ブログパーツ 30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s  ■定期預金のキャンペーン
ラミシール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 金利が高かった定期預金の満期と資金の行先(NISAとIPO)

      
    5年前に預けた定期預金の満期予告通知が送られてきました。
    思えば5年前の10月頃に、危ないとか合併のうわさが絶えなかった新生銀行さんに思い切ってお世話になることにしたんです。
    幸いなことに無事に満期を迎え始めました。
    年利1.7%で半年複利でしたし、まとまった利息もいただけます。


    満期予告通知をいただくまでもなく、エクセルでばっちり把握済みではありました。
    もちろん預け替えてほしいという意味を込めた満期予告通知だと思われますが、親切に通知をいただいたことには感謝します。
    記念として残しておこうかな。

    これだけの金利の定期預金は現在皆無ですし、年1.0%以上も見当たりません。
    ブログネタとしての定期預金の調査すらしていなくて、今は全く興味がありません。
    個人向け国債はどうかという気持ちだけはなくはないですが、それもほとんどゼロに近いです。


    満期資金の行く末は、既にツレと全く意見の相違がなく一致して答えが出ています。
    定期金利でもなく、個人向け国債でもありません。
    株式投資や外貨投資の資金にするわけでもありません。


    全てIPO抽選のための資金へ回します。
    全く迷いはありません。



    ちまたで噂のNISAですが、IPOが行ける所を基本に考えています。
    IPOブロガーさんの中には、SMBC日興証券さんがNISAでIPOもOKという確認を取ったという話もあるそうです。
    まだ、よくわからないので我が家は調べに動いてはいませんが、SMBC日興証券も悪くなさそうです。
      
     
    スポンサーサイト
  • はてなブックマーク - 金利が高かった定期預金の満期と資金の行先(NISAとIPO)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    定期預金の満期ラッシュ後の活用方法

     
    今年の秋口ぐらいから、定期預金が順次満期になってきます。
    利息楽しみだなと思いつつも、1年半後くらいに予定している、17年も載っている車の買い替え費用になるのかなという感じです。
    まだ乗れないかなとも思ってるんですが、修理費も嵩んできてますしね。
    買い替える方がコスト安かなともおもったりしてます。




    <4~5年前の定期預金の金利>


    4~5年前の定期預金の金利って覚えていますか?
    このブログに来るような方は、「んなもん、全部投資にまわしたぞ」という人の方が多いですかね。
    ひょっとして、愚問ですかね。
    4~5年前は、定期預金のことをブログに書くと、ファイナンシャルリテラシー教の方々から「インフレになったらどうするんだ」という風なお説教を食らう時代でした。
    定期預金が必ずしもインフレに弱いわけではないという反論も、全く聞き入れらてもらえない時代でした。

    【2009年6月12日のエントリーより】
    そろそろ定期預金のキャンペーンが楽しみな時期になってきました。
    長期金利も上昇してきているので、いい金利のところがあればいいのですが。

    あいかわらず新生銀行の条件がいいのですが、そろそろ別の預け先を探す必要があります。
    あおぞら銀行は新生銀行との合併の噂もあるので除外です。
    どこかいい利回りの情報があったら教えてください(^^♪

    ■東京スター銀行:優遇金利定期預金(100万円以上1円単位)
      1年1.1% 2年1.2% 3年1.3% 4年1.4% 5年1.5%
      ※中途解約利率は預入日から解約日の前日までの期間に一律0.002%が適用。
    ■オリックス信託銀行:eダイレクト預金(100万円以上300万円未満)
      1年0.9% 2年1.0% 3年1.1% 5年1.3%
    ■オリックス信託銀行:eダイレクト預金(300万円以上)
      1年1.1% 2年1.2% 3年1.3% 5年1.5%

    新生銀行のキャンペーンが5年で1.7%なので、1.5%だとやや見劣りします。
    それでも、他にはまだ見当たらないです。
    パンチのきいたキャンペーンをどこかやってほしいです。期待しています(^^♪



    当時の金利水準は上記のような感じなのですが、実はぴか一の金利を誇る銀行がありました。
    いただいたコメントにその記録があります。

    ■日本振興銀行 1年1.1%、3年1.5%、5年1.9%、10年2.2%です。
    (6/22からは0.1%金利が下がるようです。)

    ちょっとややこしそうでよくわからないということで、日本振興銀行は見送りました。
    日本振興銀行は破たんしましたけど、確かペイオフ実施されたんですよね。
    飛び込みべきだったのかなと少し後悔しました。

