないかと
    ■60歳でリタイアして平均寿命まで見積ると1億円くらい必要になるから

    どのコメントもなるほどなと思いますよね。



    【2008年4月24日 我が家が1億円を目指す過去の理由】

    当初は「豊かな老後を送りたいが、退職金も年金も期待できないから、自力で1億円を貯めよう」と考えていました。
    人生設計で、老後を豊かに暮らすという見積りをすれば、「1億円」という数字は決しておかしな数字ではありません。

    「試算してみたらいけそうだったから」というコメントをいただいて思うのは、「支出のコントロール」をしっかりと身につけた家庭はこういう感じで考えるのかもしれません。

    我が家の場合も、「現在の資産形成状況から、こどもの教育費を差し引いたら1億円くらいいけそうだ」という計算ができて、それがそのまま人生資金計画になりました。
    将来収入と将来資産が一致したことで、35歳に人生設計を立てた時に「60歳1億円」という目標をあげました。

    それから投資を始めて、「1億円あれば5%で運用した場合、税引き後で400万円のキャッシュフローが得られるはず」という皮算用もしていました。
    これはいわゆる「減らない資産」という考え方です。
    この減らない資産という考え方は、「支出のコントロール」として適切ではないなと考え始めています。

    有効に使い切ってこそ人生設計ではないのかと、自問自答している最中です。
    老後は、資産を取り崩すべきであり、墓場までお金を持っていくのはおろかだということです。
    私が「節約」と書かずに、「支出のコントロール」とこだわって書くのはそのためです



    上記で紹介した4つのコメントは、我が家にも当てはまっていました。
    ただし、私は大きな見誤りを2つしていました。
    感覚的に年5%の運用は軽いだろうと思っていたのですが、現実はそう甘くはなかったということです。
    60歳時点で結果的に年5%くらいの運用ができている可能性はありますが、現在の見積もりには運用益はほとんど見込んでいません。
    仮に運用益があったとしてもそのくらいのインフレにはなるという想定から、実質的な円キャッシュとしての1億円の価値を強く意識しているということです。
    それ以前に、1億円に対するこだわりが減っていますけど。



    【2008年4月25日 「60歳1億円」を目指す本音】

    実際「60歳で1億円」の目標を達成した場合、さらに退職金や公的年金、個人年金が収入として入ってきますし、65歳まで働いているかもしれません。
    生活ベースで考えれば、別に「1億円なくてもいいんじゃないの?」とも思うんです。

    私自身の心と向き合えば、結局のところ本音はこのあたりかなと考えています。

    ■「富裕層」、「勝組み」という言葉が影響している
    ■キリがいいからとりあえず「1億円」
    ■優雅に暮らせるイメージがある

    富裕層になってみたいという理由も大きいですが、目標が未達成で60歳8000万円に終わったところで別に気にすることもないです。

    ただし、大事なことは実質的な円キャッシュとしての価値です。

    ●3月の全国の消費者物価指数(05年=100、生鮮食品を除く総合)は100.8となり、前年同月比1.2%上昇しました。
    ●98年3月(1.8%上昇)以来10年ぶりの高水準。

    投資をやっている方にとっては今更の話ですが、現在の「1億円」が21年後の60歳時点で等価である保障はありません。



    現在は上記の3つの理由は、あまり意識していなくて、いろんなことを考え資産形成に熱く燃えていたからこそということろでしょうか。

    普通に暮らしていければいいですし、だからといって資産形成の手を休めるつもりもありません。
    その結果どこに行きつこうと、娘たちを一人前にできさえすればあとは、資産に合わせて暮らしていくだけです。


    さて、「60歳1億円という目標の未来の価値」というテーマについて、2008年当時考えていたことを振り返ってみます。

    「現在の1億円が60歳時点で等価であるかどうか?」という問いに対して、一般的にはインフレになれば貨幣価値が相対的に下がるという視点から、我々世代がデフレしか経験していないので想像しにくいが「これからの世界経済は、急激なインフレがあるかもしれないという前提で投資戦略をたてなければなりません。」と書いています。
    これは人生設計においても同じであり、むしろ「人生設計の方こそ、インフレのことを真剣に考えないといけない」と書きました。

    現実的に考えると、先進国では2〜3%程度のインフレを想定しておく必要があると思います。

    ■今後20年間で試算したケース

    平均インフレ率3%の場合は、現在の1億円の価値は20年後の約5700万円と同等と考えられ、20年後に現在の1億円の価値をキープするには、約1億7500万円が必要となります。

    平均インフレ率2%の場合は、現在の1億円の価値は、20年後の約6900万円と同等と考えられ、20年後に現在の1億円の価値をキープするには、約1億4600万円が必要となります。

    これらを見込んだ計画を立てるとしたら、「かなり厳しい」ものがありますが、この程度の想定は絶対しておくべきです。



    インフレによる実質的な貨幣価値の下落の視点を人生設計に加えた時に、「60歳1億円」という目標は実質的に遠のきました。
    でもそれから約6年の間に、インフレ率2.5%想定まではほぼ吸収することができました。
    これはこの6年間がインフレではなかったことが大きいですが、やはり資産形成が予定よりも早く進んでいることも助けになっています。
    これからもこの巡航速度を保っていきたいと思っていますし、最終的にはインフレ率3.0%想定まで吸収していきたいと思っています。





    このエントリーは、2008年4月26日にUPしたものを修正しています。
      
    スポンサーサイト
  • はてなブックマーク - 「60歳1億円」という目標の未来の価値と「60歳1億円」を目指した本音
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    インフレによる金融資産目標の補正を考える

     
    2013年12月の政府の月例経済報告から、4年2カ月ぶりに「デフレ」の表現が削除されたようです。
    年末に脱デフレのメッセージを出したかったのでしょうか。


    産経新聞 12月24日(火)11時21分配信

     政府は24日午前、12月の月例経済報告を発表した。物価動向の現状判断を「底堅く推移している」と変更し、平成21年11月以来、4年2カ月ぶりにデフレという表現を削除した。円安に伴って輸入物価の上昇や、消費者物価指数(CPI)が全体的に上昇基調にあることを反映した。デフレからの脱却が進みつつあるという認識は示したが、今回のデフレ脱却宣言は見送った。
     物価動向については、8月から「デフレ状況ではなくなりつつある」としてきたが、表現を変更。CPIでは、価格変動の大きい生鮮食品を除いた指数が前年同月比で最近5カ月連続でプラスとなっていることや食料とエネルギーを除いたベースでも10月に5年ぶりのプラスとなったことなどを考慮した。

     景気の基調判断は、4カ月連続で「景気は緩やかに回復しつつある」に据え置いた。

    先行きについては、輸出が持ち直し、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要や経済対策などの政策効果で景気回復の動きが確かになるとしている。景気の下押しリスクとしては、海外景気の下ぶれと消費税率引き上げ後の反動減を挙げた。




    総務省統計局の消費者物価指数(CPI)を見ると、平成22年基準 消費者物価指数 全国 平成25年(2013年)10月分は下記のとおりでした。

    ■総合指数は2010年(平成22年)を100として100.7
      前月比は0.1%の上昇  前年同月比は1.1%の上昇
    ■生鮮食品を除く総合指数は100.7
      前月比は0.2%の上昇  前年同月比は0.9%の上昇
    ■食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数は98.8
      前月比は0.3%の上昇  前年同月比は0.3%の上昇


    脱デフレからインフレになっていくのかはわかりませんが、インフレに対する考え方を整理しておかないといけないと思っています。

    「金融資産1億円」といっても物価次第で実質的価値が変わります。
    現在の消費者物価指数は、平成22年基準になっていますので、我が家もそれにあわせようかと思います。

    目標 1億円×1.007=10,070万円

    というような感じで、平成22年時点の1億円の実質的価値を目標にしていくことを最有力として考えていきます。 
     
     
  • はてなブックマーク - インフレによる金融資産目標の補正を考える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    個人投資家的な視点で無い「60歳で資産1億円を貯める」

     
    サラリーマンである程度の収入がある人の場合、「60歳で資産1億円を貯める」というのは全く不可能ではないと思っています。
    どの程度の年収があればというのは難しいですが、大雑把に考えてみます。


    【2008年4月19日のエントリーより】 
    過去の検討で考えてきたことをまとめると次のようになります。

    手取り生涯賃金2億円(夫婦合算可)以上ある場合は、「生涯平均貯蓄率50%」で生活できれば、資産1億円をためることができます。

    生涯収入−貯蓄率(60歳までの加重平均)=2億円×50%=1億円」

    「60歳で1億円」は、支出のコントロールを身につければ不可能とは言えないということです。
    個人投資家的な言葉で言えば、「種銭だけで1億円を達成できる可能性もありうる」ということです。



    かなり乱暴な検証に思わず苦笑いしてしまいましたが、本気の検討だったはずです。
    一昔前の生涯年収は2億円~3億円と言われていて、今はそれより少な目だと思うのですが、ある程度の年収があれば生涯年収は2億円以上となる見込みの方はそこそこおられると思います。