    それは置いといて、当時は5年定期が1.5%~1.7%くらいの金利でした。
    これらの金利を提示している金融機関は、なんとなく危なそうな雰囲気の銀行たちでしたよね。
    だからこそ金利を上げなきゃいけなかったんだと私は考えていました。
    ペイオフがあって安心ではありますが、なんかちょっと微妙というか。

    そんな定期預金ももうすぐ満期です。
    相変わらずデフレですけど、当時の金利は見る影もない現在の金利状況ですし、株価も低迷気味だったので貯金しといてよかったと思う半面、満期になったらどうしようか悩みます。

    実はあまり悩んでもいないんですけどね。

    投資に回す?
    投資の上限を決めているのでありえません。どのみち買うような水準ではないし。

    定期預金に預けなおす?
    アベノミクスでクロノミクスでさすがに固定金利はなさそうです。

    個人向け国債を購入する?
    多分、利口な方はこの選択をするでしょう。
    我が家も少しはそうするかもしれません。

    何もしない?
    我が家は多分これです。
    ツレにたくします。資金があればあるほど有利なこともありますので。





    このエントリーは2009年6月12日のものを修正・追記しています。
     
  • はてなブックマーク - 定期預金の満期ラッシュ後の活用方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    1週間定期預金(なのかちゃんvsスターワン1週間円預金vs2週間満期預金)

    1週間及び2週間で満期となる短期運用型の定期預金の情報を集めてみました。
    どれも元本保証で、預金保険対象商品です。
    下記の情報は、平成24年12月1日現在のものです。


    1週間定期預金・2週間定期預金
    銀行名商品名年利備考
    SBJ銀行1週間定期預金(なのかちゃん)0.275%平成24年12月31日まで
    東京スター銀行スターワン1週間円預金0.25%   
    新生銀行2週間満期預金0.20%  




    <SBJ銀行1週間定期円預金(なのかちゃん)>


    SBJ銀行では、「なのかちゃん」という1週間定期預金があり、年利が0.25%となっています。
    ただし、平成24年12月31日までの年利は0.275%となっています。

    ■商品名:1週間定期預金(なのかちゃん)
    ■期間:1週間
    ・自動解約型(満期日に事前指定口座に元金および利息が自動で入金される。)
    ・元加継続型(利息を元金に加えて前回と同一の期間で本預金を自動的に継続作成する。)
    ■預入方法:インターネットバンキング・窓口にて一括して預け入れできる。
    ■預入金額:インターネットバンキングは10万円以上、窓口は30万円以上(1円単位)
    ■利息計算方法:単利型(1年を365日とする日割り計算)
    ■金利:年0.275% 平成24年12月31日まで






    <東京スター銀行1週間定期円預金>


    東京スター銀行では、スターワン1週間円預金があり、年利が0.20%となっています。

    ■商品名:スターワン1週間円預金
    ■期間:1週間
    ・自動継続(満期がくると自動的に継続される。)
    ・満期受取(満期日に元利金がスターワン円普通預金へ入金)
    ■預入方法:インターネットのみ
    ■預入金額:10万円以上(1円単位)
    ■中途解約利率:原則中途解約不可。(やむを得ないと認め中途解約に応じる場合は、年利0.002%)
    ■金利:年0.25% 







    <新生銀行2週間満期預金>


    新生銀行では、2週間満期預金があり、年利が0.20%となっています。

    ■商品名:2週間満期預金
    ■期間:2週間
    ・元利継続型(満期がくると利息も含めて自動的に継続される。)
    ・自動解約型(満期日に元利金が新生総合口座パワーフレックスの円普通預金へ入金)
    ■預入方法:インターネットバンキング・窓口にて一括して預け入れできる。
    ■預入金額:インターネットバンキングは50万円以上、窓口は100万円以上(1円単位)
    ■中途解約利率:所定の中途解約利率が適用(当初預入元本を下回ることはない)
    ■金利:年0.20% 




    一番金利が高いのは、平成24年12月31日までは年0.275%となっているSBJ銀行の1週間定期預金(なのかちゃん)です。
    また、1週間定期預金(なのかちゃん)は、預入金額も10万円からと最も低く条件が良いようです。
    ただし、入金や出金時の手数料などの諸条件もよく確認する必要があります。


  • はてなブックマーク - 1週間定期預金(なのかちゃんvsスターワン1週間円預金vs2週間満期預金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    個人向け復興応援国債記念貨幣(金貨・銀貨)のデザイン(プレミアム型記念貨幣)