    じゃあ支出の方ですが、22歳から60歳までの38年間を、1億円で暮らせるかといえばどうでしょうか。
    我が家の例を考えると、まず住宅費に修繕費等を込みで5000万円、子ども2人の教育費に2000万円とすると、38年間の生活費は100万円未満になってしまうので、はっきり無理だと言えます。

    なんで、38年間を1億円で暮らせると書いてしまったのかといえば、若い時の年間生活費は180万円程度でしたし、今でも240万円程度じゃないかと思うんです。
    家計簿つけてないので実際はわからないんですけどね。
    昔は、給料-貯蓄額=支出額という感じで把握できていたんですが、収入減が多様化してもはや把握できていないです。
    1億円を38で割ると263万円ですからOKとしていたのでしょうが、住宅費と教育費を入れてないですよね。
    改めて修正します。



    じゃあ、「手取り生涯賃金2億円(夫婦合算可)以上」という設定をもう少しシビアに考えてみましょう。
    夫婦ということはツレの収入も加えるべきです。
    扶養家族の範囲内でのアルバイト収入を年100万円とすると、38年間で3800万円になります。
    こうなると随分と資産1億円に近づいてきます。

    2億円-5000万円-2000万円-240万円×38+100万円×38=7680万円

    もちろんこんな絵に書いたようにはいきません。
    あくまで頭の体操程度のことです。



    【2008年4月19日のエントリーより】
    投資系ブロガーの視点だと、この視点は「ほんとなの?」とびっくりしたんではないでしょうか?
    節約系ブロガーの視点だと、「ひょっとして?我家も?」と思われた人もいるでしょう。

    節約系の人は、人生の3大イベントのうち「持ち家」と「こどもの教育費」の費用が大きいために、目先のクリアに必死になるので、そのトンネルを抜けるまでゴールが見えない状況にいます。
    我が家もこどもの教育費に目途がつきそうな、35歳で今の人生資金計画を作成した過程ではじめてこのことに気がついたわけです。
    我が家(=専業主婦、こども2人家庭)に可能性があるなら、独身、DINKs、専業主婦こども1人でも、より可能性があるということです。

    節約系ブロガーさんの中には、「投資してる人は知識もすごいし、お金に余裕がある」と思いこんでいるかもしれませんが、大きな壁を越えてしまえば、強固な土台をベースにさらに前に進めるのは、あなたの方かもしれませんよ。
    ただし投資の勉強は始めた方がいいです

    私がなぜ投資を始めたかといえば、デフレ、円高なら投資をしないほうがましかもしれないけど、インフレや過度な円安になると、いままでやってきた土台(=貯蓄)が台無しになるかもしれないからです。
    でも、たくさんリスクをとる必要はないかもしれません。
    すでに、ローコスト生活を身につけているのですから。

    これまでは物価変動はほとんどなく円の貨幣価値があまり変化しなかった時期を過ごしてきているので、節約系が有利な土壌だった時期といえます。
    ぼくら30歳台はインフレを知らない世代ということです。
    これからはどうでしょうか?
    今までと同じでしょうか?
    そういうことも考えるのが、人生設計だと思います。
    インフレを考えると、同じ「60歳1億円という目標」にも、何によって達成しようとしているかで、実質的価値が大きく違うこともあることに気付くと思うんです。



    はずかしいくらい上から目線で書いています。
    結局何が言いたいのかといえば、「支出のコントロールは強力な武器であり、それができる人は無理に大きな投資をしなくてもなんとかなるんじゃないの」ということでした。
    投資ブロガーがファイナンシャルリテラシーという言葉を振りかざして、投資をしてない貯金バカみないな言い方が流行っていたので、それに対してのささやかな反論という感じだったのでしょう。

    どれにしても当時のエントリーを読み返していると、本気でいろんなことを考えて書いていたんだなと感じます。
    その熱意はどこに消えてしまったのかというくらい、今は覚めてしまっています。

    当時は財布の中のお金も、家の総資産も同じようにシビアな意識を持っていましたが、今は財布の中身は相変わらずシビアな意識が残っていてもっとお金を使おうと無理に意識ししている状態で、家の総資産の方はもうただの数字という感覚になっています。
    だから、60歳1億円も目標というよりもただの数字という感じです。
    どうしても目指したいものでもないし、ただの通過点化もしてないしという感じです。

    どうしてここまで冷めてしまったのかといえば、この6年間の積み上げだと思っています。
    この6年間のうち、最初の3年間は本当に真剣にお金のことをいろいろ勉強し、研究し、実践して、そうした熱い思いをブログにぶつけていて、そこまで熱心でない人をたきつけるような気持ちもありました。
    そうした過程を過ごしその結果今があるわけですが、今は投資よりも、複数の収入源とか楽しいことにお金を使おうとかという方に興味が移っているんですよね。