    東日本大震災からの復興を応援するために財務省が発行する「個人向け復興応援国債」は、「個人向け利付国庫債券(変動10年)」をベースに、当初の3年間は、低い金利で復興事業に資金を提供するという形で平成24年4月16日発行の第801回債から、平成25年1月15日発行の第804回債までの計4回発行されました。
    この「個人向け復興応援国債」は、平成24年12月募集(第804回債)が最終になります。



    「個人向け利付国庫債券(変動10年)」の第801回債の発行条件等
    「個人向け利付国庫債券(変動10年)」の第802回債の発行条件等
    「個人向け利付国庫債券(変動10年)」の第803回債の発行条件等
    「個人向け利付国庫債券(変動10年)」の第804回債の発行条件等

    東日本大震災からの復興に向けた施策のために必要となる資金を国民から幅広く集めるために発行され、当初の3年間のは低い金利となりますが、この国債を当初から3年間保有した方には、限定発行される「東日本大震災復興事業記念貨幣」が、残高1,000万円毎に一万円金貨1枚、100万円毎に千円銀貨1枚を国債購入者限定特製ケースに入れて贈呈されます。




    <個人向け復興応援国債の発行条件等>


    個人向け復興応援国債の発行条件は以下の通りです。

    個人向け復興応援国債の発行条件等
    ■利率  :当初3年間の適用利率年率0.05%(税引後0.0398425%)
     4年目以降の適用利率は「基準金利×0.66(但し、下限は0.05%)」として算出されます。
     基準金利は、利子計算期間開始時の前月に行われた10年固定利付国債の入札における平均落札利回り
     4年目以降の適用利率は半年毎に見直されます。
    ■発行日 :第801回債 平成24年4月16日(償還期限:平成34年4月15日)
     第802回債 平成24年7月17日(償還期限:平成34年7月15日)
     第803回債 平成24年10月15日 (償還期限:平成34年10月15日)
     第804回債 平成25年1月15日 (償還期限:平成35年1月15日)
    ■利払日 :年2回
    ■募集価格: 額面金額100円につき100円
    ■償還金額: 額面金額100円につき100円
    ■記念貨幣贈呈:この国債を当初から3年後の時点で100万円以上お持ちの方には、「東日本大震災復興事業記念貨幣」を、残高1,000万円毎に一万円金貨1枚、100万円毎に千円銀貨1枚を国債購入者限定特製ケースに入れて贈呈します。
    ■中途換金:第2期利子支払日(発行から1年経過)以後であれば、いつでも中途換金可能です
     (直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685が差し引かれます)







    <東日本大震災復興事業記念貨幣>


    個人向け復興応援国債購入者に贈呈する記念貨幣(プレミアム型)「東日本大震災復興事業記念貨幣」の仕様と図柄は次の表のとおりです。

    個人向け復興応援国債の購入者へ贈呈する記念貨幣(プレミアム型)の形式等
    額面一万円千円
    第801回債
    個別面
    金貨801-1 
    復興特別区域の地図とハト
    銀貨801-1 
    大漁船と稲穂
    第802回債
    個別面
    金貨802-1 
    (えもときよひこ様の作品)
    銀貨802-1 
    (吉田章司様の作品)
    第803回債
    個別面
    金貨803-1 
    復興特別区域の地図、折鶴、
    奇跡の一本末
    銀貨803-1 
    日本を応援する少年
    第804回債
    個別面
    金貨804-1 
    豊かな自然と鳥
    銀貨804-1 
    握手する日本列島と桜
    共通面金貨802-2 
    「奇跡の一本松」とハト
    銀貨802-2 
    「奇跡の一本松」とハト
    素材・品位純金純銀
    量目15.6g(1/2トロイオンス)31.1g(1トロイオンス)
    直径26.0mm40.0mm
     




    「東日本大震災復興事業記念貨幣」は、7日(木)から額面が一万円の金貨と千円の銀貨が発行されます。
    金貨は、量目15.6g(1/2トロイオンス)で直径26.0mmの純金で、銀貨は量目31.1g(1トロイオンス)で直径40.0mm
    の純銀で独立行政法人造幣局により製造されます。

    財務省から贈呈される「東日本大震災復興事業記念貨幣」のデザインは、共通面は4回とも同じですが、個別面は毎回異なります。
    「東日本大震災復興事業記念貨幣」は、素材に貴金属を使用することから、貨幣の製造等に要する費用が額面価格を上回る「プレミアム型記念貨幣」になります。
    この記念貨幣は、全てプルーフ加工(特殊な技術を用いて製造し表面に光沢を持たせたもの)を施したものです。