    この6年間の軌跡により、これから先に一定以上のの到達点が見いだせたということなんだろうなと思います。
    だから飽きたんだと思うんです。

    それともう1つ。
    頻繁に売買しない投資スタイルなのに投資ブログを長く続けるネタが尽きたということだと思います。
    以前はあれも書きたいこれも書きたいと書きたいことがわいてきていましたが、今は正直苦痛に感じることもあります。
    毎日更新を週3回にしてなお、めんどうだと思うことが増えてきているんです。
    手間のかからない投資をしているのに、投資ブログに手間をかけるのは本末転倒ですしね。

    飽きないように工夫しているのが、過去のエントリーの復習です。
    熱かった思いを、冷たい視線で見つめ直すのは、割と楽しいんです。 
     
     




    このエントリーは、2008年4月19日にUPしたものを修正しています。
  • はてなブックマーク - 個人投資家的な視点で無い「60歳で資産1億円を貯める」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    60歳で1億円は本当に必要なのか?

    40歳代に入ってすぐに感じた「60歳で1億円は本当に必要なのか?」という自問について、現在のステージ(一応45歳まで)で答えを出したいと考えていたことから、最終年のスタートである44歳時点で再考してみます。




    <60歳で1億円は本当に必要なのか?>


    そもそも「「60歳で1億円は必要」は誰が言ったのかですが、私が言いました。
    投資を始める頃ですので約10年前に立てた目標です。

    この自問に対しての答えは実は出ています。
    結論を言えば「必要ありません」が、目標を下げる必要もありません。


    【2009年12月5日のエントリーより】
    住宅ローンや子供の養育費が目の前の目標である段階では、そこから遠い将来の最終的な目標はさほど精査せず、ちょっと背伸びしたくらいの目標を掲げるのはよいと思います。
    これまでこのことは、ある程度シュミレーションはしたものの、さほど真剣に考えてはきませんでした。
    次の目標が「老後」という段階では、象徴的で適当な目標ではよくないと思っています。
    「老後の生活費」というのは、資産形成でいえば最終目標です。
    それ以降は、「死」ですから、その時の資産残高が多くても意味はないです。


    我が家の場合は、実質的に最低限クリアすべき60歳3000万円+公的年金+個人年金を既にクリアしているので、老後の目標も象徴的で良いと今は思っています。
    娘の教育費が予定の1000万円の倍かかったとしても、60歳1億円の目標ならば余裕で吸収できます。
    これまでの頑張りで既に巡航速度を保っているので、アクシデントがなければ無理することなくいけそうです。


    「60歳までに1億円つくる術(著者:内藤忍)」

    >本書「60歳までに1億円をつくる術」は、実はお金をつくる術ではなく、お金に使われない術である。

    >将来のお金をつくるだけでは、結局現在の生活を犠牲にしてお金に振り回される人生になってしまいます。お金を今使うのか将来使うのかを考えるのが投資です。残念ながら、多くの日本人はお金を将来に使おうと考えて、結局使いきらないまま人生を終えます。そして残された人たちにお金と不幸を残していくのです。必要なのはお金に使われない方法なのです。



    「60歳までに1億円をつくる術」は、20代や30代に始めてほしいこととして、目標を設定し、「収入を増やす」「支出を減らす」「長期分散投資」の3つのアプローチからやるべきことを決めれば、あとはそれを淡々と実行するだけということを主題としています。

    「収入を増やす」「支出を減らす」「長期分散投資」を淡々と行えば60歳までに1億円になるというわけではないと思います。
    我が家では基本的にはこの3つを軸にしてい資産形成を行い60歳までに1億円を目指しています。
    ただこの本で言うような高い期待リターンを計算にいれているわけではなく、投資のリターンはおまけとしてゼロカウントにしているという違いがあります。
    年7%などの高い期待リターンを並べればいくらでも目標をあげられるわけで、こういう考え方は好きではありません。



    【2009年12月5日のエントリーより】

    資産形成を考える上で、ある程度の段階までは「がむしゃらに」という形容詞がつくのはありだと思います。
    仕事も、支出をコントロールするのも、自分なりに工夫して資産形成に結び付けるようにとことん模索するという時期は、絶対必要とまでは言いませんが、資産形成を目指す多くの人が通る道ではないでしょうか。
    そうして「投資」や「投棄」が可能な段階になって、リスクをとりながら増やす事も考えて行くという流れが自然です。

    最初から「投資で増やす」なんて考えて、仮に20年で10倍にできたとしても、種銭が数十万円であれば数百万円です。
    投資で成功しても人生においてさほど寄与できないのであれば資産形成的に成功の度合いはかなり薄れてしまいます。ですので、種銭を増やす事の重要性は言うまでもありません。

    将来のお金をつくるだけでは、結局現在の生活を犠牲にしてお金に振り回される人生になってしまいます。
    我が家の場合、子育て費用は最重点項目でしたので、現在の生活を多少犠牲にすることをいといませんでした。
    どのみち、こどもが小さいうちは「たくさん目をかけてあげたいし、そうする必要もあった」ものですから。
    それは「自分」というものを犠牲にしたという見方もできます。

    しかし、老後ということになると、「自分」そして「夫婦」ということですから、現在の生活を必要以上に犠牲にするのは本末転倒です。
    そのことは、ここ数年ずっと考えてきました。ゆえに、「支出を抑制は緩めている」流れです。
    資産形成を本題にしたブログを書きながら、その肝となる「節約術」にはほとんどふれていないのは、現在の生活が支出を絞る方向に向かっていないから書く気がしないのだと思います。



    今も「支出を抑制は緩めている」という流れの中にいます。
    でも、計画以上の資産形成はできています。


    「60歳で1億円必要なのか?」

    以前は、統計データから「生活費×寿命で1億円…」という根拠をつくったり試行錯誤をしていました。
    「これからどういう生活をおくりたいのか」というエッセンスをいかに組み込むかということが一番大事なんですが、娘たちが巣立つまでまだまだ想像できないというかまだまだ今が大事な感じです。
    それでいいんだと思います。
    別に目標に根拠がなくても、1億円あればかなりのことができますし、いざとなれば孫に贈与してもいいと思えるようになりました。

    今の物価水準であれば、60歳で1億円が過大すぎる目標だと思います。
    インフレが進めばそうでもありません。
    現在は年2%のインフレ率を見込んでいますが、1億円の価値も変化するんですよね。
    ここの基準がみなさん異なるので、1億円の意味も価値も同じ土俵であたり合うことが難しいんです。
    年7%の期待リターンが見込める世の中のインフレ率はいかほどのものなのでしょうかを想像していくと1億円にもいろいろあることも同時に想像できると思うんです。


    今は今の生活の中で今まで以上に楽しみを増やす事を強く意識していきたいと思います。
    そして早期リタイアや早期セミリタイアという生き方の模索もしていきます。
    更には「今の仕事をつづけながら出来る楽しみ方を実践していきたい」ですね。






    このエントリーは、2009年12月5日にUPしたものを修正しています。
     
  • はてなブックマーク - 60歳で1億円は本当に必要なのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    1億円の重さは?(60歳で1億円を目指して)

    我が家の資産形成の目標は、「60歳1億円」を目標としています。
    ふと思ったのですが、現金で1億円というのはどれほどの重さなのでしょうか?





    <1万円札で1億円の重さは?>


    現在発行されている1万円札は、表面が福澤諭吉で、 裏面が平等院の鳳凰像となっていて、2004年11月1日に発行されたものが流通しています。

    ■1万円札新札の重さ 約1g
    ■1万円札の寸法 縦76mm、横160mm



    1万円札の重さは、お札を印刷している「独立行政法人 国立印刷局のサイト」によると、「お札は、紙ということもあり、正確に何グラムとは言えませんが、1枚約1グラムになります」ということです。

    1万円札の重さは、約1gだそうで、1円玉とほぼ同じなんですね。
    ということは、1億円の重さは、約10kgになります。

    ちなみに、「一万円札で1億円分積み上げるとどれくらいの高さになるか?」というと、一万円札100枚で約1センチの高さになるそうで、1億円では約1メートルの高さとなるようですよ。

    資産形成で1億円といえばすごい金額ですけど、1億円の重さは1万円札で約10kgということで、案外軽いんですね。


    ちなみに同じ1億円の重さといっても、1円玉で考えると、約100tにもなります。
    現在の1円玉の重さは、約1gですので「100,000,000個×1g=100,000kg=100t」ということです。
    約100tともなるとすごいですね。


    500円玉貯金をしている人がいますけど、500円玉で1億円となるとどのくらいの重さになるんでしょうか。
    現在の500円玉の重さは、約7gですので、「200,000個×7g=1,400,000g=1,400kg=1.4t」ということです。
    500円玉貯金で1億円を貯めるための貯金箱って一体どのくらいの大きさと頑丈さが必要なんでしょうね。
     
     
  • はてなブックマーク - 1億円の重さは?(60歳で1億円を目指して)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。