    <プレミアム型記念貨幣>


    「プレミアム型の記念貨幣」とは、額面以上の価格で売り出す貨幣のことと思っている人も多いが、どうやら貨幣の製造等に要する費用(製造コスト)が額面価格を上回る記念貨幣のこともようです。
    当然、製造コストが額面価格を上回るわけですから、売り出す場合は、額面以上の価格で売り出すことになります。

    今回の、「個人向け復興応援国債」のプレゼントとして贈呈される「東日本大震災復興事業記念貨幣」もまた、「プレミアム型の記念貨幣」ですが、販売されるわけではなく贈呈されるので、元々の「個人向け利付国庫債券(変動10年)」の3年間保有分で得られたはずの利息から年0.05%の利息を除いた分と比較してどうかということになります。

    「個人向け利付国庫債券(変動10年)」の3年保有分の利息-額面×3年×0.05%>東日本大震災復興事業記念貨幣の製造コスト>東日本大震災復興事業記念貨幣の額面

    という関係になるはずです。
    そうでないと東日本大震災からの復興に役立つものではないですもんね。

    この「東日本大震災復興事業記念貨幣の金貨・銀貨としての価値」については、「個人向け復興応援国債の利率とキャンペーンの比較(復興記念金貨、銀貨)2012年情報」で検証しています。


    ■金貨の額面=1万円
    ■金貨の純金としての価値=金貨の重さ×金価格=金15.6g×5,000円/g=78,000円
    (金価格が5,000円/gの条件で計算)

    ■銀貨の額面=1千円
    ■銀貨の純銀としての価値=銀貨の重さ×銀価格=銀31.1g×100円/g=3,110円
    (銀価格が100円/gの条件で計算)

    個人向け国債(変動10年)の金利は、変動金利なのでどのくたいの利子になるのか分かりませんけど、本来の利子をもらうより随分少なくなることは間違いありません。
    その分、東日本大震災の復興に役立つということですよね。
     
     
  • はてなブックマーク - 個人向け復興応援国債記念貨幣(金貨・銀貨)のデザイン(プレミアム型記念貨幣)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    瀬戸信用金庫など地元金融機関の定期預金キャンペーン(金利、宝くじ)

     
    最近の定期預金は、利率がかなり低いので、冬の定期預金のキャンペーンをみなさんも見守っているのではないでしょうか。
    利率が低い状況では、利率が低くても短期の定期預金にするか、中途解約のペナルティが少ない長期の定期預金にするかをしっかり考えて、定期預金のキャンペーンを期待したいところです。

    私も定期的に定期預金のキャンペーンや金利を調べて、預け先を探していますが、基本的に自分が口座を持っていているところか、ネットから手続きできるところに限っています。

    (関連するエントリー)定期預金のキャンペーン金利の比較(2012年)


    瀬戸信用金庫の定期預金キャンペーン・せとしん創立70周年記念キャンペーン金利:1年物年0.30%、3年物年0.35%、5年物年0.5%
    ・預入金額:10万円以上
    ・取扱期間:平成24年10月1日から平成25年1月31日まで


    池田銀行の定期預金キャンペーンは、抽選でプレゼントだったりします。


    私は、基本的に利率と手間と引出し時の手数料で預け先を選んでいますので、地方の金融機関で店頭でないと預けられないところはチェックしていませんが、調べてみるといろいろありそうですね。

    今のところ3年以上ならSBJ銀行が一番金利がいいようですが、口座作ってないんですよね。
    SBJ銀行が開業した時のキャンペーンはすごく金利がよかったんですけど、その時預けていればと今ごろちょっと後悔しています。
     


  • はてなブックマーク - 瀬戸信用金庫など地元金融機関の定期預金キャンペーン(金利、宝くじ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 投資日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    最新記事



    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    プロフィール

    usamimi30s

    Author:usamimi30s
    FC2ブログへようこそ!

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数  
    スポンサーリンク

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    勝手にリンク
    相互リンク以外で管理人がよく訪問するサイトです。
    豊健活人生
    為替王
    年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記
    The Goal
    ファイナンシャルプランナーの楽天日記
    吊られた男の投資ブログ
    株をはじめる前に読むブログ

    その他の運営サイト
    逆アクセスランキング
    人気ページランキング

    月別アーカイブ
    ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村
    スポンサードリンク
    ブログタイムズ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。